カテゴリ:島暮らし( 382 )

最後は物を作っている人が強いのだ

このところ急に寒くなってきた。来週末のパーティーも午後から夕方にかけてなんで、皆さん暖かい格好でおこしくださいな。

そういや、先日「ストーブどうしようかな」なんて、ブログに書いたら、その翌日友人から「ストーブあげようか?ブログでみたけどないっちゃろ?」と電話がきて早速もらった。

いやあすげえなあブログって。書いた翌日だもんなあ、、、ブログの神様~次はデジタル放送対応の40型くらいの大画面液晶テレビがほしいです。

さて、この二日間で我が家に二人の女の子がやってきた

一人は「Iさん」。
彼女は以前福岡の老舗ソースメーカーである「コックソース」さんで働いた後にほかの食品メーカーで働いた後、福岡に戻ってきて自分の自宅に小さな加工所をつくり飲食店向けの調味料の開発とか製造をおこなっていたのだが、夏から久米島で商品開発等のお手伝いをして福岡にもどってきたばかり。先日今回のパーティーに参加したいのだがという連絡があったときに、その前に遊びにきたら??と言ったところやってきてくれた。

パティシエになりたいという女の子はたくさんいるだろけど、ポン酢とか、調味料の開発に興味がある女の子ってなかなかいないし、彼女がとてもすばらしいのは、どこかの会社の社員として働くのではなく、自分ひとりで小さくてもメーカーになったという勇気。そして、小さなメーカーでもできることを探すのではなく、小さなメーカーにしかできないことを探すのだという決意がかっこいいじゃないか。

彼女は言った。「いろいろ大変なことはあるけど、最後は物を作っている人が強いと思うんです」

そう、小売とかと違って取り扱う商品数は少ないし、物によっては地味かも知れないけど、僕も思う、「最後は物を作っている人が強いのだ」と。

僕も以前から作ってみたいなあと思っていた調味料があったのでサンプルをお願いした。
いい感じのができたら来年は1品集中であの野菜を育てよう。

「この果物が沢山あるから」とか「この野菜があまるくらいあるったい」とかいう理由で始まる商品開発ってのが特に農村部には多いんだけど、「この商品を作りたいからこの作物を育ててみよう」なんていう順番もあっていいんじゃないかなあなんて思うし、加工品にするためじゃなくても、能古島であれば柑橘系の技術があるわけだから、甘夏やニューサンマーではなく、たとえば能古島産 無農薬栽培の〇〇を作って売ってみようってのもありだとおもう。なぜ〇〇って書いているかというと、来年あたりみかん農家さんに話してちょっとやってみようとおもってるから。ひ・み・つっ(笑)

もう一人のお客さんは数日前に突然連絡が来たんだけど、デザインの専門学校の生徒で、うちの仕事を見せてくださいというお願いだった。

仕事を見せてって言われても、人様にお見せするよう仕事はしていない。

事実やちよは今は披露宴でプレゼントするギフトを作ってるし、僕の仕事っていってもPCでメールしたり電話したりで参考にならない。「こんなんでも食っていけるんだなあ」なんて思われて悪い意味で参考にされると申し訳ないということで断りかけたのだが、それでもいいということで来て貰った。

あってみると、なんと江副さんの行ってる学校の子で、僕らのことも現在江副さんと一緒にやっている九州元気計画がらみで聞いてきたのだとか。

参考になるかはわからないけど、我が家でなんだかんだと無駄話をしたり、彼女の作ってきたすげえよくできたポートフォリオみて、逆に「すっげー俺らもこんなのつくらないかんぜえ」とかどっちが話聞きに来たのかわからない時間をすごした。

ひとつだけ僕が言ったのは、僕らが自営業だから言うのではないけど、学生のうちはがんばって勉強して、卒業したら仕事につく(会社に就職)というのが学生にとって自然なことかもしれないけど、学生であってもたとえばポートフォリオにあった可愛い雑貨とかをただ想像上の作品として終わらせるんじゃなくて、「んじゃ実際に作って売ってみよう」と小さな商売を始めても誰にも迷惑をかけるわけじゃないし、実際に商品を作って売ってみて、売れた売れないというのを実感するのも実習みたいなものだし、その商品が自分のポートフォリオになるわけだし、うまくいけばそのまま起業だあ!なんて夢見るのも楽しいだろう。まずは具体的に形にして世の中に出してみるのもたのしいんじゃない?ってこと

調味料開発とプロダクトデザインという違いはあるけど、実際にそんな毎日をおくっている昨日遊びに来たIさんに会わせたかったなあと思った。

明日は現在マリノアで開催中の「九州のムラ市場 秋の収穫祭」を見に行くつもり
お天気がちょっと心配だけど、、、、


f0201157_20313191.jpg


実際にやってみてわかることや思いつくこともおおいのだ。そしてなにより物作りは楽しい!
<<昨年の大川のイチゴ農家さんたちとの「あまおうワイン」作りより>>
by nocorita | 2009-10-31 20:47 | 島暮らし | Comments(5)

寒っ

島だからというわけじゃないんだろうが、この数日凄く寒い。

小さなストーブ以外特に暖房器具がない我が家

いつか田舎に引っ越した時には絶対に欲しいと思っていた薪ストーブを検討していたが、なんだかんだで数十万の出費になるようだし、無精者の僕が夏の間にせっせと薪を集められるのかというのも気になるので、とりあえず今年は灯油ストーブかな、、、と心は傾きかけている。


寒くなってくると空気が澄むからだろうか朝の景色がとてもきれいだ。

今日は博多湾を渡り久留米へ九州筑後元気計画の研究会へ。 

f0201157_6591869.jpg


今日はちょっと江副さん風(笑)
by nocorita | 2009-10-21 06:59 | 島暮らし | Comments(4)

日曜は10時

[日曜日午後9時半頃大宰府付近にて運転中の僕と助手席の髭ちゃんとの会話]


「んー、、9時半っすか、、あさばさん、、、、最終無理っすね、、、俺ら帰りに買い物にサニーにも寄らんといかんし、、、買い物だけで結構時間かかるっすよ」

「ん?全然楽勝よぉ!いまから姪浜に行って、サニーで買い物ゆっくりしても、楽勝で11時には渡船場に着くって」

「えっ、、、でも、、、今日、、、日曜っすよ。」

「げっ!!!今日日曜かよ!!、、、」



姪浜から島への最終フェリーは11時。


ただし、、、、、日曜祝日は10時、、、、ちっ。


ノコニコ夫婦と僕らの4人でプチネカフェ難民

f0201157_2347952.jpg



朝日がまぶしい
by nocorita | 2009-10-13 23:53 | 島暮らし | Comments(6)

島民運動会へ


f0201157_17334650.jpg
「おくんち」に続き今日は「運動会」へ行ってきた。

8,9がおくんちで、11が運動会ということで「大変やなあ」なんていってたが、人によっては10日の公民館の文化祭にも参加しないといけなくて、今日あったまさに「くんち」「文化祭」「運動会」三連荘の人はさすがに弱っていた(笑)

島の運動会は毎年公民館の横の運動場でひらかれる
なんと今年で50回目ということで歴史ある大会なのだ。

「くんち」でも書いたが、島は「江の口」「東」「西」「大泊」「北浦」の5つに別れており、そこに大会の共催である「ひまわりの里」の6チームで争われる。

昔は各町が応援団を作り、リレーの練習をして大会に臨み、まさに町の誇りをかけて戦い、当日は太鼓やドラを鳴らして応援を行い、微妙な判定を巡って喧嘩になったりと島をあげての行事だったらしい。

ところが時代が流れ、島にも高齢化の波が押し寄せ、参加者をみても40代でも若手というくらい高齢者が多く、リレーなどの激しい競技に出る人間を集めるのにも町によっては苦労しているとか
f0201157_17343575.jpg

           結構さびしいっす。




ということで、40代前半&メタボな僕もここでは若手バリバリのアスリート。

この43年間味わったことのない僕への期待感に心くすぐられるなあ、、なんて思っていたのだが、数えてみたら5つもでとるし、いくらなんでも人たらなすぎやろ、、、

でもさすがにリレーには呼ばれんかった。どう考えても遅いし。ということで「リレー選手に選ばれたことない歴」を43年に更新中

でも最後の町対抗リレーで盛り上がるおじいちゃん、おばあちゃんたち、そして人数は少ないけれど元気な子供達を見てると、やっぱり人数が少なくなり、高齢化が進んだとしても、毎年みんなたのしみにしているんだなあ。

f0201157_17424292.jpg

        鼓笛隊もいるのだ。カッケーじゃんシゲン!


来年も絶対参加だ!!もうちょっと痩せとこ。
by nocorita | 2009-10-11 17:46 | 島暮らし | Comments(3)

にゃんこ逝く

僕は動物を飼うのが嫌いだ。

どんな長生きの動物でも大体10年、20年という寿命で、その死を看取ることになるから

そしてそんな動物の死に立ち会ったとき、自分や自分の身近な人達の死も決して遠いところにあるわけではないんだということを考えてしまうから

ところが5年ほど前、やちよが福岡に来たときにゃんこを二匹連れて来た。

それまでにゃんこを飼ったことなかったが、にゃんこのもつ人間との距離感というか、決して嫌いではなかった。特に真っ黒なにゃんこの「うるし」は時々人間じゃないかと思うような反応をするので僕は一気に猫好きになった。

そのうちに野良猫が一匹増え、合計3匹になったのだが白いにゃんこの「きなり」が白血病であることがわかり、まもなく死んだ。

そして気になって検査したところ、「うるし」もまた白血病であることが判明。

猫の白血病は伝染するらしいのだ。

後の1匹と、またもやヤチヨが拾ってきた1匹は大丈夫で定期的に予防注射を打つ事で予防はできるということだったが、うるしは抗がん剤などを打ちながら病気が発症しないようにするしかなく、この一年はいやがるうるしを連れて病院へ行っていた。病院は嫌がるものの、体調は良いようで、時々病気じゃないんじゃないかとおもうくらいだった。

ところが2週間ほど前から容体が急変

この数日は水も飲めない状態だった。

そして、今朝起きたら部屋の隅で冷たくなってた

うるしをどこに埋めてやろうかと一日考えていたのだが、我が家の大きな大きな桜の木の下に埋めてやることにした。

大きく深い穴をほり、そこに仲良しで先に逝った白猫の「きなり」の骨と一緒にうめてやった。

来年の春の桜はきっと見事に咲くことだろう


f0201157_1764952.jpg

by nocorita | 2009-10-11 17:09 | 島暮らし | Comments(0)

おくんちに参加したのだ(本番途中まで編)

さて、おくんち当日。

9時半に「憩いの家」に半被を着て集合。

着くやいなや「はい!お神酒!」

島の行事には酒が欠かせないなあ。というかお神酒だけど。

まずは東町内だけにある竹で作った船に、昨日作っておいた「大盛り」「まっしゃまっしゃ」を載せる


f0201157_22551617.jpg

そこに本日の主役(?)登場


f0201157_22595634.jpg


各町内から白髭神社にお供え物を持っていくときに先頭にたつのが、毎年選ばれるという子供。頭の上のほうだけをちょこっと三日月型に髪をのこして坊主にして着物を着て刀をさす。かわいい。

そして10時半にいよいよ白髭神社へ

といっても東町内の憩いの家の向かいなんだが。

船に乗せて神社の入り口まで運び、そこからは人が運んでいく。
f0201157_233239.jpg


その様子の動画




神社の中では神事が行われ(ここから仕事に出かけたんで、、、)、その後飲み会に突入というのが流れとか

f0201157_2343845.jpg

神様、、髪がもじゃもじゃですんません、、でも、、がんばりましたぁ俺
by nocorita | 2009-10-10 23:05 | 島暮らし | Comments(2)

「おくんち」に参加したのだ (本番前日)

「おくんち」というと長崎とか、唐津を思い浮かべると思うのだが、実は能古島にも昔からおくんちが行われているということをご存知だろうか。ちなみに福岡市の無形文化財なのだ。頭が高いっ!

さて、年間行事でも多分もっとも重要と思われる僕らも住民として「おくんち」に参加させてもらうこととなった。モジャモジャの髪で大丈夫なのか?「断髪しろ!」なんてことになりやしないかなどと心配したのだが、特にお咎めもなく、逆に若者がすくないからか、いろいろと教えていただきながら楽しく過ごすことができた。

f0201157_22211697.jpg

さて、おくんちであるが、もちろん「くんち」ということで毎年10月の9日に行われる。
能古島のなかは5つの町内に分かれているのだが、簡単に言うとそれぞれの町で作ったお供え物をもって豊穣を祈り、島の中心にある白髭神社に集まり神事を行うというものらしい。難しく言ってみろと言われてもわからないんだが、、、まあそんなとこだ。

僕のいる東は島の中心部にあって、昔から人が住んでいたこともあり、このくんちでは中心的な場所であり、他の町内と違う点として、お供え物を他の町内が手で持っていくのに対して、東だけは竹で組んだ船にのせて神社の前まで運ぶということで、他の町内と比べても特に力がはいるのだそうだ。

ということで前日の8日の昼から参加者全員で集まりお供え物の準備が始まった。

f0201157_22215950.jpg

まずお供え物を「刺す」芯の部分を作る。

f0201157_22224213.jpg

そこに竹串に刺した「柿」「くり」「みかん」をそれぞれの容器に立てた芯に刺していき、最終的にまあるい大仏さんの頭のような形にする。

また、これとは別に、その簡易バージョンともいえる三種類をパラパラとさしたものをつくり、これはタイと一緒に四角い木箱に入れる。これを「まっしゃまっしゃ」と言うらしい。面白い名前だなあとおもい、んじゃ大きいほうのはなんとよばれているのだろうかと聞いたところ、「大盛り」。うーむ、、、まんまだ

f0201157_22234194.jpg


「大盛り」と「まっしゃまっしゃ」。栗がかわいい。

8日の準備はここまで。
夕方からは前夜祭というか、町内のみんなで飲み会。5時からスタートだったのだが7時の閉会時にはフラフラで8時就寝。つづくぅ
by nocorita | 2009-10-10 22:44 | 島暮らし | Comments(0)

不思議発見!!

旅に出たい

最近やたらそうおもっている。

数えてみると学生時代にはじまって、これまで旅先での宿泊数の合計は海外で3年弱。
学生時代と店を始める前に会社やめてからそれぞれ1年くらいの長い旅をやったのが大きいけど、12年前に福岡に戻ってきて店を始めてからも、ほぼ毎年10日間くらいはタイだのアメリカだのうろついていた。

ところがこのところはすっかりご無沙汰。

仕方ないのでたまに昔読んだ「深夜特急」とか引っ張り出して読んでいるのだが、今日うちの会計をお願いしている事務所の方がやってこられて、「どうぞ」といただいたのがこの本。

f0201157_23364882.jpg


実は先日その方と話していて「え?」と言ったんだが、なんでと彼の妹さんは「世界不思議発見」のミステリーハンターなんだとか。あ、たしかに同じ苗字だ、、、とびっくり。で、本も出してると言ってたんで、読みたいなあと言ってたら持ってきてくれたのだね

うーたのしみー!

明日は台風直撃コースっぽいし家でゆっくり読むかな。
by nocorita | 2009-10-06 23:37 | 島暮らし | Comments(4)

まんまるお月様


今日はお昼からにゅうとらるさんと「能古島サブレー」の最終のつめ
なんと先日の物から、最後の最後にさらに美味しさを増した最終型を持ってきてもらった。
味ももちろんだが、見た目もなかなかかわいい。どうかわいいかは買ってみてからのお楽しみ

今日もコスモス目当てのお客さんたちでにぎわった能古島。

さらに土日はアイランドパークでのコスモスのライトアップがあるからか、普段はアイランドパークからの最終のバス(17時30分)でお客さんたちは戻ってきて、6時ごろには港はさびしくなるんだが、今日は最終バスも八時くらいまであって、港の付近も大勢の人でおそくまでにぎわっていた。


ノコニコでお茶していると近所のWさん一家が釣竿もってやってきた。

なんでも先日僕らがでたテレビを見て「釣りをやってみよう」という話になったとか
なんと島に引っ越してきて8年目で初の釣りとか。

今日は満月だし大漁かな



しばらくして防波堤に行った所結構大きくなってきたアジゴが100匹近くつれていて、子供達も大喜び
僕とヒゲちゃんも1匹ずつもらってスズキを狙ったが、今日は不発
f0201157_23331876.jpg

竿を片付けノコニコに歩いているとちょうどフェリーが出るところで、普段はほとんど人ものらないフェリーに次々と人が乗り込んでいた。

f0201157_2335388.jpg

今から1ヶ月、島は一年で一番の賑わいを見せる
f0201157_23343351.jpg

by nocorita | 2009-10-04 23:37 | 島暮らし | Comments(2)

決して遊んでばかりではございません!



f0201157_951777.jpg
              「説得力ないですが、遊んでばかりではございません」


先日撮影があったTVQの番組「きらり九州めぐり逢い」の放送があった。
すごくよく撮っていただいていて、うちの両親も喜んでくれてよかったが、あの後結構知り合いから連絡もらって第一声が「釣りばっかしよっちゃろう?」

こちらへ来てから結構ブログで釣りのこと書いていたから、誰かに会うたびに「毎日釣りばかりしてるんでしょう?」とか言われることが多く、「最近いそがしいんすよねえ」というと「つりですか?」と言われて「いえいえ仕事っす」といっても信じてもらえなかったのだが、今回の放送でさらに「浅羽は釣りばっかやってる」という噂が広まりそうだ

さすが土曜夜七時の番組の力というか、ノコニコも昨日は忙しく、かつ、「テレビでとったとこやろ?」と何十回もいわれたらしい。

僕も僕で港でフェリーまってたら、しらない老夫婦に「あんた能古島の寅さんやろ?写真ば一緒とってもらってよかね?」とパチリ

エー俺とってどうする、、、、

「能古島の寅さん」

番組の中で「デカイかばんもってフラフラしているひと」とノコニコの旦那が僕のことを話して大地さんが僕のことを「能古島の寅さん」と言ったんだが、おかげで昨日は島の人にも「寅さん」とか言われるし、、、(笑)でも、まあ楽しいことはいいことだ。いつもながら風景の映像も綺麗だったし、あれみたら「行ってみたいなあ」と思ってもらえるだろうなあという番組で、感謝感謝である。

仕事は実際忙しくなってきた。

もちろんこれまで通りの友桝飲料さんとの各地の地サイダーなどの商品の開発もあるし、大牟田の商工会さんとの仕事も動いている

だが劇的な変化というと、昨年から参加している「九州ちくご元気計画」という事業が突然凄いスピードで動き出したのだ
「えっ?ゼロヨンかよ?」みたいな急加速。おまけに筑後という広い範囲で同時進行でいろんなことが進んでいくので、これから3年間大変だが、この三年間で僕らが何をどうかえることができるのか(変えることができないのか)、すげえ楽しみである

僕の関係で動き出したのが柳川の海産物の商品開発、久留米のおばちゃんたちの商品開発。そこに突然であるが、来週は筑後市のご当地ホットドッグコンテストの審査員というものも入ってきた(笑)。まあ僕はもともとハンバーガーにはうるさいし、ドッグも大好きなんでちょっと楽しみだが、現在天神中央公園で開催中の筑後スローフードフェスタがらみのお祭で昨年(?)の優勝作品を見たらソーセージはいってなくて、いわゆる調理パンだったんで、「えー???」と思ったんだが、「ソーセージが入っていること」とかいうルールとかはないんだろうか??やっぱりドッグはウィンナーでしょ。ここらへんきめとかないと気づいたら「焼きそばパンコンテスト」になってる可能性あるぞ、、、、

ということでしばらくは釣りもできそうにないのだが、最近室見川を渡っているとシジミをとってるひと見かけるんだけど、なんとか連休中にあれやってみたいし、室見川というとこれからハゼ釣りの季節なんで、ハゼつりもしたいなあ、、、したいなあ、、、したいなあ、、したいなあ、、、
by nocorita | 2009-09-21 09:54 | 島暮らし | Comments(2)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

記事ランキング

最新の記事

雨の日は読書など。「帰ってき..
at 2017-08-15 14:41
さようなら。またあおう。
at 2017-08-14 09:26
今年も記念の一枚を(2017年)
at 2017-08-12 12:39
日記 20170809
at 2017-08-10 11:46
ちっちゃい「カバ印」はいかが..
at 2017-08-09 17:03

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧