カテゴリ:島暮らし( 389 )

「野いちご」を食べながら

f0201157_23150333.jpg
ゴールデンウィークが終わった。この季節は家の窓を開けていると、家の下にある甘夏畑から甘夏の花の甘い香りが漂ってくる。
f0201157_23153835.jpeg


今年のゴールデンウィークも、例年同様に何処かに出かけたりすることもなく終わった。とはいえ、ゴールデンウィークになると、島に子供連れで泊まりで遊びにやってくる友人達も結構多くて、それはそれで賑やかで特に子供たちは夜遅くまで遊びに来た子供たちと遊んで楽しいお休みだったようだ。(上の写真は戸高ケイイチロウ撮影)
f0201157_23164167.jpg
長い休みの後なんでちょっと心配してはいたものの、この春から小学校に通い始めた次男は相変わらず行き帰りの坂道はキツそうではあるが学校は楽しいようで毎日元気に通っている。
f0201157_23180646.jpg
保育園に通う三男もこの3月までは8時頃起きて9時くらいにバタバタと車で保育園に送っていたのだが、4月からはお兄ちゃんの登校時間に合わせて6時起床の7時過ぎには家を出て保育園に登園しているのだが、毎朝家族全員で歩いて保育園まで話しながら向かうのが楽しいのか、かえって機嫌がいい気がする。
f0201157_23182722.jpg
そしてこの5月からは遂に末っ子も通園開始。

まだ慣らし保育ということで短時間なのだが、何考えているかは1歳の表情からは読み取れないものの預けに行っても泣かないし、迎えに行くと先生にだっこされてご機嫌なんで、どうやら楽しそうでよかった。



我が家から保育園まではクネクネの坂道をとことこと子供と一緒に10分ほど下っていくのだが、その途中にはこんなものが
f0201157_23190064.jpg
野いちご
f0201157_23192580.jpg
そして、さくらんぼ
f0201157_23194889.jpg
子供たちはこのところ、普通より5分くらい早く家を出て、道沿いの藪の中になってる野いちごをつんで食べたり、真っ赤なサクランボを食べながら小学校と保育園に向かっている。
f0201157_23210488.jpg
試しに末っ子にあげたらすごい勢いで3個位食べてびっくりしたw
f0201157_23201917.jpg
そんなに好きなら、、、と毎年野いちご採りにお邪魔させてもらっているミカン農家さんの農園でガッツリいただいてきたんで今日は「野いちご食べ放題」だぞー







by nocorita | 2017-05-10 23:34 | 島暮らし | Comments(2)

今年の誕生日のこと

f0201157_06325098.jpg

入学から10日程が過ぎたが、万次郎は保育園に行ってた頃のグダグダはなんだったのだ?というくらい毎朝6時にちゃんとおきて、楽しそうに学校へ出かけていく。彼にとって大きなランドセルは大変そうだが、二宮金次郎みたいでかっこいいぞ。(上の写真は写真家のいわいあやさんに撮って頂きました)


さて、、、先日のブログにも書いたのだが、この数年は、自らの誕生日はケーキを買うどころか誕生日を祝うことさえしていなかったのだが、今年の51歳の誕生日は、ちょうど嫁さんの幼馴染が宮古島から遊びに来ていたこともあって、超久々にケーキを買って誕生会らしきものをやることになった。

ちょうど書店のイベント(高山さんの絵本の出版記念のイベント)に呼ばれて福岡に来ていた高山さんと、高山さんと一緒に絵本を作っている(絵を描いている)中野さんがイベントが終わったあと、ノコニコ夫妻の家に泊まりに来ていたこともあり、宮古島の友人とともに我が家で一緒に宴会となった。
f0201157_21115910.jpg
高山さんとは「ノコノコロック」という島のイベントで何度かお会いした事はあって「なんかゆるくて感じの良い方だなあ」と思っていたが、イベントでは、毎回カレーを出していたので、最初は「高山さん=カレーの人」と思っていた。

ノコニコ夫妻との会話の中で高山さんの話が出て僕が高山さんを「カレーの人」と言うたびにノコニコのショコムに「ちがうよ!カレーの人じゃなくて料理の人!すごい人で私もファンなんよ!(ちょい怒り気味)」と言われた。

それ聞いて「あーそーなんだなあー」なんておもっていたというくらいあまり知らなかったし、イベントの時は皆バタバタでゆっくり話すこともなかったので、初めてゆっくりと話をすることができた。

高山さんは料理家としてだけでなく、文筆家としてもいろんな本を出したりと、沢山のファンを持つ料理家の方とは思えないほどに柔らかで素敵な方で(そこが人気なのかもしれないが)、その日「僕が作った料理」をにっこり笑いながら「おいしーよー」と言ってくれて、とても嬉しかった


一緒に来られていた画家の中野さんも、あまりガンガンにしゃべる方ではないようなのだが、時々ボソボソっと面白いことを言っては恥ずかしそうに笑う笑顔と独特の空気感から優しさが滲み出てる素敵な方だった。
f0201157_21132419.jpg
中野さんは万次郎と将棋の相手をしてくれた。

「万次郎はなかなかいいねえ」と褒めてくれて、万次郎も負けたけどなんだか嬉しそうだった。

高山さんは万次郎に「私オセロ初めて〜」と言ってオセロを教えてもらっていた。

先生気取りの万次郎がまたまた嬉しそうだった。親子揃って嬉しい夜だったわけだw。

二人には翌日もノコニコカフェで会ったのだが、二人共ほとんど動き回ることなく微笑みながら、ノコニコの夫妻と話をしたり、つまみを食べたりビールを飲んだりと、あんな外国人みたいに素敵なカフェの過ごし方できる人たちってあんまりいないよなあ、、と羨ましく思えた。なんせ僕はノコニコの髭ちゃんに「アサバさんは常に動いてないと死んでしまうからね」と言われるように少しもじっとしていられないのだ。

高山さんに、先日僕らが神戸から帰ってくるときに乗った「阪九フェリー」の話をしたら「そんなのあるんだぁ〜それいいねぇ〜」と言ってたので今度は船に乗って来てくれるかもしれないなあ。
f0201157_21152787.jpg
夕方のフェリーで島を去る高山さんと中野さんの二人とノコニコ夫妻の記念写真を撮った。二人もノコニコ夫妻も笑顔が柔らかくてよいなあ。

対岸に渡る二人を見送ろうと髭ちゃんと万次郎と渡船場の横の防波堤までいった。

もしかしたら船の中に入っているかも、、とも思ったが二人はちょうど船の僕らがいる側で外を眺めていて気づいてくれた。
f0201157_21154534.jpg
動き出したフェリーにみんなで手を振ると、高山さんと中野さんだけでなく、ちょうど来ていた大勢の外国人観光客も自分に手を振ってくれているのだと思ってか、嬉しそうに手を振りかえしてくれたのが、なんだか面白くて、嬉しくて僕らもいつまでも手を振った。


昨日ノコニコのショコム(おくさん)にあったら「高山さんこの前のこと日記に書いてくれてたよ〜」と言われ見てみたら能古島での2日間のことが書かれていて嬉しかった。(2017年4月19日の日記)

僕の名前が間違っていたらしく、ノコニコに電話をくれた際に「アサバさんの名前の字まちがっちゃったぁ〜」と言っていたらしいが、髭ちゃんが即座に「いいっすよ」と言ったらしく、そのままになっていた。まあよし(あ、4月25日の日記で修正してもらってるw)。









by nocorita | 2017-04-25 21:20 | 島暮らし | Comments(0)

春のアイランドパークへ

f0201157_00384033.jpg
めちゃめちゃ気持ちよく晴れた日
f0201157_00385558.jpg
宮古島から遊びに来ていた友人親子を連れて久々にアイランドパークへ行ってきた
f0201157_00402997.jpg
桜と菜の花の季節は終わったけれども、これから先の季節がお花もとても綺麗だし気温も上がってくるので実はおすすめ。
f0201157_00410343.jpg
こちらは入り口を入って左側にちょっと歩いたあたりなんだけど、鮮やかな花々と青い海が一緒に写る記念写真には最高の場所だ。
f0201157_00412976.jpg
とはいえお花ばかりじゃ子供達も退屈するので、次に移動するのは「うさぎ園」
f0201157_00423423.jpg
とにかくすごい数のうさぎたちがいて、特にこの時期は生まれたばかりの小さな小さな子うさぎたちも多くて癒される。
f0201157_00414358.jpg
入り口のガチャポンで餌を買って中に入ると、特に平日はお客さんが比較的少なく餌をあげる人も少ないからか、あっという間に寄ってきて若干襲われてる風w
f0201157_00430034.jpg
十歩も嬉しそうにサワサワ
f0201157_00461138.jpg
そこからちょっと下ると、「ヤギ園」。
f0201157_00463673.jpg
うさぎは触れる子たちも自分より大きなヤギは怖いらしく、こちらはほとんど人がいないw。九太も「かわいいね」と言いながら横目で警戒しながら出口へ急ぐw
f0201157_00432506.jpg
旅行雑誌とかで能古島アイランドパークの写真といえば大体ここが写るレストラン「防人」前の大花壇の現在は菜の花も終わってちょっと寂しげ。
f0201157_00434844.jpg
しかし、急に暖かくなってきて下の芝生も青々としてきて、暑くもなく寒くもないこれからの季節はゴロゴロするには最高。
f0201157_00525148.jpg
広場の向こうにはアスレチックもあるので子供達も楽しめるし、大花壇に来る手前にある「思い出通り」にあるお店でゴムで飛ばす発泡スチロール製の紙ヒコーキを買って広い広い広場で飛ばして遊ぶのも楽しいのだ。
f0201157_00535868.jpg
わーい







by nocorita | 2017-04-23 00:57 | 島暮らし | Comments(0)

祝入学!祝早起!

f0201157_08100537.jpg
桜咲く春。次男万次郎が島に住む7人の友人達に島の外から通ってくる子どもたち8人を加えた15名とともに無事入学。
f0201157_08111849.jpg
このところ天気の悪い日が続いていたが、入学式は気持ちのよいお天気
f0201157_08113436.jpg
保育園に行って不在だった三男以外で我が家の桜の樹の下で記念撮影。
f0201157_08230042.jpg
翌日からは朝6時に起きて7時過ぎに家を出て、保育園に通っている三男も連れて一家でトコトコと坂道を下り
f0201157_08231070.jpg
港の近くのお寺で上級生のお兄ちゃんにバトンタッチして小学校へ。

これまで二人が保育園に通っている時は、二人とも何度起こしてもなかなか起きてこず、なんだかんだで7時半頃起きて9時近くにバタバタと車で送っていた。

「こんな状態でこの子は6時に起きて小学校に通えるようになるんだろうか?」と不安いっぱいの僕らであったが、蓋を開けてみると「これまでなんだったんだ?」というくらいに毎日6時の目覚ましでしっかり起きて準備をして出かけるようになったのは驚きだった。
f0201157_08361739.jpg
さらに弟のQも、お兄ちゃんと一緒に起こして家族で一緒に家を出て保育園まで歩いていくようにしたのだが、なぜだかこちらも遅く起きていた頃のように「ねむたい」とか「いきたくない」とぐずることもなくなった。

そして僕ら夫婦にとっても二人を送った後、夫婦でとことこと朝の島を歩いて帰るのが楽しみの一つになった。
f0201157_08374294.jpg
そして時には漁から戻ったばかりの知り合いの漁師さんにこんなものもいただいたり、、、早起きは2匹の得!


by nocorita | 2017-04-22 08:38 | 島暮らし | Comments(0)

卒業、卒園、卒ハイハイ おめでとう。

f0201157_13130271.jpg
春は旅立ちの季節。
f0201157_13133258.jpg
4年前の春。「サクラチル」の後の「追加合格」で北海道へ進学していった長男が、早いものでこの冬無事大学卒業。

とはいえ、このまま大学院へ進学するということで、あと2年は学生生活が続くらしく、本人も特に感動もないらしく忙しく研究室に通っているらしい。
f0201157_13153207.jpg
そして、万次郎さんも無事保育園を卒園。

今年の卒園児は10名。
f0201157_13170370.jpg
それを祝ってヤチヨさん特製の卒園児10人と先生の似顔絵入りの「こどもびいる 能古保育園卒園記念ラベル」。
f0201157_13161307.jpg
万次郎もいるいる。
f0201157_13143233.jpg
長い子は0歳から通っていたからか、中には感動して泣いちゃって僕らももらい泣きするくらい感動的な卒園式
f0201157_13140230.jpg
万次郎は最後の一年だけの通園だったからか、あっさりしているのかw、笑顔。

春からはこの10名のうちの9名がそのまま能古小学校に進学するということで、楽しい学生生活になればいいなあ。

そしてそして、、、

来月末に1歳の誕生日を迎えるジッポさんも、、、、
f0201157_13150309.jpg
うぉりゃーっ!!!と「卒はいはい」w



by nocorita | 2017-03-26 13:18 | 島暮らし | Comments(2)

超縦長 android7.0 タブレット 「FUDEPAD」

f0201157_09463332.jpg
春の小学校入学に備え、ランドセルを買ってもらった万次郎

手に持っているのは、一見「アイコン並びまくりの超縦長アンドロイドタブレット」に見えるが、国旗がたくさん描かれている筆箱w

たくさん国旗覚えてね。

by nocorita | 2017-02-13 09:48 | 島暮らし | Comments(2)

おやつをかいに

f0201157_09475343.jpg
雨の休日。朝からテレビばかり見ている子供たちに「石橋商店までお散歩しようぜ!」と声をかけた。

石橋商店というのは島唯一の商店で、狭いながらもお菓子やパン、野菜や肉まで揃うお店で、もちろん品揃えが良いというわけでもないし、対岸と比べると送料もかかるので安くはないが、「あっ、マヨネーズ切れた!」みたいなときとか、どーしてもアイスクリームが食べたくなったりしたときには心強いお店だ。

さらに島の子供たちにとっては駄菓子屋でもあり、10円やそこらで買えるお菓子も沢山置いてるので万次郎達も大好きな店だ。
f0201157_09454806.jpg
我が家から石橋までの道はひたすらに下り坂なんで会話も弾む。
f0201157_09463415.jpg
しかし帰りは当然ながら上り坂オンリー
f0201157_09465604.jpg
でもお菓子を手にした子供達は文句も言わず黙々と歩くw。

で、なに買ったかというと、、、
f0201157_09480376.jpg
これっすかw。







by nocorita | 2017-02-07 09:51 | 島暮らし | Comments(0)

娘が帰っていった

f0201157_09073664.jpg
一気に寒くなってきた能古島。あまりに寒いので寝室にオイルヒーターつけて寝てたのだが、朝起きたらギンちゃん(猫)が「嘆きの壁」に向かうユダヤ教徒のような感じでヒーターに向かって暖まってたw。
f0201157_09075138.jpg
年末から我が家に遊びに来ていた娘が母親の待つ北海道の登別へと帰っていった。
f0201157_09155225.jpg
3歳で母親とともに福岡を離れていた娘が夏休みや冬休みを利用して我が家に遊びに来るようになったのが小学校4年生くらい。写真は2009年の夏。マキちゃん若っ!w ( もちろん今でも若いです。はい。)
f0201157_09080970.jpg
毎回小さな体で大きなスーツケースをゴロゴロひいて来ていたが、毎年あたりまえではあるがどんどんと背が伸び、春には高校3年生になる今では僕とほぼ同じ背丈になった。(過去記事)

1年後には大学受験をひかえ「しばらくは遊びに来れないから」と言っていたが、これから一年頑張って勉強するように。





by nocorita | 2017-01-13 09:10 | 島暮らし | Comments(2)

お正月の能古島アイランドパークへ

f0201157_07312575.jpg

年明けすぐから授業が始まるという長男が札幌へ帰っていった。

大きいお兄ちゃんがいなくなり、子供達がなんとなく暗い雰囲気になったのを察したのか「アイランドパークに行こうか!」と八智代さん
f0201157_07323526.jpg

ちなみにこの「能古島アイランドパーク」。広い敷地を持ち完璧に管理されているからか「公営の公園」と思っている人も多いのだが、数十年前に八女から開拓でやってきた久保田一家が昭和40年代にオープンさせた私営の公園だ。

当初は今の場所で芋の栽培を行っており、当時としては珍しく出荷する箱に「久保田芋」と書いて今で言う「ブランド化」を行い、その味で人気のブランドだったというから、農業技術だけでなくブランディングに関しても優れていたんだなあと感心する。

アイランドパークにしても今でこそ「自然公園」というのは珍しくないが、開園当時は「ジェットコースターもなにもない遊園地」というのは珍しく、「何もなくて子供が退屈するじゃないか」とか「なにか乗り物はないのか?」と不評だったらしい。それに対し創業者の故久保田会長は「これから先、どんどん と開発が進み福岡から自然がなくなってくる。その中できっとこんな場所が必要になってくる」と遊具の設置を頑なに拒んだというから先見の明のあった人だったのだなあと思う。

この時期のアイランドパークは名物の「菜の花」や「コスモス」「ひまわり」の時期と比べると随分と人が少ないし、正月中は大花壇の前にあるレストラン「防人」も閉まっているが、冷たく澄んだ空気の中を歩くのは気持ちが良いし、もちろんこの時期しか見ることのできない花も咲いている。
f0201157_07331415.jpg
大花壇の広場の東側の斜面に広がる「スイセン」。これから2月くらいまで甘い香りが楽しめる

f0201157_07350096.jpg
子供達は滑り台
f0201157_07354987.jpg
娘と八智代は女子トーク(?)でのんびり過ごす
f0201157_07320452.jpg
とても天気がよくて志賀島。そしてその先には何度かおじゃました相島も綺麗に見える。

f0201157_09230175.jpg
最後にみんなで「変顔」で記念撮影w

例年年始は息子と「のこのこボール対決」をやるのだが、今年は早く札幌に戻ってしまったので来年こそは!






by nocorita | 2017-01-06 09:17 | 島暮らし | Comments(0)

2017年 あけましておめでとうございます

f0201157_13222100.jpg
新年恒例の家族写真をパチリ。
f0201157_13225564.jpg
大晦日は北海道から里帰り中の息子と娘とノコニコ夫妻とともに鍋をつつきながらのんびりとすごし
f0201157_13232545.jpg
11時にはこれまた恒例の「ざっこ」さんでの年越しそばにお呼ばれ。
f0201157_13240049.jpg
おそばを食べたらトコトコと白鬚神社まで歩いて神社の前で年の変わるのを待つ
f0201157_13243386.jpg
そして初詣。あけましておめでとう!
f0201157_13250893.jpg
おみくじは皆大吉でご機嫌(年始のサービス?)
f0201157_13261274.jpg
元旦は博多区に住む両親の家でこれまた恒例の食事会。

知らない間にではないがw、随分と子供たちも増えテーブルに座りきれなくなってきた。

そのうち長男や長女が結婚して僕の孫も生まれたりすると凄いことになりそうだ。
f0201157_13264226.jpg
この年末年始、我が家で最も盛り上がったのが卓球大会(先日いただいた)。
f0201157_13272331.jpg
2日は毎年新年4日から授業が始まる為、北海道へ戻る長男にとっての最終日ということで(?)みんなでタコ焼きパーティー。
f0201157_13275806.jpg
4年前の春に北海道へ進学していく際には家族親戚総出で空港に見送りに行ったが、さすがに4年も行ったり来たりしてるんで感動もなくなりw本日は島の港まで。彼も春からは大学院生。あと二年頑張って勉強するように。
f0201157_13313930.jpg



by nocorita | 2017-01-03 13:32 | 島暮らし | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

記事ランキング

最新の記事

島の運動会
at 2017-10-22 10:18
カタツムリハンター「Q」参上
at 2017-10-14 18:14
アザラシプリン&ナマケモノプ..
at 2017-10-11 14:29
大牟田市動物園の秋のイベント..
at 2017-10-04 17:17
「なめろう」が食べたくて
at 2017-09-25 09:56

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧