<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カバ印コーヒー誕生?

f0201157_23473769.jpg
先月の事だったか、杏里ファームの温室へ行ってみると以前から園内で鈴なりだったコーヒーの実が収穫されて干してあった。

「これどうするんすか?」と聞くと「とりあえず収穫してみたけど、この先どうしようかね?持って行くなら持って行ってよかですよ!」と言うので、とりあえずお持ち帰り。
f0201157_23475998.jpg
戻ってきてネットで調べてみると、収穫した実はそのまま干すのでなく、すぐに水につけて1日ほでおいて実をすこし発酵させてやってから実を取り除くと書いてあった。とはいえ、まあなんとかなるだろうと、タライに水をはってドカドカと実を入れて待つ事1日。なんとなくブヨブヨになった実をゴシゴシとつぶしながら実の外側を剥がしていった。
f0201157_23484375.jpg

全て剥がし終えると、まだ中の種がべたついていたので、さらにゴシゴシと洗って
f0201157_23490505.jpg
ネットで調べた通りに1週間ほど干してみることに。ちょうど兵庫に行っている期間だったのでちょうどよし。
f0201157_23494503.jpg
で、一週間後がこちら。見た目すでにコーヒー豆の形の乾燥大豆みたいな感じになった。
f0201157_23495479.jpg
しかし、コーヒーの生豆にするには、さらにこのベージュ色の硬い皮を剥かねばならない。この作業自体は難しいものではないのだが、なんせ数が数なんで果てしない感じ、、w
f0201157_23501678.jpg
できた、、、ふう、、、ここまでくると、早いところ焙煎したくなったんで新宮で「カフェアッシュ」というカフェを営む岩永くんところへ。
f0201157_23503137.jpg
「これしかないから失敗しないように!」「まっかせなさーい!」「若干不安だ、、w」
f0201157_23504056.jpg
こちらが彼の焙煎機
f0201157_23504988.jpg
「待ってる間に飲んでてくださいよ〜」と渡された、似てるんだか似てないんだかわからないw僕の似顔絵らしいコーヒーを飲みつつ待つことに。
f0201157_23515933.jpg
パチパチと音が聞こえてきて、岩永くんがこまめに焼色を確認して「よし!」
f0201157_23532088.jpg
おーっ!!すっげー!!ちゃんとコーヒーやん!やればできる子やん!w
f0201157_23541040.jpg
早速飲んでみたが、いやいや焼いた香りも良かったがしっかり味もあって立派なコーヒーだ。なによりスゲー手間かかったこともあってかとても美味しい。

突然のお願いにも快く応じてくれた岩永くんありがとう!例の商品の試作も引き続きよろしくです。

これ、はやく椛島さん達に飲ませたいなあー、、、





by nocorita | 2015-01-28 23:58 | 飲料 | Comments(2)

雪山へ(兵庫県養父市 ハイパーボウル東蜂伏)

f0201157_23412461.jpg
19歳の春に初めて西表島へ住み込みのバイトに行った時に、隣の島の石垣島で入った喫茶店の経営者夫妻と仲良くなり、それから気がつけば30年の付き合いになった。

彼らはその後兵庫県の北部にある東蜂伏のスキー場「ハイパーボウル東蜂伏」というところで「ママス&パパス」というペンションをはじめたのだが、毎年冬になると「こいよー!」と電話がかかってくるのでノコノコと出かけていく(2012年2014年)。
f0201157_23415015.jpg
福岡から休憩も入れると車で10時間近くかかるし、途中雪が降ればチェーンを取り付けたりしなきゃいけないし、一人で運転しなければならない僕には正直憂鬱でもある。なによりウインタースポーツにはまったく興味ない僕にとっては、スキー場という場所は外の雪を見ながら酒を飲むくらいしかない結構退屈な場所でもあるのだがw、我が家ではなんとなく恒例行事のようになっていて、今年もブツブツ言いながら出かけて行った。

今年は雪が少ないとかで、とはいってもゲレンデには十分な雪があるのだが道路は凍っているところもなく無事到着。
f0201157_23462085.jpg

降りしきる雪の中、早速万次郎と九太を連れてペンションの裏のゲレンデの隅っこで雪遊び。
f0201157_23470608.jpg
翌朝起きると駐車場が雪で埋まっていたので雪かき。万次郎も嬉しそうにお手伝い風。
f0201157_23472600.jpg
さて、いつもは結構寒いので子供達を店の前で遊ばせる以外は暖かい部屋で遊んでいるのだが、今年は着いた翌日以外は晴天で割と暖かかったこともあり家族で散策していたところ「こどもゲレンデ」というところを発見。

後で聞いたら随分前からあるらしいが、普段は部屋に篭っているもんで、10年近くここに来ていて初めて知ったw。

広い広場みたいなところに雪で緩やかな傾斜がつくってあって、子供達がソリで遊べるようになっている。
f0201157_23482054.jpg
しばらく持ってきていたソリで遊んでいた万次郎だが、面白いものを持った子を発見。万次郎も持っているペダルの付いていない自転車「ストライダー」だが、その前後の車輪にソリがつけてあってスクートのように滑って遊ぶことができるらしい(アマゾンで調べたら5000円弱で買える純正品)。
f0201157_23485332.jpg
「すごいねえ」と見ていたら、持っている万次郎と同じくらいの歳の子が「かしてあげるよー」
f0201157_23491292.jpg
最初は恐る恐る乗っていた万次郎だが、次第に上の方から滑るようになり、すっかりはまったようで、普段は平地でさえ歩きたがらないのに20回近くストライダーを押して坂を登っては降りてを繰り返していた。
f0201157_23501151.jpg
翌日も行ってみたところその子も来ていて、二人で交互にストライダーとソリを乗って、最後にはすっかり仲良し。


来年の冬は親子でストライダーとスクートで遊びますか!!




by nocorita | 2015-01-27 23:56 | 友人 | Comments(3)

「あそぼーい」で「かんぱ〜い!!」

f0201157_23522296.jpg
早起きして久々に家族でプチ旅行。まずは博多駅からツバメに乗って南へ向かう。

熊本で新幹線を降りて乗り継いだのは、キャラクターのkuroちゃんのイラストが描かれた「あそぼーい」
f0201157_23523600.jpg
この「あそぼーい」。万次郎も以前から「のってみたい!」と言っていた子供たちに大人気の列車。

列車自体は多分昔「特急ゆふDX」として使われていたものだとおもう古いディーゼル車なのだが、JR九州お約束の水戸岡先生のアイディア満載の列車ということで、、、、
f0201157_23525620.jpg
子供用の小さなサイズと大人用のサイズのシートが隣り合ったかわいい親子シートなんてのもあるし、床も数十センチ底上げしてあって、九太くらいの小さな子でも立って窓から外が見えるのも素敵だ。
f0201157_23532632.jpg
「指宿のたまてばこ」にもあった赤ちゃん用のスペース(檻みたいw)や
f0201157_23531370.jpg
小さな図書館や、子供たちに一番人気の「木のプール」ではスタッフのお姉さんが遊んでくれるので横目で見守りつつ、その隙にコーヒーを飲んだり限定プリンを食べたりと親も嬉しいw。
f0201157_23533485.jpg
そして同じ車両にある「KURO CAFE」では列車限定のプリンや雑貨などのお土産、お弁当に混じって、、、
f0201157_23534459.jpg
「こどもびいる」!!!

お話を伺ったところ、この車両の運行開始以来ずっと取り扱ってくださっているらしく、とても人気の商品なのだとか。
f0201157_23534862.jpg
あまりに嬉しかったんでポーズとってもらってパチリw!
f0201157_23542257.jpg
もちろん「こどもびいる」も購入して乾杯しましたとも!
f0201157_23542560.jpg
そうこうしていると熊本を出て約1時間半ほどで阿蘇へ近づいてきた。おーなんかすげー煙出てるじゃん。
f0201157_23542762.jpg
無事到着で敬礼!!





by nocorita | 2015-01-19 00:26 | | Comments(2)

祝!成人式

f0201157_17284022.jpg

1月5日から授業が始まるとかで札幌へ戻っていた長男が成人式に出席する為に戻ってきた。

土曜日に来て日曜日に髪を切りに行って月曜の朝に成人式に出てそのまま帰るということでほとんど時間がなかったが、そんな合間に万次郎と九太を連れてアイランドパークへ。
f0201157_17370665.jpg
思い出通りの遊具で遊んだり、昨年だったか、それまで触ることができたウサギたちとの間に網が張られてさわれなくなっていた 「うさぎ園」だが、久々に行ってみるとリニューアルされて、また触れるようになっていて九太も大喜び。
f0201157_17370459.jpg
万次郎は長男とひたすらブランコ遊び。

20歳になってブランコも面白くないだろうに、ちゃんと付き合ってくれるところは相変わらずw。
f0201157_17365552.jpg
成人式の朝は自宅の前でスーツ姿の息子と共に記念撮影。
f0201157_17365846.jpg
みんなで港までお見送り

二年前に大学に入学が決まり旅だった時は合格の嬉しさと同時に寂しくてたまらなかったし、空港では一生の別れのように感じたものだが、いやいや、慣れるもんだなあ。最近は「空港まで送り迎えに行かなくてもいいんじゃないか?」なんて思いはじめたw.
f0201157_17370089.jpg
最近覚えた「ばいばい」で笑顔で見送る九太
f0201157_17370159.jpg
対して、「お兄ちゃん大好き」な万次郎は超ブルーw。

次は春休みか。またあおう!

by nocorita | 2015-01-12 17:42 | 島暮らし | Comments(0)

新年あけましておめでとうございます

f0201157_12405998.jpg


あけましておめでとうございます。

今年は八智代さん作の「はっぴいえんど」年賀状からスタートですw
f0201157_12412147.jpg


毎年恒例のカバ印アイスキャンデーこと「椛島氷菓」さんの年賀状や「友桝飲料」さんの年賀状デザインなどなど、どれも毎年頭を悩ませながら作っているようで、八智代さんご苦労様っす!!

一昨年末にフェイスブックを辞めてから約1年。フェイスブックからの情報がなくなったこともあり、イベントなどへの参加はグッと減ったし、情報発信という意味では激減したのも確か。外出する頻度も随分と減り家で過ごすことが多くなった。

当初は外部との接触があまりにも少なくなったことで「会社としてこれはどうだろう?」という疑問もあったがw、この一年を振り返ってみて思うのは、随分と穏やかに過ごすことができた一年だったなあということ。

気がつけば来年は僕も50代。

自分の周りの親しい人にも体を壊したり、亡くなったりする人も出てきた。

自分自身を見ても肝臓やら血糖値の問題も抱えているし、ちょっと前まではいくらでも食べることができたご飯も徐々に量が減ってきて、随分と歳をとってきたなあと思うし、人に言うと笑われるのだが、少しずつ終わりの事を考えるようになってきた。

年末に中学時代の同級生が病気で亡くなった。

先日葬儀に行ってきたのだが、辛い闘病中に一度も弱音を吐かずいつも家族の事を気遣っていたという彼の生き方、そして葬儀の日、彼を見送るために集まった多くの人々の姿が、彼の家族、特に子供たちに父親の強さ、そして彼が47年間生きて築いてきた沢山の人とのつながりを感じ、これから生きていく勇気を与えてくれる事を祈った。

そして自分もいつの日か旅立つ時には子供たちに彼のように強くいれるかはわからないが、できることならば子供たちが生きていく為の勇気を残せるような死に方をしたいと思ったし、生きているうちには、まだ小さい子供たち、そして嫁さんとなるべく多くの時間を過ごし、沢山の記憶を残してあげたいと思った。

そんなわけで今年も昨年同様にぼちぼちのペースでいかせていただきますw

今年もよろしくお願い致します。
by nocorita | 2015-01-05 09:53 | 島暮らし | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

記事ランキング

最新の記事

島暮らし(20170912)..
at 2017-09-13 09:07
「スワンサイダー」が「Top..
at 2017-09-01 11:35
久々に車を手塗りしてみた(ダ..
at 2017-08-30 11:29
津久見イルカ島へGO
at 2017-08-28 11:40
長男の帰省
at 2017-08-21 10:56

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧