カテゴリ:友人( 74 )

とんちさんよろしくっ!

昨夜は博多で夜の打ち合わせ。
気をつけていたのだが、熱い討議で気づけば10時半をまわってて、最終を逃し、渡船場で車中泊。
朝6時過ぎに帰宅。朝の自宅からの眺めは綺麗だ
f0201157_13526.jpg


気がつけば10月もあと数日

結婚披露パーティーまで10日ほどとなったが、結構なにも決まっていないような気がする。

たった数時間ではあるが、集まってくれる130人ほどの人たちが楽しく過ごせるような準備をしようとはおもうのだが、今回場所だけを借りて、すべて僕らでやるため、会場、料理、飲み物などなど決めなきゃいけないことはまだまだ沢山ある。そんな状況なんで、さすがに来週はなるべく仕事を入れないようにはしているが、とりあえず今週は全部仕事の予定が入ってしまい、最後の5日で火事場の馬鹿力を発揮するしかないか

とりあえず昨日は司会をやってもらう「とんちピクルス」さんとの打ち合わせに行ってきた
f0201157_115649.jpg

とんちさんの歌も大好きなんだが、いつお会いしても、なんとも雰囲気のある人で、今回司会をお願いするならとんちさんしかいないなと思っていたので受けていただいてよかった。

今日は昼から某市で仕事。

なんだろう、会が進めば進むほどに、特産品作りというお題に対して、自分たちがえらく中途半端な状態に陥っているんだということを感じてしまう。漠然とした目的しかない中でたくさんの人間が一緒になって物をつくるのは明確な目的をもって一人が作るのに比べてなんと難しいことか。

高速を飛ばして帰り、最終フェリーにぎりぎり乗り込んだ。さすがに二日連続はきついからなあ。

明日は柳川、明後日は九重となかなか島にいれない日が続く
by nocorita | 2009-10-28 01:06 | 友人 | Comments(10)

スローフードフェスタの季節がやってきた



毎年開催されている久留米の六角堂で開かれる「筑後スローフードフェスタ」
僕らも今年で三度目の参加が決定

今回は前回までと違って自分達で調理した商品を売るというのではなく、地元から預かってきた商品をうるという売り子さんということで、ちょっとのんびりかも。

初日は島の大運動会参加のためいけないんだが、12日には行くので是非きてくださいな

さて、先日その打ち合わせのために久々に吉井町でリバーワイルドハムファクトリーをやっている杉さんとこにいってきた。毎度毎度ながら「ここは本当に日本なのか?ちゅうか、地番とかあるんだろうか??」というようなすごいロケーションにおどろく。

f0201157_1225873.jpg


f0201157_1226679.jpg

こちらは単なるハム屋ではなく、いつもなにかしらのイベントをやっているカフェもあるし、敷地に漂う香りでわかるように、なんと店のすぐ裏は養豚場。1次産業から3次産業までぜんぶやっちゃってるわけだ

さて、集まったのは今回の言いだしっぺのTさん、杉さん、田主丸で美味しいジャム(みのうの里にもでてます)やお菓子を製造販売している「樹蘭(じゅらん)」さん(葡萄農家さんでもあり、店の裏はすぐにブドウ畑!)、吉井のお米屋さんのHさんに、福岡からわざわざ買いに行く人が多い田主丸の有名パン屋「シェ サガラ」の相良さん。
f0201157_12271519.jpg


自分達の作ったものでないだけに、逆に自信を持って売れるものでなければならず、相良さんのプロの舌での厳しい言葉がぽんぽんとでて、地方の生産者の加工品の持つ可能性とか、改善点とかいろんなことを考えさせられた数時間だった。

加工品を作るのは何のためなのか?あまってるからもったいないからとりあえず作って売れるならよしという考えもあるし、いや、もっともっと味も見た目も突き詰めていって、いずれは加工品で食っていきたいという人もいるだろう。

それによってやっている人や商品の熱も違う。

もちろん美味いものつくるのが一番だが、味の事を言うと「そこまでは考えていないからうちはこれでいい」という人も特に生産者の人の中には結構多いとおもうし、それはそれで構わないとおもう。みんながみんな事業化を目標にする必要もない。

ただ、そこらへんの「バラツキ」が生産者により存在するというのが買う側にとっては「商売でやっているから味や品質にある程度バラツキがない(はず)」の加工業者の商品と比べたときに味や品質にばらつきの可能性が大きい生産者の加工品を選びにくいという事につながっているのも事実でばあるが。


うちあわせが終わったらすでに昼時をとうに過ぎていたので、杉さんお勧めの吉井にできた「まあぼや」(吉井町1349-1-1F)へ。マーボー豆腐たのんだのだが、いやいや、まじで美味かった。すげえ中国山椒がきいているのか、辛いだけでなく、うまさあふれるマーボーだった。ここお勧め


いつも杉さんといく近所にあるメキシコ料理のトニーズも美味いんだが、レパートリー増えたな。
ちなみに帰りにシェフに突然「もんじゃ焼屋さんですよね??」と声をかけられびっくり(笑)

なんでも数年前にあるセミナーでお話させていただいたときにこられていたとか。すぐには思い出せなかったんだけど、帰りながら考えてたら「そうそう、そういえば開店をめざしてるって人いたよなあ!」と思い出した。

なんか知ってる人の夢がかなったってこともあり、なにより美味いんで、是非是非よしい行くときには寄りたいとおもったのだ
by nocorita | 2009-10-04 12:46 | 友人 | Comments(3)

まっこりぃー♪


f0201157_2122218.jpg
今日は朝一番の島内清掃に結構時間がかかったこともあり(おかげで随分と家の周りも綺麗になったが)、矢部で行われている和紅茶サミットは断念し、お昼すぎからノコニコでダラダラしていた

家に帰ってきてからもダラダラは続き、最近ほとんど電源を入れることがなかったテレビをつけて、テレビチャンピオンの大食い選手権をチラチラとみながらネットしてたんだが

「まっこりぃまっこりぃいーどーんまっこりぃー♪」

とこの夏我が家に遊びに来てくれた「モダーン今夜」の」ボーカルのマキちゃんの声がきこえてきた

二東マッコリのCMだ。ちなみに、うちの母親はマキちゃんのことを「マッコリの人」とよんでいる。

次に会えるのはいつだろうなんて考えていたんだが、11月にアイランドパークで行う「あるイベント」にギターのイシイサンと一緒にやってきてくれることになった。

コスモスの咲くアイランドパークでマキちゃんの歌声を聞けるなんてこりゃ楽しみだ

能古島を歌ってくれた「ひまわりのこ」聞きたいなあ!
by nocorita | 2009-09-27 21:03 | 友人 | Comments(3)

能古島のできること(モダーン今夜ライブ!)

相変わらずすっきりしないお天気の福岡

先週土曜日に行った我が家でのイベント&ノコニコでの「モダーン今夜」のライブの日もぐずついた天気の中行われたのだが、天気とは裏腹にとても爽やかで楽しい時間となった

今回参加して下さったのは以前からお世話になっている方々だったり、福岡で楽しいことやってる人とか、その人の友人とか、、
沢山の人たちの中から数名をご紹介すると、、、

まずは息子さんを背負ってやってきた姪浜の器屋さん「フランジパニ」のオーナー地蔵さん。そしてよく地蔵さんとコラボ企画をやっている「シティー情報福岡」の編集部の方々。県の事業で一緒に楽しくお仕事させていただいていて今回学生さんもつれてきてくださった九州大学の藤原先生、むちゃくちゃプリティーなおっかさんの田中さん、IT&アウトドアという吹上さんもやってきた。また以前の我が家の壁塗りを手伝っていただいたご家族も小さなお子さんの手を引いたり、乳母車を押して大変な坂を上がってきてくれた。「アウトドアの達人」でありデザイナーやプランナーなどの様々な肩書きをもつ堀江さん夫妻も初めて島に上陸。そしてモダーン今夜のボーカルの永山マキさんとイシイサン、そしてなんと能古島出身という東京に住む永山さんのお友達は今回のイベントに合わせて里帰りして、お父さんの畑で採れた野菜をもってやってきてくれた。

バーベキューは特にこちらで気を使うことなくても、それぞれが話題豊富で魅力的な方ばかりだったんで、リバーワイルドの杉さんが送ってくださった「カシス豚」(豚にカシスを与えて育てたという幻の豚!)の肩ロースやウィンナー、トンとろにブルーマスターのプレミアムビールで勝手に盛り上がってくれた。

しかし、前回みんなでバーベキューした際に好評だったんで、今回も奮発してブランド豚の「耳納いーっとん」を注文していたんだが、届いてみるとさらに上の幻のカシス豚でびっくり。
おまけに超お友達価格で、、、、毎度毎度申し訳ない。しかし柿豚、ぶどう豚、梅豚など様々なアイディア溢れる豚、そしてソーセージやハムを作り続けるリバーワイルド。今度はなにを出してくるんだろうかとスゲー楽しみである。

さて、今回のバーベキューイベント。
うちの事務所&自宅の引っ越しイベントだったけど、こんなに楽しいなら定期的にやってもおもしろいなあ。
いわゆる異業種交流会というかたいものではなく、なんとなく面白い人たちが面白い人たちをつれてやってきて美味いものを食べながら勝手に盛り上がる。そこで出会った人たちが仕事をしてもいいし、飲み仲間になってもいい。

福岡の街から距離的にも気持ち的にもちょっと離れることのできるこの場所の役目ってのはそんなとこにあるんじゃないかなと思う。


日が暮れるころに対岸の百道の町並みを見ながらみんなでぞろぞろと坂を下りてノコニコへ。
仕事で遅くなった友人の「にゅうとらるさん」や福岡R不動産の本田君たちやマツダグミの松田さんも到着

そのころからポツポツと雨が降りはじめ、とんちピクルスさんのライブが始まるころには結構な雨が降り始めたのだが、「野外ライブに雨はつきもの」ということで決行。いつもながら場を盛り上げる絶妙のトークと音楽。そして雨が降りやまぬ中、モダーン今夜登場。ジャズ数曲や今回能古島をイメージして作ったという「ひまわりのこ」を熱唱。そして最後は懐かしい井上陽水の名曲「最後のニュース」。昔確かニュース23のエンディングで流れてたけど、すげえ重い歌詞だけど大好きな曲だった。

今回のライブ。昨年から「なんとか能古島で」と永山さんも僕らも望んでいたことだったけど、実際にノコニコで目の前で聞けるなんて嬉しかった。

もちろん彼らを単独で呼ぶ力などないんで、今回はビンゴボンゴさんのやっているカフェ「cafe dinindbar 7」でのライブに合わせてきてもらったんだが、このライブも100人を超える満席状態で盛り上がったらしく、モダーン今夜フルメンバーでのライブにつながるんじゃないかと期待している。その時はぜひノコニコでフルメンバーでのライブもおねがいできたらなあと思う。

さて、今回の来福に合わせ、モダーン今夜の「ライブ会場のみで販売」という4曲入りのニューCD「Modern times」が完成。

実は今回の4曲中の新曲2曲が福岡と能古島をイメージした曲ということでどうしても能古島で最初に発売したかったとノコニコでの先行発売。できたてほやほやの商品がライブ当日に我が家届くというギリギリのスケジュールだったが、なんとかまにあった。さらに僕はなんとその最初の一枚目をいただくことができた。感謝!

彼らの滞在した楽しい楽しい一週間の事はまた。

f0201157_11511583.jpg

                            さて、なにをしようか
by nocorita | 2009-07-29 11:54 | 友人 | Comments(4)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

記事ランキング

最新の記事

能古島の明石農園で「レモン狩り」
at 2018-01-21 10:11
「のこのしま加工部会」201..
at 2018-01-19 13:07
さらば今村さん
at 2018-01-11 16:44
正月恒例「のこのこボール大会」
at 2018-01-07 10:25
新年ご近所散歩
at 2018-01-07 10:03

検索

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧