今年の誕生日のこと

f0201157_01170586.jpg
先日のブログにも書いたのだが、この数年は、自らの誕生日はケーキを買うどころか誕生日を祝うことさえしていなかったのだが、今年の誕生日は、ちょうど嫁さんの幼馴染が宮古島から遊びに来ていたこともあって、超久々にケーキを買って誕生会らしきものをやることになった。

ちょうど書店のイベント(高山さんの絵本の出版記念のイベント)に呼ばれて福岡に来ていた高山さんと、高山さんと一緒に絵本を作っている(絵を描いている)中野さんがイベントが終わったあと、ノコニコ夫妻の家に泊まりに来ていたこともあり、宮古島の友人とともに我が家で一緒に宴会となった。
f0201157_21115910.jpg
高山さんとは「ノコノコロック」という島のイベントで何度かお会いした事はあって「なんかゆるくて感じの良い方だなあ」と思っていたが、イベントでは、毎回カレーを出していたので、最初は「高山さん=カレーの人」と思っていたが、wそれを言うたびにノコニコのショコムに「ちがうよ!カレーの人じゃなくて料理の人!すごい人で私もファンなんよ!(ちょい怒り気味w)」と言われた。

それ聞いて「あーそーなんだなあー」なんておもっていたというくらいあまり知らなかったし、イベントの時は皆バタバタでゆっくり話すこともなかったので、初めてゆっくりと話をすることができたのだが、沢山のファンを持つ料理家の方とは思えないほどに柔らかで素敵な方で(そこが人気なのかもしれないが)、正直その日、「僕が作った料理を高山さんが食べる」ってのに若干緊張していたのだがw、にっこり笑いながら「おいしーよー」と言ってくれて、とても嬉しかった


一緒に来られていた画家の中野さんも、あまりガンガンにしゃべる方ではないのだが、時々ボソボソっと面白いことを言っては恥ずかしそうに笑う笑顔と独特の空気感から優しさが滲み出てる素敵な方だった。
f0201157_21132419.jpg
中野さんは万次郎と将棋の相手をしてくださり、「万次郎はなかなかいいねえ」と褒めてくれて、万次郎も負けたけどなんだか嬉しそうだった。高山さんは万次郎に「私オセロ初めて〜」と言ってオセロを教えてもらい、先生気取りの万次郎がまたまた嬉しそうだった。親子揃って嬉しい夜だったわけだw。

お二人には翌日もノコニコカフェで会ったのだが、二人共ほとんど動き回ることなく微笑みながら、ノコニコの夫妻と話をしたり、つまみを食べたりビールを飲んだりと、あんな外国人みたいに素敵なカフェの過ごし方できる人たちってあんまりいないよなあ、、と羨ましく思えた。なんせ僕はノコニコの髭ちゃんに「アサバさんは常に動いてないと死んでしまうからね」と言われるように少しもじっとしていられないのだw。

高山さんに、先日僕らが神戸から帰ってくるときに乗った「阪九フェリー」の話をしたら「そんなのあるんだぁ〜それいいねぇ〜」と言ってたので今度は船に乗って来てくれるかもしれないなあ。
f0201157_21152787.jpg
夕方のフェリーで島を去るお二人とノコニコ夫妻の記念写真を撮った。お二人もノコニコ夫妻も笑顔が柔らかくてよいなあ。


対岸に渡る二人を見送ろうと髭ちゃんと万次郎と渡船場の横の防波堤までいった。

もしかしたら船の中に入っているかも、、とも思ったが二人はちょうど船の僕らがいる側で外を眺めていて気づいてくれた。
f0201157_21154534.jpg
動き出したフェリーにみんなで手を振ると、高山さんと中野さんだけでなく、ちょうど来ていた大勢の外国人観光客も自分に手を振ってくれているのだと思ってか、嬉しそうに手を振りかえしてくれたのが、なんだか面白くて、嬉しくて僕らもいつまでも手を振った。


昨日ノコニコのショコム(おくさん)にあったら「高山さんこの前のこと日記に書いてくれてたよ〜」と言われ見てみたら能古島での2日間のことが書かれていて嬉しかった。

僕の名前が間違っていたらしく、ノコニコに電話をくれた際に「アサバさんの名前の字まちがっちゃったぁ〜」と言っていたらしいが、髭ちゃんが即座に「いいっすよ」と言ったらしく、そのままになっていたw。まあよし。









# by nocorita | 2017-04-25 21:20 | 島暮らし | Comments(0)

ハッピーバースデー俺

f0201157_01164426.jpg
以前、万次郎の「ガンダム」の形のケーキをお願いしたり
f0201157_01165413.jpeg
昨年は九太の「サンダーバード2号」の形のケーキをお願いした姪浜の超絶技術&美味しいケーキ屋「ENVIE(アンヴィー)」さん

この数十年、子供のは買っても自分の誕生ケーキなんて買ったことなんてなかったが、今年は嫁さんが特別に誕生日ケーキをお願いしてくれていたので自ら取りに行ってきた

「えーっと、、、51歳の誕生日なんでぇ、、エリア51風というかぇ、、、宇宙人みたいなかんじというかあ、、あーそうそう、、あの目が大きい、、はい、、あーおねがいします」と電話で注文を入れた嫁さんも「ちゃんと伝わったかな?」と不安がっていたが、そこはさすがのアンヴィーさん。
f0201157_01170586.jpg
ダーン!!!想像以上のリアル感で、一瞬ゾッとしたw

肌の色とか口元の感じが、すでに食べ物ではないし、誕生日ケーキのめでたい感じ一切なしw。

だけど食べると美味いのがさすがですなあ!!

# by nocorita | 2017-04-23 01:18 | 食品 | Comments(0)

春のアイランドパークへ

f0201157_00384033.jpg
めちゃめちゃ気持ちよく晴れた日
f0201157_00385558.jpg
宮古島から遊びに来ていた友人親子を連れて久々にアイランドパークへ行ってきた
f0201157_00402997.jpg
桜と菜の花の季節は終わったけれども、これから先の季節がお花もとても綺麗だし気温も上がってくるので実はおすすめ。
f0201157_00410343.jpg
こちらは入り口を入って左側にちょっと歩いたあたりなんだけど、鮮やかな花々と青い海が一緒に写る記念写真には最高の場所だ。
f0201157_00412976.jpg
とはいえお花ばかりじゃ子供達も退屈するので、次に移動するのは「うさぎ園」
f0201157_00423423.jpg
とにかくすごい数のうさぎたちがいて、特にこの時期は生まれたばかりの小さな小さな子うさぎたちも多くて癒される。
f0201157_00414358.jpg
入り口のガチャポンで餌を買って中に入ると、特に平日はお客さんが比較的少なく餌をあげる人も少ないからか、あっという間に寄ってきて若干襲われてる風w
f0201157_00430034.jpg
十歩も嬉しそうにサワサワ
f0201157_00461138.jpg
そこからちょっと下ると、「ヤギ園」。
f0201157_00463673.jpg
うさぎは触れる子たちも自分より大きなヤギは怖いらしく、こちらはほとんど人がいないw。九太も「かわいいね」と言いながら横目で警戒しながら出口へ急ぐw
f0201157_00432506.jpg
旅行雑誌とかで能古島アイランドパークの写真といえば大体ここが写るレストラン「防人」前の大花壇の現在は菜の花も終わってちょっと寂しげ。
f0201157_00434844.jpg
しかし、急に暖かくなってきて下の芝生も青々としてきて、暑くもなく寒くもないこれからの季節はゴロゴロするには最高。
f0201157_00525148.jpg
広場の向こうにはアスレチックもあるので子供達も楽しめるし、大花壇に来る手前にある「思い出通り」にあるお店でゴムで飛ばす発泡スチロール製の紙ヒコーキを買って広い広い広場で飛ばして遊ぶのも楽しいのだ。
f0201157_00535868.jpg
わーい







# by nocorita | 2017-04-23 00:57 | 島暮らし | Comments(0)

祝入学!祝早起!

f0201157_08100537.jpg
桜咲く春。次男万次郎が島に住む7人の友人達に島の外から通ってくる子どもたち8人を加えた15名とともに無事入学。
f0201157_08111849.jpg
このところ天気の悪い日が続いていたが、入学式は気持ちのよいお天気
f0201157_08113436.jpg
保育園に行って不在だった三男以外で我が家の桜の樹の下で記念撮影。
f0201157_08230042.jpg
翌日からは朝6時に起きて7時過ぎに家を出て、保育園に通っている三男も連れて一家でトコトコと坂道を下り
f0201157_08231070.jpg
港の近くのお寺で上級生のお兄ちゃんにバトンタッチして小学校へ。

これまで二人が保育園に通っている時は、二人とも何度起こしてもなかなか起きてこず、なんだかんだで7時半頃起きて9時近くにバタバタと車で送っていた。

「こんな状態でこの子は6時に起きて小学校に通えるようになるんだろうか?」と不安いっぱいの僕らであったが、蓋を開けてみると「これまでなんだったんだ?」というくらいに毎日6時の目覚ましでしっかり起きて準備をして出かけるようになったのは驚きだった。
f0201157_08361739.jpg
さらに弟のQも、お兄ちゃんと一緒に起こして家族で一緒に家を出て保育園まで歩いていくようにしたのだが、なぜだかこちらも遅く起きていた頃のように「ねむたい」とか「いきたくない」とぐずることもなくなった。

そして僕ら夫婦にとっても二人を送った後、夫婦でとことこと朝の島を歩いて帰るのが楽しみの一つになった。
f0201157_08374294.jpg
そして時には漁から戻ったばかりの知り合いの漁師さんにこんなものもいただいたり、、、早起きは2匹の得!


# by nocorita | 2017-04-22 08:38 | 島暮らし | Comments(0)

卒業、卒園、卒ハイハイ おめでとう。

f0201157_13130271.jpg
春は旅立ちの季節。
f0201157_13133258.jpg
4年前の春。「サクラチル」の後の「追加合格」で北海道へ進学していった長男が、早いものでこの冬無事大学卒業。

とはいえ、このまま大学院へ進学するということで、あと2年は学生生活が続くらしく、本人も特に感動もないらしく忙しく研究室に通っているらしい。
f0201157_13153207.jpg
そして、万次郎さんも無事保育園を卒園。

今年の卒園児は10名。
f0201157_13170370.jpg
それを祝ってヤチヨさん特製の卒園児10人と先生の似顔絵入りの「こどもびいる 能古保育園卒園記念ラベル」。
f0201157_13161307.jpg
万次郎もいるいる。
f0201157_13143233.jpg
長い子は0歳から通っていたからか、中には感動して泣いちゃって僕らももらい泣きするくらい感動的な卒園式
f0201157_13140230.jpg
万次郎は最後の一年だけの通園だったからか、あっさりしているのかw、笑顔。

春からはこの10名のうちの9名がそのまま能古小学校に進学するということで、楽しい学生生活になればいいなあ。

そしてそして、、、

来月末に1歳の誕生日を迎えるジッポさんも、、、、
f0201157_13150309.jpg
うぉりゃーっ!!!と「卒はいはい」w



# by nocorita | 2017-03-26 13:18 | 島暮らし | Comments(2)

発売間近!!「糸島のザクザクくん」for BEAMS

f0201157_12134858.jpg
ご無沙汰しております。

随分前にフェイスブックはやめたものの、最近インスタやってるからか、またまたブログ更新遅れ気味でして、あまりに更新しないと遠くに住む友人やら親戚やらから「いきてるのか?」という連絡をもらったりして面倒なんでw更新します。はい。

能古島はベストシーズンちょっと手前なかんじです。
f0201157_12140938.jpg
菜の花も咲いてるし、特産の甘夏も沢山なってるし、農園に行くと不知火(デコポン)なんてものまで

ただ、まだちょっと寒いのと、今年もまたまた「潮干狩り禁止」ということで、急ぐ必要ない人は4月になってからがベストかなあなんておもってます。


さてさて、、

糸島に住んでいる料理家の広沢京子さんから「ちょっとそうだんあるんだけど、、」と連絡をいただいたのは1月のこと。


ちょうど僕も相談があったし、広沢さんには万次郎たちに服のオサガリも頂いたりと、お世話になりっぱなしなんで、いきます!いきます!すぐいきます!いまいきます!と、広沢さんの家で打ち合わせ。

しかし、ここお邪魔する度にお茶とお菓子やなんかを出していただくのだが、センスのよい器にのったお菓子がどれもシンプルなのに美味しくてね。

そんなお菓子を、なんだろう、あの爪楊枝の太いやつみたいなので、半分に切ってお口に運んで「あぁ美味しい」なんてつぶやいたりだりしているとね、ノコニコ夫妻とバカっとパーティーあけした「わさびーふ」を寝っ転がってバリバリ食いながら馬鹿話してる場合じゃないぞ俺!とちょっと反省してしまうわけですね。

話ずれちゃいましたが、、、

今回の相談というのは糸島の食材を使った商品を3月末にオープンする東京のお店用に作って欲しいという外からの依頼を受けてのものだったようで、広沢さんも僕同様に、単発のイベント用の企画商品みたいなものは作りたくないということで、どうせ作るなら地元で売り続ける事ができ、美味しくて魅力的な商品をつくろうという話になった。

偶然にも僕の広沢さんへの相談もそれに近い「この商品をベースになにかできないか?」という話だったので、それなら、その商品をベースにした商品を一緒に作りましょう!と商品の概要もすでに見えていた。
f0201157_12170584.jpg
まあそこから「またいちの塩」の平川くんに、僕が最近イチオシだった、添田町にいる原田くんが作っている「オコシ」を食べてもらい、「うん、うまいっすね!うちのオリジナルで作るには、もうちょっとこうだったらいいけど、、」との言葉をもらい味の開発がスタート。
f0201157_12163091.jpg
味の部分については、味と楽しさにこだわりのある平川くんの趣味をどれだけ形にしていくかってことで、広沢さんと原田くんで何度も試作&平川くんの試食をすすめ、包材もどうするかなんて話やらなんやらで、まあそれなりに試行錯誤もやって、時間もかかりつつ、商品が完成し、そこにヤチヨさんのデザインがのっかって、、、、
f0201157_12204511.jpg
先日ついに完成したのがこちら「糸島のざくざく君(仮)」
f0201157_12305313.jpg

モデルさん。「ん?」


で、、これ、まずベースのオコシ自体が美味い。
f0201157_12174697.jpg
原田くんとは以前僕らが関わった「英彦山サイダー」「柚子胡椒サイダー」がきっかけでしりあい、当初は彼の工房の作っているジェラートのパッケージデザインの依頼から始まりデザイン自体は出したのが、正直ジェラートはグッと来なくてw。確かに美味しいんだけど、「他を圧倒する何か」ってのが見えてこなくて、、。
f0201157_12175525.jpg
それよりも「これたべてください」とお茶菓子に頂いたオコシの「これおこし?」と驚くほどの「サクサク感」におどろいた!

そしてそのうちの1つの商品「キャラメルおこし」の味に「なによ、これめちゃくちゃうまいやん!」と感動し、血糖値の上昇も忘れ食べまくった。

その後、それをもとに原田くんにいろいろ試作してもらった結果「ある素材を必ず入れる事で抜群にうまくなる」ことが判明し、「これからうっていくぞー!!」と盛り上がっていたほど今の僕のお気に入り商品なのだ。

実際、今回の完全オリジナルの商品以外に、柳川のカバ印アイスキャンデーの本店や杏里ファームでも「カバ印ブランド」で彼のオコシを販売しているのだが、すごい人気で今月の発売以来すでに1500食以上が売れているというので、美味しさはお墨付き。

ここに今回の「またいちの塩」オリジナルでは平川くんの希望で、香ばしくローストしたアーモンドの「ざくざく」感を広沢さんの絶妙の配合でプラス。あま~いキャラメル味のサクサクザクザクしたオコシに同封された「またいちの塩」をふりかけて食べたときの甘さと塩辛さのメリハリがとても美味しい商品ができた。
f0201157_12193211.jpg
世の中にはよく「塩○○」って商品があるが、これはあくまでも好みではあるが、甘いものに塩を混ぜ込むことで煮物ではないが、深みが増すという良さはあるが、特にお菓子については、甘いプリンの上に塩をかけて食べる「またいちの塩」の塩プリンや、昨年椛島氷菓と村岡総本舗さんのコラボで作った「塩あずきアイスキャンデー」のように甘いものの外側だけに塩がつけてある(カバ印の場合は完成した小豆アイスの表面に塩水をつけて凍らせた)ようにメリハリがあって、口の中で初めて混ざり合うもののほうが、「僕は」美味しいと思う。

さて、この「糸島のざくざく君」だが、3月29日より「新宿ビームス」の「STAND 九州」にて先行発売開始!!

ビームスすよ!同じ名前の食料品店じゃなくて、あのビームスw!

ビームスでオコシ売ってるなんて、かなり不思議な感じもするけど、これちょっと宣伝しちゃうと、


「日本全国を巡って地域の魅力を発掘し、新たな価値を導き出す「Stand forty seven」

栄えある開幕戦はここ、九州エリアから。」

わかりやすく言うと、ビームスさんが始める「D&Department」のD47 museum的なやつかな(あっ!いっちゃった!w)


肝心の「またいちの塩」での発売開始は4月1日。

糸島ドライブの途中、またいちの塩で美味しい塩プリンを食べたあと、帰りの車中でのおやつに、お土産にぜひ「糸島のざくざく君」をよろしくお願いします。



# by nocorita | 2017-03-26 12:31 | 食品 | Comments(0)

yotaphone2

f0201157_11112469.jpg

この一年ほどは周りに「デカっ!それ電話っすか?」と驚かれながら7インチのファブレット使ったり、「やっぱでかいな、、」と反動で名刺サイズのスマホ使ったりしていた。

*写真右上はASUSのchromebookの「chromebook flip」で、大きなタブレットみたいなのがファーウェイの7インチのファブレットで、名刺サイズの黒いのが「POSH」というちっこいスマホ。


そんな我が家に2ヶ月ほど前に香港からやってきたのが、、、、こちら
f0201157_11094262.jpg
Yotaphone2


これ出た当時はハイスペックのスマホで、結構高かったのだが、「今年3が出る」という噂もあるからか値段も当時の1/5ほどの15000円位まで下がってきたので、最後のチャンスと海外サイトの「gear best」で購入したのだった。

このスマホ、とにかく変わってて、まずロシア製w

メインの画面特に変わったことなくアンドロイドはちょっと前の4.3だが、、、、


f0201157_11100170.jpg
裏っ返すと、、もうひとつ画面登場!このスマホ、裏面が電子ペーパーになってるのだ。

この面はメインの液晶を切っていても常に表示されているので時計などを表示しておくことができ、いちいち「何時かな?」とメインの画面を立ち上げる必要が無いので電池の減りも遅くなり便利。



さらにこの面には表のディスプレー上の表示をミラーリングしたり、電子書籍を読んだり、例えば飛行機のイーチケットのQRを表示しておいたり、お気に入りの写真やデザインを表示しておいてカバーのように使ったりとなかなか使える。

「技適」は取ってないようなので国内でのスマホとしての使用はダメ絶対!w





# by nocorita | 2017-03-10 14:56 | ガジェット | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

記事ランキング

最新の記事

今年の誕生日のこと
at 2017-04-25 21:20
ハッピーバースデー俺
at 2017-04-23 01:18
春のアイランドパークへ
at 2017-04-23 00:57
祝入学!祝早起!
at 2017-04-22 08:38
卒業、卒園、卒ハイハイ おめ..
at 2017-03-26 13:18

検索

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
島暮らし 仕事
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧