フーデックス2012

f0201157_122348.jpg


世界最大級の食の展示会「フーデックスジャパン」

「こどもびいる」を初出展した2005年から友桝飲料さんと共に毎年欠かさず出展してきた展示会だが、今年は友桝飲料の新工場の竣工と重なった為、初の不参加。その代わりに4月にビッグサイトで行われるファベックスに出展することになった。

とはいえ、この世界最大級の食のお祭りを見に行かない訳にはいかない。
ということで1泊2日の駆け足で幕張メッセへ!

広い広い幕張メッセの全てのホールを使う大きな展示会というのは食に限らずほとんどないのだが、フーデックスの会場はホール1から8までズラリと使用。

市町村や商工会などが「物産市」風に地域をアピールしているエリアもあれば、全国の様々な企業が「新商品」をお披露目するエリア、そして世界中からやって来た様々な企業が国別にエリアに別れて展示するエリアと、別れており、広い広い展示会場を一周歩き回るだけでも結構な距離。

ここを結局2日間でガッツリ4周はしてやった(笑)

今回色々見て回って感じたのは、数年前に見られたような「なんじゃこりゃ!」みたいなオバカな商品、もとい、インパクトある商品がほとんどなくなったな、、ということ。

ま、そんな数少ない「おっ」と見てしまうような商品はどんなのかっていうと、大体が中身についてはもしかしたら他社の商品とさほど変わらないかもしれないけど、容器やデザインなどの「見せ方」を工夫したものだった。実はこれって以前はもっとあった「インパクトある商品」の数々も同じ。

「食べればわかる」

「見た目は悪いが味は負けない」

これは特に味には自信があるはデザインには興味ないというメーカーがよく言う事だ。

もちろん例えばすべてのライバル商品と並べて冷静に食べ比べをしたら、彼らの言う「他社とは違う美味さ」がもしかしたらわかるかもしれないが、他のメーカーも食品メーカーとしてやっている限りは、実はそんなに大きな味の違いはないと「僕」は思う。だって、ライバルメーカーというからには、彼らの商品だって、ある程度の味のレベル以上にはあるはずだし、そうでなければ既にライバルとして存在していないはずだ。

また仮に、味に自信のあるメーカーの商品が他社商品より美味しいものだとしても、全てのお客さんに試食して買ってもらう訳にはいかない。

売り場で一日中じっくりと選んでから商品を買う訳ではない「普通のお客さん」は、売り場を歩きながら見た目(形、色、デザイン、コピー、、、)で意識に入ってくる商品を手に取るだろうし、それが購入してもらう為の「入口」となる。


「気になって、手に取ってもらわないと始まらない」のだ。


商品の中身をしっかりと高めた上で、どうその商品の魅力を伝えることができるか???

それを突き詰めて行った結果が「おっ」と思わず手に取ってしまうようなパッケージなんだろうとおもう。

f0201157_12350.jpg


2005年の「こどもびいる」出展時に「こんなもんつくってる変なやついるんだ」とビックリ&尊敬してメディアの取材対応などブースの手伝いもやってしまった(笑)チューブ入アルコール飲料(炭酸なしチューハイみたいなの)の「go vodka」。ふた開けてチューーーーって飲む。w

こんなアホな商品でてこないなあ、、、、このくらいあってもいいと僕はおもうんだがな、、w
by nocorita | 2012-03-09 01:30 | 飲料 | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

記事ランキング

最新の記事

またまた車を手塗りしてみた(..
at 2017-11-18 12:19
冬の朝 能古島 2017年1..
at 2017-11-17 17:47
大牟田市動物園のZOOフェス..
at 2017-10-28 11:26
島の運動会
at 2017-10-22 10:18
カタツムリハンター「Q」参上
at 2017-10-14 18:14

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧