<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

近い?遠い?「大牟田市動物園」

この数日、ぐずついた天気が続いている能古島

万次郎は相変わらずテレビの真ん前に陣取って「ぱんだこぱんだ」「となりのトトロ」「崖の上のポニョ」のヘビーローテーション中。

さて、先日初めていってきたのが大牟田市動物園

f0201157_10154253.jpg


西鉄大牟田駅から1キロほど南にある「延命公園」の中にある動物園だ。

福岡に暮らしていると仕事ででも無ければそうそう大牟田に行くことも無いので、福岡に住む殆どの人は行った事も無ければ聞いた事も無い『遠いところの動物園』かもしれない。

僕自身、ここの存在自体は知ってはいたのだが、福岡にも動物園がある状況でわざわざ「じゃあ行ってみよう」という気にはなった事が無かった。

しかし、今回「仕事」ではあるが初の訪問を行なうにあたってホームページを覗いてみたところ、、、

「なんかおもしろそう!」

福岡市動物園のホームページと見比べて見てもらうとわかるが、たしかに動物の種類は少ない。しかし、トップページに溢れる「ふれあい体験」「おやつあげ」等の動物と触れ合うイベントの多い事!

そして「スタッフ紹介」を見てほしいが、これだけ一人一人のスタッフの紹介をしている動物園のホームページってあるんだろうか?

九州自動車道の南関インターでおりて30分ほどで動物園に到着。

f0201157_10154562.jpg


大人350円を払って入場すると、いきなり発見したユルーイ感じのイベント告知の掲示板。

最初に行ったのが入口の一番ちかくにある「リスザルの森」といわれる所。

ここがかなり面白い!リスザルのいる檻を外からみるのではなく、なんとリスザルが住んでいる林みたいなところが大きな大きなケージで囲まれており、そのなかに人間が入っていくのだ。

f0201157_10155761.jpg


平日という事で、お客さんもいなかった「リスザルの森」に入っていった僕にリスザル達は興味津々。
森に張り巡らせれたロープや、木の枝をピョンピョンと伝って僕の近くにやってくる。

入口入ってすぐにいきなりインパクト大!うまいなあ!

リスザルの森を出ると、次に見えて来るのが「ゴマフアザラシ」の「おーちゃん」と「むーちゃん」。

f0201157_10155535.jpg


小さめのプールに2頭が気持ち良さそうに泳いでいる。プール自体、凝った造りは無いが、プールが小さい事もあって、ここも動物にとても近い。

そしてこの隣にいるのが大牟田市動物園の名物でもあるペリカンの「ペリー」。

このペーリー、なにが凄いかっていうと、生まれたのが1961年(たしか)。僕が1966年生まれだから僕より5つも先輩の50歳過ぎのおっちゃんである。

ここから鳥や、サル、エミューなどなどの動物を見ながら進んで行くと、登場するのが、、、

f0201157_101547100.jpg


世界でも非常に珍しい「ホワイトタイガー」の「ホワイティー」

f0201157_10155113.jpg


そして、園の一番奥は、動物園の人気者の「ゾウ」「キリン」のエリア。そして、柵で囲われた広い場所で放し飼いされているカンガルー園もいい。自分のまわりをピョンピョンはねるんだもの。

見ていると飼育員の女の子に話しかけられたのでしばらく話していたのだが、ざっと30頭はいると思われるカンガルーの一頭一頭に名前があって、さらに飼育員さんにはちゃんと区別がつくらしくビックリ。

「それぞれの身体にある特徴的な柄とかで判別しているんすか?」「いえ、顔が違います」

「え?」w

f0201157_10155466.jpg


キリンの柵の横にある階段は、休日の「ふれあい体験」用なんだとか。

f0201157_1133431.jpg


キリンの餌やりなんて子供達も大喜びだろうなあ(写真:動物園ホームページより)。

福岡からは距離的にもイメージ的にも遠い「大牟田市動物園」だが、「動物」と「お客さん」と「スタッフ」の距離が「びっくりするほど近い」動物園だった。

残念ながら平日ということで「おやつやり体験」等はお休みだったので、今度は是非万次郎達を連れて休日に遊びに行ってみたいものだ。
by nocorita | 2013-02-19 11:15 | | Comments(2)

「有明海 むつごろうラーメン」好調!

f0201157_2038214.jpg


このところ暖かい日が続いていたが、週末は久々に雪がふった。

まあ前回程ではなかったが、断熱のしっかりしていない我が家はストーブ全開

f0201157_20181669.jpg

さて、先日も書いたが、なんだかんだと商品化まで1年かかってやっと完成した「有明海むつごろうラーメン」。無事、1月25日から販売元の「夜明茶屋」さんはじめ様々な場所で販売開始されたのだが、広告もうたず、『さげもん祭』も始まっていないためメディアの取材も入っていないのにも関わらず、結構売れてる〜

昨日からは能古島の「ノコニコカフェ」さんでの取り扱いも開始したのだが、もって行った時にちょうと来ていた関西からの観光客のオジチャンが、早速5個お買い上げ〜感謝〜!

僕らの関わっている商品ということで、当然ながら備品関係もつくっちゃった。
f0201157_2019213.jpg

まずは、「むつごろうラーメン」専用の割り箸ねw。

f0201157_20202480.jpg

そして僕みたいなロンゲのオジチャンや女性も髪の毛がラーメンに入る事なくラーメンを頂けるようにと作った「むつごろうラーメン手ぬぐい」(ちゃんと染めてます!)はこうやって巻くとムツゴロウ君がど真ん中に来てカッコいい!か?w

ところで、このラーメン

可愛らしいパッケージばかりに目がいくからか、「むつごろうラーメン」といっても名前だけと思っている人が多いが、大間違い。

f0201157_20215572.jpg

以前も書いたが、なんとこの「むつごろうラーメン」のスープだが、有明海の漁師さんが穫ってきたムツゴロウを1匹1匹天日干し。それを夜明茶屋で、これまた1匹1匹炙ったものを粉にして、スープメーカーに送って作っているのだ。

そう。「むつごろうダシ」が味の決め手なのだ!

f0201157_20454388.jpg

「有明海むつごろうラーメン」は単品での販売だけでなく、お土産にぴったりの4袋入りのボックスもあるので、ぜひぜひ九州のお土産に「有明海 むつごろうラーメン」をよろしくなのだ!!
by nocorita | 2013-02-11 20:46 | 食品 | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

記事ランキング

最新の記事

島の運動会
at 2017-10-22 10:18
カタツムリハンター「Q」参上
at 2017-10-14 18:14
アザラシプリン&ナマケモノプ..
at 2017-10-11 14:29
大牟田市動物園の秋のイベント..
at 2017-10-04 17:17
「なめろう」が食べたくて
at 2017-09-25 09:56

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧