カテゴリ:島暮らし 仕事( 102 )

雨の「しこふむフェア」に行って来た

f0201157_10350502.jpg
 
 しとしとと雨が降る木曜日の博多駅前。「しこふむフェア」が開催された

 せっかくのイベントなんで「晴れたら良かったのになあ〜。だれっすか雨男?」とAさんと中野さんに聞いたらお互いを指差していたんで、あの二人の相乗効果と思う事にした。

 とはいえ、駅ビルの前の大きなガラス製の屋根のおかげでざっと10張あるテントが設置された広場が濡れる事はない。

 今回のイベントは僕も平成24年から講師の一人として参加させていただいている「しこふむ」というプロジェクトの販売研修を兼ねた販売会。

 ちなみに「しこふむ」とは福岡市の東部に位置する福岡県新宮市、古賀市、福津市、宗像市の4市の頭文字をとったもので、この4市と福岡県で構成する「宗像 粕屋北部地域広域連携プロジェクト推進会議」が平成24年から地域資源を活かした商品の販路拡大を目指す「販路拡大プロジェクト」としてスタートしたもの。

 予算の関係もあり、10回前後の様々な全体講習会(商品開発、販売、原価計算などなど)とその後の個別講習という形で、5年ほど関わらせていただいている「九州ちくご元気計画」と比べるとエリアも予算も小さな小さな事業であるが、筑後地域と同じく伝統や技術、そしてなによりやる気と元気を持つ事業者の方々とのやりとりは同じく小さな会社を営む仲間として仕事自体は大変であるもののとても楽しい。
f0201157_10344400.jpg
 農家の若い跡継ぎとして野菜や柑橘の栽培から加工品開発まで考えている岩隈農園の岩隈くん。
f0201157_10343848.jpg
 講習以後も時々コーヒーを飲みながら今後どちらに向かって行くべきか話しながらもなかなか見えてこなくて苦戦中の新宮の「カフェアッシュ」の岩永君とはまだまだ一緒に頭をひねらないといけない。
f0201157_10342999.jpg
 そして初年度から関わらせていただき、現在では個別の契約でお仕事をさせていただいている古賀の「青柳醤油」さんも宗像の「めぐみ鶏卵」さんの隣で出店。

 こちらは「パッケージデザインの提案」や「販路開拓」をしたいという思いで事業に参加されたが、今回の事業上は「販路拡大プロジェクト」ということで「今ある良い商品をもっと売って行く為にデザインを変えたり販促を学んだり」という目的のプロジェクトではあるが、考えるべきは「そもそもこの商品でいいのか?」「この商売のやり方でいいのか?」というもっと根っこのところまで戻って考えるべき場合が青柳醤油さんに限らず非常に多い。

 青柳醤油さんも最初は他社との差別化の為の「たまごかけごはん」のパッケージの魅力的なデザインへの変更や容器の変更という依頼から入ったが、お付き合いの中で見えて来たのは福岡の醤油屋さんのほとんどが抱える事情による「差別化の難しさ」だった。

 実は全国的に見て福岡の醤油屋さんの数は異常に多い。

通常醤油というのはそれぞれの醤油屋さんで大豆を原料に仕込んでいく。その仕込み方や原料、環境等で味が変わり、それが個性となる。

 しかし、福岡の場合は個々での製造をやめ、醤油組合でまとめて醸造した物を各醤油メーカーに運び、そこに甘味料等を添加して最終製品にするという方法をとっている。もちろん「だから劣っている」という訳ではなく、逆に品質管理という点で言うと良いと思うし、この時代に小さな醤油屋さんが多く生き残っているのはこの方法をとった故であるとおもう。

 しかし、「他社との差別化」という点でいうと非常に難しい。だって、元の醤油はみんな同じものだから。

 伝統調味料のブランドのイメージに欠かせない「職人の技」という部分が「醸造」という行程がない事からイメージ的に出しにくい。もちろんあとからの甘味料等の添加という作業はあるが、それを前面に出すことは消費者にとっては必ずしもプラスのイメージにはならない。

 この問題点を頭に置きながら、青柳さんのご夫婦と僕や八智代との雑談を重ね、出て来たのは「同業者との差別化の為には単にデザインを帰るとかではなく、製造工程で時間と手間がかかる作業があり、それがイメージだけでなく実際の商品の味にも添加物では出せない美味しさがいきる商品が必要だ」という結論。

 まあ「言うは易し」であるが、偶然ながら実は僕ら夫婦の中には以前から一つの「欲しい商品」のイメージがあった。

 実は八智代が梅が好きで、以前紀州の「梅製品専門店」で「うめポン酢」を見つけて取り寄せたのだが、ふたを開けてがっかりしたことがある。確かに梅も入っているらしいのだが、特に飲料メーカーの仕事をしているからわかるのかもしれないが、香りが間違いなく「うめ香料」を使っていて、そう、梅ガムみたいな香りで自然ではなかったのだ。その時「ちゃんと梅の香りだけで作ればいいのになあ」と話していたのだ。

 さらにポン酢については、この数年「ちょっと甘みのあるポン酢」が徐々に増えて来ているし、実際甘みがはいることにより、これまでのポン酢とは違った旨味がでる気がするし、そのままサラダとかモズクとかにも三杯酢のような感じで使えるので「あまみのあるポン酢」も作りたかった。

 そんな僕らの「欲しい」をミックスして提案し、そこに青柳醤油さんの醤油屋さんのアイディアを入れて開発が始まったのが「うめポン酢」
f0201157_12281626.jpg
ベースの醤油にアミノ酸等の化学調味料ではなく昆布、鰹をつけ込んで出汁醤油をつくる。美味しい時期の青梅を氷砂糖とともにつけ込んで梅シロップを作る。梅の香りのイメージの一つでもある紫蘇を酢に漬け込んで紫蘇の香りの酢を作る。それらを酸味と甘み、香りのバランスを見ながら何度も試作を作り「手間と時間をかけた商品」が完成した。

「うめポン酢」は「バイヤーズセレクション」の選考において対象商品に選出され2014年のスーパーマーケット&トレードショーで展示され、早速いくつかのお話をいただき、博多駅の地下のショップにも並んでいるのだが、単に一つの商品が生まれたということではなく、福岡で醤油屋さんが生き残って行くためにどんな方向の物つくりをしていくべきかという一例として(もちろんこれがすべてではない)面白い商品になったとおもう。
f0201157_10343463.jpg
ついでに博多阪急さんの地下食品売り場にいってみたら、そこら中に八智代さんのイラストを使っていただいていた。

やっぱりこうやって形になるとうれしいもんだ。感謝〜!












by nocorita | 2014-03-23 12:35 | 島暮らし 仕事 | Comments(0)

ぽかぽか陽気の能古島

f0201157_21525938.jpg


時々雲がかかると肌寒いものの気持ちのよい一日となった今日の能古島。

午前中は折角の陽気なんで外でコーヒー飲みながらパソコン仕事。

f0201157_2138386.jpg



なぜかその足元では万次郎が太鼓をトントコトントコ♪

やっぱり天気が良いと幼児も気分があがるんだろうなあ

午後からは「のこのしま加工部会」の総会に参加。

今日の総会をもって正式に加工部会の一員となった。

仕事柄、いろんなところの加工所の方々と仕事をすることも多いんだが、まさか自ら加工部会の一員となるとは、、、、w。

がんばりまーす!

f0201157_21494661.jpg

「能古島レモンケーキ」用の能古島産レモンもそろそろシーズンオフなんでまとめて冷凍準備中
by nocorita | 2014-03-22 22:08 | 島暮らし 仕事 | Comments(0)

そろそろ目覚める能古島

f0201157_18242573.jpg

今日は一日霞もなくて晴れ渡った気持ちのよい一日だった。


こんな冬の夕暮れ時は対岸の福岡の町が赤く染まってとても綺麗だ。


 日が暮れると急激に寒くなることもあって仕方ないことなのだが、バタバタと町に帰っていく人たちを見ていると「本当はこれからがとても綺麗なんだけどなあ、、」なんてちょっと残念。


 福岡の観光地である能古島だが、その観光シーズンは3月中旬の菜の花の時期から始まり、11月のコスモスの時期で終わる。つまり今は11月まで続く観光シーズンの直前ということ。


 先日冬の長い眠りから覚めたノコニコカフェには、春のオープンを待ちかねていたお客さんが集まってきてたし、渡船場にある「長栄丸」さんの店頭ではそろそろシーズンも終わりがけだが、今年から本格的な販売が始まり「味が濃くて美味しい」と評判の能古島産の牡蠣「万葉牡蠣」の売り出しが行われている(もうそろそろ終わる時期かもなのでお早めに!)。

f0201157_18273529.jpg

 昨夜はノコニコの夫婦が持ってきてくれた能古の牡蠣を半分は牡蠣飯に、残り半分は焼き牡蠣にして、ずっと冷やしていた「農民ドライ」 と一緒にいただいた。


 今日は、来週末からはぼちぼちと春休みもはじまるということで、能古島アイランドパークさんもお土産物売り場のリニューアルらしく、春から「のこのしま加工部会」が売り出す新商品 の打ち合わせの為に家族でアイランドパークへ。

f0201157_18311825.jpg

 「自転車乗り入れ不可」を完全無視で園内爆走中の幼児約1名発見し確保w。

f0201157_18250119.jpg

 園内の大花壇の菜の花はまだまだこれからな感じだったが、島の東側の海沿いをアイランドパークにあがっていく道沿いには菜の花がぼちぼち。

f0201157_18244172.jpg

 シーズンに合わせて発売を開始するいくつかの新商品のプレスリリースも頭を悩ませつつもほぼ準備OK。


 さあ目覚めるよ〜能古島w
by nocorita | 2014-03-10 18:39 | 島暮らし 仕事 | Comments(0)

フーデックスジャパンへ

f0201157_2321248.jpg


4日から始まった今年のフーデックスジャパン2014.

2005年のフーデックスからずっと嫁さんと一緒に来ていたが、今年は万次郎とキュウタがいるということで、初めての居残りで一人での参加。

まあ相変わらず友桝飲料のブースにはほとんどいなくて会場をウロウロウロウロと面白いものを探して歩いた2日間。

別に今回の展示会で気づいたわけではなく、普段から思っていることではあるが、中身、食品なら味はもちろん大切だけど、いくら味が良くても、食べてみないとわからないわけで、そのためには目にとめてもらい、手にとってもらい買ってもらわないと始まらない。世の中に五万とある同じような商品の中でどうやったら買ってもらえるかってのが重要だよなあと、とてつもなく広い会場に溢れる数万点の商品の海を歩きながらあらためて思った。

f0201157_23212761.jpg


イタリアのお酒と言えばワインのイメージだが、今回イタリアの9つのブリュワリーが共同で出しているブースには蔵ごとの様々なデザインの可愛いラベルに包まれたビールが数十種類あって、テイスティングとは思えないほどの量のビールを注いでくれる。外見に負けず中身のビールも抜群に美味くて、スタッフたちも自信に満ち溢れているからか、熱気溢れる素敵なブースだった。

f0201157_23171689.jpg


フーデックスジャパンは7日までだが、僕は明日の夜には福岡へ。
by nocorita | 2014-03-05 23:32 | 島暮らし 仕事 | Comments(0)

2014年春の新商品(能古島編)♬

f0201157_1501095.jpg


空は霞んでいるもののまるで春のように暖かな一日。家の周りには水仙が咲いている。
f0201157_14594029.jpg

我が家のミカン畑も甘夏やニューサンマーオレンジ(日向夏)がいい感じに色づいてきたが、収穫はもうちょっと先か。
f0201157_1505031.jpg

さて、このところ旅の話ばかりで全く仕事していないように思われるといけないので、商品の話など。。。

この春でこの島に来て6年目に入ることになるが、今年は久々に能古島でいくつかの商品を出していく予定。

f0201157_1538334.jpg

といっても僕らが販売を行うわけではなく、僕らは能古島のミカン農家さんを中心に結成された「のこのしま加工部会」の企画面、デザイン面でのお手伝いという位置づけ。

f0201157_1513659.jpg

まずは秋から進めていた島のレモンを使った昔懐かしい「能古島レモンケーキ」

こちらは実はテスト販売の意味もあって、すでにこっそり販売を開始しているのだが、思った以上に売れていて3月下旬からのアイランドパークさん他での正式発売が楽しみ。

f0201157_151586.jpg

裏面には能古島には欠かせないフェリーが。

f0201157_152631100.jpg

フェリーといえば、そうそう、2006年の発売開始以来すっかり島の名物に育った「能古島サイダー」であるが、それを記念してではないがw、数百本に1本の確率でラベルの中に描かれた「フラワーのこ」が「レインボーのこ」になっている「レインボーバージョン」のものがでたんだったよ。

マヌケなことに自分の分を取っとくのを忘れ、さらにいくら探しても当たらないので写真が無いのだがw、まあ殆どの人が気づきもしないとはおもうが、でたらあからさまに喜ぶようにw

f0201157_1535445.jpg

これらに加えて、3月後半には能古島初のペットボトル入り飲料「能古島の初恋」も発売開始(写真はペットボトルに巻くシュリンクフィルムの色校正用フィルム)。

島産の甘夏果汁の入った甘酸っぱい無炭酸のドリンクということで、「サイダーはシュワシュワしてのめなーい!」というチビッコもだいじょうぶだぁ!!

ね?働いてるみたいでしょ????w
by nocorita | 2014-02-25 15:40 | 島暮らし 仕事 | Comments(0)

九州ちくご元気計画ビジネスマッチングを覗いて来た〜

f0201157_11261976.jpg
九州ちくご元気計画の参加者とバイヤーさん達の「ビジネスマッチング」があるということで、久々に元気計画の事務所のある久留米へ。

思っていたよりも広い、ちょっとした展示会のような会場には久々に会う人たち。
f0201157_11263072.jpg
今回出展されていた柳川のお菓子「ソイコロ」のプロデュースをされた平尾さんに我らがボスの江副P
f0201157_11264728.jpg
この春販売を開始する新商品の試作を手に笑顔の「うきは百姓組」の赤司さん
f0201157_11263644.jpg
どんな組み合わせなのかわからんけど一緒にいた「クロキビスポークルーム」の黒木さんと合鴨農法や米や野菜の無農薬栽培をやっている「宇っちゃん農園」の宇っちゃん。
f0201157_11264443.jpg
宇っちゃんは昨年八智代が作った「宇っちゃん農園」のロゴをつけた米袋で合鴨米を持って来てた。
f0201157_11271677.jpg
そして、会場に商品たちと共に誇らしげに飾られた賞状は先日僕らも企画とデザインで関わった「むつごろうラーメン」が、

「日本商工会議所、全国観光土産品連盟共催 第54回全国推奨観光土産品審査会」という早口言葉みたいな漢字だらけの審査会で、「日本観光振興協会会長賞」というのを受賞した際の物
f0201157_11264066.jpg
見よこの誇らしげな表情を!賞状を持たされている加藤は浮かない顔w

このほかにもとにかく懐かしい顔ばかりで、とても楽しい時間となった。

僕は昨年末でFacebookを使うのをやめたのだが、それまで友人達の動向がリアルタイムで入ってくるのが普通だったのが、まったく入ってこなくなったからか、以前は久々に会ってもさほど感動がなかった(失礼w)友人達の顔を見ると嬉しくて思わず手を振ってしまい、「元気しとるんすか〜?なにしてるんすか最近??」なんて話しかけてしまうようになったし、逆に「Facebookで見かけないけど、最近どうしてるんですか〜??」と言われて近況報告し合ったりと、とりあえず僕にとっては人に会えるということの喜びを再確認できて正解だったかもしれんなあなどとおもった。

今日は明日から天神大丸で始まる催事「大丸日田展」の準備に来ているという大分県日田の人たちの顔を見に天神へ



by nocorita | 2014-02-13 12:10 | 島暮らし 仕事 | Comments(0)

「みんな」で「ちゃんと」でいいんすか?

f0201157_1991870.jpg


北海道から雪を連れて来ちゃったのかと思うほどに大雪となった名古屋から、遅れに遅れた新幹線に乗って福岡へ帰還。北海道、青森、名古屋と10日間の旅が終わった。ただいま〜日常!w

島の港から車で坂をあがって我が家への曲がり角を曲がると、、、、

f0201157_1961619.jpg


真っ白な梅の花が満開。福岡はもう春だ。



家に戻ってみると宅急便が届いており、開けてみるとこんなものが

f0201157_1991027.jpg

「ヤメガリータ」

企画したのは八女で飲食店「ウメノ商店」と「ウメノ雑貨店」を経営する梅野君。
温州みかんを使った塩ポン酢なんだと。

本人の手紙にも「どこかで聞いた名前ですが、、w」と書いてあったが、うむ、どこかで、、、w
f0201157_19102738.jpg


彼とは随分前に「こどもびいる」を彼の店で扱ってもらっていた(あれ?今は??w)のがきっかけで、お茶のサイダーかなにかの相談があり、そこからの付き合いなのだが、「834サイダー」での開発で開発魂に火がついたのか、土橋カレー、ウメノロマン(お茶)、チャバスコなどなど立て続けに企画販売している楽しい男だ。

「飲食店をやりながら商品開発も」というのが5年前までの僕自身を見ているようで、彼の動きにはとても興味を持っている。

彼が成功している理由はいろいろあるとはおもうが、僕が思う成功の理由は「自分が欲しい、おもしろいと思うものを一人で企画している」ということだとおもう。

「それって普通のことでしょ?」と思う人もいるかもしれないが、これがなかなかできない。

仕事柄、僕も地方の商工会とか、自治体だとかいろんなところに呼んでいただいて、特産品商品開発みたいなもののお手伝いをやっていると、ある段階で参加者の中から必ず出てくるのが「ちゃんと」という言葉だ。大体はそこに「みんなで」という言葉もセットのようにくっついてくるのだが、「みんなでちゃんと」これが曲者だ。

「みんなで知恵を出し合って作る」とか「思いつきではなく、ちゃんとアンケートとったり、参加者で多数決をとったり、マーケティングして進める」というのは、「正しいこと」のように聞こえるが、「世の中にない商品」までは難しいとしても、少なくとも「斬新で楽しくて売れる商品をつくろう」という時に「みんなでちゃんと」で進むとどうなるか。

「みんな」で意見を出し合い話せば話すほど、「ちゃん」とやろうとするほどに、最初は尖っていたかもしれないその企画はだんだんと「角」がとれていき、結果「正しいけどなんの驚きもなく、だれも欲しがらない商品」ができていく(まあこれは僕個人の考えなんで違うと思うなら違うで結構w)。

梅野くんは、まさにその対局にあるからこそ楽しいものができてくるんだと思う。
(もちろん実際の商品化の部分ではデザインや品質含めちゃんとしなきゃいけないのは当たり前だが)

こんなことを書くと、「じゃあ商品開発はグループじゃできないのか?」と言われそうだが、そういう意味ではない。グループであれ、権限と責任を持ったトップ、偉い人という意味ではなく、プロジェクトリーダー的な「ふさわしい人」を決め、様々な意見を聞くにしても、最終的には多数決ではなくその人の決定で動くという形を取れればいいんだとおもう。

しかし、それがなかなか難しい、、、、。もちろん僕も同じような悪い流れの経験を何度もしてきているので、そんな場面に遭遇するたびにこの話をするのだが、「みんな」と「ちゃんと」という事自体は「すばらしき民主主義」的には間違ったところが無いわけで、特に組織の上の人が「みんな」と「ちゃんと」が好きな人の場合、「いやいや、こういうのはちゃんとみんなで話し合って進めないとですね」などと逆に説教されちゃったりするのだ。

ということで、「みんなで」「ちゃんと」が大嫌いな僕だが、なぜこんなにも「みんな」で「ちゃんと」ってのが好きな人が多いんだろうと考えたのだが、「みんな」で「ちゃんと」には、一つだけとても素晴らしいことがあることに気づいた。

それは「ちゃんとみんなで一緒に考えてやった」訳だから、「失敗した時にも、誰も責任を取る必要がない」ってこと。

そりゃいいやねー!!

それでいいんすか?w
by nocorita | 2014-02-09 19:29 | 島暮らし 仕事 | Comments(0)

「のこのしま加工部会」をパチリ!!

f0201157_22224088.jpg

島の甘夏も随分黄色が濃くなって来た。

カメラバッグを肩に島にやって来たカメラマンの戸高ケイイチロウと共に向かったのは「のこのしま加工部会」が作業中の工房。

f0201157_22224922.jpg


「のこのしま加工部会」はミカン農家さん達が中心となっていることもあって、主に島の甘夏やニューサンマーオレンジ等の柑橘類を使った商品を手作りしたり、果汁を搾って「冷凍果汁」として販売している。

f0201157_22232544.jpg

「能古島の甘夏茶」(製造:のこのしま加工部会)
f0201157_0172954.jpg

「みかん農家のごちそうポン酢」(製造:のこのしま加工部会)
f0201157_026693.jpg

 姪浜の洋菓子屋さんとのコラボ商品のこちらは間もなく発売開始
f0201157_0252414.jpg

僕らの「ノコリータ」椛島氷菓で人気のジェラート「能古島の甘夏ジェラート」も「のこのしま加工部会」の果汁を使っている商品。
f0201157_22221168.jpg

ちなみに今回ケイイチロウがわざわざやって来てくれたのは、月末に行われる展示会出展用のパネルに使う写真撮影のため。当日突然思いついた事もあり4名しかいなかったので、今後たちあげるホームページ用にまた撮らなきゃいけないけど。
f0201157_22215922.jpg

いいねえ!!

f0201157_22322769.jpg

一仕事終えた後は我が家で大盛カレー!!残すな!(怒)w

*いい感じの写真は戸高ケイイチロウ撮影。
by nocorita | 2014-01-27 00:45 | 島暮らし 仕事 | Comments(0)

ザツダンザツダンザツダン

f0201157_132841.jpg

29日からの旅に備えてパソコンの前で仕事漬けの八智代さんを残し、朝から3軒の打ち合わせへ

まあ僕の場合、打ち合せというか雑談というか、よくわからない。

でも、今みたいな仕事をはじめて10年。振り返ってみて思うのは何度も書いたが「雑談の強さ」


商品の企画やデザインを商品とする仕事ということで、「商品企画とデザイン」の提案にどれだけの価値があるかって部分が重要で、一緒にお茶飲んだり、くだらない話をするなんて「無駄」という考えもあるだろう。

でも、どんな商品も、ブランドも、店舗も、実際に動かしていくのはデザイナーやプランナーではない。

それが学園祭みたいに短期的なものであれば、デザイナーやプランナーが思うようにやって、それに従ってもらえばいいかもしれない。

でも、商売ってのは何年も何年も、できれば世代を越えて数十年以上長く長く続けていくべきものだ。

デザイナーやプランナーがいつも隣にいるわけではない。だから僕らが形にすべきなのは、そこを実際に動かしていく人が「素」のままで無理することなく楽しく育てていけるようなブランドや商品なんだとおもう。

そのためには、その人を知らなきゃならないし、それはアンケート用紙では絶対にわからない。

とにかく人と人として、仕事のことを語り合ったり、仕事だけじゃなくて家族のことや好きなことなどなど色んな話をしたり、遊んだり、ご飯を一緒に食べたり、、、、

そうして長い時間をすごしていく中で、こちらも「プランニング」なんて戦略的っぽい、カッコイイものではなく、ごく自然に「そのひとっぽいもの」の姿が見えてくる。

雑談はすごいのだ


と、いつもパソコンの前で必死に仕事している嫁さんに、僕がいろんなところでフラフラしている言い訳を頑張って書いてみたw
by nocorita | 2014-01-24 01:54 | 島暮らし 仕事 | Comments(0)

ツギカラツギカラツギカラツギカラ

f0201157_112342.jpg

寒い日が続く。冬の寒い夜は対岸が綺麗に見える

今日は朝からこの春に島で発売を開始する3つの商品(うち1つは自社商品)の打ち合わせで「のこのしま加工部会」のAさんとの打ち合わせ。

昨年島のミカン農家さん達の有志を中心に立ち上がった「のこのしま加工部会」だが、昨年商品化した「あまなつ茶」に続いてやりたいことはたくさんあるようで、話をしているとあっという間に時間が過ぎる楽しい打ち合わせとなった。うん、打ち合わせは楽しくなきゃいかん。

f0201157_116156.jpg

昨年ヤチヨが「のこのしま加工部会」からの依頼で能古島の形(ひょうたん型)をモチーフに、ロシアのマトリョーシカ人形のようなロゴを作らせていただいた。

このロゴには「あけてもあけても次々に中から人形が出てくるマトリョーシカ人形のように、次から次へと楽しいアイディアが溢れでてくるような会になりますように」という思いを込めたものだったが、本格的な始動となる今年が楽しく有意義な一年になればと思う。

夕方からは「アイディアと実行力の塊」である「夜明茶屋」の金子さんが進めている新商品について昨夜打ち合わせが必要な事態が発生したので柳川へ。

これだけメールやスカイプなんて便利なものがある世の中ではあるが、何かあった時には「すぐに会って話す」。これに勝る解決法はないとあらためて思った日。

ところで昨年の2月に発売を開始した「有明海のむつごろうラーメン」

夏に行われたK-ADCアワードでパッケージデザイン部門賞を頂いたのだが、昨年末に出品した全国各地の観光土産品の中から優れた商品を選ぶ「第54回全国推奨観光土産品審査会」において、1281点の応募の中から「日本観光振興協会会長賞」を受賞したという嬉しい知らせ。

f0201157_17863.jpg

ガッツポーズ!!w
by nocorita | 2014-01-22 01:28 | 島暮らし 仕事 | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

記事ランキング

最新の記事

いよいよ!杏里ファームの「ト..
at 2017-06-23 06:19
大牟田市動物園に新車きたぞっ!!
at 2017-06-16 08:59
能古島「観光ビワ狩り園」はじ..
at 2017-06-12 10:14
能古小学校の恒例授業「磯遊び」
at 2017-06-10 09:01
「石垣島さんだ農園」から荷物..
at 2017-06-09 09:27

検索

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
島暮らし 仕事
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧