<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

祝!友桝飲料新工場完成!

f0201157_2271765.jpg


先日佐賀の小城市に完成したトモマス飲料の竣工記念の内覧会と、その後市内のホテルで行われた竣工記念パーティーへ招かれ(スピーチも頼まれてたんでね、、w)、八智代と万次郎、東京からわざわざ来てくださった清涼飲料水評論家の清水りょうこさん、ノコニコ夫妻達と共にお邪魔して来た。

f0201157_2284724.jpg

f0201157_2284535.jpg


ショールームの最終調整もあったので、開始時間よりも数時間前に新工場へ到着。

まだ誰も来ていない広い広い敷地に建つ大きくて綺麗な工場を見ながら、僕は2003年に初めて友桝飲料に打ち合わせに行った時の事を思い出していた。

f0201157_2304098.jpg


当時、友桝飲料の本社は長崎街道に面した古い古い建物の一階の僅か12畳程の天井の低い部屋にあり、その狭い空間にぎっしりと事務机が並べられ、社長の机も他の社員の机とならんで置いてあった。

応接室なんてものはなく、その狭い事務所の奥の2畳ほどの場所に小さな応接セットが置いてあり、それもテーブルの半分はカタログなんかが積み上げられているという状態。

部屋には配達のおじちゃん達や、業者さんが出たり入ったりしてて、事務の人の電話の声もガンガン聞こえる中で僕らは「こどもびいる」や「スワンサイダー」などの企画を話し合った。

当時は自分達みたいな小さな会社がオリジナルドリンクを出して売るなんてことは誰も想像できなかっただろうし、どこから連れて来たかわからない怪しい男とまだ20代の若い社長が商品企画をしている姿は普通の社員からみればペテン師にだまされかけているようにしか見えなかったとおもう。

あの頃から比べると、オリジナル商品の数も増えたし、会社の売上も知名度も信じられないくらいにあがったし、新工場はまるで夢を見ているかのように立派だ。

でも、僕はあの頃の工場が決して嫌いだった訳ではない。昭和の時代の中小企業はどこもそうだったと思うが、まるで家族の多い人の家に来ているかのような、いつもざわついてるあの温かい感じの中で社長や八智代とワクワクしながら商品を考えていたあの頃はそれはそれで、とても楽しかった。

新工場完成で、今後、様々な部分が効率化され、製造量、品質は益々高まって行くだろう。
仕事が増えるに従って人も増えていくだろう。

でも、どんなに工場がハイテク化され、効率化されて行ったとしても、あの頃の友桝飲料の人間味溢れるざわついた感じだけは無くならなければいいな、、、新しい工場の広い広い駐車場を歩きながらそう思った。
by nocorita | 2012-02-28 02:41 | 動画 | Comments(0)

屋久島弾丸出張!!!


先週の奄美大島、喜界島、加計呂麻島の旅に続いて、今回は屋久島へ!今回は色々あって鹿児島経由での行き帰り&1泊2日という弾丸ツアー。

f0201157_2347295.jpg

鹿児島空港のロビーに、これでもかと並んでいるイームズのシェルチェアーに座ってご満悦風(?)のN庭先生も奄美大島ツアーに続いて一緒でした(「僕の写ってる写真勝手に使ってるでしょ浅羽さん??」と嬉しそう(?)だったんで、また使う。w)。

f0201157_2347593.jpg

天候は屋久島らしく曇。先日お邪魔した奄美大島と比べると気候的には福岡よりちょっと暖かいくらいか。
f0201157_23464066.jpg

屋久島は今がちょうどタンカンの収穫シーズン。今年は奄美大島などが不作ということもあり、もともと高くて希少な屋久島産タンカンが益々品不足なんだとか。

さて、今回は仕事の合間に数組の素敵な御夫婦を紹介していただいた。

その一組。旦那さんはジュエリーの作家さんで、奥さんは絵描きさんという御夫婦。

サーフィンが好きで海の近くに住みたかった旦那さんと森を描くのが好きで山の近くに済みたかった奥さんが選んだのは、海も山も近い屋久島の地。

f0201157_23471093.jpg

お二人が住んでいるのは海まですぐの小さな集落で、歩いて3分程の所には立派なガジュマルの木。

なんでも国営放送のドラマのロケ地になったという屋久島で最も有名なガジュマルの木なんだとか。
f0201157_23464362.jpg

そして、今アトリエ&ギャラリーとして手作り中のお家もとても可愛い。
f0201157_23464472.jpg

真っ白く塗られた小屋の中にチラリと写ってるのは、、、
f0201157_23542166.jpg

本坊酒造の焼酎「水の森」のラベルに使われた絵。

初めてお会いした二人なんだが、なんとなくノコニコ夫妻やヤナイケイさんとこの御夫婦とも共通する雰囲気があって、なんとも魅力的なお二人だった。
f0201157_23471524.jpg

最終日のお昼は屋久島名物(?)のサバのすき焼きを頂きましたあ。
f0201157_23471351.jpg

さて帰りますか。
by nocorita | 2012-02-27 00:08 | 動画 | Comments(0)

製糖工場を巡る旅  「喜界島」

f0201157_2143082.jpg

福岡から鹿児島空港経由で約2時間で到着したのはなんとも気持ちのいい風景の広がる真っ平らな島。
f0201157_21433858.jpg

一番標高が高い場所でも211メートルという鹿児島県の奄美大島の東に浮かぶ、周囲40キロほどの隆起珊瑚礁でできた島が「喜界島」だ。

f0201157_21432547.jpg

まずはサトウキビ畑へ。
f0201157_21435471.jpg

このサトウキビを1本1本刈り取って工場へ運び
f0201157_2144725.jpg

機械で搾って
f0201157_2147446.jpg

なにを作ってるかと言うと
f0201157_21452266.jpg

喜界島名産の「黒糖」
f0201157_21473354.jpg

丁寧に作られた黒糖は黒くないんだねえ

あまりにザックリとした説明で分かりにくいと思うんで動画でどうぞー


f0201157_2145546.jpg

さて、次の島いってみよう!!!
by nocorita | 2012-02-19 21:56 | | Comments(0)

バレンタインには「ムツゴロウチョコレート」?

f0201157_13102582.jpg


柳川の老舗の「魚問屋」であり、地元客や観光客に人気の「飲食店」でもある「夜明茶屋」(よあけじゃや)の名物社長の金子さんのキメ笑顔。(笑)

こちらで進んでいた「ムツゴロウ型立体お菓子」の第二弾である「チョコレート」の開発。

商品化には、チョコレートならではの色々難しい部分もあったようだが、「夜明茶屋」のお菓子シリーズのきっかけとなった「能古島サブレー」や「ムツゴロウ3Dクッキー」の要である商品の「味」と「型」を担当する菓子職人の「Tさん」のコダワリと、金子社長のいつものながらの勢い(!)により、バレンタイン前のこの時期に遂に完成!(西日本新聞記事

f0201157_1312191.jpg


実は発売数週間前には形もサイズも全く違う予定で進んでいたのだが、製造や販売のことまで含め、色々検討した結果、当初とは全く違う形となったが、短い期間で新たな型から製作しなおして商品を完成させたTさんにはいや、ほんと、脱帽である。今回もさすがTさんの出来!

パッケージは「ムツゴロウクッキー」や「ムツゴロウ甘露煮」などなどと同様に八智代さん。

これまた色々と制約のある中で、さらに超短納期でおつかれちゃんである!

しかし、これ凄いのは、この型を作っているのが型屋さんではなくて、菓子職人のTさん自身ということ。日本広しといえども、原型や型を「自作」できる菓子職人なんてそうそうはいない。

f0201157_13435847.jpg

実は元々、たまにノコニコカフェにやってくるお客さんだった彼に、僕が型を使ったお菓子の開発をもちかけたのも、たまたま彼が作った樹脂製のシトロエンミニカーを見せてもらったのがきっかけだった。

「すっげー!こんなんつくれるんすねえ!」と。

そう、彼の趣味はプラモデルなどのモデル造りで、お仕事がお菓子づくりだったのだ。

話を聞いてみると、既にフィナンシェなどは自分でつくった型で作っているという。

「それならこんなんできんすか???」

という雑談から第一弾としてお願いした「能古島サブレ」が完成し(これは文字やデザインがエンボスで入るくらいで基本は平たいサブレだったが、Tさんの遊び心で色んな柄が入っている。)、「九州ちくご元気計画」で僕が講師として入っていた「夜明茶屋」の社長である金子さんに彼を紹介して完成したのが、、、

f0201157_1373770.jpg

「ムツゴロウ3Dクッキー」(写真奥は本物のムツゴロウ)。

出会いって本当に不思議だ。

f0201157_1313081.jpg

丁度バレンタインということで、柳川の夜明茶屋だけでなく、なんと東急ハンズ博多店にも登場!
ムツゴロウクッキーも一緒に並んでた(1階のバレンタイン特設コーナー)。

さて、これができたということは、、、、猪突猛進型の夜明茶屋の社長の金子さんのこと。いよいよ「アレ」行っちゃいますかね????

アレができたら、そう、まさにムツゴロウそのものなんで、ぜひとも形にしたいなあ。
by nocorita | 2012-02-10 13:51 | 食品 | Comments(3)

買い出しへGO!

f0201157_2301312.jpg

朝起きると雪が降っていた。相変わらず寒い日が続く。

今日は博多駅で八智代と共に打ち合わせがあったので、そのついでに福岡で買い出しをして帰ってきた。

能古島には小さな商店が一軒ある以外は、生協が週に一回やってくるだけで食料品やその他日用品は基本的に福岡まで買いに行かなくてはならない。

今週末から僕が出張でいないため、今日は小戸にあるスーパーで食料品をまとめ買いして、ホームセンターで雑貨と万次郎のオムツを買ったので両手に一杯の荷物。

あまりに買物が多い時には島の車を渡す事もあるのだが、軽自動車でも往復3000円強するため、月に一度あるかないか。

f0201157_22595752.jpg

ご機嫌の万次郎だが、彼も僕らの荷物の一部なんだよな、、w。

f0201157_22595585.jpg

すっかりお疲れモードの八智代

f0201157_22595853.jpg

我が家にはテレビがないんでフェリーの中のテレビは新鮮

ま、実はこんなちょっとした不便楽しい島暮らしである。
by nocorita | 2012-02-09 23:05 | 島暮らし | Comments(0)

日本一の「大杉玉」

f0201157_2314795.jpg

デカッ!思わず叫んでしまいそうな大きな「杉玉」

なんと直径5メートル。山口県の岩国市にある村重酒造さんの「日本一の杉玉」である。

全長3メートルの車とほぼ同じ大きさに見えるが、車のほうが随分手前に停まってるんで実際は2メートルほど杉玉のほうが大きい。

ちなみに杉玉とは「スギの葉(穂先)を集めてボール状にした造形物。酒林(さかばやし)とも呼ばれる。日本酒の造り酒屋などの軒先に緑の杉玉を吊すことで、新酒が出来たことを知らせる役割を果たす。「搾りを始めました」という意味である。」by Wikipedia

ということで、どこの酒蔵さんに行っても置いてある物ではあるが、僕が見て来た物は大きくても1メートルくらいまでで、これはデカ過ぎ(笑)

ちなみにこの大杉玉ができる前までは「日本一の大杉玉」は八女の喜多屋さんの杉玉だったというお話を伺ったのだが、そんなもんが身近にあったとはオジサンちーとも知りませんでした。

f0201157_23161557.jpg

これが喜多屋さんの杉玉(ホームページよりお借りしました)

f0201157_23221575.png

ちなみに、こちらの村重酒造さん。日本一なのは「杉玉」だけではなくて、2011年の全米日本酒歓評会(海外では最大規模の日本酒審査会)で、大吟醸A(精米歩合40%以下)、大吟醸B(精米歩合50%以下)、吟醸、純米の各部門のスコアにおいて、全ての審査員が1位または2位をつけたものに対して授与される「トップゴールド賞」を受賞した商品もお持ちの凄い酒蔵さんなのだ。

f0201157_2314769.jpg

打ち合わせの後、岩国の観光名所「錦帯橋」を見て&歩いて(往復300円!)一人寂しく福岡へ。

本日の走行距離約500km。ふう。
by nocorita | 2012-02-08 23:23 | 動画 | Comments(2)

さあがんばるぞ!友桝飲料新工場(ほぼ)完成!

f0201157_2230261.jpg

去年の夏にここに連れて来られ「ここに工場ができるんですよ」と言われた時にはピンと来なかったが
f0201157_22295491.jpg

徐々に工事がすすんで建物が建ち
f0201157_22281199.jpg

年明けに事務所の移転も終わり現在工場の最終調整の真っ最中。
f0201157_2228983.jpg

受付
f0201157_2228637.jpg

壁には創業以来の思い出の写真
f0201157_2228555.jpg

ショールーム&売店エリア
f0201157_22361872.jpg

工場も調整が進む
f0201157_22361646.jpg

これは「見学通路」から見た工場内部。

そう、新工場では今年の春くらいから個人客や団体客の工場見学も受け付ける予定なのだ。

さらにここには楽しくて「美味しい」仕掛けもあって、大人も子供も楽しめること間違い無し。

さあがんばるぞ!!!!
by nocorita | 2012-02-08 22:44 | 飲料 | Comments(3)

夏か冬か

f0201157_1335153.jpg

先日の凄い寒波は去ったようだが、相変わらず寒い日が続いている。

この数日、久々に島でゆっくり過ごしている。

島に引っ越して来る前は、田舎に住んでいる友人が「田舎は冬が良い」というのを聞いて、「冬は寒いし、やっぱり夏がいいでしょーよー!?」と思っていたのだが、実際に島に住んで3年がすぎ思うのは、「田舎は冬が良いな」

確かに見た目は夏がいいんだが、蚊、ハエ、アリ、毛虫、クモ、そして最悪なのはムカデで、どんなに閉め切っていてもどこからか入ってくるので、怖くて仕方ない。

さらに島特有の湿気の多さ。夏場は一日中除湿器を動かしていても乾燥することがなく、特に梅雨時期は機械の3リットルタンクが一日で3回も満水になるほど。

冬は確かに寒いのだが、空気は澄んでるし、虫も入って来ない。

f0201157_13382496.jpg

一日中ストーブをつけてるので灯油代はかかるが、薪ストーブほどではないもののストーブの炎を見ていると心安らぐし、ストーブの上に鶏ガラを入れた鍋を置きっぱなしでつくるガラスープも冬の楽しみ。

ところで、先日、この数年ですっかり伸びまくって一部は家の屋根にかかってきていた敷地内の桜や檜を檀さんから紹介して頂いた薪ストーブ屋の方に切って頂いた。
f0201157_13225898.jpg

はしごをかけたり、木に登ったり、屋根の上に登ったり、、、、頑張って頂き、、、
f0201157_13253296.jpg

4日間かけてスッキリ。不思議なもので、覆い被さっていた沢山の木の枝を取り除くと、本当に空気が変わった。いつも湿気で「モヤモヤ」っとしていた所に風が入り始めたのだ。
f0201157_13265210.jpg

ちなみにこれは昨年の夏のモッサリ。ま、これも見た目はいいんだけどね、、。

f0201157_13251343.jpg

切った木の一部は浄水通のイタリアンレストランの石釜で使われるということで、薪となって使われる頃(多分半年以上後かな)にお邪魔してみたいなあと思ってる。

我が家の海側に立っていた檜もまとめて切り倒したので、眺めもいいし、来週中には切り倒した枝を片付けて、2月中にはミカン畑も剪定して畑の日当りをよくしてあげようかなあ。
by nocorita | 2012-02-05 13:44 | 島暮らし | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

記事ランキング

最新の記事

雨の日は読書など。「帰ってき..
at 2017-08-15 14:41
さようなら。またあおう。
at 2017-08-14 09:26
今年も記念の一枚を(2017年)
at 2017-08-12 12:39
日記 20170809
at 2017-08-10 11:46
ちっちゃい「カバ印」はいかが..
at 2017-08-09 17:03

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧