春 虫 虫

f0201157_1214982.jpg

2014年4月15日(火)晴れ

今日も朝から穏やかな天気。僕らの寝室も日差しに照らされて眩しさと暑さで目が覚めた。


寒い冬が終わると森の木々は緑が濃くなっていき、鳥達の鳴き声も徐々に増してきて島は段々と賑やかな季節になっていく。それはそれでいいのだが、暖かくなってくると憂鬱になるのが、、、、、

と書くと田舎に住んでいる人は「あーね!」と頷いてくれるんだと思うが、そう、虫が出てくる。

「春」に「虫虫」と書いて蠢く(うごめく)だが、まさに春はそんな季節


我が家で暮らしていると見た目的に一番増えるのは大きなクモで、なんせもう少しすると家の中でぐるりと見渡せば必ずどこかに張り付いているというくらいどこにでもいる。それも大きな奴。

またアリも活動が活発になってくるのか万次郎が食事した後にはかならず張り込みしているのかわからないがアリ達がパンくずとかを狙ってやってくる。

が、、、いいんだクモもアリも、なんならゴキブリだっていいさ。

アリは可愛いし、クモもたまにデカイ奴の足音にびっくりするし、ゴキブリも気持ち悪いけど、まあそれだけのこと。

そんな中で田舎暮らしを憂鬱にさせてくれるのが、やはりムカデ

見た目もデカイ奴は気持ち悪いが、見た目よりもなによりも刺されると死ぬほど痛い。子どもや赤ちゃんが顔でも刺されようものなら病院送りになるくらい腫れ上がるというヤバイやつだ。

ということで、我が家では5年前に引っ越してきてからすぐに「ムカデ蚊帳」というものを購入。

このムカデ蚊帳、普通の蚊帳とどう違うかというと、普通の蚊帳は上から吊ってあって四方と上部の5面に網があって蚊を防ぐようになっているのだが、ムカデは下からも入ってくるので底がついていて、箱型になっている。で、側面にジッパーがついていて中に入るというキャンプのドームテントみたいな形状。

タイプによってはグラスファイバー製のポールで自立する、まさにテントのようなものもあるのだが、我が家の場合は箱型の蚊帳を部屋の四隅から紐で吊るすという昔の蚊帳みたいな取り付け方法の物を使っている。

f0201157_11521697.jpg


例年もうちょっと後から取り付けるんだが、今年は九太もいてなにかあったらいけないので本日家族総出で取り付け。

f0201157_11223931.jpg

なぜかテンションアゲアゲMaxで蚊帳の中で踊る万次郎w

f0201157_1252794.jpg

布団を敷いて完成!
by nocorita | 2014-04-15 12:07 | 島暮らし 家 | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

記事ランキング

最新の記事

雨の日は読書など。「帰ってき..
at 2017-08-15 14:41
さようなら。またあおう。
at 2017-08-14 09:26
今年も記念の一枚を(2017年)
at 2017-08-12 12:39
日記 20170809
at 2017-08-10 11:46
ちっちゃい「カバ印」はいかが..
at 2017-08-09 17:03

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧