<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「大牟田市動物園スタッフ写真展」ソラリアにて開催!

f0201157_10311533.jpg

f0201157_10262064.jpg



天神から「西鉄大牟田線」に乗って約1時間。大牟田線という路線の名前でもある「大牟田」に到着する。その昔、高度成長期と言われた日本をエネルギー面で支えた石炭の町である。

そこに昭和16年に開業して以来71年に渡って愛され続けているのが大牟田市動物園だ。

地元に「福岡市動物園」を抱える福岡市民にとっては、大牟田市動物園は、その存在を知っている人も少ない地方都市にある動物園だとおもうし、実際、その規模も福岡市動物園と比べると遥かに小さい大牟田市動物園にわざわざ足を運ぼうなどとはおもう人はほとんどいないだろう。

僕もそんな福岡市民の一人だったが、講師の一人として関わらせて頂いている「九州ちくご元気計画」の事務局より、「浅羽さん動物園の仕事やらんですか?」とお話をいただき、「なにー!どうぶつえん?!やる!!」と。2秒で決断し、大牟田市動物園担当となった。ちなみに、動物園ってのは元気計画に関わっているデザイナーさんたちもかなり興味あるようで、決定以降「いいなー」とか「手に余るようなら代わりますよ」とか「なんで浅羽さんなんかが、、、」という「羨ましさ満載メッセージ」をいろんな方からいただいたw。うしし。

さて、元気計画の講師として初めて動物園を訪れた日。予め園内を見て問題点などを洗い出しておこうかと、約束の時間の数時間前に到着してのんびりと動物園を散策していた。地方の動物園のイメージ通り、たしかに敷地も広いとは言えないし、動物は基本ツガイではなく一頭のみ。

f0201157_10295613.jpg

こう書くといかにも「寂れた動物園」としか思えないだろうが、僕が感じたのは動物園全体を包み込むような「穏やかな明るさ」。動物のケージの前に置かれた手描きのPOPや売店で販売されているスタッフ達が作ったと思われる動物園グッズのユルい感じがなんともいいじゃないか。

f0201157_10305335.jpg

そして園内を移動するスタッフ達が必ず笑顔で会釈をしてくれ、たまたま動物のケージを掃除していたスタッフに軽い気持ちで質問をしたところ、わざわざ作業の手を休めてやってきて、こちらが「もうそろそろ仕事にもどらなくていいんだろうか??」と不安になるほどじっくりと説明をしてくれる、そんな姿は優しくて明るい。

僕は最初のミーティングの前に既に大牟田市動物園のファンになっていた。

初めてのミーティングはいつものようにお互い探り合うような独特の緊張感があったものの、園長から色々な話を伺ったところ、あのスタッフ達の明るさは、もちろん彼らの性格もあるとは思うが、「スタッフ自ら積極的に話しかけていきお客さんを楽しませる努力をする事」は園長の目指す大牟田市動物園の姿、動物園のテーマとしてホームページにも書かれてある「動物をとおした心の交流」の一つである「スタッフとお客様の交流」をすすめる為に園長が常にスタッフ達に語ってきた結果なのだという事をしった。規模は違うとはいえ、目指す方向はディズニーランドと同じじゃないか!
f0201157_10264912.jpg

とはいえ、その考えがスムーズに浸透し、実践されているのは、はたらいているスタッフ達の元々の性格が良いからには違いない(そんなスタッフ達のブログがこちら)。
f0201157_10293852.jpg

平均年齢が20代という極めて若く元気なスタッフ達は園内の動物達一頭一頭に名前をつけ、まるで子供のように可愛がっている(ここの動物園の名物でもあるモモイロペリカンのペリーは動物園にやってきて50年を過ぎ、飼育しているスタッフの親くらいの年齢と推測されるので、「子供のように」という表現がはたして正しいのかはわからないが、、)。
f0201157_10333559.jpg

週末を中心に行なわれる「羊の毛狩り」「トラ舎の裏側探検」「キリンとのふれあい体験」「アザラシのモグモグタイム」「リスザルさんへのオヤツあげ体験」「ヘビとのふれあい体験(ふれあいたくない、、、)」などなど数々の「体験イベント」は、そんなホスピタリティー溢れるスタッフ達によって行なわれるのだから、僕ら来園者と動物の距離をかつてないほどに近づけてくれる楽しさに溢れている。

さて、前置きが長くなったが(なげー!)、そんな大牟田市動物園のスタッフ達が撮った動物達や、ともに働くスタッフ達を撮った写真展 「大牟田市動物園スタッフ写真展」のお知らせである。

この写真展は、園長の「普段は動物園のスタッフ達にしか見ることのできない動物の姿を見てもらい、大牟田市動物園の動物達、そして動物園の魅力を知ってもらいたい」という思いと、「スタッフ達に、自分が動物に感じる魅力を来園者に伝える表現力を養ってもらいたい」という思いで毎年大牟田市動物園の施設内で開催されている。

 その「大牟田市動物園スタッフ写真展」がこの度、初めてその場を「天神」に移して開催されることとなったのだ。

今回その準備をデザイナーの先崎君と共にお手伝いさせて頂く事になった。今回の写真展では、スタッフ達の撮った作品の数々の展示と共に、初めての試みとして、普段の彼らの仕事や、仕事を離れた彼らの素顔をみる事ができる「スナップ写真」の展示も行なうということで、これも楽しみだ。

 さらに、今回は写真展のポスターをFDS(福岡デザイン専門学校)のグラフィックの生徒さん達に作って頂く事になり、こちらも楽しみ。

 物販コーナーでは動物園グッズに加えて、「工房maru」と大牟田市動物園のロゴ(八智代さん作)の入ったダブルネームのTシャツの発表および販売も行なわれる。工房maruのTシャツはとても可愛くて僕も何枚か持っているのだが、どんなデザインになるのか、とても楽しみだ。

 この写真展で大牟田市動物園に興味を持って頂き、一人でも多くの人が、この魅力ある小さな動物園に足を運ぶきっかけとなってくれればと、大牟田市動物園のファンの一人として願っている。
みんな来るように!!

大牟田市動物園スタッフ写真展
場所:天神 ソラリアプラザ6F ゲンキケイカク365
日時:2013年7月6日ー7月21日(11:00−20:30)
料金:入場無料
問い合わせ:大牟田市動物園
福岡県大牟田市昭和町163番
TEL:0944-56-4526
by nocorita | 2013-05-31 10:41 | | Comments(0)

人の性格はそうそう簡単に変わらないものでして、、、

f0201157_17524995.jpg


先日我が家に忘れていった物を取りに井口さんがやって来た。

ヤチヨと三人でお昼御飯を食べながら、色んな話をしていたのだが話は仕事の話に。

実は井口さんとは数年前に3年間ほど「九州ちくご元気計画」という事業の講師をやった時に、たまたま僕のやっていた研究会に講師として入ってもらったとこから付き合いが始まった。

元気計画で僕が関わったところについては、椛島氷菓さんも夜明茶屋さんも「相性のよさ」もあったのだろう、上手い具合に新たな商品の開発や新たな事業の立ち上げができ、事業者の方々や、推進員の方々とも事業が終わった後も良いおつき合いをさせて頂いていおり、僕にとってとても良い思い出となっている。

その元気計画が「この春復活!」ということで僕も井口さんもまた新しいところで講師としてスタートを切った訳だが、この元気計画が始まってからというもの、なんだかずーっと胸が重い。もちろん、僕だって折角事業者の方と新商品開発等の新しい事に取り組む訳なんで、絶対にうまくやってやろうとはおもっているが、それでも、「頑張ったからうまくいか」とか「コンセプトも、価格も、デザインも、味もいいから絶対うまくいく」とは言えない。それを考えると、もともと脱サラして借金を背負って商売をはじめた事のある僕にはその重さがズーンとのしかかってくるのだ。

そんなことを井口さんに言ったところ、「浅羽さん、、、私と初めて会った時に全く同じ事いってましたよw。あいかわらずネガティブなのね、、、w」と言われちゃったので、そういや昔そんな事をつらつらと書いたなあと昔のブログを探し出したら、、、、、

あった

あー、、、たしかに全然変わってねえ、、、

まあ僕にとって、これは変わりようの無い感覚だと思うし、この事業が終わるまでの三年間、またズーンと重い物を胸に抱えたまま、最悪を想定しつつ最高を夢見て一緒に頑張っていければと思うしかないか、、、、。
by nocorita | 2013-05-19 18:03 | 島暮らし 仕事 | Comments(0)

休日は「オーシャンズキッチン」でバイキング

f0201157_15462753.jpg


久々の雨の能古島

もちろん晴れた日も気持ちよくていいのだが、この季節の能古島はちょうどミカンの花が咲いていて、ジャスミン茶のような甘い香りが雨の湿気を含んだしっとりした風にのってやってくる、こんな雨の日も大好きだ。

この雨で楽しみにしていた「島内町内対抗ソフトボール大会」も中止となったし、島にあるレストラン「オーシャンズキッチン」が、土日の週末限定でバイキングをはじめたと聞いていたので、八智代さんの仕事のキリのよいところで仕事を終わらせ、オーシャンズキッチンへ向かった。

オーシャンズキッチンは港にあがって左方向に歩いて徒歩約3分ほどの海沿いにある。

通常、お昼はグランドメニューに加え、カレーやハンバーグといったランチメニューをやっているのだが、週末のみランチはお休みでバイキングをやっているとのこと。

雨という事で僕ら以外は2組ほどであったが、料理はしっかりとならんでいて、さてなにを食べようか。

f0201157_15493696.jpg

こちらはサラダコーナー。
f0201157_15412881.jpg

カボチャやポテトサラダにシャブシャブサラダも。
f0201157_15412146.jpg

「貝割れ大根の父」こと「たきろうしゃん」の貝割れ大根や芽吹きピーナツ、バジルモヤシはマストですな。

この他にスープや、サイコロステーキ等の肉料理、パスタ、ドリア、、、etc
f0201157_1550548.jpg

なんと「能古うどん」までw

これにソフトドリンク飲み放題にデザートも付いて1500円であれば十分満足できるのではないかな

f0201157_154132100.jpg

幼児は無料ということで、万次郎さんはタダ飯w

今日は残念ながら今日は生憎の天気だったが、晴れた日には素晴しい景色が付いてくるオーシャンズキッチン。家族やお友達と一緒に是非!
by nocorita | 2013-05-19 15:55 | 島暮らし | Comments(0)

家族揃って地獄行き!!

f0201157_2216331.jpg

珍しく快晴続きで島が人であふれたゴールデンウィークが終わった。ふう〜
(別に働いては無いが、いつもは人が少ない島であれだけの人を見ただけで疲れたのね。)

そんなゴールデンウィークあけの火曜日のこと。

予定していた翌日の仕事が延期となり、2日連続で休みになったんで、急に思い立って嫁さん達と共に高速に乗って約2時間。

f0201157_22155529.jpg

熊本県小国町の「わいた山」の周辺の温泉地の一つ「くぬぎ湯」に到着。ここらへんはいたるところから湯気が上がっている。

f0201157_22155012.jpg

ここは以前も何度か来た事があり、温泉と地獄蒸しが楽しめて、さらに敷地内での車中泊もOKという素晴らしいところ

とはいえ、秋から春にかけてのシーズンは山の中にあることもあって、暖かい寝袋無しでは寒くて眠れないし、車の中が寒いと風呂上がりに車の中でのんびりなんて事もできないので、これまでは暖かい時期にだけ来ていた。

ところが昨年のこと。それまで乗り続けていたボンゴフレンディーというキッチンとかの装備はついていないものの、フルフラットになり屋根が開いて4人まで車内で寝れるメーカー純正のキャンピングカーみたいな車の車検時期となり、さすがに20万キロ越えだったこともあり、結構修理も必要になってきた。

そこで車検を機会に車を買い替えようという話になったのだが、「出張やどこかで飲み会があって島に帰れない時の宿として快適に使える」という使い方ができる車が僕の考えていた予算内では、やはりボンゴフレンディ以外ないということで、結局これまで乗っていた車の数年後のモデルを探しまわって、購入。走行距離13万キロと結構走っているだが、ディーゼルでオートフリートップというのがなかなか出て来なくて、これで満足することにした。

その際に、唯一なんとかしたい点であった「冬場の快適さの向上」の為にと奮発して取り付けたのが「FFヒーター」という機械。

f0201157_22155491.jpg

これは簡単に言うとファンヒーターみたいなものなのだが、車内にファンヒーターを取り付けると一酸化炭素中毒で天国行きなんで、これは本体を車の下に取り付ける。僕のは車体左後輪の付近に取り付けた(写っているフレキ管はヒーターの排気口)

f0201157_22192427.jpg

そして燃料は車の燃料タンク(僕のは軽油)からパイプでもってきて使う。だからヒーター自体の燃料は気にしなくていいし、1晩使っても消費する燃料は1リッターくらい。当然エンジンはかけなくても良い。機械のオンオフや温度調節は車内に取り付けたスイッチで行うので取り扱いも簡単。

取り付けてから何度か出張の際に使った事があり、非常に快適だったのだが、家族と使うのは今回が初めて。

f0201157_22155633.jpg

泊まった夜は天気も良く、山の中にある温泉の駐車場は早朝かなり気温が下がったはずだが、車内は下手すると暑いくらいで快適で、万次郎さんもスヤスヤ。

これから季節は暖かくなってくるので、ヒーターを使う機会は次の冬までなさそうなのだが、来年の寒い季節が来るのが楽しみになった。

ちなみに車内のシートは一応よくある「フルフラット」になるタイプ。

f0201157_22153949.jpg

とはいえ凹凸があり、寝心地が良いとはいえないので、我が家ではホームセンターで買った300円くらいの太い木材を2本と、1000円ちょっとのボードを5枚程にカットしてもらったものを使ってこんな風に完全にフラットにして

f0201157_2216330.jpg

その上に固めの折りたたみ式のマットを置いてベッドにしている。

こうするだけで随分と寝心地が違うんで、すごいお勧めである。

残る問題は夏の網戸をどうするかだなあ、、、、と、いろいろ考えるのもまた楽しい。
by nocorita | 2013-05-08 22:46 | | Comments(0)

ゴールデンウィークはじまったー!

f0201157_10125933.jpg

我が家から港へ向かう道沿いのサクランボがほんのり色づく季節。今年も島が賑わいをみせるゴールデンウィークがはじまった。

昨日(5/1)はビックリするくらい寒い一日だったが、27日からのゴールデンウィーク前半は暖かかったし、予報によると後半もまずまずのようで賑やかなゴールデンウィークになりそうだ。

f0201157_10353221.jpg

我が家のゴールデンウィークは例年この時期に合わせて島に遊びに来る人も多いので島にいる事が多く、先日も従兄弟や友人達がやってきてバーベキュー

ゴールデンウィークで島に来る人が気になる点といえば「駐車場」と「潮干狩り」みたいだが、これについては散々書いてきているのでコチラ(島へのアクセス)やコチラ(アイランドパークへのアクセス)やコチラ(潮干狩り)をどうぞ。

と、、見直していたら、昨年「ゴールデンウィークスペシャル編」ちゅうのを書いてたw。あーこれベスト!

アクセスについてもひとつ書いとくと、以前書いたように自転車もいいんだが、もし持っていればではあるが、50ccのスクーターが最強かもしれない。

f0201157_10171962.jpg

こんな感じで隅っこに乗っていく〜

地図で見ているだけではわからないかもだが、結構坂の多い能古島。自転車は結構きつい。かといって、車は狭い島の道ではキツイし、なにより僅か10分の船旅に往復5000円というのはちょっと、、、。

f0201157_10175412.jpg

それに対してスクーターであれば片道僅か240円。渡船場からアイランドパークまでバスに乗っても片道200円なんで、安い物だし、徒歩や自転車ではなかなか辛い展望台にも行けるし、ちょっと離れたキャンプ場までも楽々。

ただし、この時期は特に外からの車やバイクが多いし自転車や歩いている人も多いのでスピードの出し過ぎにはご注意を。

そして、もう一つの楽しみは食事。

島には素敵なお店が沢山あるのだが、僕らが行っているのは、魚なら「ざっこ」さん。

こちらは定食や一品もあって、特に定食は個人的に「たべきらん定食」とよんでいるくらい量が半端無い。もちろん美味いのだが、女の子達の場合お店の人に相談して定食と一品を混ぜて頼んでみんなで取り分けるってのもいいかもしれない。

f0201157_10125150.jpg

そして、「ざっこ」といえば売り切れ御免の「刺身丼」(内容は日替わり。写真は数日前)。
これまた大盛りw。

ちなみにゴールデンウィーク中は12時15分発の船でやって来る人で一気に満席になる。下手するとその前の11時15分の船の人達で満席になり、刺身丼は売り切れるので、お早めに!

魚料理はこの他に、長栄丸さんや、のこ磯さん、かもめさん、みなとやさんなどなど、どこもお勧め。

「魚じゃなくて普通の御飯が」という人は渡船場の中にある糸山商店でうどんや丼を食べるもよし、「のこの市」の中にある「能古バーガー」もバーガー好きの僕から見てもいわゆる「ご当地バーガー」のレベルを超える物と思っているので是非お試しを。

そして、能古にやってくる女の子達や外人さん達に人気なのが「noconico cafe」

f0201157_10305032.jpg

「カフェの魅力の90%は人できまる」と思っているのだが、ここはまさにそんなかんじ。
美味しい料理やドリンク、怪しげなオリジナル雑貨も人気だが、ここの柴田夫妻に会う為に遠方からやってくるお客さんも多い、僕らも大好きな店である。

唯一の問題点は「いつ店があくかわからない」ということくらいか、、、

5年間見てきて、なんとなく「天気の良い午後には開いてる事が多い」ってことはわかった気がするw
f0201157_10314392.jpg

素敵なゴールデンウィークを!!
by nocorita | 2013-05-02 10:41 | 島暮らし | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

最新の記事

卒業、卒園、卒ハイハイ おめ..
at 2017-03-26 13:18
発売間近!!「糸島のザクザク..
at 2017-03-26 12:31
yotaphone2
at 2017-03-10 14:56
フーデックス2017
at 2017-03-10 14:23
超縦長 android7.0..
at 2017-02-13 09:48

検索

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
島暮らし 仕事
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧