「たいらぎもなか」を知ってるかい?

昼間は相変わらず暑いものの朝晩はタオルケットなしではちょっと寒くなってきた。

虫の声も夏バージョンから秋バージョンへとかわりかけ。

とはいえ相変わらず朝から虫達は賑やかだが。

「田舎は静かでしょ?」と言われるがとんでもない。都会よりずっと騒がしいぞ。

f0201157_18234420.jpg

                           秋晴れ


先月末から来年春まで大牟田の商工会さんとの商品開発がらみのお仕事で月二回のペースで大牟田に行くことになったのだが、昨日はその第一回目の集まり

どんな小さい町でもそうなんだが、道の駅やお土産物屋で見ているかぎりさほど興味を惹かれない地元の商品でも、実際にそれを作っている人たちと会って話を聞いたり、ちょっと興味をもって自分でネットで調べたりすると、実は深い歴史があったり、製法、原料にすごいコダワリがあったりして「へーっ」と思うことが多い。

これってどういうことかというと、せっかくの商品のウリや店主のコダワリが商品から外に伝わっていないということではないかとおもう。

もちろん対面販売できるものであれば試食してもらい、コダワリを言葉で伝え舌で感じてもらうことができるが、ほとんどの商品というのは作り手から遠くはなれたところで売られる。

知れば「へー買ってみようかな」という商品の魅力(味、歴史、こだわり)を試食や言葉なしに売り場で伝える手段はパッケージしかない

どんな素敵な人でも「汚れたTシャツに破れたジーンズにモジャモジャ頭」では初対面の人に「怪しい」と思われても仕方ないように(あっ俺のことか!)中身がすばらしくても数多くの競合商品の中ではどうしても外見が選択の判断材料になってしまう。

「お客様に買ってもらう」ということで初めて完結するのが商売。

「文字で伝える」「イラストで伝える」「写真で伝える」そのスタイルは様々だがその内面の魅力を上手に伝えるパッケージ力。決して「かっこつける」為ではなく、商品の魅力や作り手の思いを正しく伝える為に材料や製法にこだわるのと同じくらいデザインにこだわるというのは大切なことだとおもう

さて、今回は地元のお菓子屋さんや様々な業者さん達が自慢の商品を持ち寄って、いわゆるプチ会社自慢みたいなのをやってみようという事務局の面白いアイディアでちょっと長め自己紹介と、その後の僕ら外からの人間からの感想みたいなものからはじめようということだったのだが、始めてみると結構皆さんはなすことがあったようで、自己紹介だけですでに予定時間をオーバー。すべてがおわったのは結構な時間で、この時点ですでに島には帰れないこと確定だったのだが、いやいや、、楽しかった。

ここにもグッと来る商品が沢山あったなあというのが最初の感想。

特にお菓子屋さんたちは沢山の商品を持ってきてくださり、さらにお土産にもいただいた(感謝!)

大牟田名物の「かすてらまんじゅう」というのも各社ちょっとずつデザインちがっているのだが、その中で異彩を放っていて「たまらんなあ!」と思わず叫んじゃいそうになったのがこれ

f0201157_18254853.jpg

「たいらぎもなか」

なんと「たいらぎ」の形をしているのだね。か、、かわいい、、さらに中にはアンコと、タイラギの貝柱を模した餅が入っているとか、、くすぐられるぅ、、!

実はこの「たいらぎもなか」、結構歴史あるものみたいで地元の人に「たいらぎ最中いいっすねえ」というと「ん?ああ、葬式とか行ったらあれもらうんですよ」とそっけない。どうやら地元では見慣れた商品らしい。ちっ。でもこんなんあったなんて知らなかったなあ。若い女の子に見せたら喜びそうなんだけど、、


f0201157_18443228.jpg

そのほかにも数々の和菓子が。実は大牟田は他の炭鉱町と同じく和菓子屋さんがとてもおおいのだ。

もちろん今回は「大牟田市民のソウルドリンク」と勝手に呼ばせてもらっている「オームりんご(りんご牛乳)」のオーム乳業さんもこられてて、ちょっと面白い話が進みそう。

そのほかにも珍しいフルーツを作っている農家さんとか、以前一緒にラーメン缶を作ったり、ヨーロッパ、中東など14カ国にこんにゃくを輸出してる石橋屋さんもこられてて、残り半年でやらなきゃいかんことは山盛りながら、今まで暗闇と思っていた先に小さな光が見えたような、そんな一日だった。
# by nocorita | 2009-09-09 21:16 | 動画 | Comments(7)

町の酒屋さんのできること

姪浜でちょっと時間があったんで今宿の酒屋さんへ行ってきた

この酒屋さんは以前たまたまブログ見てて「面白い酒屋さんだなあ」と思って読んでたら「え!福岡!それも今宿!!」とびっくりしたおぼえがあって一度行ってみたかったのだ。

姪浜から海沿いを走っていき、牧のうどんのところから海沿いの細い道へ

しばらくいくと、、、、、

たて看板発見!!ここだ!

f0201157_22211182.jpg

裏はこう。ここに違いない!しかし自家製看板、、ありがたい(嬉)!!

f0201157_2222393.jpg



柴田酒店さん
f0201157_22225637.jpg


f0201157_22233971.jpg


特に広いお店でもないのだが、店内にはドリアンサイダーやスイカサイダーだけでなく、九州で面白い梅酒や酒を企画、販売している九州酒の一座の酒を始め様々な地酒が並ぶ

僕が下町屋をやっていたときに配達をお願いしていたお店もそうなのだが、町の酒屋さんと話していると、「大規模なディスカウントの酒屋におされて小さな酒屋はもうやっていけないよ」という話をよくきく。もちろん安さを求める消費者ばかりの時代で、それも事実だろう。しかしそれと同時に僕はいつも「町の酒屋さんほど酒に興味がない人たちはいないんじゃないか」と思っている。

ほとんどの酒屋さんはその気になれば様々なお酒の情報、そして物に触れるチャンスが多いにもかかわらず大手国産ビールや「霧島」や「いいちこ」といった定番商品意外の商品(リキュールやスコッチなどなど)には全くと言っていいほど興味を持たない酒屋さんが多い。もちろん大手メーカーのビールなんてのは詳しいのかもしれないが、「酒の専門家」である酒屋さんに「こだわりの飲食店」や「酒好きの消費者」が望む「珍しい商品」「楽しい商品」「コダワリの商品」の情報を与えてくれる町の酒屋さんというのはいったいどれだけあるんだろう???。

「この店に入ってみたい。」

そう思わせてくれるお店、たとえば由布院のはかり屋さんや、福岡のボン洋酒店、そして今回お邪魔した柴田酒店なんていうお店にいくと、まず沢山の興味をそそられる商品に自然と滞在が長くなり、さらにそんなお店に必ずといっていいほど置いてある店主オリジナルのミニ情報満載の手描きのチラシみたいなものに目を奪われる。そしてそれを読んでいるとそんな店をプロデュースしている店主の話が聞きたくなり、気づくとその店が取り扱っている商品だけでなく、その店自体が自分にとって魅力ある場所となってしまっていることにきづく。つまりそこのファンになってしまうのだ。そして「その店で」何かが買いたくなる。

大手さえ苦戦するこの時代に、それは「まわりくどい時間のかかる方法」かもしれないが、「ここで買いたい」と思ってしまうファンを作るそんな方法はゆっくりでも確実に効いてくる方法なんだと僕は思う

NB商品あふれる中で地方の商品やサービスが戦っていくヒントはこんなところにあるのかもしれない。
昨年から僕も参加させていただいている筑後の事業にもこんな感覚をいかしていければとおもう。
# by nocorita | 2009-09-07 23:19 | 飲料 | Comments(6)

なんだかバタバタ


f0201157_23431948.jpg
兵庫から戻ってきてから一週間

暇な僕には珍しく何故か毎日なんだかんだと予定が入ってばたばたしていた。

やたらフェリーで行ったり来たり

戻ってきた翌日はある町で会議

僕は「みんなで一緒になにかをやる」ってのが本当に向いていないんだなと思う

もちろん協調性がないと言われたことはないんで頑張ればやれないことはないんだろうとはおもうし、同じ方向を向いている人たちと一緒だと燃えるから、正確に言うと「ほんとは自分は別にこれがやりたいわけじゃない」という人達を励ましながらやる方向に持って行くというのに向いていないということなんだろう。

とはいえ、もういい歳なんだし、いつまでも苦手だなんて言ってられないし、今回は来年2月までの期間限定ということもあり、「ちょっくら頑張ってみようか!」と思っているところ

そしてその翌日はテレビの取材。

先日の平日深夜2時からの番組とは違って今回は土曜日の午後7時からTVQで放送中の「きらり九州めぐり逢い」という旅番組。

レポーターでやってきてくださった大地康雄さんがすげえ面白くてカッコイイ方だったし、スタッフの方々も気持ち良い人たちで、ノコニコ夫妻も僕らも楽しい取材だったんだが、あとから考えてみると、なんか毎日釣りばっかやってる俺らのダメダメぶりが公開されるようで、ちょっと不安。

週の後半はこれまた打ち合わせで大分県の九重町へ

会議の時は初めてお会いする方もいたし、会議ではあまり発言もなく、「こんなんで話は進むんだろうか、、」と思ったのだが、会議の後の飲み会では僕も大好きな地元の焼酎「なしか!」効果か、皆さん熱く語ってくださって、その中で今回の商品企画に関する面白いキーワードみたいなものも見つかったので、収穫あり

別に会議より飲み会がいいというわけではないのだが、お酒が入るといろんな話が聞けるのは確かで、たまにはそんな席もいい。

会場近くの駅。かわいい。「なしか!」の製造元の八鹿酒造さんもここの目の前。

f0201157_2330495.jpg


無人駅である。緑の箱に切符をいれるのだね。

f0201157_23312381.jpg


翌日帰りがけに久々に激ウマのホットドッグを食べようと「リバーワイルドハムファクトリー」へ行ってみたのだが、残念!臨時休業!またいきます!

f0201157_233245.jpg

# by nocorita | 2009-09-05 23:46 | | Comments(3)

ただいまっ

一週間の旅から帰還

道の駅に泊まりながら4日かけて兵庫の養父というとこにある友人のペンションに遊びに行ってきたのだが、帰りは一気に例のETC割を使って帰って来た。



f0201157_22381471.jpg


f0201157_22385598.jpg

今回行ってきたハイパーボウル東鉢の「ペンション ママス&パパス」


f0201157_22282910.jpg

疲れたっす



福岡インターでゲートくぐるまで「本当に600kmも走って1000円なんだろうか??」と不安だったのだが、当たり前だが1000円。そこから姪浜まで都市高速が600円ということで、都市高速たけえ!!

いやあ、しかし正直、これまで山陰を馬鹿にしていたのだが、スマヌスマヌ、、、

夏の山陰は海も山も綺麗なうえに人が全然いないんで(鳥取県全体で60万人!県全体だって!)、特に米子から鳥取までの海沿いの道はまるでアメリカ!

f0201157_22293061.jpg


昔行って「大したことなかったな」と思っていた鳥取砂丘も美しい!

名物の白イカやばかでか岩ガキも美味かった

数年ぶりに会った友人夫婦も元気だったし、行って良かった

息子の夏休みも明日で終わり、いよいよ受験モード。がんばれ!

無事合格したら今度は雪降ってる頃にまた行きたいなあ

f0201157_22304811.jpg


あと3か月ちょっとで雪景色
# by nocorita | 2009-08-30 22:42 | | Comments(3)

今日は「ハワイ」へ!

萩を出て一路北へ

ここまでくると二日後にヤチヨを拾う鳥取までもわずか。
ちょっくら観光しながら行こうか

ということで出雲で蕎麦くって、松江で松江城みて境港で鬼太郎の銅像などをちらりとみて米子を過ぎさらに北へ

山陰って、ニュウトラルさん言うようにもっと観光客増えてもいいんじゃないかと思うくらいの絶景が続くのだが、米子から鳥取に向かう道は特にすばらしい。

大げさでなく、ロサンゼルスからサンフランシスコへ向かう道のようにどこまでも気持ちいい道が続く

今日の宿は是非一度行ってみたかった「はわい」

なんと「はわい温泉」なんてものもあるらしく楽しみにしていたのだが、途中で海岸でのんびりしたり、道の駅に寄ったりしていたんで残念ながらついたのが遅かったのでその日は「道の駅はわい」で買ってきていたお寿司を食べて就寝。ここの道の駅は高速のパーキングみたいだったけど静かでゆっくりできた

そして翌日。

いってきました「はわい温泉」

国道から「はわい」へ向かう道沿いには小さなソテツも植えてあるし、「コーポハワイ」やら「ホンダハワイ」、「ハワイ動物病院」などなどハワイづくし

f0201157_16182870.jpg

道はこんな絵も描いてあるし
f0201157_16165320.jpg

ポスターもハワイ

f0201157_16172145.jpg

旅館のスタッフの人たちもお約束のようにアロハやし

かなり本気とみた

ビバ 羽合!!

「道の駅はわい」には水産物も売ってあって友人へのお土産にバカデカ岩牡蠣を購入
f0201157_1619441.jpg

# by nocorita | 2009-08-27 16:21 | | Comments(0)

只今日本海を北上中!  萩

先日のジンジャエールNEOのヤフートピックスに出た件なんだが、4年前に同じように「こどもびいる」がはじめてヤフーに出たときの混乱を憶えているので、「どうなっとるかな??」と友桝さんに電話してみたら偉い騒ぎになってた(笑)。社員のほとんどは出ていたこと知らなかったみたいで、「え??なに??え?どしたの?」みたいな。メールだけで数百件の問い合わせと鳴り止まない電話、、、、、が、がんばってくらさい(ひとごと)

さて、18歳の頃、僕ははじめて住み込みのバイトをするために沖縄県八重山郡の西表島へ向かった。

那覇で船を乗り継ぎ、石垣に到着し1泊してから西表に向かおうと宿に荷物を置き、近所をフラフラしていたとき当時の石垣島ではちょっとみない可愛い喫茶店を発見。

そこのマスターと仲良くなり、半分強引に誘われ、ホテルから荷物を引き上げ自宅に泊めてもらったのが出会い。その後マスターは沖縄を離れ全国を旅した後、兵庫県の山奥でペンションを始めた。福岡に越してきてからもヤチヨや息子連れて何回かお邪魔したが、最近はご無沙汰。

そのマスターから「久しぶりにこいよ」連絡があり、行くことに。

「せっかくなら高速なんて使わずに車でいきたいなあ」と、用事があって島を離れることできないヤチヨのみ26日の夜のバスで出て27の朝に鳥取で僕らが拾うことにして一足先に息子と出発。

福岡から下関までが4時間もかかってしまったのだが唐戸市場でちょこっとお寿司を食べて力をつけて出発。
夕方山口県の萩に到着。

僕の車は屋根があいて車の上が寝床になるというなんちゃってキャンピングカーなので特に下調べもせずどこか景色のいいところ、できれば道の駅で車停めてねれたらいいやと思っていたので、もうそろそろと思っていた頃にちょうど見つけた「阿武町」の道の駅へ

ところが、この道の駅、すげえいい

キャンプサイトとかはないんだが、海の目の前の土の駐車場に椅子やテーブルがおいてあって景色も最高。ちょうど車を停めて屋根をあけたところで綺麗な夕焼け

f0201157_911196.jpg


道の駅は大体5時にはしまるところがおおく、この道の駅も店はすでに閉まっていた。

が、一箇所だけ明るい建物がある。とことことあるいていってみると、なんと温泉。露天風呂も豪華な設備もないが、一人300円の弱塩のお風呂にゆっくりつかって大満足。

夕食は途中で買ってきた水餃子と野菜で鍋。

いつもよりずいぶん早く就寝。

そして夜中にトイレに起きてみて驚いた

凄い星。

天の川も見える

さすが山陰。灯りが少ない(笑)

今日は一路松江へ。途中出雲でそば食って、ワイン買って、息子の大好きな城を見て(松江城ね)また宿探し。さあ出発だ
# by nocorita | 2009-08-25 09:02 | | Comments(2)

n.e.o プレミアムジンジャー・エール YAHOOに!


f0201157_21252979.jpg
こどもびいるの時もそうだったが、友人たちのほうがYAHOOとかのチェックよくやっているようで、今回も友人数名からの連絡でYAHOOのトピックス(読売新聞記事)よりに出ていることを知った。


記事の開発秘話部分についてはまあいろいろ言いたい事はあるが(笑)、まあ僕らは裏方ということで、、、

今回のリアル開発秘話は以前のブログに。



昨年の発売当初は月間5000本とごく少量の販売数量であったが、「動きがにぶいですねえ」というトモマス飲料さんに対して「この商品についてはなんの心配もないっす。不安は友桝さんの営業力くらいっすかね(笑)」と言ってた。すべての面で絶対の自信を持てる商品なんでじわじわと売っていけば必ず広がると

現在月間3万本。

まだまだいける!!
# by nocorita | 2009-08-23 21:31 | 飲料 | Comments(3)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

記事ランキング

最新の記事

雨の日は読書など。「帰ってき..
at 2017-08-15 14:41
さようなら。またあおう。
at 2017-08-14 09:26
今年も記念の一枚を(2017年)
at 2017-08-12 12:39
日記 20170809
at 2017-08-10 11:46
ちっちゃい「カバ印」はいかが..
at 2017-08-09 17:03

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧