田植えの授業へ

f0201157_12064713.jpg
この春から能古島の小学校に通い始めた次男の万次郎。島内の子供達に島外からの子供達を合わせて1年生16人というのは島外の小学校から見たら少人数だが、能古小では他の学年と比べると「今年はかなり多い」と驚かれるw
f0201157_08153518.jpg
そんな能古小では島の学校ならではの行事がちょこちょことあるのだが、先日の磯遊びに続いて今回は田植え。
f0201157_12091589.jpg
学校からトコトコと20分ほど歩き、島の西の公園近くにある島の農家さんが貸してくださっている田んぼへ。
f0201157_12042000.jpg
1年生から6年生まで皆列になって田んぼへ入っていく。
f0201157_12043487.jpg
準備完了
f0201157_12034429.jpg

全員一列になって先生のひっぱる糸に沿っての田植え。
f0201157_12035854.jpg
万次郎さんも頑張る。
f0201157_12143614.jpg
時間の関係もあり、子供達が残した部分(まあ9割くらい残ってるけどw)は島でブラッドオレンジを作っているヨシキくんが田植え機でシャーっと終わらせたw。はええわ田植え機、、、。
f0201157_12145139.jpg
秋には稲刈り。楽しみだ。

*田植えの写真は全てカメラマンの戸高ケイイチロウ撮影。ありがとう。






# by nocorita | 2017-06-27 12:18 | 子育て | Comments(0)

梅雨がきた

f0201157_09260232.jpg
島に住んでいて一番嫌な季節である梅雨がやってきた。

特に我が家の場合、ほとんど森の中にあるようなものだからか湿気が半端ない。

9年前に島に来てしばらくしてから、「水とりゾウさん」とかいうレベルじゃねえなあ、、、と気づき大型のスーツケースくらいの大きさの除湿機を買った。

この除湿機は業務用じゃないかというくらい強烈な能力なのだが、3リットルはあるかと思うタンクに溜まる溜まる。

付けっ放しにしていると大体一日に3回くらいは満水になって水を捨てなきゃいけない。

おまけに湿度計が付いていて、湿度が高いときには赤に、最適な時は青に光るのだが梅雨時期は青く光るところを見た事がないw。

ガンガンに回していても常に80数パーセント。これで除湿機なかったらどうなるんだろう???

さて、そんなジメジメした能古島だが、子供達は元気に暮らしている。
f0201157_09252915.jpg
梅雨の晴れ間は港近くの公園で水鉄砲遊び。いまの水鉄砲は威力あってなかなかたのしいw
f0201157_09254304.jpg
九太さんはこの季節、虫がたくさんいるのが嬉しいらしく、毎朝カタツムリやらダンゴムシやらカナブンやらを捕まえては保育園へ持っていってる。
f0201157_09255101.jpg
先週からはお隣のお家に万次郎と同じ歳の男の子がアメリカから実家に里帰りして夏休みまでの短い時間だけど能古小学校に通う事になり、毎朝一緒に楽しそうに登校している。彼は日本語を話せないし、万次郎を含め子供達も全く英語を話せずなんで、大丈夫かな、、、と思っていたのだが不思議となんとかなっているようで、本人も「たのしい」と言っているみたいだし、子供達、特に女の子たちは外国からやってきた転校生に興味津々らしいw。
f0201157_09262819.jpg
アメリカでは「歩いて学校にいく」ということがないらしく、長い長い坂を下って登っての登校は大変みたいだが、楽しい学校生活の思い出になればと。
f0201157_09250738.jpg
先日昨年同様わずか一日半で完売となった「トウモロコシ狩り」に行けず「残念、、、」と思っていたら椛島さんから大量のトウモロコシが届いた。

すぐに茹でて食べたのだが「メロンより甘い」というトウモロコシは本当においしくてジッポもガシガシガシガシとすごい勢いで食べていた。
f0201157_09261877.jpg
昨日は島のみかん農家さんから大量の完熟のスモモをいただいた。
f0201157_09302612.jpg
旬の食べ物をいただくのが一番嬉しいなあ。みなさんありがとう。





# by nocorita | 2017-06-26 09:33 | 島暮らし | Comments(0)

緊急告知!2017年杏里ファームのトウモロコシ狩り完売です!!!

f0201157_11204994.jpg
杏里ファームの2017年の「トウモロコシ狩り」ですが、雨の中、多くのお客様においでいただき、、、、

完売の連絡が入りました!

昨年の1日半での6000本完売に今年は10000本でのぞみましたが、、、、

明日の日曜日に行こうと思っていた方も多いと思いますが、完売となってます!

実は僕らも今から島を出て向かうところでしたがw残念っ!!

また来年!

# by nocorita | 2017-06-24 11:21 | 遊び | Comments(0)

「トウモロコシ狩り」初日終わりました!残り約3500本ですー!

f0201157_06275634.jpg
いよいよ始まった杏里ファーム2017年の「トウモロコシ狩り」ですが、今年は昨年の6000本から大幅に栽培数を増やし10000本のトウモロコシを準備しておりましたが、初日の昨日は金曜日にも関わらず大勢のお客様に来場いただき、なんと一気に6500本ほどが売れてしまいました。

ということで、10000−6500=3500本。

残り3500本となりました!

明日は大雨なので「来週平日にでもいくか」と思ってましたが、僕らも朝からGOですw

では畑で会いましょう!!

残ってますように、、、










# by nocorita | 2017-06-24 06:29 | 遊び | Comments(0)

いよいよ!杏里ファームの「トウモロコシ狩り」始まる!

f0201157_16505958.jpeg



おまたせしました!

いよいよ本日23日より杏里ファームの「トウモロコシ狩り」がはじまります!

「えー?確か24日からでは?ポスターもそうだし」

と言われちゃいそうですが、はい。僕も昨日しりましたw。

実は毎年前日、つまり本日テレビの取材が入る(アサです。ZIP)のですが、「明日から」と言っているにも関わらずやってくる人が多いので、急遽本日23日からのスタートとなったようです。昨年は大量に用意したつもりの「6000本」のトウモロコシがわずか1日半でなくなった大人気のイベント。

二日目の午後に来ていただいたのに丸裸の畑を見て呆然としている子供達の姿に「もうしわけない、、」と思ったらしく、今年は10000本を超えるトウモロコシを育ててた椛島さんではあるものの、特にテレビ効果はデカイんで、僕らは日曜日に行こうと思っているんだけど、大丈夫かなあ、、。

まあ週末は雨らしいし、10000本もあるのでいきなりなくなることはないとおもうけど、まあできるならば来週前半の平日に行けたらすばらしいかなあと。

なんせ、お出かけの際は特に遠方の方は状況を電話で確認していかれるのがベストです。

トウモロコシの状況については毎日入れていくので参考に〜



# by nocorita | 2017-06-23 06:19 | 遊び | Comments(0)

大牟田市動物園に新車きたぞっ!!

f0201157_08514372.jpg
以前から噂には聞いていたが「大牟田柳川信用金庫」さんの創立100周年記念事業で大牟田市動物園に車がプレゼントされた!
f0201157_08515186.jpg

すげー太っ腹。ハイエースではなくNV350というところもマイナー志向の僕的には渋くてよし!
f0201157_08520193.jpg

そしてボディーには先日ヤチヨさんが作らせていただいた動物園の園内マップに使われた動物のイラストや、ロゴがペタペタペタと。
f0201157_18102375.jpg

これはさっそく見に行きたいところではあるが、昨年くらいからテレビや雑誌、新聞のメディア関係の取材が異常に多くなってきた大牟田市動物園だが、今週はNHKさんの全国放送の「ひるブラ」、いつも取り上げてくださっている「アサデス」に出て、さらに明日は僕らkemonoteも出る(多分w)TVQさんの「ぐっ!ジョブ」と出まくり。


特にNHKの全国放送の破壊力は恐ろしいんでw、ただでさえ週末は車駐められない大牟田市動物園に週末行く勇気なしw

車がどこに駐めてあるかわからないけど、大牟田市動物園へお越しの際は駐車場や動物園の横の道など探してみてくださいませー
f0201157_18101210.jpg

顔ハメもね

# by nocorita | 2017-06-16 08:59 | | Comments(0)

能古島「観光ビワ狩り園」はじまる?

f0201157_09530854.jpg

甘夏の産地として有名な能古島。

ちょうどこの季節は出荷の最盛期で渡船場を降りて左に行った公民館の向かいにある選果場では週に3日沢山の甘夏の選別や洗浄、出荷作業を行う農家さんたちで賑わっている。
f0201157_09540069.jpg
しかし、実は能古島にはこの時期もう一つ人気の果物がある。それがビワ。

わずか2,3週間ほどの短い旬ということもあってかあまり知られていないが、市場では結構な人気とか。

しかし高値で売れるとはいえ、袋掛けもしなければならず、また傷つきやすく甘夏以上に収穫や出荷作業にも手間のかかるビワ。

ビワを栽培している農家のほとんどが専業ではなく、甘夏の農家でもあることから特に近年の後継者問題からくる人手不足により、その出荷量は木になっている全体量の多分数パーセントとも。

出荷というか収穫さえされないビワはどうなるかというと、カラスの餌になるだけらしく、農家さん的にも困った問題。
f0201157_09574800.jpg
一方で、年々島にやってくる観光客が増えている能古島。特にこの季節はアイランドパークの花もきれいだし、ただ島を歩くだけでも日常を忘れることができる素敵な島だ。

でも、「なんかほかに楽しいことないのかな?」

そう思っている人もいるかもしれない。そこで、、、


「観光ビワ狩りできないかなあ?」


と甘夏農家でもあり加工部会の会長でもある明石さんに話してみたところ、、、

「おもしろいかもねえ、、やってみよっか」

といっても旬が短いビワなんで残すところ1,2週間。やるなら今週末にでもやらんと間に合わん!

と、知り合いに「週末ビワがりしませんか?」メールしたのが火曜日w。

急な話だしちゃんと何人か集まるかな、、??と不安に思っていたが、続々と返ってくる「いきます!」という返事。

当日は、結局大人と子供合わせて50名ほどが雨上がりの能古へやってきた。

f0201157_10001681.jpg
渡船場からバスに乗り「思索の森」で続々と降りる大群にバスの運転手さんも「今日はなにがあるんですか?」と驚いていたらしいw。そこから明石さんの農園は徒歩約10分。
f0201157_10015086.jpg
受付を済まて、はじめの挨拶をやったら明石さんを先頭に農園へ。
f0201157_10023127.jpg
まずはビワの種類や採り方を教えてもらう。

「私たちは皮がシワシワになってるのが甘いけん、それば食べるとよ」という説明に「へーっ!」と声が上がる。

そして、ここから約一時間の食べ放題取り放題タイム!
f0201157_10071312.jpg
みな用意した袋いっぱいにビワを採りまくる。その横で子供達は食べまくる!w

園にはミカンもなっていて「それもたべていいよ」と言われ甘夏を食べ始める人もいて、皆思い思いに楽しんだ。

「ビワ狩りなんてはじめてやった」という人が異常に多かったので、調べてみたら「観光ビワ狩り園」というもの自体が九州にはほとんど存在しないし、全国でも珍しいことがわかった。

来年は今回の経験をもとに能古島初の「観光ビワ狩り」。そして「観光甘夏狩り」を開催したいなあ〜
f0201157_10124674.jpg
と話していたら開催日前日に伊藤さんがポスター作ってくれた!さすが!来年使わせてもらうかな、、、w(写真は伊藤さんより)

f0201157_10122354.png











# by nocorita | 2017-06-12 10:14 | 島暮らし | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

記事ランキング

最新の記事

雨の日は読書など。「帰ってき..
at 2017-08-15 14:41
さようなら。またあおう。
at 2017-08-14 09:26
今年も記念の一枚を(2017年)
at 2017-08-12 12:39
日記 20170809
at 2017-08-10 11:46
ちっちゃい「カバ印」はいかが..
at 2017-08-09 17:03

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧