遂に登場「くじらめし」♬

f0201157_17373488.jpg

以前相島に行った際に食べて「こりゃ美味い!」と感動した「クジラめし」

具に「クジラの皮」を使ったシンプルな炊き込みご飯で、相島では「クジラの香りを消してしまうから」とクジラ以外の具は入れないのだが、まさにそのとおりで相島のクジラめしは、クジラの香りと薄っすら醤油の香りが漂うご飯をクジラの脂が包み込む、クジラが好きな人にはたまらない(嫌いな人にも逆の意味でたまらないとおもうがw)旨さだった。

調べてみると相島だけでなく、近いところでは玄海島とか、全国的には島根が「クジラめし」の本場らしいが、シンプルな料理だけにクジラを食べる地域では昔から結構食されてきたのかもしれない。

とはいえ僕自身もクジラをわりとよく食べる福岡で50年近く暮らしているのだが、初めて食べる料理でちょっと興奮した。

で「これは面白いじゃないか!相島の土産物としてだけでなく、個性的な商品として外にも売れるんじゃない?」と早速商品化を提案したものの、なぜか現地(相島)の人たちや商工会さんにとっては「あまりに普通のもの」らしく(w)、色んな人に何度も話してみたのだが、全く乗ってこなかった。

「このまま埋もれさせるのももったいない、、、、」
f0201157_17305316.jpg

そんな時はこの人のとこに行くしか無いでしょwと柳川の「夜明茶屋」(株式会社やまひら)へ。

「そりゃうまかばい!こっち(柳川)でも「肉じゃが」っていったらクジラ肉やけど、炊き込みご飯はよかね!やりましょや!」と「矢沢」じゃないが決断まで「二秒」w

さらにこの人、決断も早いがこの社長のすごいところは実行も速い。あっという間にサンプル製造と試食を重ねて完成!

本来は「炊き込みご飯」であるクジラめしだが、とりめしもそうだが、最近は米と一緒に炊き込むよりも白飯に混ぜ込めばできるもののほうが人気なので、「まぜごはん」用にちょっと改良。
f0201157_17341173.jpg
デザインは毎度のごとく八智代さん、 で以前つくった「むつごろうラーメン」などとは違って、松浦漬(くじらの軟骨を使った粕漬け)のような雰囲気。

この「くじらめしの素」だが、すでに夜明茶屋の店頭およびオンラインショップ、下関や北九州のお土産物店での発売も開始されたらしいが(はやっ!)、我が家にも1箱やってきたので早速開封&調理してみた。

基本的には白飯に「混ぜ込むだけでできる」というのがウリではあるが、それは試作段階でなんども食べたし、「混ぜ込むだけでできる」とはいえ、炊き込んだほうが味が染み込むんじゃないかとおもうので、今回はあえて「炊き込んでみる」ことにした。
f0201157_17361097.jpg
三合の米をよくといでから、そこにレトルトの「くじらめしのもと」の中身をすべてあけ、3合の目盛りまで水を足す。

結構醤油の色が濃いが、このくらいでOK。
f0201157_17364110.jpg
上にプカプカ浮いているのがクジラめしの味の決めてであり、具でもあるクジラの皮。
f0201157_17373488.jpg
で、炊きあがりがこんな感じ〜ジャーをあけるとクジラの香りが広がるくらいクジラ飯♬

一点だけ注意点があって、注意書きにも入れているが、クジラの脂は体内に吸収されず排出されるので、どか食いすると人によっては「お腹がゆるくなる」こともあるので、おいしくても食べる量は程々にw







by nocorita | 2015-11-14 17:44 | 食品 | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

記事ランキング

最新の記事

田植えの授業へ
at 2017-06-27 12:18
梅雨がきた
at 2017-06-26 09:33
緊急告知!2017年杏里ファ..
at 2017-06-24 11:21
「トウモロコシ狩り」初日終わ..
at 2017-06-24 06:29
いよいよ!杏里ファームの「ト..
at 2017-06-23 06:19

検索

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
島暮らし 仕事
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧