カテゴリ:飲料( 105 )

町の酒屋さんのできること

姪浜でちょっと時間があったんで今宿の酒屋さんへ行ってきた

この酒屋さんは以前たまたまブログ見てて「面白い酒屋さんだなあ」と思って読んでたら「え!福岡!それも今宿!!」とびっくりしたおぼえがあって一度行ってみたかったのだ。

姪浜から海沿いを走っていき、牧のうどんのところから海沿いの細い道へ

しばらくいくと、、、、、

たて看板発見!!ここだ!

f0201157_22211182.jpg

裏はこう。ここに違いない!しかし自家製看板、、ありがたい(嬉)!!

f0201157_2222393.jpg



柴田酒店さん
f0201157_22225637.jpg


f0201157_22233971.jpg


特に広いお店でもないのだが、店内にはドリアンサイダーやスイカサイダーだけでなく、九州で面白い梅酒や酒を企画、販売している九州酒の一座の酒を始め様々な地酒が並ぶ

僕が下町屋をやっていたときに配達をお願いしていたお店もそうなのだが、町の酒屋さんと話していると、「大規模なディスカウントの酒屋におされて小さな酒屋はもうやっていけないよ」という話をよくきく。もちろん安さを求める消費者ばかりの時代で、それも事実だろう。しかしそれと同時に僕はいつも「町の酒屋さんほど酒に興味がない人たちはいないんじゃないか」と思っている。

ほとんどの酒屋さんはその気になれば様々なお酒の情報、そして物に触れるチャンスが多いにもかかわらず大手国産ビールや「霧島」や「いいちこ」といった定番商品意外の商品(リキュールやスコッチなどなど)には全くと言っていいほど興味を持たない酒屋さんが多い。もちろん大手メーカーのビールなんてのは詳しいのかもしれないが、「酒の専門家」である酒屋さんに「こだわりの飲食店」や「酒好きの消費者」が望む「珍しい商品」「楽しい商品」「コダワリの商品」の情報を与えてくれる町の酒屋さんというのはいったいどれだけあるんだろう???。

「この店に入ってみたい。」

そう思わせてくれるお店、たとえば由布院のはかり屋さんや、福岡のボン洋酒店、そして今回お邪魔した柴田酒店なんていうお店にいくと、まず沢山の興味をそそられる商品に自然と滞在が長くなり、さらにそんなお店に必ずといっていいほど置いてある店主オリジナルのミニ情報満載の手描きのチラシみたいなものに目を奪われる。そしてそれを読んでいるとそんな店をプロデュースしている店主の話が聞きたくなり、気づくとその店が取り扱っている商品だけでなく、その店自体が自分にとって魅力ある場所となってしまっていることにきづく。つまりそこのファンになってしまうのだ。そして「その店で」何かが買いたくなる。

大手さえ苦戦するこの時代に、それは「まわりくどい時間のかかる方法」かもしれないが、「ここで買いたい」と思ってしまうファンを作るそんな方法はゆっくりでも確実に効いてくる方法なんだと僕は思う

NB商品あふれる中で地方の商品やサービスが戦っていくヒントはこんなところにあるのかもしれない。
昨年から僕も参加させていただいている筑後の事業にもこんな感覚をいかしていければとおもう。
by nocorita | 2009-09-07 23:19 | 飲料 | Comments(6)

n.e.o プレミアムジンジャー・エール YAHOOに!


f0201157_21252979.jpg
こどもびいるの時もそうだったが、友人たちのほうがYAHOOとかのチェックよくやっているようで、今回も友人数名からの連絡でYAHOOのトピックス(読売新聞記事)よりに出ていることを知った。


記事の開発秘話部分についてはまあいろいろ言いたい事はあるが(笑)、まあ僕らは裏方ということで、、、

今回のリアル開発秘話は以前のブログに。



昨年の発売当初は月間5000本とごく少量の販売数量であったが、「動きがにぶいですねえ」というトモマス飲料さんに対して「この商品についてはなんの心配もないっす。不安は友桝さんの営業力くらいっすかね(笑)」と言ってた。すべての面で絶対の自信を持てる商品なんでじわじわと売っていけば必ず広がると

現在月間3万本。

まだまだいける!!
by nocorita | 2009-08-23 21:31 | 飲料 | Comments(3)

N.E.O 「世界が認める輸出有望加工食品40選」に



f0201157_14244046.jpg
僕らの商品「N.E.O プレミアムジンジャエール」については、先日のブログでとりあげたようにナガオカケンメイさん率いるD&Departmentの企画するnippon vision project の佐賀県の商品に取りあげられていたのだが、先日友桝飲料から連絡があり、今回、農水省が行った「世界が認める輸出有望加工食品40選」というものの中の1つに見事選ばれ、さらには総合のベスト4に入ったというニュースが。 

この商品、数年前に「こどもびいる」「地サイダー」と中小飲料業界の中で常に新しい商品の提案を行ってきた友桝飲料が次にやるべきことはなんだろうという中で、僕が以前から提案していたものの一つであったのだが、当時、いや今でもだが、普通飲料メーカーというのは香料メーカーから香料を買い、砂糖、酸味料などを混ぜて炭酸水で割るということしかやっておらず、「生姜や香辛料を煮込んで原液をつくる」なんてことをやっているメーカーはなく、不可能と思われていたため構想段階でストップしていた。

しかしこの問題は以前からお世話になっていたコックソースさんとの話の中で「コックソースであれば原液をつくることはできるのではないか。それを友桝に送って炭酸で割ればいいのではないか」という可能性が出てきて動き出した。さらにこの企画を以前から僕の不満であった使いかけのジンジャエールを冷蔵庫から出して使われるというバーでの出来事からもしかしたらちょうどミニサイズのビンの容量でカクテル一杯ちょうどにはならないものかと中州の老舗バー「サンボア」の社長に聞いたことがきっかけで、さらにサンボアの社長も「おもしろい!本当にうまいジンジャエールを作りたい」と乗り気になり、味作りはサンボアのバーテンダーさんがカクテルに合う味を目指して担当することに。そしてその商品化のイメージ面含めたトータルのプロデュースには数年前まで天神の某百貨店でバイヤーでサンボア入社後は博多ラーメンなどのプロデュースをやっていたKさん(現トリゼンフーズ)が担当。ソースの香り漂う工場でバーテンダーさんやKさん、コックの社長に僕らが大きな鍋にスプーンをつっこんで味見しながらレシピをつくる(僕は飲んでただけだが)という地味な作業が続いた。その後も完成品の状態でも沈殿するほどの濃さのソーダをつくるということでコックソースさんと友桝飲料の間でも様々な試行錯誤が続きついに中身が完成。そこに「こどもびいる」や「スワンサイダー」の時とは全く異なるテイストのヤチヨの描いたラベルをはりつけ完成。

激ウマジンジャエールプロジェクトは友桝飲料、コックソース、サンボア、ウィローという4つの中小企業がコラボした画期的な商品だった。

発売開始後も様々なバーやホテルで取り扱いが増えていき、さらには様々な雑誌、ネット(gigazine ,cyzowoman )、個人のブログでその情報は広がり続けている。

「こどもびいる」は既存の商品の切り口をかえ、デザイン、ネーミングをかえ、別の商品として「売れる商品」となった。

しかし、今回neoを作り実際に販売して、思うのは中身が明らかに優れている商品というのはやはり強い

この商品にかかわったことは飲料に限らず今後の商品つくりの大きな宝になったとおもう


是非のんでいただきたいが、ちなみに能古島のポータルカフェ(これよくねえ?笑)のノコニコカフェでも好評発売中である
by nocorita | 2009-07-03 14:28 | 飲料 | Comments(4)

オランダ出張??

昨日は大雨の中、朝からオリジナル商品開発の話があり出張

行き先はオランダ
f0201157_1127134.jpg

でしょ?

f0201157_1128331.jpg

チューリップのユルキャラ、、萌えるぅ、

今回、僕にとっては実は初のハウステンボス

以前から「なんかおもしろくないよ」「なーんもない」などとあまり良くない話を聞いていたし、オランダ自体昔しばらく滞在してたし(旅の途中で歯がとんでもなく痛くなり、アムステルダムのキャンプ場から通院してた。おかげでまったく観光せず)、別にいかなくてもいいやとおもっていた場所。その一方でハウステンボスについては様々な本が出てて、僕も読んだことあるのだが、昔から気になっていた場所でもあった

当日は早めにでて、打ち合わせの前に2時間ほど園内を回ってきたのだが、感想は、、、、

「マジヤバイ!(若者風)」

遊園地とかテーマパーク大嫌いの僕だが気に入った!

確かにあそこをディズニーランドとか福岡ならスペースワールドとかのような場所と考えて行ったら確かにがっかりするかもしれない。いや、ガッカリ率100%かもしれん。
ジェットコースターとか観覧車なんてまったくないから。でもズバリそこにはオランダの町がある。いいじゃないか!メニューにラーメンしかないようなラーメン屋みたいなもんだ。
清い!そこら辺の話でいうと北九州の某テーマパークなどは焼き鳥とかカレーとか置き始めたラーメン居酒屋みたいでいかにも中途半端である。

この清さってのはなんか身近にあるなあとおもったら能古島アイランドパークだった。
だから僕はアイランドパークも大好きだ。ちなみに島民は入園料がタダだというのは能古島トリビア

さて、ハウステンボスだが、以前どこかで聞いた話では日本に来たオランダ人留学生に「日本に来たら絶対にいきなさい」と大使館が薦める場所のひとつがハウステンボスとか。
そして、当然ながら「風車かなんか置いてオランダ風にしてるんだろ」と馬鹿にしてやってくるオランダ人学生達はそのつくりとスケールにビックリするらしい。

f0201157_11294582.jpg

ぱっと見ただけでも建物の作りとかにそこらのテーマパークみたいに「とりあえず感」がない。

いや、逆に普段別にそこまで見ないだろう、、、と思われるような小さなところ、道の石畳とかレンガとかがしっかり作ってあって、たとえばあの広い広い園内(東京ディズニーランド+ディズニーシーと同じ)の石畳もオランダから職人さんを連れてきて作ったらしいし、もともと工業用の埋立地だった植物の育たない土地に堆肥を混ぜるという有機的方法で土地を生き返らせるために使われた費用は土地の取得代を超えるものだったという話も聞いた。

特に今回感動したのは、都会の川では当然のコンクリートの護岸。場所によっては三面コンクリートなんてとこもあるんだが、ハウステンボスの場合は園内を張り巡らされた水路の護岸は石を組んでできている。それによりそこには様々な生物が育ち今ではハウステンボスにしかいないのではないかといわれる生物もいるらしい。さらに面白いことに、高度な水処理により、大村湾から取り入れた水より、処理して湾に戻す水のほうが汚染度が低いとか。


そう。ここまでくると、テーマパークというより一つの世界だ。

正直こんなことしてたら採算あわなくてつぶれるのも当然と思うくらい(2003年会社更生法適用)。

だが、しかし、そんなことはこれだけ大きな施設をつくる人たちだからわかっていたはず。

それでもやったのは、そんな短期間で収益を上げるという短いスパンの考えではなく、「一つの現実の町をつくるんだ」とでも言うような大きな目標があったんだろう。事実ハウステンボスってのは地番が確か「佐世保市ハウステンボス町」なんだよな。これもすごい。

もちろん、そのプランが生まれたころというのは1980年代であったはずなので、当然バブルの力があったからというのは事実だろうが、ハウステンボスの良さというのは今の時代でこそ感じることができるんじゃないだろうか。あの時代だからできたものではあるが、コンセプトとしては15年早かったのかもしれないなあ。

などと難しい話なしに、いやあ、、本当によかった。
あそこはなんか一日ぼーっとしてるといいだろうなあ

唯一残念というか、これはテーマパークとしては仕方ない部分だろうが、僕一番の目的の「その土地の生活感を感じる」事ができないということか。人が生活している町にある「怪しさ」というのがないかなあという点。まあそれ言っちゃうとここを開放して人を入れ、店を入れ本当の町にするしかなくテーマパークと言う枠自体壊れちゃうのだが、それはそれで面白いことになるんじゃないかなと勝手に妄想しながら帰ってきた。

さて今回開発する商品は、、、

当然いまのところは秘密である。


f0201157_11363486.jpg

ヒント?

予定では秋に限定でプロトタイプを出し、春には商品化。
イメージではかなりいい感じの商品になるのではないかと思っている。

そうそう、全然関係ないが、従業員入り口付近においてあったリアカーにグッと来た

f0201157_11374670.jpg

by nocorita | 2009-07-02 11:40 | 飲料 | Comments(5)

NIPPON VISION GIFTより



f0201157_21172599.jpg
今日久々にi pod のアプリを触ってたらNippon visionのアプリを発見。

「Nippon vision 2  47都道府県からの贈り物」D&Departmentが10年前から行っているNippon vision projectのひとつで、この春に銀座松屋で行われた全国の都道府県からD&Departmentによりセレクトされた商品の展示販売を行ったNIPPON BUSSAN NIPPONには佐賀県の商品3点のうち二点「ジンジャエールneo」と「スワンミニ」、そして香川県のオリーブサイダーという合計三点の僕らの商品が選ばれていた。

「友だちの誕生日や、結婚式の引き出物などのシーンに、自分のふるさとを贈る。単なる流行品や話題の品としてではなく、昔からあるその土地らしさを感じてもらえる「現実的な贈り物」としてもセレクトしました」(ホームページより抜粋)とあるが、さてさて。

今回のアプリにはきれいな商品写真と動画へのリンクが入っていて、なかなかいい感じ。

動画(you tube)はコチラ
by nocorita | 2009-06-09 21:21 | 飲料 | Comments(4)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

記事ランキング

最新の記事

梅雨がきた
at 2017-06-26 09:33
緊急告知!2017年杏里ファ..
at 2017-06-24 11:21
「トウモロコシ狩り」初日終わ..
at 2017-06-24 06:29
いよいよ!杏里ファームの「ト..
at 2017-06-23 06:19
大牟田市動物園に新車きたぞっ!!
at 2017-06-16 08:59

検索

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
島暮らし 仕事
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧