猫の島へ!


f0201157_21585314.jpg
二週連続での相島訪問(実は通算三回目の訪問。以前の訪問の様子
f0201157_22010290.jpg
相島は福岡市の東隣の新宮にある船着場から船で20分ほどのところにある小さな島。
f0201157_22010075.jpg
周囲8キロ、島民が約300名ということで、能古島をちょうど半分にしたくらいの弓型の小さな島だ。

関東方面から旅客機にのって海側(北側)から福岡空港に侵入していく際に大きく左旋回をする場所があるのだが、その際に真下に見える小さな島が相島なんで見たことある人もいるかもしれない。

ここは漁業の島だったが、ある時、天然のアコヤガイが見つかり、調べたところ一般的な真珠の養殖に適した環境(静かな内海で栄養が豊富)とは正反対の環境ながら、アコヤガイが健康に育ち死亡率が低いことから長期間の養殖が可能で、その為大粒の質の良い真珠が取れることがわかり、ミキモト真珠が養殖場を作り養殖が始まった。

とはいえやはり中心は漁業で、港には多くの漁船が並んでいる。

この島、外海にあることから魚釣りのメッカとして知られており、いつ行っても多くの釣り人がいるが、島には古い遺跡がいくつかあるものの、一般の観光客を引き付けるような名所はない。

しかし、この島が近年「多くの」とまではいかないが、観光客、特に若い女性やカップルの間で密かなブームを呼んでいる。

主役はこの子たち。
f0201157_21594516.jpg
f0201157_21585669.jpg
そう、ここは近年「猫の島」として猫好きの人たちにとってたまらない場所になっているのだ。

能古島もそうだが、一般的に島には猫が多い。理由としては漁師さんが捨てた魚がたくさんあるというのもあるだろうが、猫の糞の問題で揉めたりする都会と比べると、空き地も多くて猫がいても別に誰も気にしないという事もあるだろう。

でもそんな能古島に住んでいる僕から見ても相島は猫が多いw
f0201157_21595274.jpg
周りを見回すと必ず1匹はいる。特に漁師さん達が作業している港の付近や釣り人が多いところには大群と呼んでもいいほどの数の猫が魚を狙っている。
f0201157_21590219.jpg

先週の島で行われた親子向けの「かまぼこつくり体験」の見学につづいて、島の蒲鉾工場の工場長と蒲鉾や関連商品の今後、そして新商品開発についての意見交換(というかこの段階では雑談w)の為の訪問だったが、元九州のムラ市場の店長でカバ印アイスキャンデーでもお世話になっている中野さんと工場長と一緒に「あーだこーだ」と楽しく意見を出し合うことができた訪問だった。
f0201157_21590074.jpg

なんにせよ「島で作られている」ということが商品にとって「かまぼこ」という、市場に多く存在する類似商品と差別化できる強力な個性であるのは間違いない。
f0201157_21595895.jpg

観光とも絡めたどんな面白くて人を惹きつけるような展開ができるのか???そんなことを島から戻ってからずっと考えている。



by nocorita | 2014-12-12 22:04 | | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

記事ランキング

最新の記事

超縦長 android7.0..
at 2017-02-13 09:48
おやつをかいに
at 2017-02-07 09:51
「野菜やトラキ」さんへ
at 2017-01-19 10:18
娘が帰っていった
at 2017-01-13 09:10
お正月の能古島アイランドパークへ
at 2017-01-06 09:17

検索

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
島暮らし 仕事
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧