町の酒屋さんのできること

姪浜でちょっと時間があったんで今宿の酒屋さんへ行ってきた

この酒屋さんは以前たまたまブログ見てて「面白い酒屋さんだなあ」と思って読んでたら「え!福岡!それも今宿!!」とびっくりしたおぼえがあって一度行ってみたかったのだ。

姪浜から海沿いを走っていき、牧のうどんのところから海沿いの細い道へ

しばらくいくと、、、、、

たて看板発見!!ここだ!

f0201157_22211182.jpg

裏はこう。ここに違いない!しかし自家製看板、、ありがたい(嬉)!!

f0201157_2222393.jpg



柴田酒店さん
f0201157_22225637.jpg


f0201157_22233971.jpg


特に広いお店でもないのだが、店内にはドリアンサイダーやスイカサイダーだけでなく、九州で面白い梅酒や酒を企画、販売している九州酒の一座の酒を始め様々な地酒が並ぶ

僕が下町屋をやっていたときに配達をお願いしていたお店もそうなのだが、町の酒屋さんと話していると、「大規模なディスカウントの酒屋におされて小さな酒屋はもうやっていけないよ」という話をよくきく。もちろん安さを求める消費者ばかりの時代で、それも事実だろう。しかしそれと同時に僕はいつも「町の酒屋さんほど酒に興味がない人たちはいないんじゃないか」と思っている。

ほとんどの酒屋さんはその気になれば様々なお酒の情報、そして物に触れるチャンスが多いにもかかわらず大手国産ビールや「霧島」や「いいちこ」といった定番商品意外の商品(リキュールやスコッチなどなど)には全くと言っていいほど興味を持たない酒屋さんが多い。もちろん大手メーカーのビールなんてのは詳しいのかもしれないが、「酒の専門家」である酒屋さんに「こだわりの飲食店」や「酒好きの消費者」が望む「珍しい商品」「楽しい商品」「コダワリの商品」の情報を与えてくれる町の酒屋さんというのはいったいどれだけあるんだろう???。

「この店に入ってみたい。」

そう思わせてくれるお店、たとえば由布院のはかり屋さんや、福岡のボン洋酒店、そして今回お邪魔した柴田酒店なんていうお店にいくと、まず沢山の興味をそそられる商品に自然と滞在が長くなり、さらにそんなお店に必ずといっていいほど置いてある店主オリジナルのミニ情報満載の手描きのチラシみたいなものに目を奪われる。そしてそれを読んでいるとそんな店をプロデュースしている店主の話が聞きたくなり、気づくとその店が取り扱っている商品だけでなく、その店自体が自分にとって魅力ある場所となってしまっていることにきづく。つまりそこのファンになってしまうのだ。そして「その店で」何かが買いたくなる。

大手さえ苦戦するこの時代に、それは「まわりくどい時間のかかる方法」かもしれないが、「ここで買いたい」と思ってしまうファンを作るそんな方法はゆっくりでも確実に効いてくる方法なんだと僕は思う

NB商品あふれる中で地方の商品やサービスが戦っていくヒントはこんなところにあるのかもしれない。
昨年から僕も参加させていただいている筑後の事業にもこんな感覚をいかしていければとおもう。
by nocorita | 2009-09-07 23:19 | 飲料 | Comments(6)
Commented by HAZIME at 2009-09-08 00:19 x
まさにその通りだと思います。
その精神、これからのもっと大切になっていくでしょうね。
また店の名前が”柴田”って 笑
Commented at 2009-09-08 21:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by にゅうとらる at 2009-09-09 20:56 x
そういえば漫画「もやしもん」でも酒屋のこといっぱい描かれていましたよ。
ボクはお酒ダメなのでわからあないけど、でも、ただ並べてある店より、
売る努力してるお店がいい。
CD屋さんにもスタッフのおすすめドコロが手書きしてあるし、
最近はケーキ屋さんも説明書きがしてあります。
ただ並べてるだけなら安い方へ言っちゃいますよね。
Commented by nocorita at 2009-09-09 23:15
手書きって惹かれますねえ
個性が出ると言うか、、ヴィレヴァンの手書きは社内に「手書きマニュアル」みたいなのがあるのか、どの店舗を見てもまるで全店同じ人が書いてるのかとおもうような一定のテイストみたいなのがあって、いつも不思議ですが、、、、笑
Commented by あけぼのブログ 管理人 川島 at 2009-11-13 20:04 x
あけぼのブログにコメントありがとうございました。
10月1日に宿で振舞ったドリアンサイダーは、今宿の柴田酒店で購入した由緒正しいものです。今宿在住の方に確保してもらいました。その後の追加注文も。いちご、パイン、すいかサイダーも。
西表島で楽しく盛り上がることができました。
私は東京に住んでいますが、9月29日、初めて能古島へ行って散策させて頂きました。
Commented by nocorita at 2009-11-14 00:22
>管理人の川島さん
どうもです。ああ、なんと柴田さんとこでしたか!すごい偶然でした。スイカも飲んでいただけたんですねえ、、そしてなんと能古島にもこられてたんですか。次回上陸時にはぜひお声を!!


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

記事ランキング

最新の記事

年に一度のコーヒーづくり
at 2017-05-25 17:39
うひょ〜!
at 2017-05-19 09:47
「野いちご」を食べながら
at 2017-05-10 23:34
今年の誕生日のこと
at 2017-04-25 21:20
ハッピーバースデー俺
at 2017-04-23 01:18

検索

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
島暮らし 仕事
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧