「スワンサイダー」が「Topawards Asia 」の2017年8月の受賞商品に

f0201157_09555943.jpg
さすがに昼間はまだまだ暑いものの、朝夕は随分と涼しくなってきた能古島。

あまりの夏の暑さに負け、数年前に寝室に取り付けた室外機一体型の窓はめ式のエアコン。これをつけていると「ゴーッ」と凄い音がするのだが、昨夜は随分と涼しかったので、久しぶりにエアコンをつけずに寝てみると秋の虫たちの大合唱が聞こえてきて秋が近づいてきたんだなあと感じた。

さて、先月の中旬に「Top awards Asia」という団体の担当者の方から突然のメールをいただいた。

友桝飲料の「スワンサイダー」が8月の受賞商品の一つに選ばれたというお知らせだった。

8月のawardのテーマは「Nostalgia」ということで、「ココアシガレット」等と共に受賞したらしい。
この賞自体は確か以前に筒井花火さんが「受賞しました」というニュースをSNSにあげていたので存在自体は知ってはいたのだが、今回いただいたメールの中にTopawards asiaについての説明が書かれていた。

Topawards Asiaは、「アジア限定のパッケージデザイン賞」で、アジア内の洗練されたパッケージデザイン商品をピックアップし、世界で活躍されているアートディレクターに直々にお願いをしてその商品を審していただいています。そして審査員の評価が高かった商品のメーカーさままたはデザイン会社さまに受賞のご連絡をしております。受賞した優れたパッケージデザインをSNS等を通して世界に発信し、これからのアジアのパッケージデザイン業界の発展を目的としております。受賞に関しまして費用などはかかりませんTopawards Asiaはエントリー制のパッケージデザイン賞ではないため、このような突然の受賞のご連絡となってしまい困惑される方も多いのですが、消費者目線で選ばれた「本当に良い」パッケージを世界に発信したいという思いで、弊社ウェブサイトで受賞作品をご紹介しております。」
自分たちがデザインを本業としていないからかもしれないが、この賞自体がどんな物なのかは知らないのだが、自選でもなく、モンドセレクションみたいな有料でもなく、ある日突然誰かから「褒められる」というのは、それが賞の大小に限らず、いやそれが賞なんかでもなくて誰か一個人からであっても仕事をやる上で励みにもなるし本当に嬉しいことだ。特に僕は褒められて伸びる子なんでねw。

「スワンサイダー」は僕らにとって、こんな仕事を始めるきっかけとなった「こどもびいる」につぐ商品だったこと。また単に自分が欲しくて作った「こどもびいる」と違って、最初から飲料メーカーの商品として販売する為にデザインやコンセプト、原料の選定まで関わって作った最初の「仕事」でもあり、とても思い出深い商品だ。

先月一杯で、これまで「こどもびいる」の発売から12年ほどに渡って商品開発やブランディングのお手伝いをさせていただいてきた(なっていたかはわからないけど、、w)友桝飲料さんの「ブランディングに関する仕事」から離れることを決めたのだが、その最後にこの思い出深い商品でこうやって褒めていただけるのは僕らにとって不思議で嬉しいご褒美だ。

スワンサイダーについてはいろんな思い出があるが、長くなるのでまた今度w




# by nocorita | 2017-09-01 11:35 | 飲料 | Comments(0)

久々に車を手塗りしてみた(ダイハツタント)

f0201157_11050793.jpg
椛島さんの農園に放置してあった「ミラウォークスルーバン」を修理して乗り始めたのが昨年の春。
f0201157_11055142.jpg
20年ほど前の古い車なんでちょこちょこと修理は必要ながらも、車好きの僕にはたまらないかわいい車で、その後ノコニコの髭ちゃんと共に手塗りで色を塗って島の車として乗っていた。

ところがある日、走っているとハンドルがグラグラし始めた。「またこわれたか。。」と知り合いの車屋さんに持って行き、「修理お願いしますーできたら連絡ください」と軽い気持ちで預けたのだが下を見てみると車体自体がサビでボロボロになっていて、「部品交換でどうにかなるものではないですね、、」と言われあえなく廃車。
f0201157_11063784.jpg
そこで次に選んだのはこちら「タント」の初期型。ホンダのモビリオとか他の車でも言えるのだが、大体は初期型が一番カッコイイ。今のタントはスライドドアになっていて便利なんだろうけど、四角いんだけど角が丸みを帯びたボディーと、変に今風にクネクネしていないシンプルな長丸いライトとテールランプの初期型はかっこいいし、登場からずいぶんたっているしタマ数も多い車なんで安いのもよし。さらに、とにかく広いのが子沢山にはよいね。

今回買ったのはオレンジ。それはそれでいいのだが、島に同じ色の同じ車の人がいて結構間違われて申し訳ないのと、もともと「人と違うものが大好物」なんでw、前回髭ちゃんと一緒に塗った時に残っていた塗料を使って塗装することに。

今回は自らも「塗り替えたい」とすでに塗料も買ってしまったという島の友人の練習もかねて二人で塗装することに。
f0201157_11092879.jpg
朝8時からまずは一人で洗車して、その後、前回塗った時に「やっときゃよかったな、、」と思った(脱脂しないとワックスとかで塗料が弾かれる)「脱脂」を行い、一番肝心なマスキング。タントの場合ドアの窓にボディー同色の部分がないのと、車自体が四角なんで割と簡単にできた。
f0201157_11100131.jpg
ヘッドライトはバンパー外さないと取れないと聞いていたのでマスキングし、テールライトはネジを外したら取れたので外してしまった。
f0201157_11104789.jpg
そして10時にやってきた友人と二人で広い面はローラーで、狭いところは筆で塗装していく。つや消しなんで、適当に塗っていって、薄ければ上から塗り重ねたりしていってもなんとかなるのがいい。大事なのは「しっかり洗って、しっかりマスキング」だけなんじゃないだろうか。

途中休憩したりお昼食べたりしながらも2時過ぎには完成。乾いたところでマスキングを剥がすとこの通り!
f0201157_11113289.jpg
今回は手間省くのに車内のオレンジの部分の塗装は行わず、ドアを閉めた状態で下地のオレンジが見えなきゃいいというくらいでやったので中をみるとオレンジなのだが、それはそれでいいかんじにあがってよかった。

ちなみに塗料を買ったはこちら。つや消しの塗料ってのは意外にないし、こちらだと結構かわいい色が揃っているのでオススメです。

前回は塗っているところを動画で撮っていたのだが、今回なぜか忘れちゃっていたのでw、近々今度は友人の車を塗る際には撮らなきゃだな。。






# by nocorita | 2017-08-30 11:29 | 島暮らし | Comments(0)

津久見イルカ島へGO

f0201157_11161538.jpg
二学期といえば9月からなんだと思っていたが今年は本日8月28日が始業式の能古島。今日からまた家族全員での登校&登園が始まった。あいかわらず荷物重そうだけどがんばれー!
f0201157_11201865.jpg
さて、、、夏休み最後の週末となった先週、大分県の津久見にある「イルカ島」という「うみたまご」の関連施設へ行ってきた。ここは以前は市営の釣り堀だった施設を「うみたまご」と津久見市が共同で作ったイルカを中心とした体験施設。
f0201157_11401180.jpg
受付や売店、食堂などの施設は追加されているものの基本的には屋外施設であり、釣り堀っぽいというか養殖場みたいな外観で、「うみたまご」のような水槽で魚が泳いだりガラス越しにイルカが泳いだりするのを見ることができるわけではないが、イルカだけは沢山いるw。顔ハメもあるじゃん!
f0201157_11204829.jpg
ここ入場料は900円弱と安いのだが、これで見ることができるのは泳いでいるイルカと1日に数回行われる短いイルカショーくらいで、そのほかは基本有料
f0201157_11155999.jpg
その中で一番人気なのが「イルカと記念撮影」。これ一人500円で2人以上だと1000円。とりあえず我が家も1000円払ってパチリ。
f0201157_11212183.jpg
九太さんが喜んでいたのが「イルカの餌やり」500円。
f0201157_11221459.jpg
正確にはイルカ、アザラシの餌やりなんだけど、ほぼ全員イルカにあげてるんでアザラシのとこいくとメッチャ目を合わせてアピールしてくる。すまん俺は持ってない。
f0201157_11225768.jpg

こちらは「魚の餌やり」。広い養殖場に浮かんだ電動ボートでブーンと行くと「ピラニア?」と思うくらいめちゃめちゃな数の魚がよってくるので餌をあげるという、なんてことないイベントなのだが、本物の船を操船できるという部分に惹かれるのか万次郎さん予想外の大興奮。こちら1000円。
f0201157_11234659.jpg
そして、、、今回ここにやってきた目的がこちら

1日三回定員30名で行われるこの施設のメインイベント、「イルカと泳ごう」8000円(ウェットスーツ込み)!「はっせんえん!!!ディズニーランドより高いじゃん。」と驚いたが、今回これやりたくて来てるんでねw。とりあえず万次郎だけ参加したが結構家族連れで参加している人も多いんだがすげえなあ。
f0201157_11250296.jpg
ウェットに着替えたらまずは説明と、なにか胸にあてた手をビュッと斜め上にあげる練習をしていた。なんだろう?
f0201157_11252380.jpg
その後数名づつ別れてインストラクターのお兄さんと一緒にイルカを触ったり餌をあげたりと、まずはイルカに慣れる練習。
f0201157_11254184.jpg
それが終わるといよいよ一人づつイルカの背びれ(?)につかまって
f0201157_11254944.jpg
プールをゆっくり一周。おーっ!やりてえー!
f0201157_11255751.jpg
一通り終わったら今度はイルカが仰向けになってくれて
f0201157_11260504.jpg
プールを一周。おーっ!やりてえー!
f0201157_11262015.jpg
これで終わりかと思ったら、みな一列に並ぶ。そしてやってきたイルカに先ほど練習していたポーズで腕をシュッとやると、、、イルカはすごい勢いで潜って行って、、
f0201157_11295626.jpg
ジャーンプ!!

そうか、あれはジャンプのサインだったのね。
f0201157_11303611.jpg
最後に「さようなら」というと、イルカはバシャバシャバシャバシャ!と手(ヒレ?)を振って水浸しの子供達も大喜び。

そこそこの金額だし、福岡から津久見までの距離考えると普通は泊まりがけで来る場所と考えると(僕らは日帰りw)、結構安くはないが、特に「イルカと泳ごう」は他ではやっていないイベントだし、なんだかんだで結構な内容の濃さと長さだったし、万次郎も喜んでいたのでまあ夏休みの思い出作りに一度来るにはよい場所かもしれない。

ちゅうか、残り少ない人生かもなんでやっとけばよかったな。。。

f0201157_11314686.jpg
ちなみに何もやることがないジッポさんはそんな様子を対岸から「ねーにやってんだよ。おれ全然おもしろくねえし」とオムツ姿でジーッ。






# by nocorita | 2017-08-28 11:40 | | Comments(0)

長男の帰省

f0201157_10513545.jpg
北海道に住んでいる長男が正月以来久々に福岡へ帰省してきた。いつものごとく家の前で記念撮影。

来年の春が大学受験の長女は「この夏は勉強頑張る!」ということで遊びに来ていないが、それでも結構な人数になってきたな。

この前進学して見送ったと思ったら、早いもので長男が北海道へ行ってからもう四年半。
来年は大学院の二年生ということで、いよいよ就職活動。一体どこの会社に入ってどこに住むのか?
僕自身大学卒業後しばらくは入社した会社の配属により関東に住んでいたが、正直九州に戻りたいと思い続けていた。

僕と同じで都会暮らしが得意とは思えない長男の事。できるならば九州、もしくは自然豊かな地方都市で暮らして欲しいが経済の中心は関東関西。なかなか難しいのかもしれない。まあここからは彼の人生なんで口出しすべきでもないが。。
f0201157_10530682.jpg
研究室が忙しいようで10日ほどの滞在を終え昨日北海道へ帰って行った長男。
f0201157_10533619.jpg
お兄ちゃん大好きな万次郎さんはお兄ちゃんをゲートまで見送った後から超ブルーw

また正月に!



# by nocorita | 2017-08-21 10:56 | 島暮らし | Comments(0)

TNC「美の鼓動」

f0201157_10115541.jpg
6月の後半くらいに能古の自宅、「下町屋」、そして椛島氷菓と二日間ほど密着で取材いただいたTNCさんの「美の鼓動」という短い番組の「2017年8月20日」の放送に出させていただいた。(上の写真は、いわいあやさん撮影)

結構な長寿番組となってきたこの「美の鼓動」という番組の動画を撮影しているのは、友人であり、友桝飲料のホームページの中の「のみもののよみもの」というコーナーの写真と動画をお願いしているカメラマンの「いわいあや」さん。

そんな訳で、ほとんど緊張感もなく、どこ撮られてるんだかもわからないままに撮影終了。

気の利いた事を言った覚えもないし、大きな仕事を撮ってもらっていた訳でもなく、そもそも「美」という言葉と僕ってのは結構距離あるんじゃないか?という気もしたので、「撮影はできたけど放送されない可能性もあるな、、、」と思っていたので放送されると連絡いただいたときは「まじ?よくあれでまとめられたな、、」と驚いた。

「美の鼓動」のサイト上にアップされていた動画を見てみたが、うん、素の僕らそのままの「ぼんやりしたかんじ」がでてててよかったね(よかったのかっ?w)。

動画はこちら





# by nocorita | 2017-08-21 10:18 | 島暮らし | Comments(0)

雨の日は読書など。「帰ってきた日々ご飯③」

f0201157_14232866.jpg
朝から久々のシトシト雨。

朝から晴れて一気に気温が上がり午後にみるみる曇ってきたかと思ったら南国のスコールのようにザーッと降ってくるのが夏の雨だが、まるで梅雨時期のよう。

お盆ではあるが特に出かける用事もないわがや。八智代は月末のはずの締め切りが盆明けに変更になった仕事を片付けるのに必死だし、子供達はなんと長男も一緒になってマインクラフトで忙しそう。

まあこんな日にしかできない事もあると、「休みの日のお昼寝は父ちゃんの背中で」と決めてるっぽく、お昼近くになると泣きながら寄ってくる末っ子をおんぶ紐でおんぶして、椅子に座り、先日いただいたもののなかなか読む時間がなかった本を読む事に。
f0201157_14233445.jpg
高山なおみさんの「帰ってきた日々ご飯 ③」
f0201157_14385119.jpg
高山さんは能古島で開催される「ノコノコロック」というイベントの度に島のノコニコカフェの夫妻の家に泊まって当日の販売用に「南国カレー」を作るのだが、「美味しい」という噂を聞きつけた来場者や、「高山さんのカレー目当てできたんじゃないか?」と思われるたくさんの「高山なおみ」ファンのお客さんたちであっというまに売り切れる「ノコノコロック名物」ともいえるカレーなのだ。

そんな高山さんが「新刊」の発売記念のイベントで絵本作家の中野さんと一緒に福岡にやってきてノコニコ夫妻の家に滞在していったのは今年の春の事。


滞在中にちょうど僕の51歳の誕生日でノコニコ夫妻とともに我が家へやってきて、ご飯食べたりお酒を飲んだり、万次郎とオセロをしたりと楽しい時間を過ごさせてもらった。

そんな高山さんから先日ノコニコ夫妻経由で送っていただいたのがこの本。

料理家である高山なおみさんの本だが、エッセイというか、ほとんど高山さんの個人的な日記を覗き見ているような自然な文章で、旦那さんであるスイセイさんとの毎日が綴られている。

日記の中にはその日の朝ごはんや昼ごはん、晩御飯の献立も書かれてはいるが、聞いた事もないような凄い料理や、「これはこうやってつくるべし!」的なものではなく、買ったり、いただいたりした食材を使ったごく普通の日々の、でも献立を読んでいるだけでお腹が空いてきそうな献立の数々が書かれている。

なーんて書いてると、お腹がすいてきたわ。

今夜は何を作ろうか。。。







# by nocorita | 2017-08-15 14:41 | 島暮らし | Comments(0)

さようなら。またあおう。

f0201157_09121716.jpg
夏休み後半戦。今年はなぜかは知らないが、やたらとカブトムシが家に入ってくる。狭い箱で飼うのもかわいそうなんで毎回スイカを振舞ってお見送り。
f0201157_09124609.jpg
お盆ど真ん中の能古島は、人、人、人で対岸に買い物に行くのも辛いので島にこもっているが、さすがに食材が尽きてきていつものごとくの「何もない時の小麦粉頼り」で朝はピザで、お昼は退屈気味の万次郎たちに遊びがてら踏ませて作った「手打ちうどん」
f0201157_09130143.jpg
昨夜はお隣の家の前で子供達と花火。
f0201157_09134371.jpg
花火大会の大きな打ち上げ花火もいいけど真っ暗な島で子供達と遊ぶ玩具花火も夏っぽくていい。
f0201157_09135726.jpg
こちら「画期的な光る花火」と書かれた花火は、フランケンシュタインの描かれた箱がボンヤリと光るのみで、このシュールな感じを狙ったのであれば確かに画期的。
f0201157_09141436.jpg
さて、この夏、お隣のお家には7月の頭くらいから現在アメリカに住んでいる兄弟がお母さんと一緒に里帰りしてきていた。

お兄ちゃんは生まれた場所こそ能古島とアラスカという違いと時差による日付の差はあるものの、同じ日の同じ頃に生まれたほんとの同級生。
お人形のように可愛い妹のほうは、これまた九太と同級生。日本に帰るのは数年に一度の里帰りの時だけで久々の帰国だ。
f0201157_09163531.jpg
これ万次郎達が3歳になる直前くらいの夏に帰国してきた時の写真。二人ともまだ小さいw
f0201157_09175341.jpg
彼らは普段はアメリカに住んでいるので二人とも日本語は全く話せないのだが、今回お兄ちゃんのほうは「せっかくの機会なんで」と夏休み前までの2週間ほどを能古小学校の一年生として過ごした。アメリカでは「子供達が歩いて通学する」なんでありえない事らしく、通学自体も新鮮だったよう。

夏休みに入ってからはお母さん達といろんなところへお出かけしたりしていたが、実は意外にインドアなのか、、、結構万次郎と一緒に我が家で「星のカービィー」をやっていた気がするw。
f0201157_09181406.jpg
そんな訳で帰国直前に迎えた二人の誕生日に用意したケーキはこちら

今朝早く福岡を立ち、乗り継ぎ含めて数十時間がかりでアメリカへ戻って行った家族。

特に日本語を教えるつもりはなかったようだが、最終日も万次郎とゲームをしている部屋からは彼の「チョーットマーッテー」や「ナーニーソーレー」という彼の声が聞こえてきていた。言葉ってのはそうやって覚えていくんだなあ。

次に会う時には随分大きくなっているんだろうなあ。楽しみだ。またあおう。






# by nocorita | 2017-08-14 09:26 | 島暮らし | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

記事ランキング

最新の記事

カタツムリハンター「Q」参上
at 2017-10-14 18:14
アザラシプリン&ナマケモノプ..
at 2017-10-11 14:29
大牟田市動物園の秋のイベント..
at 2017-10-04 17:17
「なめろう」が食べたくて
at 2017-09-25 09:56
糸島へ。「またいちの塩」&「..
at 2017-09-25 09:19

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧