カテゴリ:動画( 103 )

娘と一緒に友桝飲料の工場へGO!

f0201157_02463691.jpg
月に一度の企画会議の為、三瀬峠を越えて佐賀県小城町にある友桝飲料へ。
f0201157_02471126.jpg
「社長室兼商品企画室」

この企画会議。元々は「こどもびいる」を出して「スワンサイダーの復刻しましょうよ!」なんて社長に提案していた頃だから10年前に僕と社長と八智代の「三人だけ」でスタートした「雑談」が前身なのだが、現在は新工場もでき、営業や技術のスタッフなどなども増え、会議参加人数も10人近い規模となった。

f0201157_03162394.jpg
写真は当時の社屋。唐津街道沿いに建つ古い古い建物の一階の狭いスペースに事務所があって、そのまた隅っこのテーブルで僕らは語り合った。今の工場も好きだけど、あのころ社長や八智代と「みんなを驚かせてやろう〜」と企んでいた頃が懐かしい。

現在の企画会議には僕は毎回出ているものの、八智代は子供も2人になった事もあり大変なので「どうしてもいてほしい時」だけ連れて行く事が多くなった。

で、今回はその「どうしても」というデザインの件があったので、ちょうど北海道から遊びにきている中学三年生の娘も連れての訪問となった。夏休み期間中の土曜日ということで、雨にも関わらず工場に入ってみると予想以上の賑わいにびっくり。
f0201157_02502596.jpg
(写真は友桝飲料ホームページより)

このところ各地で工場見学がちょっとしたブームになっているというが、こちらの工場も数年前の新工場建設の際に工場見学ができるように作った。全国を見回しても清涼飲料水の工場見学というのは少ない事、また、自分で好みのシロップを入れてサイダーを作る事ができる「こどもBAR」が子供達にはたまらないらしく、特に宣伝している訳ではないが年々来場者が増えていってるらしい(工場見学についての詳細は友桝飲料のホームページへ)。
f0201157_02462617.jpg

お土産物コーナーでは、なかなか売っている場所を見つけるのが難しいw友桝飲料の商品を買う事ができるので、わざわざ商品を購入する為にやってくるひともいるのだとか(もちろんあのドリアンサイダーも買える!)
f0201157_02463399.jpg
見学ルートは「工場見学」というイメージでいうと、ちょっと短過ぎると感じる人もいると思うが、どうしても食品ということで工場の上に作られたガラス張りの通路から見てもらうしかできないのは申し訳ないが仕方ないところ。でも、ちゃんと瓶に液体を入れて栓をして、殺菌、ラベリング等の行程をほとんど全てみることができるし、通路にはわかりやすい説明もあるので修学旅行や社会科見学のスポットとしても人気らしい。
f0201157_02453307.jpg
工場見学の最後にはこんなパネルも、、、、
f0201157_02453096.jpg
f0201157_03162047.jpg
懐かしい、、、というかみんな若い!僕もまだ38歳くらいだったし、八智代は20代前半、社長も20代後半だった。
f0201157_02452979.jpg
八智代作のイラストが妙に似ていてムカつくw

f0201157_02453548.jpg
娘が「顔ハメ看板」の横で笑顔でなにを指差しているかというと、こどもびいるキャラクターの「スミレちゃん」

僕みたいな老眼の方には見にくいくらいの小ささであるが、実は「こどもびいる」のラベルをよーく見ていただくと、、、、
f0201157_02433341.jpg
男の子と女の子の胸の名札には名前が描いてある。

実は「こどもびいる」を商品化している当時、当時の嫁さんに連れられて北海道に行ってしまう事になった当時3歳だった娘と、僕と共に福岡に残ることを決めた長男が離れてもバラバラにならないようにとの「願い」を込めて、ラベルのデザインに使われていたキャラクターの胸に僕の子供達の名前を入れていたのだった(切ない話や〜w)。

あ、ついでに言うと、同じくラベルに描かれている犬のキャラクター、この犬の名前が「ぽん万次郎」だった。

そう、八智代との間にできた息子の万次郎は当時当然ながらまだ生まれていなかったので、彼の場合は逆にキャラクターの名前から取ったのだったw。三男の名前の由来は、、、名付け親である八智代さんに何回か聞いたけどよくわからないっすw。



by nocorita | 2014-08-10 03:21 | 動画 | Comments(0)

「杏里ファーム」第63回全国農業コンクール「名誉書」&「ヤンマー賞」受賞!!

f0201157_02110663.jpg
家族で荷物を抱えて島をでて大分へ。
f0201157_02093155.jpg
4年前に「九重四季サイダー」の開発がきっかけでお付き合いが続く「九重町商工会」の青年部の集まりに呼んでいただき、2時間ほどお話をさせていただいた。

いつもながら具体的になる以前の「アイディアの芽」ってのは会議室で難しい顔して話したりするより、みんなでワイワイガヤガヤと楽しく話す中で出てくるもんだなあと思った。

もちろん出てくるアイディアが現実的に全て使えるわけでもないんだろうが、そんなことはどうでもいい。アイディアの段階で現実的すぎる案なんて面白くもなんともない。

今回も時間の事は全く聞いていなかったので気にせず楽しく話をしていたのだが、気づけば結構遅くなっていたので、続きはまた後日ということでおひらきにして、個人的に何度も泊まりに行ってる宿「筋湯温泉」の「ゆのもと荘」さんへ。
f0201157_02173991.jpg
相変わらずお風呂もいいし、居心地も良い宿だ。
f0201157_02092737.jpg
翌朝本当は福岡へ戻ろうと思ったのだが、その翌日が朝から大分市に行かなきゃならないということで戻っても交通費がかかるし、万次郎も大好きな「らくてんち」へむかい、一日遊んで携帯から「じゃらん」で格安温泉宿に素泊まりの予約を入れて別府泊し、翌朝大分へ向かった。
f0201157_02143562.jpg
さて、今回の大分行きだが、僕らも「椛島氷菓」の企画やデザインをやらせていただいている椛島さんの会社「杏里ファーム」が今年で第63回の開催となる「全国農業コンクール」に進出する全国から選抜された20の事業者の一つに選ばれたということで、従業員や椛島さんの家族などなどで構成される応援団の一員(といっても会場で見てるだけだけどw)としての参加の為。
f0201157_02091144.jpg
会場となった大分駅前の「ホルトホール」には全国から集まった参加者たちと応援団、見学にきた大分県内の農業高校の学生達が集まりかなりの熱気。

この「全国農業コンクール」は毎年各県の持ち回りで昨年は福島で開催され、来年は富山で開催される。

パンフレットを見ると今回の20事業者の簡単なプロフィールが載っていたのだが、一口に農業といっても、「酪農」から「グリーンツーリズム」まで実に様々な業種や規模の農家さん達だ。

会場となった大ホールでは、全20組の事業者さんたちが午前と10組、午後10組が持ち時間各11分で壇上で発表を行った。

プレゼン時間「11分」というととても短い時間ではあるが、実は当日のプレゼンはどちらかというと最後のアピールタイムで、審査自体は書類審査、そして全国に散らばる参加者のところに審査員達が実際に訪問して様々な角度からかなりの時間をかけて詳しく行われてきた。椛島さんの農園や椛島氷菓、アイスキャンデー工場にも先月だったか審査員の方々が訪問されて、インタビューを含めてかなり詳しく調べていかれたらしい。
f0201157_02092464.jpg
椛島さんの旦那さんによるプレゼンは午前中の最後に行われたが、福岡県の方々の助けで作られたプレゼン資料もわかりやすかったし、椛島さんの発表も堂々として八智代とちょっと感動。

そして、、、結果発表!
f0201157_02092285.jpg
今回の最終審査に残った20事業者の中から上位10組が「名誉賞」を受賞するのだが、杏里ファームも「名誉賞」見事受賞。

残念ながらその10組の中から選ばれる「大賞」は逃したものの、「準優勝」的な賞であるらしい協賛企業のヤンマーによる「ヤンマー賞」を受賞!名誉賞を受賞しただけでもすごいことながら、なんとなく「大賞」を逃して寂しそうに見えていた椛島さんも思わぬプレゼントに笑顔!僕らも笑顔!

本当におめでとうございます!!!!


以下「毎日新聞」の記事より

<農and食・全国農業コンクール>杏里ファームに名誉賞、ヤンマー賞 経営センス、高評価 /福岡

毎日新聞2014年7月18日(金)12:25

 大分市で17日開かれた第63回全国農業コンクール(毎日新聞社など主催)の全国大会で、捨てられてきた稲わらを資源として有効活用し、自家栽培の亜熱帯果物を加工販売するなど経営センスが高く評価された柳川市七ツ家、杏里ファーム=椛島一晴代表(53)=が名誉賞に輝いた。杏里ファームはヤンマー賞も受賞した。

 親の後を継いだのは1991年。イ草から麦栽培に転換し、知人に誘われ収穫後に焼却されていた稲わらの収集販売を始めた。飼料として畜産農家の需要は高く、処分の手間が省けた農家からはありがたがられる一石二鳥となった。

 早くから6次産業化を目指し、2005年に会社化。マンゴーやパパイアなどのフルーツ栽培も始めた。付加価値を高めるため、アイスクリームやアイスキャンディーに加工。香料や着色料を使わず安全で評判を呼び、販路は東京や大阪に広がった。温室を備えた農園は地元の観光名所の一つになり、昨年は約2万人が訪れた。消費者との交流イベントにも力を注ぐ。

 椛島さんは「亜熱帯フルーツの農園ハウスなど『魅せる農業』を実践している。初心を忘れず、地域とのつながりを大切に消費者が見て、食べて、喜ぶ農業ビジネスの確立を目指す」と発表。受賞について「賞を取れると思っていなかったのでうれしい」と喜んだ。【佐野優】

〔福岡都市圏版〕







by nocorita | 2014-07-19 02:20 | 動画 | Comments(0)

ついに完成!!!!!ゼ〜ット!!

f0201157_21281388.jpg
昨夜から土砂降りの能古島。

朝から大木町のニコパンさんのニコパン祭にいくのを楽しみにしていたが、この雨の中子供二人連れてフェリーに乗ってお出かけは流石に辛いので断念。。

その代わりでもなんでもないが、家族揃って能古島の渡船場の近くにある「JA福岡市能古支店」へ。
f0201157_21274611.jpg

農協の隣にある倉庫の中ではなにやら作業中、、、、

f0201157_21293818.jpg

そう、今日はJA能古の青年部により、先日ヤチヨさんが下書きしていた顔ハメ看板の塗装が行われていたのだ。
f0201157_21255150.jpg
f0201157_21260115.jpg
f0201157_21261271.jpg
「ここ!もうちょっと赤強めで!!」アートディレクター Q氏の厳しい指示が飛ぶ!!風w



前回JAの看板コンテストの為に初代「のこのしマン」を作ったのがもう4年前(地区予選を勝ち抜いて全国大会へ行ったらしい)。

今年久々にコンテストが開催されるということでデザインを頼まれたのだが、「のこのしマン」が島を訪れる観光客に大人気ということで、全く変えてしまうのではなくバージョンアップしようということで、決まったのが、安易と言われるかもだが、戦隊モノの続編といえばこのパターンでしょ?ということで、、、、
f0201157_21253973.jpg
「のこのしマンZ」
f0201157_21252452.jpg
完成を祝して早速初ハメ ♬ いい感じじゃーん!!

JAのケイタロウさん、青年部の皆さんお疲れ様でした!

新しい顔ハメ看板は夏休み前には登場予定ということで、お楽しみに!






by nocorita | 2014-07-06 21:39 | 動画 | Comments(0)

ゼーット!!!

f0201157_13262669.jpg

綺麗に晴れた日曜日。いやいや、気持ちいいじゃないっすか〜!

f0201157_1329627.jpg

さてさて、フェリーが能古島に着いて渡船場で降りて右へ行ったところにあるのが、いまではすっかり島の観光スポットとなり、カメラ女子イチオシ(そうなのか??)という顔ハメ看板の「農業戦隊のこのしマン」。
僕らも誰か来るたびに写真撮ってるし、我が家の写真ファイルにも満載っすよ。

f0201157_132895.jpg

これ、もともとなにかというと数年おきに全国の農協の青年部が看板を作って競うコンテストがあるらしく、今から4年前に農協さんから「なんか描いてくれんね?」とヤチヨさんが依頼されて原画を描いたものを青年部が色付けしてつくったもの。

f0201157_13371092.jpg

コンテストはあくまでも「看板」であり、「顔ハメ看板」ではなくて、まあだいたいが地域の農作物を描いて地産地消的なコピーを描いて出すようで(上の写真に写っているのが以前作ったのもの。大体こんなかんじらしい)、ヤチヨはコンテストのことなんか考えずに「島にあったらいいなあ」と作っただけだが、後から聞いたら地方予選を勝ち抜いて全国大会まで行ったとかw

f0201157_1337229.jpg

まあそんな今でも人気の「のこのしマン」だが、できた時がこんな感じで。

f0201157_1327697.jpg

今がこんな感じ

どうっすか?流石に作りたての時と比べると4年という年月で色も褪せたし、実は今まで何回も台風で飛ばされては農協の職員さんが修理してきたということでかなりヤレ具合。

ということで、、、、、
f0201157_13311945.jpg

「JAのこ」の事務所の前で、ヤチヨさんなにやら作業中、、、、、、お楽しみに♬

そして、もしかしたら今の「のこのしマン」も撮り納めかもしれないということで、「まだはめてない」という、そこの君!!そう君だ!カメラを持って能古島へ急ぐのだ!
by nocorita | 2014-06-29 13:40 | 動画 | Comments(0)

八智代さん大いに語る?

f0201157_2257537.jpg


今ひとつスッキリしない天気が続く能古島

スッキリしないといえば、先々週の末にひいた風邪がまだ治らない。冬でもほとんど風邪をひく事なく、ひいても1日ぐっすり寝たら治るのだが、熱はひいたものの喉がなかなか治らない。ついに耳鼻咽喉科にまで行ったのだが、そうこうしているうちに明日はまたも「しこふむ」

とりあえず「浅田飴」をなめまくる。

さて、普段我が家の仕事の分担は、僕は外に出て回って色んな人と話して新しい企画を立てたり、「しこふむ」や「九州ちくご元気計画」のように講師として働いたり、セミナー等の講師をやらせていただいたり、割と外向きの仕事(フラフラしているともいう)をさせてもらっている。

f0201157_2325751.jpg

それに対して八智代は自宅兼事務所でパソコンを前にひたすら絵を描く仕事だ(最近ホームページ更新してないんで全てではないが、気づけば10年で結構な数の商品を二人で作ってきた)。
もちろん打ち合わせ等で時々お客さんと話す事はあるが、大人数の前で話す事はない。

しかし、なんとこの度、K-ADC(九州アートディレクタークラブ)さんより連絡があり昨年のK-ADCアワードの受賞者達によるトークイベント「K-ADC Leaks」への参加依頼が2013年のパッケージ部門の受賞者である八智代のもとへとやってきた。

f0201157_230453.jpg

(2014年 K-ADCアワードパッケージ部門賞 むつごろうラーメン)

f0201157_236443.jpg

(2013年 K-DCアワード 特別審査員賞 佐野研二郎賞 カバ印アイスキャンデー)

当然ながら八智代は「うちはでたくない、、しゃべれんもん、、、」とゴネたのだが、折角の機会だし、そういえば僕も八智代がデザインについて語ってるのを聞いた事ないなあと思ったので、勝手に参加決定!!

f0201157_22574730.jpg


f0201157_22575131.jpg


八智代の回は6月20日。

普段の会話でも「火星に住んでる5歳児との衛星通信」のように反応が遅い上に意味不明という会話で僕を苛つかせる八智代が他の2人の受賞者の方々とどんな話をするのか、そもそも会話が成り立つのか?という疑問はあるものの、もしかしたら八智代が普段どんなことを考えて仕事をしているのかなんて事を聞く事ができるんじゃないか(わかってないのか俺?w)と僕自身すっげーたのしみなイベントである。
by nocorita | 2014-06-11 23:13 | 動画 | Comments(0)

カバ印の屋台完成♫

f0201157_23544782.jpg
5月2日 はれ
f0201157_23544234.jpg
先日宮田くんに作ってもらった屋台。無塗装のまま我が家へ持って帰り、塗装や飾り付けを進めていたのだがついに完成
f0201157_23545098.jpg
我が家の前で記念撮影

椛島さんが明日3日から柳川で始まる水天宮のお祭りで使いたいという事で柳川へ出発♫
f0201157_23545288.jpg
ということで、まずは港への道をとことことあるいていく、、、、あやしい、、、あやしすぎるぞ俺w
f0201157_23545535.jpg
そのままフェリーにのせて、渡船場からは分解して車に積み込んでイザ!
f0201157_23545731.jpg
無事到着♫

柳川へお越しの際は是非!!



by nocorita | 2014-05-02 23:58 | 動画 | Comments(1)

ぬりぬりサンデー♫

f0201157_128249.jpg


雨の予報の日曜日だったが、夕方までは結構暖かくて潮干狩りの人達で郵便局前の海岸は人だらけだった。でも「せっかく島に来たんだからのんびりしたいなあ」という人はトコトコあるいて40分ほどのキャンプ場がこの時期はほとんど人もおらずおすすめです。

上の写真は昨日の夕方だが、雨が降り出しそうだったこともあってか誰もいない、、、w。

さて、この我が家の今週末は先日持って来た「屋台」の塗装。

f0201157_128777.jpg


リアカーから屋台部分を外して玄関のあたりにおいて真剣な表情でマスキング中の八智代さん

f0201157_1281588.jpg


全体の塗装は僕の方でやって(ローラーで塗るだけなんで簡単)、肝心のロゴ描きは八智代さんに。

f0201157_1281159.jpg


とりあえずリアカーに乗っけてみて「さてどうしたものか??」と熟考中の八智代画伯!!がんばれー!w
by nocorita | 2014-04-28 12:11 | 動画 | Comments(0)

夏の準備〜♫

2014年4月23日(水)はれ
f0201157_23240536.jpg
今日もよい天気。八智代さんは事務所で黙々と作業中。
f0201157_22573615.jpg
僕は午前中に出かけて打ち合わせを終わらせた後、宮田君平くんに制作をおねがいしている物をチラ見して島へ。

しかし、仕様を打ち合わせしたのが週末だったのに、明日には完成する予定らしく、宮田くん、すげえ仕事はええな、、見習わねば、、、、w。この後、我が家で塗装を終わらせて(できるのか?w)来週には柳川へ♫。今年の夏には大活躍かな???

事務所へ戻り、1時間ばかり打ち合わせを終わらせてから、暇そうな万次郎を誘ってストライダーもってお散歩へ。
f0201157_23240056.jpg
ノコニコに寄ってクッキーとジュースを買ってから「ざっこ」さんの前の公園でストライダーの練習。

クリスマスに買ってやった(もとい、サンタさんにもらったw)時は「乗れるのかな??」と思っていたが、最初はよたよたしていたものの、すぐに足をほとんどつかずに乗れるようになり、なかなか楽しそう。
f0201157_22573913.jpg
「遊んだ後のリンゴジュースは美味いぜ」  万次郎


by nocorita | 2014-04-23 23:32 | 動画 | Comments(0)

K-ADC年鑑とどいた!!


f0201157_20394971.jpg
2014年4月11日(金)晴れ

先日頼んでいた本が2冊同時に届いた。
f0201157_20411947.jpg
昨年出た「地域を熱くする!注目のデザイナーたち」(これはちょっと前にとどいてた)は、各地方のデザイン事務所やデザイナーごとにページがあり、ウィローのページにはサイダーやムツゴロウラーメンなどなどとりあげていただいた。


先日早速この本を見て連絡をくださった方もいたんで「とりあえず自分ところ載ってる本はうちにも置いておかないといかんやろw」と購入したやつ。
f0201157_20400284.jpg
今日届いたうちの一冊「地域発ヒット商品のデザイン」という本は、先日でたばかりなのだが椛島氷菓も出ているということで購入したのだが、他にも佐賀の友桝飲料のサイダーや指宿の指宿サイダーなどなど結構いろいろ取り上げられててびっくり。
f0201157_21465745.jpg
全国各地のグッとくる商品も沢山掲載されていてなかなか読み応えあるんでおすすめです。


そして到着を待ちに待っていたのが、昨年第二回が行われた「K−ADCアワード2013年」の年鑑。入賞作品数百点が掲載された約300ページのすごい情報量!

f0201157_20400874.jpg
「新聞広告 雑誌広告部門賞」の伊藤さん
f0201157_20401001.jpg
「映像モーショングラフィック部門賞」は「ubugoeプロジェクト」でもお世話になった今永さん。受賞作のアクエリアスの感動CMはコチラ

あ、お二人とも若干フレディマーキュリー系&ペアルック風だが、そういう趣味でも関係でもないw。

今回のK-ADCアワードは全体的にSMチックなイメージなんで受賞者もそんな感じでの撮影ポーズとなったのだ。

そしてK-ADCアワード2013の「パッケージ部門賞」は、、、、
f0201157_20400641.jpg
八智代さん&まんじろう(なぜ万次郎も???w)

八智代は2012年の「佐野研二郎賞」に引き続いての受賞でおめでとう。(2012年の各受賞作品はコチラ


僕はデザイナーではないのだが、このK-ADCアワードに2013年から八智代と共に参加させていただき、八智代が受賞したからという理由ではなくほんとうに素晴らしいイベントだなあと思っている。

商品や広告などデザイナーの役割というのはとても大きいが、どんな素晴らしい広告であっても、どんなに商品のデザインが素晴らしくても商品や広告にはデザイナーの名前は出ない。

そんな裏方であるデザイナーの人達が「褒められる」そんな場所があってもいいじゃないかという、そんな理由で始まった(とおもう)この賞は多くのデザイナーの人達に「年に一度のご褒美」として喜びをあたえてくれるであろう貴重な機会だなあ〜と、一昨年の授賞式で「笑顔でガッツポーズ」という彼女らしくない喜び方をしている八智代を見て思った。

なんてこと書いてたら、今回の年刊の最初のページにK-ADCの代表の伊藤さんにより書かれた言葉を発見。さすが!(以下 K-ADCアワード2013年鑑 P3より)



わたしたちは、毎日
誰かに愛されたいと願って
仕事をしています。

正しく言うと、わたしたちは
誰かに愛されたい、誰かのために
果敢にラブレターを綴る代筆作家です。

つまり黒子であって、
世間にはみえる必要のない存在。
けれど、そのラブレターのニオイや手触りの中に
誰もが、ある作家の気配を感じているはずです。

誰かを笑顔にして
その報酬でゴハンをいただく我々に
もうひとつの報酬があるならば、
それは、多くの同士たちから寄せられる
賞賛の声かもしれません。

いちばん人を笑顔にした人を讃え
共に学び合い、喜びあう場所の存在。
大いなる憧れと少しの嫉妬が混じりあった
人間賛歌を共に歌える仲間たち。
それが九州アートディレクターズクラブです。
さあ、業界の畑を共に耕し、さらに実り多い地へと
もっと九州をしていこうではありませんか!

たくさんの笑顔と仲間たちと一緒に

2013年
九州アートディレクターズクラブ代表
伊藤敬生


by nocorita | 2014-04-11 21:12 | 動画 | Comments(0)

大いに語る春!w

f0201157_22425981.jpg


月曜日に続いてのテレビ取材が入った。今回は地元局の夕方のニュースで地域の商品開発の話(だったとおもうw)。

f0201157_22425772.jpg


事務所、アイランドパーク、そして能古保育園と場所を変えながら一日がかりの撮影。
主に仕事の話だったが、まあいつものごとく仕事と生活の境がないもので取材も家族そろってだったので万次郎や九太達も映ってるかな?

テレビの取材って記念にもなるし実家の親も喜んでくれるので基本好きではあるがw、特にニュースの場合「撮影一日で放送は数分」というのも普通なので「一体どの部分が切り取られて使われるのかわからない」上に、紙媒体と違って校正も来できないので「ちゃんと伝わらない可能性がある」という怖さがある。

だから、そんな危険を回避する為に予め僕らのホームページやブログを見てもらうし、カメラがまわっていない時も取材に来られている方とできるだけいろんな話をして、僕らの事をわかってもらう努力をしているのだが、さてさて今回はどんな出来上がりになるのか(放送は今のところ4月11日の午後6時15分からのFBS福岡放送「ニュース5ちゃん」内の予定)???

f0201157_22425498.jpg


そろそろ散り始めたアイランドパークの桜の下でパチリ!
by nocorita | 2014-04-04 12:48 | 動画 | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

記事ランキング

最新の記事

カタツムリハンター「Q」参上
at 2017-10-14 18:14
アザラシプリン&ナマケモノプ..
at 2017-10-11 14:29
大牟田市動物園の秋のイベント..
at 2017-10-04 17:17
「なめろう」が食べたくて
at 2017-09-25 09:56
糸島へ。「またいちの塩」&「..
at 2017-09-25 09:19

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧