<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

雑談 雑談 雑談

f0201157_23571198.jpg

先日の雪の日以来、比較的暖かい日が続いているが、天気予報では週末はまた雪とか

年末年始と随分ゆっくりしてしまったが、年が明けてからなにげに忙しくなって来た。

まず、以前書いた事があるが、福岡県と、新宮町・古賀市・福津市・宗像市の4市町で構成する「宗像・糟屋北部地域広域連携プロジェクト推進会議」、通称「しこふむ(頭文字とったのね)」が地域資源を活かした商品の販路拡大を目指す「販路拡大プロジェクト」が本格始動。

f0201157_1163861.jpg


僕は週一回のペースで醤油屋さん、地域の味噌づくり団体、玉子屋さんを担当させてもらう事になった。

もちろん、どの事業者さんもそれぞれの業界の一線で頑張ってやって来たプロ。

そんなところに外の人間がいきなり入っていって「これつくろう!」と簡単に新しい商品を生み出したり「ここでこうやって売ればいい!」なんて言って商品を売れるように変えることができるなんて簡単な話はない。

その一方、今まで飲料メーカーを含め、いろんな業界の方と一緒に仕事をして来てわかったのは、業界にどっぷり浸かって、業界の「常識」が染み付いているプロからこそ見えていない物や部分も本当に多いということ。

「原料にこだわり、製法にこだわり、デザインにこだわった良い製品」を作る事は、プロにとっては実は難しい話ではない。ほとんどの製品はコストをかけ、手間をかければプロの技術があればできるはずだ。

各地の展示会や商談会にいくとプロの技術や珍しい原料を使った様々な「こだわりの製品」が並んでいる。どれも「正しくてすばらしい製品」ばかりだ。しかし、その中で一体どれだけの商品が「売れている」のだろうかといつも思う。

「良い製品」と「良い商品」は違う。

商品は売れて初めて商品としての価値がある。

業界のプロは「良い製品を作るプロ」かもしれないが、「良い商品を作るプロ」とは限らない。

「良い製品を作るプロ」と共に「良い商品」を作る為に僕らがやるべき事は、慌ててやみくもに新商品を作ることではない。プロにとってはどんな製品も「作る事」自体は「作るべき物」が決まれば割と簡単な事だから

僕らが時間をじっくりかけてやらねばならないのは、具体的なレシピやデザインではなく、彼らが作るべき「商品の世界」のイメージを一緒に生み出す事。

f0201157_23552210.jpg


それを生み出す為に必要なのは自由でワクワクするようなアイディアのキャッチボールの場であり、それは「商品企画会議」ではなく、「雑談」だと僕は思う。

f0201157_23553214.jpg


色んな業界のプロの方とお茶を飲みつつ、素人である事を武器に、素樸な質問や、非常識かもしれないアイディアをプロの常識にぽんぽんと投げ込んでいく。

雑談は、プロへの素人からの単純な質問から始まり、脱線したり、戻ったり、、急に飛んだり、、全く仕事と関係のない趣味の話や家族の話をしたり、、、。

そんな雑談の中で、最初は非常識なアイディアや突飛な話や、商品開発と全然関係のない話に笑ったり、驚いたり、あきれたり、時にはむっとしたりしていただけのプロの方が徐々に「なるほどー!おもしろいねえ!」とうなづきはじめ、遂には「じゃあこんなのはどう?!」なんてプロの側から「業界の常識無視」みたいな面白いアイディアが出て来たり、徐々に僕も参加者の人達もワクワクしてくる。

この段階では「実現性は先で考えることにして自由に語り合う」というルールを決めてすすめるので、当然ながら、そうやって出て来たアイディアのほとんどは「常識で考えると実現不可能な物」も多いから、そのまま消えて行く物も多いが、それはそれで構わないというか、逆に笑っちゃうようなくだらないアイディアがどんどんでたほうが楽しいし、それにより気分が盛り上がってくる。

そんなことを繰り返しているうちに、ふときづくと僕らは「売れる商品を作る為にどうしたらよいのだろうか?」ということ話し始めたはずなのに、いつしか「自分達自身が作る事が楽しい、自分達が欲しいものはこれなんだ。これが作りたいなあ」なんていうような「夢」の話をしていたりする。

さらにすすんでくるとその商品が存在する架空の世界や作っている自分達の姿、売っているお店の様子、手に取っている人や食べているお客さんの姿までが浮かんでくる。

f0201157_1184738.jpg


これは僕自身、2年前の椛島氷菓の企画をしていた時に実際に経験したことであるが、関係者全員がどれだけ話し合ったかわからないくらいに話し合って、商品単体ではなく、商品を含めた「カバ印ブランド」の世界の「あるべき姿」を自然に共有できたことで、具体的な商品や店鋪等を作り始めた時に、いちいち「どうしようか」と話し合う事なく、まるで完成写真を横においてパズルをはめていっているように(もちろんそれでも簡単な事ではなかったが)スムーズに進めて行く事ができたし、それは今も、今後もブレる事がないと思っている。

そんな全ての核となるイメージ作りはザワザワとした「雑談」から始まるのだ。

醤油屋さんと玉子屋さんについては、それぞれの事業者さんとの「雑談(打ち合わせ)」も既に2回が終了。

とりあえず具体的な商品の事は考えず、まずは色んな話をどんどんしたいと思っていたが、醤油屋さんも玉子屋さんも元々アイディア満載の方々ということもあってか、早速「これやったらおもしろいんじゃないかねえ???ちょっと調べてみますわー」なんてネタも出て来て思わぬスピード感。

f0201157_1451998.jpg


楽しく行こう!
by nocorita | 2013-01-25 14:39 | 動画 | Comments(0)

能古島は雪景色

f0201157_2345253.jpg


先週の事になるが、久々(1年ぶり)に福岡は大雪が降った。

ちょうどその2日後にセンター試験を控えていた長男の「景気づけ」に「トンカツを食べに行こう!」と家族+ノコニコ夫妻で「はまかつ」に行き、トンカツを食べていた頃に降り出した雪。

店を出る頃も全く積もる気配もなく「どうせ降るなら積もれば良いのにね」なんて言ってたのだが、姪浜の港に着くころには駐車場にとまっている車にも雪が積もり始め、あれよあれよという間に大雪。

島に着いた頃にはすっかり島は雪景色で、「早く家に帰って温かい風呂に入ろうぜ」と車に乗り込んだのは良いが、なんと、家まであがる道が思った以上に雪が積もっている。

とはいえまだ本格的に降り出して1時間も経っていないので大丈夫だろうと坂を登って行ってたのだが、滑る滑る!普段でも対向車が来ると離合できないような狭い道。下手して路肩にはまったりして借り物のリーフを壊したら大変なので、あっさり港まで撤退。

そこから家族三人プラス万次郎(抱っこ)でまるで映画「八甲田山」のように黙々と歩いて登って行ったのだが、普通のスニーカーで来ていた僕らは滑る滑る!

なんとか無事に戻って来れたのだが、受験の景気づけにトンカツ食べに行ったのに滑りまくって帰って来た事に家族で大笑いした夜だった。

f0201157_04455.jpg

家に戻って来た頃にはすっかり雪景色

f0201157_05382.jpg

お約束の雪だるまも作ったのだ。

万次郎も大喜びだったし、この冬もう一度くらい積もらないかなあ〜
by nocorita | 2013-01-24 00:12 | 島暮らし | Comments(2)

跳べ〜ムツゴロウ!!

f0201157_2253550.jpg

2013年が始まって既に2週間が過ぎたが相変わらず静かな冬の能古島。

とはいえ、世の中も動き出しているので僕の会社もなんとなく始動〜

他の会社と比べると社員も僕と嫁さんということもあって朝の体操もないし(昔いた会社では毎朝屋上で遠くの富士山を見ながらラジオ体操やってた。)、嫁さんはまだ「デザイン」担当ということでタブレットに向かって何か描いていると「仕事してる」風なのだが、僕の場合、ぼーっと考えたり、色んなところに行ったり、色んな人に会ったり、自分自身でも『いつ仕事してるんだろう?」と思うから、人から見たらきっとヒモに見えるんだろうなぁ

と言いつつ、2013年は新年早々新商品が続々と登場!偉い!

記念すべき2013年の第一弾は、、、、、

構想数年で、その間に色んな人に「おれこれつくりたいんだよねえ〜」なんて言ってたんで「やっとできたの?」と言う人もいるかもしれないが、僕らがやってきた各地の果汁や水を使った「地サイダー」のインスタントラーメン版。『地インスタントラーメン』の「第一弾」!

f0201157_234147.jpg

「有明海 むつごろうラーメン」と後ろに見えるのは4袋入の箱(mutugorou.comをcheck!!)

このラーメンだが、単に「むつごろう」の名前とデザインを使ったラーメンではなく、契約漁師さんのとってきて干したムツゴロウを夜明茶屋で炙って作った「むつごろう出汁」をスープに使用することで、深い味わいを出しているという本格派。

実は凄いタイミングだが、このところ新聞や雑誌で立て続けに「地元でしか売っていないインスタントラーメン」の記事が出ていて、先日は札幌の「白熊ラーメン」がなんと300万個も売れているらしいというニュースが流れていたのだが、「有明海 むつごろうラーメン」の販売者である夜明茶屋の金子さん曰く

「白熊ラーメンには白熊は入っとらんばってん、『むつごろうラーメン』にはムツゴロウが入っとうけん『むつごろうラーメン』の勝ち」らしい(笑)

もちろん本物のムツゴロウから作った出汁を使っているので、仮にどんなに人気が出たとしてもスープができないので大量に作る事はできないという商売としては「大きな問題」を抱えた商品なのだが(笑)、そんなところも僕らの商品らしくて面白いじゃないか!

跳べムツゴロウ!!

f0201157_22591029.jpg

「イェーイ!!売るじぇー!!w」と夜明茶屋の金子社長!!
by nocorita | 2013-01-16 23:14 | 食品 | Comments(1)

能古島の年越し


f0201157_111429100.jpg

この年末年始の能古島は比較的穏やかな感じで「本当に年末なのかしらん?」というくらい暖かかった
f0201157_11163122.jpg

で、一転昨夜から急に冷え込み本日2日の能古は対岸の百道浜の景色も霞むくらいに小雪が舞っている。

例年のごとく大晦日はノコニコ夫妻とともに我が家でテレビを見ながら食事をして、11時くらいにみんなで港にある「ざっこ」さんへ。
f0201157_1114152.jpg

能古に来て4年が過ぎたが毎年大晦日には「ざっこ」さんで年越し蕎麦をごちそうになっている。
f0201157_11134829.jpg

「ざっこ」特製の年越し蕎麦
f0201157_11134244.jpg

長男はおかわりまで!
f0201157_1114299.jpg

なんだかんだと一年を振り返りつつ蕎麦を頂く。
f0201157_1114940.jpg

子供達は蕎麦よりも眠たさを通り越したことによる妙なハイテンションで大騒ぎ

そして、11時45分くらいになると、「ざっこ」さん一家とともに出発!
f0201157_11132396.jpg

向かった先は「白髭神社」
f0201157_1110819.jpg

神社の外には年明けを待つ島の人々
f0201157_11124756.jpg

年明けと共に初詣。
f0201157_11131323.jpg

集まって来た島の人達と新年の挨拶をして、お参りを済まし、社務所でお酒とスルメや昆布を頂く
f0201157_1113744.jpg


今年は長男の大学受験。無事合格したら北海道に行ってしまうので、来年の今頃は久々に北海道から里帰りしてきた長男と共にまた特別な気持ちでこの年末年始をむかえていることだろう。

今年もよい年でありますように!
by nocorita | 2013-01-02 11:43 | 島暮らし | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

記事ランキング

最新の記事

雨の日は読書など。「帰ってき..
at 2017-08-15 14:41
さようなら。またあおう。
at 2017-08-14 09:26
今年も記念の一枚を(2017年)
at 2017-08-12 12:39
日記 20170809
at 2017-08-10 11:46
ちっちゃい「カバ印」はいかが..
at 2017-08-09 17:03

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧