上手な道の渡り方 in ホーチミン

f0201157_22284732.jpg


ホーチミンに限らず、どこの町に行っても決めているのは「初日はとにかく歩き回る」のが僕の旅。

そうすることでなんとなく町のサイズみたいなのがわかって、翌日からの計画がたてやすくなるのだ。

ということでウォーキングスタート!

ホーチミンだが、事前の下調べて知ってはいたのだが、とにかくバイクが多い。それも半端無く多い。

町中では途切れる事が無いくらい走っている。そのうえ信号があるのは大きな道路の交差点くらい。だから人が道を横断する際にはそこを横切って行くしかない。

歩き始めていきなり出て来た片道3車線くらいの道を切れ間なく走るバイクと車に、しばらく立ち尽くしたが、上手に道を渡って行く住民をしばらく見て、最初はおっかなびっくりだが、彼らを真似しながら、何度か横断を繰り返していると、だんだんコツみたいなものを掴んで来て、半日が過ぎた頃には3車線であろうが、4車線であろうが楽勝で渡る事ができるようになった(笑)。

コツは、、、

まず、絶対に気をつけないと行けないのはバスやトラックや自家用車。これらは基本的に同じ車線を走るので僕に気づいたからといってバイクだらけの道で車線を変えるわけにも行かず、真っ直ぐ走ってくるので、これは渡り出す前に、車が来ていないかを確認してタイミングを見て渡り出すしか無い。

逆にバイクは「向こうによけてもらう」のが基本。

そのためにやることは、「渡る時はゆっくりと、一定の速度で渡る事」。

これにより、バイクに乗っている人も「あっ、ひだりから人がとことこ歩いて来たな、、」と見てよけてくれる。

下手に「あっ、いま間が空いた」と走ったり「危ないかな?」と止まったりすると、バイクに乗っている人もタイミングが計れないので事故のもととなるんだとおもう。

ただ、見ていると日本と同じで携帯をいじくりながら運転している若者もいるので、もうひとつ大事なのは、こちらも走ってくるバイクの運転手達の目を見て、「渡っとるよー!!みてるかー??ひくなよー!!」と威嚇しながら渡るとなおよし。

ということで、、、、

道を渡る時はまずは左を向いて車の切れ間を見つけたら、ドカドカとやってくるバイクの運転手達を睨みつけながらゆっくりと渡りはじめ、真ん中まで行ったら今度は右側を見て、これまた同じように睨みつけながらゆっくりと渡りきる。ということになる。

すげー広い道を渡りきった時の達成感はよし!

とはいえ、今日聞いた話では毎日ホーチミンだけで交通事故により30人くらいの人達がなくなっているということで、危険なのは間違いないが、、、、w

そんなかんじで町歩きスタートである!
by nocorita | 2012-05-25 22:35 | | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

記事ランキング

最新の記事

雨の日は読書など。「帰ってき..
at 2017-08-15 14:41
さようなら。またあおう。
at 2017-08-14 09:26
今年も記念の一枚を(2017年)
at 2017-08-12 12:39
日記 20170809
at 2017-08-10 11:46
ちっちゃい「カバ印」はいかが..
at 2017-08-09 17:03

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧