気になるソーダ2種ゲット


f0201157_23273698.jpg

                   関所にて

我が家は事務所を兼ねているので個人の電話も仕事の電話もかかってくるようにはなっているものの、実際は僕なりヤチヨなりの携帯に直接連絡がくることがほとんどで、自宅の電話がFAX受信以外でなることはほとんどない。

その電話が鳴るときは大体渡船場からだ。

今朝も朝ごはんを食べていると電話が

「荷物がとどいてまーす」

ここは郵便以外は大体が対岸まで持ってきて渡船に渡し、渡船場に着いたら渡船場から連絡がくる、もしくはたまたま船に乗っていると「浅羽さーん!荷物届いてますよお!」と声をかけられる。

こんなフェリーに乗れない人も出るほどのコスモスシーズンでも渡船場の人たちは船から出てくる300人くらいの人ごみの中から荷物預かっているひとを見つけ出し必ず声をかけてるからすげえ。

渡船場が能古島の関所と言われる由縁はここにある。

さて、一体なにが届いたんだろう??」おまけに着払いとか。思い当たるのは一つだけ、、、きたかな??

ちなみにヤマトの着払いの場合は荷物を受け取った後、なるべく早くに島にある石橋商店さんというところにいき、そこで支払うことになっている。現金払う前に渡しちゃうってのも逃げるやつなんかいない島だからこそ

渡船場にとことこといってみるとやはり来てました。
はるばるアメリカからサイダー1ケース到着。

確か8月くらいだったとおもうが、海外の商品の輸入代行をやってくれる会社に頼んでおいたのだ。

商品代に送料でなんだかんだで1ケースで1万数千円ということで、1本500円くらいになったが、日本ではまだ売っていないものだし、ちょうど僕らが開発しようと思っている商品に近い商品なんでどうしても欲しかった。

すぐに冷やして飲んでみたんだが、、、なるほど、、こんな方向できたか!というくらいで、僕らの作ろうとしている商品とはちょっと違ってたようだが、ボトルデザインも可愛いし、カリフォルニアでは高級レストラン向けとか、高級スーパーでプレミアムでお洒落なソーダとして売られている商品らしい素敵な商品だ。

どんな商品なのかは僕らの商品の開発中ということもあり、またいつの日か
気になる方はうちにきたらお分けします。もう23本しかないけど。

でも今日はもう一本気になっていた商品をダイエーで見つけたので即買い。

定価たぶん147円だろうけど、いきなり98円で売られていたのはさすが企画物!
f0201157_2318687.jpg

ペプシの新商品「ペプシ あずき」

数年前のペプシキューカンバー(キュウリ)にはじまり、シソ、そして小豆か。
どれも短期間の限定発売なのだが、キュウリはマジで美味かったんで、復活を強く願うところ。しそはまああんなもんか。シソってのはすでに北海道のラムネ会社もだしてるしね。

さて小豆を飲んでみる。

蓋をあけて香りをかいでみると、、、うーん、、、、小豆かな、、、ゴクリ、、、うーん、、、よくわからん、、、あ、でも、、後味は小豆、、、かもしれないくらい。

天下のペプシ様のやることなんでいいんだけど、、、、、、

でも、、、僕としてはこっちがほしい。

f0201157_23434122.jpg



日本未発売

残念っ!
# by nocorita | 2009-10-19 23:44 | 飲料 | Comments(10)

いつの間に??

先日のこと

夏野菜も終わったし、そろそろ家の裏の小さな畑をきれいにしておかないとなあと久々に庭にでたところ、終わって地面にたおれている枝にたくさんの真っ赤なトマトがなっているのを発見。採ってみるとその数10個以上。おーラッキー!と冷たく冷やして食った。

そして今日

もしかしたらまたなってるかもな、、、と思い畑に行ってトマトを探していたのだが、ふと横をみると、なんとこれまた終わったと思っていたハラペーニョ、そしてピーマンがたくさんの実をつけているじゃないか。

そして一番驚いたのが、確か春に苗を植えたもののすぐにかれてしまっていたはずの場所に結構立派な紫のナスが元気に育ってて、とても大きくて綺麗な実をつけていたこと。

f0201157_173384.jpg


いつの間に復活してたんだろ。

せっかく出たついでに家の周りをうろついてみたらムカゴ発見。
結構あるが、どうも我が家のミカン畑のほうにはもっとあるような気がしたので下りていく

すると、あるわあるわ。

今夜は週末の営業を終えたノコニコ夫妻と店の残りのパンやクラムチャウダーとともに「チキンと野菜、ハラペーニョの炒め物」と「むかごご飯」

ムカゴご飯はなんだか懐かしい味がした
# by nocorita | 2009-10-19 01:09 | 島暮らし 畑 | Comments(0)

箱崎とろろ

木金は名古屋へ行ってきた。
ヤチヨの実家への挨拶。疲れた、、。

夕方博多について、吉塚の「にゅうとらるさん」の工房に能古島サブレーを取りに行かなきゃいけないけどおなかも空いた、、、ということで、にゅうとらるさん家の近所で、前から行ってみたかった「箱崎とろろ」へ。九大病院の脇の狭い道を箱崎宮にむけて歩いていくと博多曲げ物のあたりにある古い民家を改造した、というか、そのまま使ったようななんとも可愛い店。
f0201157_111203.jpg

僕らが食べたのは「とろろ御膳」(1500円)

f0201157_11125079.jpg

ちょいと食べ進んだところで「あ、写真」と思って撮ったので写っていないもの(タンとか、、)もあるのだが、麦ご飯(おかわり自由)、とろろ、小鉢、焼塩タン、漬物、味噌汁というセット。

一見物足りないような感じもするが、結構満腹になるのは芋だからかな。

なかなか美味しかったっす

メニューみるととろろ以外にもスキヤキとかもあって、お酒を飲みに行くのにもよさそう

是非
# by nocorita | 2009-10-17 11:14 | 食品 | Comments(3)

日曜は10時

[日曜日午後9時半頃大宰府付近にて運転中の僕と助手席の髭ちゃんとの会話]


「んー、、9時半っすか、、あさばさん、、、、最終無理っすね、、、俺ら帰りに買い物にサニーにも寄らんといかんし、、、買い物だけで結構時間かかるっすよ」

「ん?全然楽勝よぉ!いまから姪浜に行って、サニーで買い物ゆっくりしても、楽勝で11時には渡船場に着くって」

「えっ、、、でも、、、今日、、、日曜っすよ。」

「げっ!!!今日日曜かよ!!、、、」



姪浜から島への最終フェリーは11時。


ただし、、、、、日曜祝日は10時、、、、ちっ。


ノコニコ夫婦と僕らの4人でプチネカフェ難民

f0201157_2347952.jpg



朝日がまぶしい
# by nocorita | 2009-10-13 23:53 | 島暮らし | Comments(6)

能古島サブレー売れてます!

昨日から売り始めた能古島サブレー

今回は商品の企画やデザインを僕らが、中身をお菓子職人の「にゅうとらるさん」がやって完成
日本初(?)のフェリー型の箱も面白いんだが、中身もこだわりまくりということで、これは販売台もこだわらないといけないっしょ???ということで作っちゃいました。

f0201157_19132328.jpg

グッデイで偶然見つけた棚に板を固定して、アクリルで絵を描いて、雲や文字は、この手の工作物にはちとうるさいノコニコの髭ちゃんが発砲スチロールをカットして貼り付けたんだが、なかなかかわいい

翌日アイランドパークに商品と持ち込んだところ、とっても気に入ってくれて、Sさんと記念撮影パチリ
f0201157_191413100.jpg



そして今日の夕方、「ほぼ完売なんで明日にでも納品してほしい」という電話が。

なにも告知せずという発売だったし、お菓子の箱とも思えない形なんで、正直売れるかという心配はあったのだが、アイランドパークさんもよい場所に置いてくれて頑張ってくれたし、無事売れてよかったよかった。

なにしろコダワリの製法ということで一日にできるのが50セットくらいということで、帰りのお客さんたちで賑わう港のあたりのお店にはまだ卸せないのだが、まあ今からぼちぼちやっていきましょう。

とりあえずは無事出航!うひょひょひょひょ
# by nocorita | 2009-10-11 19:17 | 食品 | Comments(3)

島民運動会へ


f0201157_17334650.jpg
「おくんち」に続き今日は「運動会」へ行ってきた。

8,9がおくんちで、11が運動会ということで「大変やなあ」なんていってたが、人によっては10日の公民館の文化祭にも参加しないといけなくて、今日あったまさに「くんち」「文化祭」「運動会」三連荘の人はさすがに弱っていた(笑)

島の運動会は毎年公民館の横の運動場でひらかれる
なんと今年で50回目ということで歴史ある大会なのだ。

「くんち」でも書いたが、島は「江の口」「東」「西」「大泊」「北浦」の5つに別れており、そこに大会の共催である「ひまわりの里」の6チームで争われる。

昔は各町が応援団を作り、リレーの練習をして大会に臨み、まさに町の誇りをかけて戦い、当日は太鼓やドラを鳴らして応援を行い、微妙な判定を巡って喧嘩になったりと島をあげての行事だったらしい。

ところが時代が流れ、島にも高齢化の波が押し寄せ、参加者をみても40代でも若手というくらい高齢者が多く、リレーなどの激しい競技に出る人間を集めるのにも町によっては苦労しているとか
f0201157_17343575.jpg

           結構さびしいっす。




ということで、40代前半&メタボな僕もここでは若手バリバリのアスリート。

この43年間味わったことのない僕への期待感に心くすぐられるなあ、、なんて思っていたのだが、数えてみたら5つもでとるし、いくらなんでも人たらなすぎやろ、、、

でもさすがにリレーには呼ばれんかった。どう考えても遅いし。ということで「リレー選手に選ばれたことない歴」を43年に更新中

でも最後の町対抗リレーで盛り上がるおじいちゃん、おばあちゃんたち、そして人数は少ないけれど元気な子供達を見てると、やっぱり人数が少なくなり、高齢化が進んだとしても、毎年みんなたのしみにしているんだなあ。

f0201157_17424292.jpg

        鼓笛隊もいるのだ。カッケーじゃんシゲン!


来年も絶対参加だ!!もうちょっと痩せとこ。
# by nocorita | 2009-10-11 17:46 | 島暮らし | Comments(3)

にゃんこ逝く

僕は動物を飼うのが嫌いだ。

どんな長生きの動物でも大体10年、20年という寿命で、その死を看取ることになるから

そしてそんな動物の死に立ち会ったとき、自分や自分の身近な人達の死も決して遠いところにあるわけではないんだということを考えてしまうから

ところが5年ほど前、やちよが福岡に来たときにゃんこを二匹連れて来た。

それまでにゃんこを飼ったことなかったが、にゃんこのもつ人間との距離感というか、決して嫌いではなかった。特に真っ黒なにゃんこの「うるし」は時々人間じゃないかと思うような反応をするので僕は一気に猫好きになった。

そのうちに野良猫が一匹増え、合計3匹になったのだが白いにゃんこの「きなり」が白血病であることがわかり、まもなく死んだ。

そして気になって検査したところ、「うるし」もまた白血病であることが判明。

猫の白血病は伝染するらしいのだ。

後の1匹と、またもやヤチヨが拾ってきた1匹は大丈夫で定期的に予防注射を打つ事で予防はできるということだったが、うるしは抗がん剤などを打ちながら病気が発症しないようにするしかなく、この一年はいやがるうるしを連れて病院へ行っていた。病院は嫌がるものの、体調は良いようで、時々病気じゃないんじゃないかとおもうくらいだった。

ところが2週間ほど前から容体が急変

この数日は水も飲めない状態だった。

そして、今朝起きたら部屋の隅で冷たくなってた

うるしをどこに埋めてやろうかと一日考えていたのだが、我が家の大きな大きな桜の木の下に埋めてやることにした。

大きく深い穴をほり、そこに仲良しで先に逝った白猫の「きなり」の骨と一緒にうめてやった。

来年の春の桜はきっと見事に咲くことだろう


f0201157_1764952.jpg

# by nocorita | 2009-10-11 17:09 | 島暮らし | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

記事ランキング

最新の記事

島の運動会
at 2017-10-22 10:18
カタツムリハンター「Q」参上
at 2017-10-14 18:14
アザラシプリン&ナマケモノプ..
at 2017-10-11 14:29
大牟田市動物園の秋のイベント..
at 2017-10-04 17:17
「なめろう」が食べたくて
at 2017-09-25 09:56

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧