超美味!寒鯉(かんごい)の白子を清水で  -佐賀県小城市-



ちょっと前のことになるが佐賀県の小城市にある清水というところへ行ってきた。

ここは僕が「こどもびいる」や「スワンサイダー」などのソフトドリンクを一緒に作っている友桝飲料から車で5分ほどというご近所であるが、本道からちょっとそれて山の中に入っていくことから、随分前にスワンサイダーの商品写真撮影に行って以来。
f0201157_10443721.jpg
ここは「清水の滝」という名滝と共に天山から流れ出る名水の中で泳がせた鯉料理が有名な場所で、今回はそこにある鯉料理屋さん「鯉しげ」さんへの訪問だった。

店休日ということで一時間ほど雑談して帰るつもりだったのだが、「せっかくなんで」と鯉のあらいや、鯉こくを用意していただいたようで恐縮。
f0201157_10492423.jpg
綺麗な水で泳がせた鯉は臭みもなくとてもおいしい。

ところで、「鯉の洗い」というと、氷を敷き詰めた器のイメージがあるからか鯉料理というのは「夏の食べ物」のイメージが一般的らしく、繁忙期は夏らしいが、今回初めて知った事実、、、、

「鯉は冬が美味い」
f0201157_10502273.jpg
「これも食べてみてください」と「鯉の刺身」を出してもらったのだが、食べてみたところ、これが鯉?と驚くほどに「鯉の洗い」とは別物のブリのような脂の旨味。

鯉というのは刺身にするとこんなに脂があるのだなと聞いてみたら

「いや、脂がのるのは冬の鯉だけなんです。全然ちがうでしょ?僕らは勝手に寒ブリならぬ”寒ゴイ”と呼んでるんです。」

「寒ゴイ!、、、、良い呼び方やねえ、、ちゅうか、刺身美味いっ!」
f0201157_10505152.jpg
「んじゃ、ちょっとこれはどうですか?」とさらに一品。

「おーっ!なんすかこれ?」

「鯉の白子です。ジュレ状のポン酢をのせてます」

ご存知の通り、白子は精巣なんでオスの鯉にしか入っていないのだが、さらに白子が大きくなるのはこの時期のみ。それもこうやって出せるサイズのものが入っているかは捌いてみないとわからないらしく、とても貴重な食材。

一般的には鯉の味噌汁「こいこく」に身と一緒にいれてしまうのだが、「鯉しげ」さんでは大きな白子が出た時だけ白子ポン酢のようにして出しているのだとか。

味は、もう、、とにかく濃厚で臭みもなく美味い。車で来ていなければ間違いなく日本酒いってしまうくらいだ。これ食べるためだけでも両親を連れて来たいと思った。というか今度連れて行こう。

これだけ美味しい冬の鯉にもかかわらず、どうしても「鯉の洗い」の涼し気な氷のイメージが強い鯉料理だからか夏に比べるとお客が激減する冬場の鯉料理屋さん。

「それはもったいない話やねえ」と言ったところ、なんと、この2月6日から28日まで清水の鯉料理屋さん達数軒で、となる「寒鯉まつり」(facebookページあるやん)というものを開催するのだとか。
f0201157_11164406.jpg
初日の6日はライブなどのイベントがあるらしく混みそうなんで、期間中の平日にゆっくり行こうと思っているのだが、ぜひぜひ寒鯉と貴重な「鯉の白子」を味わいに「鯉しげ」さんへどうぞー!

サイトみたら「白子の軍艦巻」もあるみたい〜。くいてえ〜






by nocorita | 2016-01-27 11:18 | | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事ランキング

最新の記事

日本のペリエ?「白水鉱泉」へ
at 2017-09-24 23:20
島暮らし(20170912)..
at 2017-09-13 09:07
「スワンサイダー」が「Top..
at 2017-09-01 11:35
久々に車を手塗りしてみた(ダ..
at 2017-08-30 11:29
津久見イルカ島へGO
at 2017-08-28 11:40

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧