カテゴリ:島暮らし( 390 )

暑い、、いや、熱い、、、

梅雨が明けたとたんに凄く暑い。もしろ熱い。
とりあえず扇風機をまわす。

ちなみに我が家は何故か工場用のでかいやつ。

風ももちろん強くて弱、中、強とあるんだが、未だかつて強を使ったことがない。
中でもそこらへんのもの全部飛んで行っちゃうんじゃないかとおもうくらいつよいのだ。
大は小を兼ねるとかいって買ったんだが、ちょっと失敗。


f0201157_12405279.jpg

工業用の扇風機。でかっ!。ちなみに隣はドライバジルとかつくる時に使っている布団乾燥機


家にいても暑いのでちょいと散歩にでてみた


家の近所を散歩していると、ところどころ樹液が出ている幹にワラワラワラワラとカナブンが群がっていてチューチュー音が聞こえるんじゃないかと思うくらいすんげえ勢いで蜜をすっている。そしてその中にたまにカブトムシがまじって蜜をすっている。大体カナブン30に対してカブトムシ2くらいの感じかな。クワガタはもっと少ない気がするな

先日糸島に行ったら途中で「かぶとむしあります」の看板がでてて、雄雌で800円とか書いてあったんで、カブトムシだらけのこの島は宝の島なのかもしれないが、我が家の下にある「島で一番カブトムシがとれる」という噂の樹ででっかいカブトムシが蜜を吸っているのをみながら「おっ、今日も吸いまくっとるねえ!」とか声をかけ、通り過ぎる度に「これが実は一番贅沢な楽しみ方なんじゃないかな?」

と一人ニヤリ。

f0201157_12372043.jpg

by nocorita | 2009-08-07 12:45 | 島暮らし | Comments(3)

知られざる島民の特権?

町に買い物に行くにもフェリーにのらなきゃいけないし、ちょっとしたもの、たとえばシャープペンの芯が切れたとか、普通はコンビニあれば済んじゃうようなものとかも買い置きしておかないといけないという不便も多い島

まあ僕自身はそこらへんまったくの想定内であるが、一般的には不便

そんな島民であるが。、実は隠された(わけでもないだろうが)特権がいくつか

まず、フェリー。これ島民だけではないんだが姪浜の渡船場で往復買うのと能古の渡船場で買うのでは往復で20円違う。

20円のお得
つまり毎日いけば年間7300円お得


次にアイランドパーク。
ここは通常入場料が一人千円かかるのだが、島民は無料

1000円のお得
つまり毎日いけば年間365000円お得

そして昨日引っ越してきて初めて行って普通に払っていたら「島民の方ですか??」
と言われ「はい」と答えてはじめて無料とわかった博物館

通常400円なんで毎日いけば146000円お得(注)現在博物館は週末のみの営業である

ということは、毎日姪浜に渡り、帰って来てアイランドパークへ行き、帰りに博物館によって帰る毎日をおくると、年間でなんと518300円もおとくなのだ!

すげえ!

でも、なによりの特権は夏の夕暮れに家族や友達とこんな時間を過ごせることなんだろうな

f0201157_10234278.jpg

f0201157_10265821.jpg

by nocorita | 2009-08-03 10:27 | 島暮らし | Comments(6)

「モダーン今夜」と能古暮らし


今回ビンゴボンゴさんのライブで福岡にやってきた「モダーン今夜」のボーカルの永山さんとイシイサンだが、せっかくならと滞在中の5日間我が家へ滞在してもらった。


滞在中はあいにくの天気だったのだが、最終日の朝、雨の合間をぬって島の西側を通る「自然探勝路」をみんなであるいてアイランドパークへ行ってきた。
f0201157_0355882.jpg

雨上りということもあってか蚊も多くて「この夏まだ10か所くらいしか蚊にさされていない」という僕以外は結構刺されたみたいだったが、緑の濃い探勝路はとても気持ちよい

勾配的にもバスが通っている道や、島の東側を走る道に比べて緩やかな気がするので、この道はもうちょっとPRしてもいいのかもしれないな。まあ景色とかトータルで考えると東側の道が一番のおすすめではあるが。

さて、実は永山さんにとっては能古島は二回目

前回は随分前の事になるらしいが、友達が能古出身ということもありアルバム用の写真をアイランドパークのひまわりの前で撮ったんだとか。

そう、ここここ

f0201157_03865.jpg



当日は時間もなく「のこのこボール」はできなかったのだが、隣にあった表彰台でパチリ

f0201157_0385079.jpg


あっという間の数日間。なんだかすげえ楽しかった。

二人の音合わせ(?)聞いてると、マイクやアンプなんかなくてもすごく音も声も響いて「すげえ」って感じなんだけど、ふだんの二人はノコニコ夫妻と同じく、なんとも緩やかな空気をもってて、まるで昔から知ってる人のよう。

フェリーに乗る前に先日ライブを行ったノコニコカフェでパチリ

f0201157_0392984.jpg


最後まで娘が遊んでもらって大変お世話になりました。

f0201157_040142.jpg


最後に空港でもう一枚

f0201157_0403766.jpg


次回はモダーン今夜フルメンバーでのライブであいたいなあ!

我が家は8人なら十分泊まれるんで(笑)


と、、、永山さんも知らぬ間にブログ書いてくれてました→http://maki-nagayama.jugem.jp:80/
by nocorita | 2009-07-31 00:48 | 島暮らし | Comments(1)

明日の業務連絡&ひよこの焼餅

雨がすげえ、、

昨夜からモダーン今夜の永山さんとイシイサンが泊まりに来ているのだが、せっかくの滞在なのに大雨。
じっとしてても仕方ないので車でキャンプ場、アイランドパークと行って来たのだが、ますます強くなる雨にアイランドパークでスイートポテト食って帰ってきた。

お菓子といえば今日外から島に戻ってきたら「ひよこ」さんの車が。今日島に来るとは聞いていたけど時間的にお会いできないかもと話していたのだが、あえてよかった。ひよこさん、大きな袋を持ってるじゃあないか!アレだな、、、

f0201157_2301715.jpg


f0201157_2314240.jpg


今回もってきてくださったのは「ひよこの焼餅」。本日24日新発売である。

今回は能古島のミカン農家さんの甘夏ジャムを使った御餅。以前試作も食べさせていただいたのだが、激ウマ。あんことジャムってあうんだな、、、ごちそうさまでした。

甘いものつながりで思い出したが、今日キャンプ場行ったらKBCのドォーモのスタッフの方々がながーいバームクーヘンをやいていた。8月1日にあるドォーモの林間学校という特別番組用の練習らしい。この林間学校には僕らの企画もちょいと採用されたんで是非みてほしい。

さてさて、業務連絡っす。

明日の昼のイベントですが、こちらは豪雨で危険な状態とかにならない限り、我が家の屋内でやろうとおもっております。雨に備えて車を島にもってきたんで、ぬれないように車で送迎付でございます

夜のイベントの時はさすがにあがっていると思うんで、ノコニコさんでやるつもりですが、最悪はこれまだ我が家で行おうかとおもっております。静かな山の家なんで、それはそれでいいかんじではないでしょうか。その場合も送迎つきです。

まあ明日の朝の状況みて中止等の場合はブログでおしらせしまっす。
by nocorita | 2009-07-24 23:05 | 島暮らし | Comments(0)

雨、雨、雨

能古島というか福岡はこのところ雨ばかり。
予報でも一週間雨。

週末は永山さん達のライブもあるんだが、、、、
折角の滞在なんで晴れたらいいなあ

週末は予報外れて雨降らず、なんとか息子の野球の試合も無事すんだんだが
中体連も予選二連敗で彼の短い夏が終わった。

そう考えると、予選から次々と勝ちあがって甲子園まで行くてのは大変なことだな

普段ほとんど高校野球は見ないんだが、今年は福岡では修猷館高校が頑張ってるみたいで、優勝候補の大濠に勝ってしまったとか。全国から部員を集める私立高校の中で、公立高校が勝ちあがっていく、それも進学校が勝ちあがっていくってのはなんか全国の公立高校野球部の子達には希望だよな。

普段僕の実家で暮らしている息子だが、中体連も終わったんで昨夜から夏休みの間は島暮らし。
とはいえ受験生なんで毎日大橋の塾までフェリー&バス
まあ高校入学したら三年間そんなくらしなんで今から予行練習みたいなもんか。

さて、いつもオジイチャンの市民農園でとってくるキュウリをたべている息子は僕に「キュウリは大きいのは美味しくないからね。はやくとらなきゃだめだよ。」といっている。しかし、このところ雨降ってたり、息子の試合に行ったりと家の裏の畑を見てなかった。で、今朝起きてから息子と見に行ってみたところ、、、、案の定胡瓜が巨大化していた。大きくなっていたというより、まさに巨大化。無茶苦茶でかい、、、、

「おとーさん!もー!絶対美味しくないよっ!」と言いながらもハサミでチョキッと切っては「でかっ!!」と叫ぶ息子はちょいと嬉しそうであった。

しかしキュウリだけは嫌というほど採れるな、、、さすがに飽きてきた、、、今年は苗を4つ植えたんだが、来年は2つでいいか、、、


f0201157_1218573.jpg


雨ばかりの日は読書にかぎる。

アマゾンから頼んでいた本がやってきたので一気に読んだ。

「アメリカのパイを買って帰ろう」(日本経済新聞出版社)

1945年から1972年の返還までのアメリカだった頃の沖縄。占領という暗い状況のはずの、その中で輝いていたころの沖縄を様々な人を取材して描いたものでなんてドラマティックな時代だったんだろうと感じた。

「ナビイの恋」がもう一度見たくなり、まだ食べたことのない「JIMMY’S」のパイが食べたくなった。

明日はローカルのテレビの取材が入る。下町屋やってた時はたまに入ってたが、能古に来てからは初めて。まあ僕らの仕事の場合、お店じゃないのでテレビに出てどうなるもんでもないが、両親や息子がちょっと喜ぶんでたまには出していただけるのはありがたい

掃除しとかなきゃ、、、
by nocorita | 2009-07-21 12:37 | 島暮らし | Comments(6)

ぼくのなつやすみ


今年は曜日の関係で、福岡の小中学校も今日まで

明日から夏休みである。

ところで、先日のこと

久々に東京に住む知り合いのライターさんのブログをのぞいてみたところ


「こどもびいるを作った人が能古島に引っ越した」


という書き出し。


おっ、どうやら僕のことらしい


さらに読んでると



「”ぼくのなつやすみ”ってゲームソフトの中の人なんじゃないかと思うような暮らしぶり」



とある。



ん??「ぼくのなつやすみ」ってのは確かプレステかなんかのゲームだったとおもうが、ゲームしないんでわからんのだが、かなり気になる、、、、ということでウィキで見てみたら


「ぼくのなつやすみ」(wikipediaより)


概要:「家庭の事情により、田舎の親戚の家へ預けられた9歳の「ボク」が、夏休みの1ヶ月間、昆虫採集や虫相撲、魚釣りなどをしていくゲーム。」



うーむ、、、なるほど、、、なんかよくわからんが、いいたいことはわかる。

つまり毎日遊んでいるような生活ということか、、、さすがライターさん、、、別に毎日遊んでいるわけではないが、、、、、


たしかに、、、、


f0201157_223745100.jpg


木の実採ったり、、

f0201157_22384874.jpg


魚釣りしたり、、、
f0201157_22394897.jpg


「この指とまれ!」とか言ったり、、、、


間違ってはいないな(笑)
by nocorita | 2009-07-17 22:44 | 島暮らし | Comments(2)

雨のおでかけ


なんか今年の梅雨はやたら雨ふるなあと思っていたのだが、いやまてよ、マンション暮らしのころは単に外の音とか空気ってのを感じなかっただけで、梅雨時期ってのは毎年こんなかんじなのかもしれないなあ、、、なんて思う。

今の家に住んでいると、一日中、風や雨、虫の声、、、様々な音が常に聞こえてきて結構賑やか
田舎は決して静かなところではないんだなあというのも発見

さて、雨ばかりの梅雨時はあまり外に出たくないもんだが、一件打ち合わせがあり、おでかけ

f0201157_047563.jpg

珈琲美美

以前のお店からはちょっと離れちゃったけど、随分と広くなったなあ

以前のお店大好きだったけど、これはこれでいい感じ

もちろんMさんは変わらずいらっしゃいます。あたりまえか(笑)

f0201157_0485210.jpg


島に戻ると島の子供達がお父さんと一緒に港で豆アジをつってた。大量!南蛮によさそう。久々に僕も釣るかな、、、
by nocorita | 2009-07-11 00:50 | 島暮らし | Comments(0)

能古島にメキシコがやってきた!

以前から噂で「開店準備中」と聞いていた店がオープンしたと聞いて行ってみた

ノコニコの旦那と渡船場からトコトコと西へ歩くこと1分。

目指すはイルカ号の隣に停泊している船
f0201157_20523590.jpg

この「船」っす。
f0201157_20543769.jpg

船尾にはメキシコ国旗が
f0201157_2055432.jpg

ここは多分日本初の船上タコス屋さんなのだ!
f0201157_20564154.jpg


今のところ「とりあえずオープン!」という感じで、タコスとドリンクというシンプルなメニューなのだが、徐々にメキシコ帰りのオーナーの手により面白い店になっていくことでしょう
むっちゃクセのある店になったらいいなあと期待しております

まずはぜひ一度!!
by nocorita | 2009-05-10 20:59 | 島暮らし | Comments(5)

だいにんきのき

f0201157_1828518.jpg


先日ご近所にお引越しの挨拶にまわった。

一番近いおうちにお邪魔してお話をしていたら、そこの旦那さんが

「ここは静かでよかっちゃけど、夏がうるさいっちゃんねえ!」

あーセミの声がうるさいんだろうなあと聞いてみたら

「子供たい!!」

あまり知られていないがこの能古島はカブトムシマニアにはカブトムシ捕りの穴場として知られている

当然そこにすんでいる地元の子達はある意味「カブトムシ捕りのセミプロ」ともいえる

そんな子供達に「あそこの樹はヤバイ!」と言われるくらいカブトムシがザクザクなのがうちの家の下にある一本の大きな大きな樹なんだとか。

ということで、夏は朝早くから子供達がワイワイガヤガヤとカブトムシ捕りにやってくるらしく、下の家の旦那さんはあまりに度が過ぎると「うるさいったーい!!!」と怒るらしい(笑)。

夏が楽しみだなあ
by nocorita | 2009-05-10 18:29 | 島暮らし | Comments(0)

いざ能古島へ!家が見つかった!

f0201157_014181.jpg
昨年から能古島で探していた貸家が見つかった。

島には結構空家があることは知っていたので当初は「まあなんとかなるやろ」と思って、島の知人に声をかけるくらいでのんびりしていたのだが、島に移住するために2月に店をやめた時点でも全く見つからず、都会のように引っ越しが貸主と借主だけの問題ではなく、「新しい人間が引っ越してくる=コミュニティー全体の問題」という まあ田舎では当然のことかもしれないが、それが「知らない人には空いていても貸さない」ということにつながるわけで、そんな壁に当たったことに気づいたのだった。

そうなるとやれることは一つしかない。
ひたすらに知り合いの縁を頼りに探してもらうしかないのだ。
「あーなんか他力本願で俺なんもしてねえなあ」
と思ってみたりもしたが、行き当たりばったりで探していても仕方ない。
と、素直にこの数年「能古島サイダー」からつながった島の人たちにお願いしたのだ。

そしてある日、僕らの移住話が出てからというもの、「本当にいいの?たいへんだよ」と心配してくれながらもずっと探してくださっていたNさんと、そのお父さんのおかげで無事決定。

賃貸契約、改装、引っ越しなどなどやらなきゃいけないこととか満載だし、はたして島というコミュニティーの中でうまく暮らしていけるのだろうかなどなど不安は一杯ながらもウキウキした気持ちを抑えられないでいる。

いざ島へ!
f0201157_0142243.jpg

by nocorita | 2009-03-31 00:17 | 島暮らし | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

記事ランキング

最新の記事

またまた車を手塗りしてみた(..
at 2017-11-18 12:19
冬の朝 能古島 2017年1..
at 2017-11-17 17:47
大牟田市動物園のZOOフェス..
at 2017-10-28 11:26
島の運動会
at 2017-10-22 10:18
カタツムリハンター「Q」参上
at 2017-10-14 18:14

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧