<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

モ〜レツ〜ッ!美熊野牛!!

f0201157_1121171.jpg


小豆島を後にした僕らが向かったのは岡山駅(万次郎さんフェリーを操船中)。

f0201157_1142885.jpg


ここで八智代と万次郎をおろし僕らは福岡へ。八智代達が向かったのは、、、、

f0201157_1141336.jpg


熊野古道で有名な三重県の熊野

f0201157_1134255.jpg


ここに「美熊野牛」のブランドの和牛の肥育、販売を行う「岡田精肉店」さんがある。

数年前に突然「こどもびいる」を見てご連絡をいただき、レトルト商品「牛丼」のデザインをやらせて頂いてからの縁で、その後も様々な商品のデザインのお仕事を頂いている。

f0201157_1135483.jpg


美熊野牛カレー

f0201157_113513.jpg


美熊野牛牛丼

f0201157_1135860.jpg


美熊野牛焼肉缶詰

先日も包装紙やタレのデザインのお仕事をいただいたので、今回は八智代の名古屋への里帰りに合わせての表敬訪問となったのだ。僕も行きたかったが、調べてみると岡山から車で向かうと8時間ほどかかるようで、着いた翌日には仕事の関係で福岡に戻らねばならない事を考えると無理っぽいので断念。

f0201157_1134823.jpg


ズラリと並んだ美熊野牛

f0201157_11273111.jpg


スタッフの方々ともご対面

f0201157_114618.jpg


その後、美熊野牛の肥育を行なっている牧場へも連れて行って頂いた。

f0201157_113318100.jpg


自然一杯の中で牛達はのんびりと育つ

f0201157_114331.jpg


まるまる太って美味しそう、もとい、可愛いw。

表敬訪問のつもりが、色々連れて行ってもらったり、夕食をごちそうになったりと、「お前はなにをしにいったのだ??」というくらい至れり尽くせりだったようで、申し訳ないっす。

f0201157_11285288.jpg


空いた時間で八智代が昔から一度歩いてみたかったという熊野古道をほんのちょっとだけ歩いて来たんだと。

週末には折角なんで奮発して頼んで来た美熊野牛が届くと思われ、おなじ12月1日が結婚記念日のノコニコ夫妻とともに美味しいお肉でお祝いをしようと思っている。楽しみだぁ〜!
by nocorita | 2012-11-28 11:36 | | Comments(0)

小豆島の歩き方??オリーブ摘みにGO!

f0201157_22552931.jpg


すっかりブログの更新を忘れている間に能古島はすっかり冬っぽくなって来た。

f0201157_22552663.jpg


島もなんだか色づいてる。

そんな島を出て、高速道路を東へ向かい、フェリーに乗ってなんだかんだで8時間ほどで到着したのが香川県の小豆島。

f0201157_2251395.jpg


小豆島といえば、もちろんこれ、オリーブ。

今回は井口さんの知り合いの方のオリーブ園の「オリーブ摘み」に参加させて頂くことになっての訪問なのだ。

f0201157_23215137.jpg


ちなみに、、、、小豆島のどこに行っても売られているコチラの「オリーブサイダー」、、、実はこのサイダーも僕らの関わった地サイダーの一つで、デザインはもちろんヤチヨさん。が、、オリーブを摘んでいる女性の姿をラベルに使っていながら、実際にオリーブ園にいくのは初めてなんだよなw。



f0201157_22553855.jpg


同じ敷地にはいくつかの種類のオリーブがあって、小さな物はビー玉くらい、大きな物はアメリカンチェリーほどの大きさで、色も緑の物からアメリカンチェリーみたいな色のものなどいろいろだが、この時期のオリーブは全てオリーブオイル用ということで、木になっているものは全て採ってしまい絞るということで、基本的には「これ」と決めた1本の木を丸裸にしていくことになる

f0201157_22525423.jpg


特にコツというものはないようで、表面がしわしわになった劣化したものだけ採らないように気をつけつつ、軍手をはめた手で、ひたすら摘んで、肩にかけた袋に入れていくのだ。

f0201157_22525962.jpg


そして、ある程度採れると、、、、、、

f0201157_22523899.jpg


所々に置いてあるカゴにドサドサっといれる。

f0201157_22545575.jpg


万次郎達も最初は楽しそうに採ってたが、、、、、

f0201157_22534236.jpg


すぐに飽きて遊んでいた。

f0201157_22561558.jpg


今回の「オリーブ摘み」。これ、あくまでも「お手伝い」(ボランティア)ということで、当然ながら集まって来た数十人の人達に対してのバイト代のようなものは出ないが、合間にコーヒーやお弁当などなど色々だしていただき感謝!。


九州からの参加ということで2日間の参加と言っても半日ずつくらいしか参加できずあまり戦力にはならなかったかもしれないが、プチプチプチプチと無心でオリーブの実を摘んでいくのはなかなか楽しい経験だった。

九州からは決して近い場所ではないし、小豆島内を移動する足も必要なので車で行く事になるが、是非機会があれば、なかなか経験する事ができない「オリーブ摘み」の体験。これ、おすすめです!!
by nocorita | 2012-11-27 23:31 | | Comments(0)

姫島へ!(糸島市 姫島)


この2、3日、能古島も急に寒くなって来た。

普段はお風呂を湧かす時にしか使っていな灯油だが、寒くなるとだだっ広くて寒い我が家では灯油の消費量が半端ないので、慌てて農協に灯油を買いに走る。

f0201157_1494380.jpg

電気自動車で灯油を買いにいくってのも「どっちなんだよ?」な感じだなw。

そんな冬っぽい天気で、旅行のタイミングとしてはどうかと思ったが、急に2日の休みが取れることになり、旅行を思い立った。

実は今年の初めに「今年は九州の島に行きまくる」という目標をたてたのだが、仕事が暇な割に予定がいろいろ入っててなかなか2日連続の休みがとれないのでほとんど行けてないことが気になっていたのだ。

今回向かったのは、糸島にある「またいちの塩」にいくといつも沖に見えていて気になっていた「姫島」。

昔深夜のテレビで「ここに幸あり」という映画をみたのだが、そのロケ地となったのがこの島。

中学生役で出ていた俳優の須田邦裕さんも姫島の出身(ノコニコカフェの奥さんの同級生なんだとか!)。

ネットで調べたところ島民は200名の小さな島。ちなみに能古島は800人。

船はこの時期は「牡蠣小屋」で賑わう岐志漁港から出る(牡蠣小屋の並んでいるところの隣)。
f0201157_1356878.jpg

無料の駐車場に車を停め、綺麗な待合所で船を待つ。

f0201157_13564957.jpg

この時期は1日4往復。片道460円の市営の船がでている。

f0201157_14584710.jpg

11時45分発の船は約15分で姫島に到着。港や集落は島の南側の狭いエリアにかたまっている。

f0201157_13571271.jpg

港には網小屋が並ぶ。この時期はアジやサワラの漁が盛んなんだとか。

f0201157_13572524.jpg

島の中心地に向かう途中にはなんとも可愛い保育所。後で宿の人に聞いたところ現在は園児2名で先生の数も2名なんだとか。

f0201157_13573770.jpg

万次郎もちょっと遊ばせてもらった。

f0201157_13575098.jpg

こちらが港から徒歩5分ほどのところにある唯一の商店「シーガルショップ」。肉や野菜、お菓子にビールなどなどとりあえずなんでも揃う。隣にはテーブルと椅子のある休憩所みたいなところもあって休むことができる。

f0201157_13582100.jpg

島には荷物の運搬用と思われる錆だらけの車が数台(当然ナンバーなし)ある以外は車がなく、クネクネと曲がりくねった狭い道が続く。

f0201157_13582761.jpg

当然ながらの猫天国。風が強いからかテトラポットに「猫だまり」ができてたw

f0201157_13581433.jpg

島の集落を見渡せる神社

f0201157_13583938.jpg

今日のお宿は「吉田屋」さん。シーガルショップの向かいにあって便利だし、海も見える。
こちらは前述の「ここに幸あり」のロケやスタッフの宿として使われた宿なんだとか。

f0201157_13585176.jpg

お部屋は「これぞ正しき日本の民宿」って感じ(親戚の家に来たみたいな感じ)で、宿のお母さんも万次郎と同じ歳のお孫さんがいるようで色々と気を使っていただき、とても居心地の良い宿だった。

f0201157_1359456.jpg

夕食は豪華さはないものの、島でとれた魚やサザエ、野菜などなどどれも美味しかった。もちろん追加で料理のグレードを変える事もできるらしい。

折角の姫島なんで魚でも釣ろうとソフトルアーを持って来ていたのだが、朝から吹いていた風は午後から風力を増し、とても釣りは無理で、「それなら飲むか」と思ったが、シーガルショップは6時過ぎにはしまってしまったし、宿のお母さんにお願いするのも申し訳なく時計を見るとまだ9時だったが、寒いし、たまには早く寝るかと就寝。

翌朝も相変わらず強い風がふき、「船はでるのかしらん?」と心配したのだが、宿のお母さんによると波が3mを越えないと止まる事はないということで、無事10時10分の船で本土へ帰還。

そとの人から見たら僕らも島に住んでいる人間だし、船に乗っている時間もほとんど変わらない島なんだけど、島に住む僕らにとっても「島に来たんだなあ」と実感してしまう、まさに「離島」の雰囲気一杯の島「姫島」。

僕は結構好きだな。

f0201157_14583464.jpg

さらばー!!
by nocorita | 2012-11-01 15:06 | | Comments(2)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

記事ランキング

最新の記事

うひょ〜!
at 2017-05-19 09:47
「野いちご」を食べながら
at 2017-05-10 23:34
今年の誕生日のこと
at 2017-04-25 21:20
ハッピーバースデー俺
at 2017-04-23 01:18
春のアイランドパークへ
at 2017-04-23 00:57

検索

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
島暮らし 仕事
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧