<   2011年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

「ウサギがーっ!!」

先日のとても風の強い日のこと。

「ざっこ」のまこっさんからノコニコ夫妻にメール。

「ウサギがーっ!!!」

この数年ノコニコカフェの店頭でトレードマークともなっていたウサギの人形

f0201157_2301866.jpg

昨年の夏に店の前で素麺流しやったときの写真にもチラリと写ってる

f0201157_21545477.jpg

なんと強風で倒れてしまったようで、首の部分でポッキリと折れてしまい、、、、
もはやこれまでか、、、、、合掌。

と思ったら、、、、、、

ノコニコのヒゲちゃんがウサギの取れてしまった頭の部分を分割して、新たな命を吹き込んだ〜!


f0201157_2155660.jpg

頭はかぶれるように

f0201157_2155317.jpg

切り取った目の部分はバンドを通してアイマスク風だけど、小さな穴があけてあって着けてもちゃんと外が見えるように。さすがいい仕事してるねえ〜!

f0201157_21551059.jpg

こんなかんじかーっ??いいじゃなーい!でも、リアルウサギさんに若干、万次郎ひきぎみ、、、
by nocorita | 2011-02-24 23:10 | 島暮らし | Comments(3)

水仙満開の能古島を歩いてミカン狩りへ!

f0201157_13214491.jpg

このところ春のような陽気が続いているが、さすがに朝は寒いからか、毎朝起きて隣をみると、万次郎の隣にニャンコの銀ちゃんが寝ている。

万次郎も嫌いじゃないみたいだし、僕が触ろうとするとすぐに怒る銀ちゃんも万次郎だけは耳を引っ張ったりしても怒らない仲良しだ。

f0201157_1323688.jpg


さて、先日、島で20年程前からブラッドオレンジを栽培している農家さんから、ノコニコに「収穫終わったけど落ちてるの拾いに来る?」とお声がかかったということで、朝からノコニコの髭ちゃんと、大きなバックパックを背負って農園のある島の北側へ。

今日は「九州ウォーカーのモデルのお姉ちゃん風」の写真を撮りつついくことにする

f0201157_13215796.jpg


「いまからしゅっぱつしまーっす!よーし、がんばってあるくぞーっ!えいえいおーっ!」

いつものように島の東側の道をとことことあるいていく。

この道はバス通りと違って坂がきつくないので時間さえかければ疲れる事なく登っていける。

f0201157_1322637.jpg


「もうひといきっ!がんばるぞーっ!」

せっかくアイランドパークの近くに来たので、島民の「アイランドパーク入園無料」の特権をつかって、今が見頃の水仙をみていくことに

f0201157_13222822.jpg


おっ!満開だ!おまけにいい香りだなあ!

f0201157_13222582.jpg


「すいせんがぁーこーんなにさいてまーっす!」

その後は蜜柑農園で「ブラッドオレンジ拾い」をして、二人で約20kgのブラッドオレンジを頂いてもどってきた。

f0201157_13295988.jpg


このブラッドオレンジはこの後「椛島氷菓」で「ブラッドオレンジジェラート」や、「ブラッドオレンジアイスアイスキャンデー」に加工され、春には島で限定発売される予定。

要予約っす!!
by nocorita | 2011-02-23 13:33 | 島暮らし | Comments(2)

我請猛暑的夏!!!

f0201157_223075.jpg


昨年から高山さんにお願いしていた杏里ファームのパンフレットの原稿が完成

僕も見せてもらったが、さすがの出来で、初のお披露目となる週末のイベントが楽しみ。

今年の杏里ファームはちょっとがんばっちゃってるなあ。

先日は柳川にアイスキャンデー屋「椛島氷菓」をオープン。

寒い時期ということもあり、今のところはボチボチというスタートではあるが、これは想定内。

既に春からは福岡で人気のショッピングモール内の某店舗での販売も決定しているし、そこのオリジナルアイスキャンデーの提案も出てきた。

能古支店のある(僕だけど、、)能古島でも昨年「noconico cafe」で販売した「甘夏ジェラート」「ニューサンマージェラート」「ブラッドオレンジジェラート」に続き、今年の春からは島の様々なミカンを使ったオリジナルのキャンデーをつくって港で売ろうかなあなんて考えてる。

また、「オリジナルジェラートを超小ロットから出来る」という噂を聞いた各地の農家などから、オリジナルジェラートやアイスキャンデーの製造依頼の問い合わせも来ているし、「えっ?!!」というような所から、びっくりするくらい大きな話もちょこちょこと頂いてるので、今年の夏は、面白い事になっちゃうかもしれないなあ。

今年の夏よ 暑くなれっ!!!!
by nocorita | 2011-02-23 02:20 | 食品 | Comments(0)

ジミーズのアップルパイ再び!!

f0201157_12311029.jpg


今日は午前中からまるで春のように暖かくて、窓際にいると暑いくらい。

気持ちがいいので、朝食のパンと紅茶を食卓から仕事机に持ってきて食べながらカタカタとメールを書いたりぼんやり外を眺めたり。

今日は朝から八智代と万次郎は天神に買物に出かけ、息子も学校に行ってるので静かな我が家。

夕方福岡のスタジオで行う商品撮影まではのんびりと過ごせそうだ。

先日、島の料理屋さんの「ざっこ」のまこっさんが沖縄に行ってたが、沖縄は毎日こんなかんじなんだろうか、、、僕らみたいな仕事だと、沖縄や海外に住んでもやっていけるのかなあ??と時々考える。

「ネットがあれば大丈夫」

という人もいるだろう。

でも、僕はやっぱり仕事って人との関係だと思うし、その為には顔と顔を見合わせて話さないとわからないんじゃないかなと思う。

というと、即座に「スカイプあるし、それも大丈夫よ」

と言われるかもしれない。

でも、今後すごい技術の発達で、まるでそこにいるかのような鮮明な3Dで見せる技術が生まれたとしても、実際に会うのとは、やっぱり違うんじゃないかと思うんで、、うん、、とりあえずは僕らのギリギリのラインってのが今の能古島あたりなんじゃないかと思っている。

さて、その「ざっこ」さんに「お土産何がいいっすか?」と聞かれたので「ちょっと重いですが、、、」とお願いしていた物を頂いた。すんません!

f0201157_12315556.jpg

沖縄名物の「ジミーズのアップルパイ」

これ、以前読んだ「アメリカのパイを買って帰ろう 沖縄58号線の向こうに」という本に出てきて、「一度食べてみたい」とちょうど宮古島で別荘の建築をすすめていたマツダグミの社長にお願いして買ってきてもらって、その美味さに感動した物。

沖縄に行く人がいると必ずこの話をするからか、先日これまた沖縄でのライブにでかけていた福岡のアーティスト「やないけい」さんも「それはそれはっ!」と思ったようで家族への土産に買って帰って「うまかった!」と言ってたようだし、僕は「ジミーズのパイ私設応援団」として、密かに売り上げに貢献しているわけで、いつの日かジミーズから「是非おおさめください」と「ジミーズのパイ永久食べ放題券」みたいなのが送られてくるんじゃないかと密かにドキドキしている。

早速ノコニコの美味いコーヒーとともにいただくことにする(血糖値がぁぁぁぁぁっ、、、、涙)
f0201157_12315715.jpg

なにげにデカくて重い。
f0201157_12315961.jpg

カットしてもずっしりとした生地にリンゴがゴロゴロとはいった飾り気のない「アメリカのお母さんの味」って感じでうまい。ま、僕にはアメリカのお母さんはいないんで、あくまでも「感じ」ってことで、、、
by nocorita | 2011-02-22 13:06 | 島暮らし | Comments(0)

「塩プリン」美味いやん!!

f0201157_184617.jpg


さて、唐泊で焼き牡蠣を食べた後は、ちょうど以前から行ってみたかったところへ向かった。

海釣り公園から二見が浦をすぎ、牡蠣小屋が多くある岐志漁港のほうに入っていき、漁港を過ぎて海を左手に見ながらひたすら走り続けると福浦漁港へ到着。

さらにここを突っ切って細い道をまっすぐいくと到着するのが

福岡県で唯一海水から塩を作っている

f0201157_16596.jpg


「またいちの塩」

f0201157_162051.jpg

小屋の感じとか、屋根の上に登れるところが、昔の「サンセット」みたいでちょっと懐かしいなあ

五島や対馬ではなんどかお邪魔した事があるが、まさか地元の福岡で塩を作っている人がいるなんて最初聞いたときは「ほんとかよ」と驚き、ぜひ一度と思っていたのだ。

早速併設の売店で自宅用に「焼塩」を購入したが、塩以外にもいろんなものが売っていて

f0201157_17820.jpg

八智代が美味しそうに食べているのは

f0201157_172420.jpg

塩プリン。隣は塩ゆでのゆで卵。この塩プリンは、いや、ほんと、いままで食べたプリンの中でも1、2を争うくらい僕の中ではヒット。とろけるようなプリンに旨味の強いガリガリの塩が美味い。

今まで「塩◯◯」という商品を見ると、ちゃんと食べもせずに「流行にのりやがって、、、ちっ」と言ってたがスマンスマン!

f0201157_18689.jpg

ところで、店内に貼ってあるポスターをみると、どうやら今年は10周年のようで、記念のイベントを行うらしい。


イベント名は「マゲコトリ」。どうやら参加メンバーの頭文字をとっているらしいのだが、、、ふーん、、、とさらにポスターを読んでいると、そのメンバーに「coffon」、「陶花」、そして「リバーワイルド」の名が!いやあ、、最近色んなところで見るなあ杉さん、、そりゃ忙しいわ。

f0201157_18956.jpg


4月9日、10日かあ、、、いきてえなあ、、、でも、、、その日は、先日「今年こそは行こう!」と心に誓った「F1マレーシアGP」の真っ最中やな、、、うーむ、、、揺れる〜。
by nocorita | 2011-02-20 01:27 | | Comments(5)

焼いて焼いて焼きまくれ!

f0201157_0463940.jpg


以前から「牡蠣小屋」の話をする度に「いってみたいっす」と言っていた東京の友人が、遂に念願かなって、金曜日の仕事を終えてから2泊3日という強行軍で「牡蠣小屋に行く為だけ」に福岡へやってきた。

僕らにとっても今年初の「牡蠣小屋」だ。

今回行ったのはいつも行く船越や岐志の牡蠣小屋ではなく、今宿から車で10分ほどの海釣り公園の隣にある唐泊の牡蠣小屋

ここは船越や岐志の牡蠣小屋のようなビニールハウスとちがって大きな建物なので、あの「小屋」という雰囲気が好きな人には「ちょっとなあ、、、」と思われるかもしれないが、なんせ、箱がでかいんで、「お客さん連れて行って待ちたくない」今回はこちらを選択。

11時からの開店に合わせて行った事もあり、当然待つ事もなくすぐに入り、牡蠣、サザエ、エビを焼き焼き、牡蠣飯を食べつつ、八智代と友人はビール、僕はノンアルコールビールを飲みながら楽しんだ。

唯一、最大の残念な点は、、、、飲み物やオニギリなど飲食の持ち込みが不可ということか。

牡蠣小屋にうるさい人には「えー!それはいかんですよおー!!いかんなーそれは!」と言われそうだなあ、、、。

とはいえ、初の牡蠣小屋にも満足してもらえたようだし、帰りに唐泊の漁協ストアーで買ってかえって食べた生牡蠣も美味かったし良かった良かった。

友人と話していたら、別府の「地獄釜」も体験した事ないということなので、次回福岡に来た時には、ちょっと遠いけど、僕らも大好きな別府の鉄輪温泉にある地獄釜付きの宿「大黒屋」さんで地獄蒸に決定!!
by nocorita | 2011-02-20 00:54 | 遊び | Comments(2)

幸せな仕事

f0201157_1381824.jpg


葉っぱが風で揺れる音や鳥の声以外、自分達が黙っている限り音のない島の暮らし。

2年前にこの島にきてから、朝ご飯を食べながら八智代といろんな話をするようになった。

話題は、家族の事、猫の新しい餌の事、仕事の事、世の中の事件の事から、F1の来年のシート争いの事(僕が勝手にしゃべるだけ、、笑)、、、などなど、どうでもいいことも多い(笑)が、僕にはなんだか幸せな時間

f0201157_136109.jpg


ふと目に入った本の表紙のキャラクター達「カクカクシカジカ」や「クウネルくん」を描いた人の事が気になって買ってしまったこの本。

帰りのバスの中で僕が読み、これまた興味ないと思っていた八智代も今朝布団の頭もとをみると置いてあって、どうやら読んだようだ。

今朝の八智代との話は自然とその事になったのだが、思ったのは、どんな理論的に見えるクリエーターも、もちろん理論ってのはバックボーンとしてはあるのかもしれないが、個々の仕事の発想ってのは僕らと同じ「これでしょ!だって私これが好きだもん」なんだなと。ちょっとほっとした(笑)。

また、「羨ましい」と話したのは、この方が関わっているようなテレビや雑誌で見かけるようなブランドの仕事ってのは依頼主である大企業と、広告代理店がついていて、予算もあって、広告を掲載する場所(雑誌媒体、テレビCM、ネット、、、)、商品を販売する場所や体制も整ってて、仕事も個々のクリエイティブな力を要求されるコアな部分以外は高度に理論的に進められる事から、自分の仕事の範囲も求められている事もはっきりしている事。

そんな体制であるから、当然キャラクターや商品デザインや商品ができた後も、「ブランド」は当初から関わったクリエーター達の手により、当初のコンセプトからずれる事なく、育ち、守られ、拡大していくのだ。

それに対して、僕らの関わる中小の企業の場合、ほとんどの場合、まず依頼主の企業自体が「なにがやりたいかわからない」ことが多いし(笑)、依頼内容は「今度作った商品のラベルをいい感じに作ってくれ」という明確なようで曖昧な依頼が多い。

もちろん商品や、シリーズ、企業自体の「ブランディング」などという考えはないし、仮に「せめてこの商品のブランディングだけでも」と言っても相手側としては単品の商品の「ラベルを描く人」として扱っている為、また現実的にも「ブランディング」という今日明日で結果が出ることのない、即効性のないものに、そこまで予算を裂く余裕もない。だから「パッケージデザインの完成が契約の終わり」というのがほとんどであり、長期的に厚みのあるブランドやキャラクターを育てることができない。

そのため、ブランドは完成したときがピークとなって、後は徐々に壊れていく事も多い。最初はコンセプトやデザインで売れたけど、守り育てることをしない為に、徐々に様々な部分がずれ始め、、、そして、彼らは言う「デザインがいかんかったね」(笑)。

それではいけないと言うのは簡単だが、中小企業には仕方ない部分もあり、悔しさと、切なさを感じる事も多く、、ほんとうに難しい。しかし、仕方ないとばかり言っててもなにも変わらないわけで、その条件の中で最高の提案をして、依頼主と共に笑う事のできるよう、そんな困難を難しいクイズを解くように楽しんでやっていけたらと思う。

そんな話を八智代としていて、つくづく感じたのは、2004年当時、小さな地方の下請けの飲料メーカーとして、自社商品はディスカウント店むけのペット飲料しかないけど確かな技術と28歳という新社長の柔軟な考えをもった友桝飲料と、博多の8テーブルしかない小さな「もんじゃ焼屋」の妄想癖のある典型的バブル世代の僕と、音楽は売れないけど絵は上手いバンドマンの八智代の三人がタッグをくんでうまれたチームで、「こどもびいる」という商品から始まり、友桝飲料自体の長期的なブランド作りに関わり、今年で8年目を迎えることができたことの幸せ。

もちろん三人いてのチームではあるが、製造メーカーである友桝飲料の社長の思いと決断無しには生まれなかった事を考えると感謝だし、それに応えていきたいねと朝食のホットサンドを頬張りつつ話した今朝の二人。

f0201157_13102291.jpg

by nocorita | 2011-02-17 15:18 | 島暮らし 仕事 | Comments(4)

バレンタインデーキ〜イッス!

先日、我が家では普段はほとんど見ないテレビをつけていたら、AKBから派生した(?)何人組かが、「バレンタインデーキーイッス!」と歌っていたが、画面に出てきた曲名は「バレンタインキッス」。

この20年くらいてっきりあの曲名は「バレンタインデーキッス」と思っていたので、「俺、ちょっとお利口さんになってしまった」と嬉しくなり、先日ノコニコ夫妻と飯食った時に、自慢げに話したらスルーされた。ふむ。

さて、今年のバレンタインデーも例年のごとく特に盛り上がる事もなく、これまた例年のごとく母親と叔母から一個ずつチョコをもらい終了したのだが、バレンタインデーの翌日の今朝6時過ぎにいつものごとく息子を港に送って家に戻り、ふと外を見ると、あれ??

カメラを取り出し望遠で見てみると、、、
f0201157_13444731.jpg

ふむ、、、、世の中はしっかり盛り上がったのね(笑)

さて、バレンタインデーということは既に二月も半ば。

清涼飲料水業界にとっては夏の新商品をお披露目する様々な展示会の時期を迎える。

僕らが「商品企画」や「パッケージデザイン」の仕事をさせてもらっている友桝飲料さんも先日のスーパーマーケット トレードショーに引き続き、3月1日からは一年で最大のイベントであるフーデックスジャパンへの出展をおこなうということで、僕らもブースやら資料やら、プロトタイプの準備やら、ちょっとばたついてきた。

特に八智代さんは抱っこしないと泣き出す万次郎をダッコヒモで抱えてPCの前で作業ということもあって、頑張りどころ、、、と書くと大変そうだが、ま、楽しくやってる。

f0201157_13554663.jpg


昨年はジブリさんの「ぱんだこぱんだ」や円谷さんの「ウルトラマン」とのコラボ商品をつくることができた「こどもびいる」だが、まだ企画段階ながらも昨年、「開業以来初の黒字」となって元気の出てきた九州の某大型テーマパークからオリジナルバージョンの話があがってきた。

チューリップの花咲く頃には発売予定らしいがさてさて、、、
by nocorita | 2011-02-15 13:58 | 島暮らし | Comments(0)

リアルマリオカートが戻ってきた!

以前youtubeで見た時にはかなり笑った「マリオカート」をリアルに再現したREMIさんの動画

なんと「2」が出たという事で、これは見るしかないっ!と。

前回よりさらにパワーアップというか、若干イリーガル系というか、、、(笑)



でも、、好きだなあ、、、
by nocorita | 2011-02-13 14:25 | 遊び | Comments(0)

久々の東京「スーパーマーケット トレードショー」

今年も1泊で東京ビッグサイトのトレードショーへ行ってきた。

スーパーマーケット トレードショーは日常の食品がメインということで、僕らのつくっている百貨店やギフト向け商品とは路線がちょっと違うということで、僕らが一緒に仕事をしている友桝飲料さんは3月に行われる「フーデックスジャパン」のほうに出展(今年は2小間!)しているのだが、とりあえずトレードショーは毎年見学だけは行ってるのだ。

今年も毎度の事ながら僕がドキドキするような商品はほとんどなかったのだが(あくまでも僕の趣味と違うと言う意味)、それでもこの数年見てて思うのは、「四万十新聞バッグ」で今や全国区の知名度となった「四万十ドラマ」はじめ、徐々にであるが、僕らが九州ちくご元気計画でやろうとしているような「地方の商品に欠けているデザインの部分に目を付けた商品」の開発に頑張っている人達が増えてきたなという実感。

f0201157_2234342.jpg

福島の天然炭酸水。デザインというより、実はこの300ml程度の「小瓶で出した」というのが素晴らしい!僕らもやりたかったが、水はやれないので、どこか出さないかと思っていたのだが、「やっとでた!」という感じで個人的に拍手。
f0201157_22343093.jpg

同じ企画会社(?)のリンゴジュース

本当は二日目もギフトショーを見るつもりだったが、初日に前部まわったので、二日目はまだ行った事のなかった東京駅のグランスタに行ったり、以前イシイさんとマキちゃん夫妻に連れて行ってもらった谷根千を歩き回ったり
f0201157_22343766.jpg

消防署の可愛い看板
f0201157_22501423.jpg

お昼は「カヤバ珈琲」(マキちゃんのブログから拝借)

最後のしめは羽田に向かう途中に国際線ターミナルへ寄って噂のモール見学。
f0201157_22344250.jpg

お土産はグランスタの「まめぐい」で買った「ネズミ小僧」
f0201157_22344480.jpg

そして、「ひょっとこ」

これは面白い商売のやり方だね、、僕もちょっと閃いたぞっ(笑)
by nocorita | 2011-02-11 23:07 | 島暮らし 仕事 | Comments(2)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

最新の記事

超縦長 android7.0..
at 2017-02-13 09:48
おやつをかいに
at 2017-02-07 09:51
「野菜やトラキ」さんへ
at 2017-01-19 10:18
娘が帰っていった
at 2017-01-13 09:10
お正月の能古島アイランドパークへ
at 2017-01-06 09:17

検索

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
島暮らし 仕事
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧