ちょっと季節外れの卒業式

f0201157_14413619.jpg

        これが元祖とんこつインスタントラーメン「くおーか」だあ!

以前から能古島の特集記事を作ってくれたり、私生活でもBBQや昨年の結婚式にも来て頂いたりとお付き合いしていただいていた「シティー情報ふくおか」のIサンが17年すごした「シティー情報ふくおか」から旅立つことになったということで、その卒業を祝う会がハイアットのレストランで行われた。

僕が子供のころは、全国で見てもその情報量や盛り上がりから「地方情報誌の雄」として頑張っていた「シティー情報ふくおか」。その活躍は雑誌にとどまらず、いまでこそ「とんこつ味のインスタントラーメン」といえば「うまかっちゃん」だが、最初に出たのは忘れもしない「くおーか」。その袋は当時の「シティー情報ふくおか」の表紙のデザインを模していて、当然ながら主役は「ふくおかおじさん」だったし、TVCMもやってたことを思い出す。

「チャッチャチャッチャッチャー♪くおーかぁくぉーかぁ♪」 (誰かおぼえてるかな???)

だがIサンが入社してしばらくしてから九州〇ォーカーの福岡進出もあり、売り上げが低迷。その後休刊となった。ほとんどの人が泣く泣く様々な出版社へ散らばっていった。実はこのユダヤ人の離散のような彼らにとって悲劇とも言える出来事が「プランニング秀巧舎」に集中していた優秀な人材の分散によるその後の福岡の出版業界の盛り上がりの一因になっているのではとおもうほど現在福岡で活躍している出版関係の人たちには「元ふく」(元ふくおか編集部員。元リク(リクルート)みたいに呼んでみた。笑)が多い。

そんな風に消えかかっていた「ふくおか」の火を編集部に残ることで灯しつづけ復刊へとつなげていったメンバーの一人がIサン。

そんなIサンの存在が大きかったことは今回の卒業式に現社員や元社員、カメラマンなどびっくりするくらいの大勢の関係者が集まり盛大に行われたことからもわかる。

「ところで辞めて何をするんですか?」

と素朴な質問をしたら

「とりあえずちょっと休んでから、いままでやりたいと思ってやれなかったことをやってから動き出します」

17年の間に「やりたい!」と思ったことはたくさんあると思うんで、それはそれで楽しく忙しい毎日になりそうだなあ。

能古島にも遊びに来ないと行けないし(!)、とにかくまずはしっかり充電して、やりたいこと全部やって、またいつか一緒に楽しい事したいなあ、、、、と思う。
by nocorita | 2010-04-21 19:41 | 友人 | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

記事ランキング

最新の記事

いつでもあえるとおもってた
at 2017-12-03 10:20
築城基地航空祭
at 2017-11-29 13:12
「糸山商店」閉店。糸山さんお..
at 2017-11-28 12:13
木曽開田高原へ
at 2017-11-27 10:01
またまた車を手塗りしてみた(..
at 2017-11-18 12:19

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧