<   2017年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「野菜やトラキ」さんへ

f0201157_09445965.jpg
対岸の福岡の町がオレンジ色に染まる冬の朝。
f0201157_15130450.jpg

朝起きると猫の銀ちゃんはオイルヒーターの前でいつものごとくの「嘆きの壁」風w

例年と比べると「だいじょうぶかよ地球?」というくらい暖かすぎる今年の冬なのだが、猫には寒いのか。
f0201157_09453022.jpg
久々に糸島の「またいちの塩」の「工房とったん」へ行ったらビックリ!

平日だというのに漁港の駐車場から「工房とったん」へ向かう道は「竹下通りか?」というくらい(ちょっとおおげさw)の人、人、人。

さらにプリンやドリンクを購入するためのカウンターには50人ほどの若者の列!

まあ元々来場者は急激に増えてはいたらしいのだが、昨年なにかのテレビに出たところこの状態になったらしい。まあ商売繁盛は良いことだ。
f0201157_09455351.jpg
そんな工場の片隅でオーナーの平川くん達と打ち合わせ。
f0201157_10172101.jpg
「こんなに並んでるんじゃプリン買えねえなあ」と思っていたが、この季節限定の「チョコナッツ塩プリン」持ってきてくれて、さすがわかってらっしゃるw!

しかし、こんな忙しい中で、よく次々と新しいことにチャレンジできるもんだなあ〜すげえよ平川くん。
f0201157_10045297.jpg
帰りは岐志漁港の姫島行きの渡船待合所に出店している「野菜やトラキ」さんへ行って野菜を購入。

以前料理家の広沢さん から頂いたこちらの人参がメチャメチャ美味しくて、やっとお邪魔出来てうれしかった。

今回は人参、ロメインレタス、じゃがいもいろいろを購入。

「またいちの塩」&「野菜やトラキ」は今後の我が家のテッパンルートだあ。





by nocorita | 2017-01-19 10:18 | | Comments(0)

娘が帰っていった

f0201157_09073664.jpg
一気に寒くなってきた能古島。あまりに寒いので寝室にオイルヒーターつけて寝てたのだが、朝起きたらギンちゃん(猫)が「嘆きの壁」に向かうユダヤ教徒のような感じでヒーターに向かって暖まってたw。
f0201157_09075138.jpg
年末から我が家に遊びに来ていた娘が母親の待つ北海道の登別へと帰っていった。
f0201157_09155225.jpg
3歳で母親とともに福岡を離れていた娘が夏休みや冬休みを利用して我が家に遊びに来るようになったのが小学校4年生くらい。写真は2009年の夏。マキちゃん若っ!w ( もちろん今でも若いです。はい。)
f0201157_09080970.jpg
毎回小さな体で大きなスーツケースをゴロゴロひいて来ていたが、毎年あたりまえではあるがどんどんと背が伸び、春には高校3年生になる今では僕とほぼ同じ背丈になった。(過去記事)

1年後には大学受験をひかえ「しばらくは遊びに来れないから」と言っていたが、これから一年頑張って勉強するように。





by nocorita | 2017-01-13 09:10 | 島暮らし | Comments(2)

お正月の能古島アイランドパークへ

f0201157_07312575.jpg

年明けすぐから授業が始まるという長男が札幌へ帰っていった。

大きいお兄ちゃんがいなくなり、子供達がなんとなく暗い雰囲気になったのを察したのか「アイランドパークに行こうか!」と八智代さん
f0201157_07323526.jpg

ちなみにこの「能古島アイランドパーク」。広い敷地を持ち完璧に管理されているからか「公営の公園」と思っている人も多いのだが、数十年前に八女から開拓でやってきた久保田一家が昭和40年代にオープンさせた私営の公園だ。

当初は今の場所で芋の栽培を行っており、当時としては珍しく出荷する箱に「久保田芋」と書いて今で言う「ブランド化」を行い、その味で人気のブランドだったというから、農業技術だけでなくブランディングに関しても優れていたんだなあと感心する。

アイランドパークにしても今でこそ「自然公園」というのは珍しくないが、開園当時は「ジェットコースターもなにもない遊園地」というのは珍しく、「何もなくて子供が退屈するじゃないか」とか「なにか乗り物はないのか?」と不評だったらしい。それに対し創業者の故久保田会長は「これから先、どんどん と開発が進み福岡から自然がなくなってくる。その中できっとこんな場所が必要になってくる」と遊具の設置を頑なに拒んだというから先見の明のあった人だったのだなあと思う。

この時期のアイランドパークは名物の「菜の花」や「コスモス」「ひまわり」の時期と比べると随分と人が少ないし、正月中は大花壇の前にあるレストラン「防人」も閉まっているが、冷たく澄んだ空気の中を歩くのは気持ちが良いし、もちろんこの時期しか見ることのできない花も咲いている。
f0201157_07331415.jpg
大花壇の広場の東側の斜面に広がる「スイセン」。これから2月くらいまで甘い香りが楽しめる

f0201157_07350096.jpg
子供達は滑り台
f0201157_07354987.jpg
娘と八智代は女子トーク(?)でのんびり過ごす
f0201157_07320452.jpg
とても天気がよくて志賀島。そしてその先には何度かおじゃました相島も綺麗に見える。

f0201157_09230175.jpg
最後にみんなで「変顔」で記念撮影w

例年年始は息子と「のこのこボール対決」をやるのだが、今年は早く札幌に戻ってしまったので来年こそは!






by nocorita | 2017-01-06 09:17 | 島暮らし | Comments(0)

2017年 あけましておめでとうございます

f0201157_13222100.jpg
新年恒例の家族写真をパチリ。
f0201157_13225564.jpg
大晦日は北海道から里帰り中の息子と娘とノコニコ夫妻とともに鍋をつつきながらのんびりとすごし
f0201157_13232545.jpg
11時にはこれまた恒例の「ざっこ」さんでの年越しそばにお呼ばれ。
f0201157_13240049.jpg
おそばを食べたらトコトコと白鬚神社まで歩いて神社の前で年の変わるのを待つ
f0201157_13243386.jpg
そして初詣。あけましておめでとう!
f0201157_13250893.jpg
おみくじは皆大吉でご機嫌(年始のサービス?)
f0201157_13261274.jpg
元旦は博多区に住む両親の家でこれまた恒例の食事会。

知らない間にではないがw、随分と子供たちも増えテーブルに座りきれなくなってきた。

そのうち長男や長女が結婚して僕の孫も生まれたりすると凄いことになりそうだ。
f0201157_13264226.jpg
この年末年始、我が家で最も盛り上がったのが卓球大会(先日いただいた)。
f0201157_13272331.jpg
2日は毎年新年4日から授業が始まる為、北海道へ戻る長男にとっての最終日ということで(?)みんなでタコ焼きパーティー。
f0201157_13275806.jpg
4年前の春に北海道へ進学していく際には家族親戚総出で空港に見送りに行ったが、さすがに4年も行ったり来たりしてるんで感動もなくなりw本日は島の港まで。彼も春からは大学院生。あと二年頑張って勉強するように。
f0201157_13313930.jpg



by nocorita | 2017-01-03 13:32 | 島暮らし | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

記事ランキング

最新の記事

長男の帰省
at 2017-08-21 10:56
TNC「美の鼓動」
at 2017-08-21 10:18
雨の日は読書など。「帰ってき..
at 2017-08-15 14:41
さようなら。またあおう。
at 2017-08-14 09:26
今年も記念の一枚を(2017年)
at 2017-08-12 12:39

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧