板チョコ?「喜界島 純黒糖BAR」はいかが??

f0201157_045138.jpg


6月のメインイベントの「ノコノコロック」も無事終わり、ちょっとお疲れモード。

最近Facebookにばかりアップするのですっかりネタ切れっぽいブログ、、、、

でもブログの良さというのは後日自らのブログの中を検索したり、「昨年の今頃はなにしてたっけ?」みたいな事を思い出すのに使えたりするのでちゃんと書いていかないといかんなと反省。

さて、久々に商品関係。

先日、「喜界島の製糖シーズンが終わった」と喜界島工房の杉俣さんが呟いていた。

f0201157_00592.jpg


サトウキビを育て、搾り、煮詰めていくと言う本当に大変で長い時間と手間のかかる作業から産まれる混じりっけなしの純黒糖は黒じゃなくて茶色。

f0201157_011158.jpg


今年のはじめの製糖シーズンに初めて製糖作業を見に行った時に思わず聞いた

f0201157_01859.jpg


「これって板チョコの型に入れたらチョコみたいになるんすか??」

という社会科見学にきた小学生みたいな質問wに

「え?チョコレート??いや、、やったことないですねえ、、、ほー、、たしかに、、、w」

と若干困った感じの杉俣さんだったが、後日チョコ型をおくったところ、数日後「できました!!できるんすねえ!」というメッセージと共に初めてとは思えない完璧な商品がおくられて来て、「それなら作っちゃおうよ!」と商品化したのが「喜界島 純黒糖バー」。

とはいえ、なんせ作るそばから売れていく人気の黒糖を作っている工房。

メインの商品の製造の合間にちょこちょこと作るので1日に数個。1シーズンに数百個程度。僕らも「素朴さ」を出すのに手描きと、さらに味を出す為の「クラフト紙にプリントゴッコ」という組み合わせで1シーズン分のラベルを1枚1枚印刷(笑)。多色をプリントゴッコでやった時の、ところどころかすれたり、白と黒のインクの重なった所がちょっとズレたりというところにキュンとするんだよなあ(笑)。

柱となるしっかりとした商品があるからこそできる「こんなこともできるんだぜ!」という杉俣さんと僕らの「贅沢な遊び」として長く売っていけたらなあとおもう商品。

f0201157_23571138.jpg

by nocorita | 2012-06-14 00:10 | 食品 | Comments(2)
Commented by Nami-hey at 2012-06-14 00:25 x
こんにちは!これってどこで買えるんですか!
パッケージも可愛いし、黒糖大好きなので
すごく気になります!!
Commented by nocorita at 2012-06-14 22:59
いまのところ喜界島の喜界島工房だけなのですが、今年はとりあえず「出した」ということで、数も数える程。本格的な販売は来年の黒糖シーズンかなあ、、、、w。


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

記事ランキング

最新の記事

今年の誕生日のこと
at 2017-04-25 21:20
ハッピーバースデー俺
at 2017-04-23 01:18
春のアイランドパークへ
at 2017-04-23 00:57
祝入学!祝早起!
at 2017-04-22 08:38
卒業、卒園、卒ハイハイ おめ..
at 2017-03-26 13:18

検索

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
島暮らし 仕事
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧