雨、雨、雨

能古島というか福岡はこのところ雨ばかり。
予報でも一週間雨。

週末は永山さん達のライブもあるんだが、、、、
折角の滞在なんで晴れたらいいなあ

週末は予報外れて雨降らず、なんとか息子の野球の試合も無事すんだんだが
中体連も予選二連敗で彼の短い夏が終わった。

そう考えると、予選から次々と勝ちあがって甲子園まで行くてのは大変なことだな

普段ほとんど高校野球は見ないんだが、今年は福岡では修猷館高校が頑張ってるみたいで、優勝候補の大濠に勝ってしまったとか。全国から部員を集める私立高校の中で、公立高校が勝ちあがっていく、それも進学校が勝ちあがっていくってのはなんか全国の公立高校野球部の子達には希望だよな。

普段僕の実家で暮らしている息子だが、中体連も終わったんで昨夜から夏休みの間は島暮らし。
とはいえ受験生なんで毎日大橋の塾までフェリー&バス
まあ高校入学したら三年間そんなくらしなんで今から予行練習みたいなもんか。

さて、いつもオジイチャンの市民農園でとってくるキュウリをたべている息子は僕に「キュウリは大きいのは美味しくないからね。はやくとらなきゃだめだよ。」といっている。しかし、このところ雨降ってたり、息子の試合に行ったりと家の裏の畑を見てなかった。で、今朝起きてから息子と見に行ってみたところ、、、、案の定胡瓜が巨大化していた。大きくなっていたというより、まさに巨大化。無茶苦茶でかい、、、、

「おとーさん!もー!絶対美味しくないよっ!」と言いながらもハサミでチョキッと切っては「でかっ!!」と叫ぶ息子はちょいと嬉しそうであった。

しかしキュウリだけは嫌というほど採れるな、、、さすがに飽きてきた、、、今年は苗を4つ植えたんだが、来年は2つでいいか、、、


f0201157_1218573.jpg


雨ばかりの日は読書にかぎる。

アマゾンから頼んでいた本がやってきたので一気に読んだ。

「アメリカのパイを買って帰ろう」(日本経済新聞出版社)

1945年から1972年の返還までのアメリカだった頃の沖縄。占領という暗い状況のはずの、その中で輝いていたころの沖縄を様々な人を取材して描いたものでなんてドラマティックな時代だったんだろうと感じた。

「ナビイの恋」がもう一度見たくなり、まだ食べたことのない「JIMMY’S」のパイが食べたくなった。

明日はローカルのテレビの取材が入る。下町屋やってた時はたまに入ってたが、能古に来てからは初めて。まあ僕らの仕事の場合、お店じゃないのでテレビに出てどうなるもんでもないが、両親や息子がちょっと喜ぶんでたまには出していただけるのはありがたい

掃除しとかなきゃ、、、
# by nocorita | 2009-07-21 12:37 | 島暮らし | Comments(6)

ぼくのなつやすみ


今年は曜日の関係で、福岡の小中学校も今日まで

明日から夏休みである。

ところで、先日のこと

久々に東京に住む知り合いのライターさんのブログをのぞいてみたところ


「こどもびいるを作った人が能古島に引っ越した」


という書き出し。


おっ、どうやら僕のことらしい


さらに読んでると



「”ぼくのなつやすみ”ってゲームソフトの中の人なんじゃないかと思うような暮らしぶり」



とある。



ん??「ぼくのなつやすみ」ってのは確かプレステかなんかのゲームだったとおもうが、ゲームしないんでわからんのだが、かなり気になる、、、、ということでウィキで見てみたら


「ぼくのなつやすみ」(wikipediaより)


概要:「家庭の事情により、田舎の親戚の家へ預けられた9歳の「ボク」が、夏休みの1ヶ月間、昆虫採集や虫相撲、魚釣りなどをしていくゲーム。」



うーむ、、、なるほど、、、なんかよくわからんが、いいたいことはわかる。

つまり毎日遊んでいるような生活ということか、、、さすがライターさん、、、別に毎日遊んでいるわけではないが、、、、、


たしかに、、、、


f0201157_223745100.jpg


木の実採ったり、、

f0201157_22384874.jpg


魚釣りしたり、、、
f0201157_22394897.jpg


「この指とまれ!」とか言ったり、、、、


間違ってはいないな(笑)
# by nocorita | 2009-07-17 22:44 | 島暮らし | Comments(2)

ライブ決定!永山マキ&イシイタカユキ!(モダーン今夜)

f0201157_272476.jpg


突然であるが、今月の25日「ノコニコカフェ」にてライブ決定!

今回来ていただくのは昨年の春のクロスFMのヘビーローテーション曲になった「かもめ島」など実力派バンドとして知られる「モダーン今夜」のボーカルの永山さん とイシイタカユキさんのお二人(僕の母親はこの曲よりもあるCMソングで「あー!」といってたが、、、永山さんはコカコーラのミナクアのCMソングをはじめ結構CMソングも沢山歌っているらしい)。

といっても、今回の来福の本来の目的は大名のビンゴボンゴさんの「カフェダイニングバー7」で26日に開催されるライブ「なないろのおんがく Vol.2」
への出演なのだが。

ではなぜノコニコで??
実は「能古島」が会わせてくれたのだ。

一年ほど前のこと、永山さんの友人に能古出身の方がいて、その方の家で能古島サイダーを知り、能古島に興味を持っていたところ、所用で長崎のライブ会場に行ったときにたまたま来ていたノコニコの夫妻に出会ったという不思議。そこで彼らが能古島サイダーを作っている張本人だということがわかり、ビックリ。「オリジナルの能古島サイダーもつくれるっすよ!楽勝っす!」というヒゲちゃんの話から、ちょうどその翌週東京に行く予定があった僕らと彼らの事務所で会い、彼らのライブ会場で販売する能古島サイダー「潜水艦ソーダ(彼らの曲名)」ができた。


それから時々メールをやり取りするというお付き合いが始まったのだが、今回「福岡にいきますよ!」という連絡をいただき、「それなら是非能古島へ!」「それならせっかくならライブを」ととんとん拍子でライブ決定!

当日はよーく聞いてもらえると能古島の事を歌っているとわかる曲(!)を含めたCDを「全国に先駆けて」ノコニコカフェで発売開始!このCD,ライブ会場限定発売ということで是非この機会に!

さらには当日のノコニコと翌日のライブでの限定発売となるNocorita Graphica モダーン今夜ヴァージョンも登場!これも是非!

日時 7月25日 午後7時より
場所 ノコニコカフェ(能古島)

その翌日の26日はこれまた能古島の夏祭りとノコニコでの「とんちピクルス」さんや「ロボ宙」さんのライブもあり能古島の夏は熱いのだ!


f0201157_2165077.jpg




「オリジナルの能古島サイダー?楽勝っす!どーんと来なさい!」と言っている(?)ひげちゃん
# by nocorita | 2009-07-12 02:24 | 遊び | Comments(4)

雨のおでかけ


なんか今年の梅雨はやたら雨ふるなあと思っていたのだが、いやまてよ、マンション暮らしのころは単に外の音とか空気ってのを感じなかっただけで、梅雨時期ってのは毎年こんなかんじなのかもしれないなあ、、、なんて思う。

今の家に住んでいると、一日中、風や雨、虫の声、、、様々な音が常に聞こえてきて結構賑やか
田舎は決して静かなところではないんだなあというのも発見

さて、雨ばかりの梅雨時はあまり外に出たくないもんだが、一件打ち合わせがあり、おでかけ

f0201157_047563.jpg

珈琲美美

以前のお店からはちょっと離れちゃったけど、随分と広くなったなあ

以前のお店大好きだったけど、これはこれでいい感じ

もちろんMさんは変わらずいらっしゃいます。あたりまえか(笑)

f0201157_0485210.jpg


島に戻ると島の子供達がお父さんと一緒に港で豆アジをつってた。大量!南蛮によさそう。久々に僕も釣るかな、、、
# by nocorita | 2009-07-11 00:50 | 島暮らし | Comments(0)

キャンプだ!キャンプだ!天神だ!

久々のキャンプ

f0201157_23532741.jpg


海が見える。

f0201157_23541341.jpg


目の前には大きな橋

いいなあ大自然!

ん?後に見えるのは、、、、KBC??

f0201157_23565990.jpg


そう、昨夜は初の「天神キャンプ」!!

f0201157_23574470.jpg


KBCの並びのビル型駐車場の屋上に車をとめ、ボンゴフレンディーの特徴であるオートフリートップを開ければすっかりキャンプ場

もちろん公共の駐車場なんでテーブル出したり料理をしたりなんてことはしないけれど、歩いて3分のところにはスーパー銭湯の湯の華もあるし、ローソンもある。ビル型の駐車場にはトイレもある。これで最大900円というから素敵!1泊1000円以下のキャンプ場なんてなかなかない。おまけにここは天神!!なんて素敵なキャンプ場!

この「コインパーキングでのキャンプ」ってのはやれるはずにもかかわらず、だれかがやってるなんて話も聞いたことなかったし、以前から「それなら俺が一度やってみたいなあ」と機会をうかがっていたのだが、梅雨の蒸し暑い夜だったことを除けばなかなかよかったのではないかなあ。

とはいえ、今回は別にキャンプが目的だったわけじゃない。いや、むしろ「キャンプするしかねえなあ」という仕方なし的な理由だったというべきか。

昨夜は福岡県の地域活性化の事業の一つでご一緒させていただいている田中さんよりお誘いいただき、「団塊世代の田舎暮らし」という本を書いたり、デザイナー、プランナーという仕事柄、都会で活動することが多いにもかかわらず、インターネットの創成期くらいから(?)長崎の川棚町に住みながらSOHOを実践されているアステリスクの堀江さんの講演会へ行くことになっていた。

今回は福岡のアーティストとIT事業者との交流会ということも目的の一つだったようだが、僕としては以前ちょっとお会いして面白げな雰囲気のあった堀江さんや、県の事業でご一緒していながら昼間の会議ばかりで一緒に飲んだことない田中さんや吹上さんと講演会の後に行われるという「飲み会」に参加するというのが楽しみだった。

しかし、事前連絡によると、7時から講演、、そして、9時から交流会、、9時からかあ、、微妙やなあ、、、というのも能古に戻る船の最終は午後11時。ということは天神を余裕もって10時過ぎには出たい。となると、店を出るのは10時前、、、全然飲めないじゃん!

ということでどうしようかと考えていたのだが、その解決策がこれだったのだ。

しかし、大自然の中というイメージのキャンピングカーであるが、ちょこちょこと空き地が増えていき、コイン駐車場だらけとなってきた都会。

そんな駐車場同士の客の奪い合いも激しいと聞いているが、例えば「キャンピングカー歓迎」なんていうコインパーキング、「コインキャンプ場」みたいなものも、安全面、他の車や周辺への騒音とかゴミなども問題もあるだろうし、そこそこ広くてゲート式の出入り口あるタイプの駐車場しか難しいのかもしれないが、「都会の真ん中のキャンプ場」ってのも一つの差別化の方法としておもしろいんじゃないかなあ。

その前に、一体コイン駐車場でキャンプしていいのか???という疑問がわくとおもうが、僕も気になって、車を停める前に大きな「注意書き」の看板を詳しく読んでみた。
結果、車中泊についてはなんの記述もなかったので、テーブル出したり火をたいたりしなければ「正規に停めた車の中で寝ているだけ」ということで、規則的には問題ないんだろう。
もちろんコインパークでキャンプなんて現状では想定していないだけなのかもしれないが、、、、

大都会のど真ん中でのキャンプ。流行んないかなあ??

ちなみに飲み会の後、次々とタクシーで家に帰る参加者の人たちに「今から天神でキャンプっす」と言ったら「えーーー!!」とか言われた(笑)

ちっ!やっぱ流行らねえか。。。
# by nocorita | 2009-07-10 00:03 | 遊び | Comments(6)

なんの骨??

なんだろうこの骨は???


f0201157_22292557.jpg





鳥?小動物??





姪浜の「うつわ屋 フランジパニ」さんにちょっとお話あり、お邪魔したのだが、話しながら目に入ってきて

「ん?んんん??なんすかこれは!!(笑)」













f0201157_22305821.jpg


陶器製の「箸置き」

即、4つ購入

手羽元とか食った後に間違って骨と一緒にすてないようにしなきゃとおもうくらいリアル
# by nocorita | 2009-07-04 22:38 | 島暮らし 家 | Comments(5)

N.E.O 「世界が認める輸出有望加工食品40選」に



f0201157_14244046.jpg
僕らの商品「N.E.O プレミアムジンジャエール」については、先日のブログでとりあげたようにナガオカケンメイさん率いるD&Departmentの企画するnippon vision project の佐賀県の商品に取りあげられていたのだが、先日友桝飲料から連絡があり、今回、農水省が行った「世界が認める輸出有望加工食品40選」というものの中の1つに見事選ばれ、さらには総合のベスト4に入ったというニュースが。 

この商品、数年前に「こどもびいる」「地サイダー」と中小飲料業界の中で常に新しい商品の提案を行ってきた友桝飲料が次にやるべきことはなんだろうという中で、僕が以前から提案していたものの一つであったのだが、当時、いや今でもだが、普通飲料メーカーというのは香料メーカーから香料を買い、砂糖、酸味料などを混ぜて炭酸水で割るということしかやっておらず、「生姜や香辛料を煮込んで原液をつくる」なんてことをやっているメーカーはなく、不可能と思われていたため構想段階でストップしていた。

しかしこの問題は以前からお世話になっていたコックソースさんとの話の中で「コックソースであれば原液をつくることはできるのではないか。それを友桝に送って炭酸で割ればいいのではないか」という可能性が出てきて動き出した。さらにこの企画を以前から僕の不満であった使いかけのジンジャエールを冷蔵庫から出して使われるというバーでの出来事からもしかしたらちょうどミニサイズのビンの容量でカクテル一杯ちょうどにはならないものかと中州の老舗バー「サンボア」の社長に聞いたことがきっかけで、さらにサンボアの社長も「おもしろい!本当にうまいジンジャエールを作りたい」と乗り気になり、味作りはサンボアのバーテンダーさんがカクテルに合う味を目指して担当することに。そしてその商品化のイメージ面含めたトータルのプロデュースには数年前まで天神の某百貨店でバイヤーでサンボア入社後は博多ラーメンなどのプロデュースをやっていたKさん(現トリゼンフーズ)が担当。ソースの香り漂う工場でバーテンダーさんやKさん、コックの社長に僕らが大きな鍋にスプーンをつっこんで味見しながらレシピをつくる(僕は飲んでただけだが)という地味な作業が続いた。その後も完成品の状態でも沈殿するほどの濃さのソーダをつくるということでコックソースさんと友桝飲料の間でも様々な試行錯誤が続きついに中身が完成。そこに「こどもびいる」や「スワンサイダー」の時とは全く異なるテイストのヤチヨの描いたラベルをはりつけ完成。

激ウマジンジャエールプロジェクトは友桝飲料、コックソース、サンボア、ウィローという4つの中小企業がコラボした画期的な商品だった。

発売開始後も様々なバーやホテルで取り扱いが増えていき、さらには様々な雑誌、ネット(gigazine ,cyzowoman )、個人のブログでその情報は広がり続けている。

「こどもびいる」は既存の商品の切り口をかえ、デザイン、ネーミングをかえ、別の商品として「売れる商品」となった。

しかし、今回neoを作り実際に販売して、思うのは中身が明らかに優れている商品というのはやはり強い

この商品にかかわったことは飲料に限らず今後の商品つくりの大きな宝になったとおもう


是非のんでいただきたいが、ちなみに能古島のポータルカフェ(これよくねえ?笑)のノコニコカフェでも好評発売中である
# by nocorita | 2009-07-03 14:28 | 飲料 | Comments(4)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

記事ランキング

最新の記事

今年の誕生日のこと
at 2017-04-25 21:20
ハッピーバースデー俺
at 2017-04-23 01:18
春のアイランドパークへ
at 2017-04-23 00:57
祝入学!祝早起!
at 2017-04-22 08:38
卒業、卒園、卒ハイハイ おめ..
at 2017-03-26 13:18

検索

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
島暮らし 仕事
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧