能古っぱん&よもぎ太郎シフォンはいかが?

f0201157_19531954.jpg

 晴天の土曜日。八智代さんは部屋でおしごとー!

 僕は12時発のフェリーで天神の中央公園で行われているイベントへ!すんませーん!

 と、その前に、、、今日は能古で「本日限定」のパンとシフォンが販売されるという情報を得て渡船場横の「のこの市」へ。

渡船場付近にやってくると見慣れない「ノボリ」を持った女子高生達がウロウロ
f0201157_19515942.jpg

今日は能古島の対岸、姪浜の能古渡船場の隣にある福岡女子高校の食物調理課の生徒達による「能古っぱん」と能古産のよもぎを使った「よもぎ太郎のシフォンケーキ」の販売が行われているのだ。
f0201157_19514041.jpg

それぞれ限定100−200個ということで、見ている間にもちょこちょこと売れていってるし、なにより女子高生もちゃんとわかっていて、渡船場付近を歩いているオジサンをみつけると4、5人で寄っていっては「かってくださーいっ!」と一本釣り。これで買わないオジチャンはいないよね(笑)。
f0201157_19515187.jpg

そんな僕も、これから出かけるってのに、4つも買っちゃったし、、、苦笑。
f0201157_2035867.jpg

袋から出すとこんな感じ。

ヨモギのシフォンは買ってから僕が食べるまで半日あったからか、若干しっとり感が足りず、でも味は甘すぎず美味しい。ホイップクリームを添えて食べればよかったかな?

ノコパンはパン生地の上に甘夏ジャム(甘夏ピールの砂糖煮?)をのせて、さらにクッキー生地をのせて焼いたもので、クッキー生地のカリカリと中の甘夏の甘夏の香りがなかなか美味しかった。

彼女達は、10月にも一度販売を行うらしいので、また買いにいってみよう。

しかし、こういうふうに、実際に商品を作り、それを売ってみる機会があるというのはいいなあ。

 欲を言えば、これが今回のような単発ではなく、先々は、ある一定の期間でも継続して販売するような機会があれば、よりいいかも。

「商品を作って売る」という商売の中で時に「美味しい物を作る事」以上に難しいのは、その先の部分。調理課ということで、まずは調理を学ぶというのは当たり前の事ではあるが、商品は完成したところがゴールではなく、売って、利益を得て初めて完結する。

 既に商売をやってても、特に商品開発に前向きな人ほど、ここの部分をついつい忘れてしまうとか、甘く考えてしまう傾向があるんだが(俺のことですかぁ?笑)、そんなことを、なんとなくでいいから感じることができるような機会、、そんな機会があればいいなあ。

 10月にまたあおう!!
by nocorita | 2010-09-18 20:50 | 島暮らし | Comments(2)
Commented by にゅうとらる at 2010-09-19 22:12 x
あ、これこれ、新聞で見たんで行きたかったんですよね。
あいにくお彼岸商戦前の土曜日。会社休めないしなぁ。
ボクも利益の部分がダメダメだからなぁ。
個人でやるとどうしても高コストになってくる部分があるし・・・。
しかし、こう若い人の取り組みみてると、「職人魂に火が付いた(By気象戦隊サンレッド)」って感じで、
「のこのしま〇〇ー〇」なんかを出してみるかとか考えたりしてます。
Commented by nocorita at 2010-09-19 22:47
>にゅうとらるさん
そうですか、新聞にでてたんですね
10月にもういちどやるみたいなんで、その時は是非!


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

記事ランキング

最新の記事

雨の日は読書など。「帰ってき..
at 2017-08-15 14:41
さようなら。またあおう。
at 2017-08-14 09:26
今年も記念の一枚を(2017年)
at 2017-08-12 12:39
日記 20170809
at 2017-08-10 11:46
ちっちゃい「カバ印」はいかが..
at 2017-08-09 17:03

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧