「能古島」の万葉牡蠣の季節です

f0201157_12465233.jpg

数日ぶりに晴れた朝。

冬の澄んだ空気で朝焼けに輝く百道の町を見ながら息子を港へ送っていく。

昨夜は本当に久しぶりにお酒を飲んだ。

焼酎のお湯割りを2、3杯でフラフラになっちゃったが、、、。

昨夜は万次郎のお祝いと、現在島で開発中の商品の試飲を兼ねて島の知り合いが我が家にやってきてくれたのだが、手みやげでもってきてくれたのが、、、

f0201157_12473336.jpg

能古名物の「万葉牡蠣」

能古では数年前から牡蠣の養殖がはじまり、ここ4年くらいでボチボチと出回り始めたが、僕の知っているところでは渡船場のところにある長栄丸さんで焼き牡蠣を食べられるのは知っているが、まだまだ島民にとっても珍しい。

そもそも牡蠣ってのは海の栄養が多い(餌が多い)ほうがいいので、どちらかと言うと澄んだ海よりも瀬戸内海のような内海とか湾の中のほうが美味しいものなので、博多湾の中に浮かぶ能古島も牡蠣の養殖には適した場所なんだとおもう。

本当は炭火で焼きたかったが、外も寒いし、実は豊前や佐世保など産地の人間と話しているとほとんどの人が「チンが美味い」、つまり電子レンジが美味いというので、随分前に試してみたら炭火で焼くと焼きすぎてカラカラになってしまったり、なかなか難しい焼き加減が、電子レンジで火を通すとふっくらと焼けて本当に美味しい事が判明。

ということで、それからはBBQの時以外は我が家では牡蠣はチンなのだ。

さて、万葉牡蠣。

お皿に牡蠣を6個ほど並べて約6分。ちょっと蓋があいたら出来上がり。

そいつにモギたての能古産レモンを搾って食べるとうみゃい!
f0201157_12474279.jpg

能古産レモン&のこみかん。

甘夏のイメージが強いが、いろんなミカンがあるのだ。

しかし、この牡蠣、唐泊など糸島の牡蠣に負けない大きさと味の濃さで、なかなかいいなあ。

ノコニコ夫妻がノコニコカフェの特製カレーも持ってきてくれたし、食べたり飲んだりと、楽しい夜だった

万葉牡蠣の焼き牡蠣は能古の渡船をおりたところにある「長栄丸」さん他で冬の間いただくことができる。

アイランドパークもこの時期は入園料半額だし、パークを散歩して、ノコニコで暖かい飲み物を飲んで、飲食店で焼牡蠣&能古の芋で作った焼酎!!冬の能古島もいいでしょ???。

*冬の間の島の飲食店の営業日、営業時間は不定なので行かれる際には電話等で確認してからいくべし!
by nocorita | 2010-12-10 12:51 | 島暮らし | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

記事ランキング

最新の記事

卒業、卒園、卒ハイハイ おめ..
at 2017-03-26 13:18
発売間近!!「糸島のザクザク..
at 2017-03-26 12:31
yotaphone2
at 2017-03-10 14:56
フーデックス2017
at 2017-03-10 14:23
超縦長 android7.0..
at 2017-02-13 09:48

検索

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
島暮らし 仕事
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧