晴天の運動会 のこ保育園 2018/10/14

f0201157_10220944.jpg
先日の台風で延期になっていた「のこ保育園」の運動会が晴天の公民館グラウンドで開催された。
f0201157_10250037.jpg
園児数30名ほどの小さな保育園だし、皆夫婦共に仕事を持っている人ばかりだが、毎回準備も片付けも皆で協力しあう笑顔の絶えない運動会で毎年たのしみにしているが、今年もとても楽しい運動会となった。
f0201157_10221809.jpg
ゴーーーーーーール!!!

# by nocorita | 2018-10-15 10:25 | 島暮らし | Comments(0)

「もちもち万次郎じるしの ぎんなん」新発売 2018/10/7


f0201157_09504939.jpg
台風一過の能古島。色々準備を進めてきた(体育進行会のメンバーなので、、、)今年の島の体育祭は設営日である土曜が直撃ということで安全をみて中心となった。

当日が晴れなのに中止というのは、変な感じかもしれないが、使用する予定だった公民館のグラウンドの端にある倉庫が台風で壊れていたというし、きっとすごい風だったのだろう。安全第一。また来年。

しかし、すごい風だった。福岡の北側を台風が通ると大変だというのは知っていたので今回の台風25号は警戒していたのだが、雨は多くないものの予想通りのすごい風だった。数年に一度くらいしかこんなルートの台風は来ないのだが、今年は2回もやってきて、これも異常気象なんだろうか、、、

前回の暴風雨では我が家の花桃の木が根本から折れてしまったのだが、今回はそこらじゅうに木の枝が散乱しているものの大きな被害はなかった。
f0201157_09423465.jpg
「あれだけすごい風だったから銀杏も全部おちちゃっただろうね」と見に行ってみたのだがびっくり。もちろん沢山落ちてはいたのだが、まだまだ沢山の実がなっているじゃないか、、、なんでだろう、、、

しかし、イチョウの木は1本しかないのに、銀杏の数がすごい。拾っても拾っても全然減らず、すでに加工した銀杏が20キロくらいあるが、現在拾って水につけている物や木になっているものがその数倍。聞いたところでは今年は表年ということでいつもにもまして多いんだとか。毎年こんなに実ったら大変だなあと話していたがちょっとほっとした。

さて、都会ぐらしなもので銀杏は食べたことはあるし大好きだけど作ったことはなかったのだが、今年近所の家を購入した時に元のオーナーさんから「秋になるとイチョウの実ががすごいけん、絶対銀杏作って売りいよ!」と言われていたので、ネットで検索して「ふむふむ」と言う感じだったが、どうも大変そうなのが「実を一週間ほど水につけてからゴム手袋をつけた手で外側を剥く」という作業。
f0201157_16465825.jpg
匂いも大変そうだし、なによりも加工前で2,300キロはあると思われる実を手でむくなんて絶対無理!

みんなどうしてるんだろう??と毎年銀杏を作っている島の料理屋さんの「ざっこ」の大将に聞いてみたところ「ん?ケルヒャーっすよ!ケルヒャーでジャーっとやったら簡単に完成っす!」と。隣りにいたお義母さんも「そうそう!ケルヒャー!」。えー!ケルヒャーってあの掃除するやつ?

気になってネットで探してみると結構出て来る。youtubeにもあがっていて見たところホントに取れてるっぽい!
f0201157_09454526.jpg
というわけで早速アマゾンで「K2」という機種を購入。1万2000円くらい。そこそこ高いがw、採れた銀杏を売ったら単純計算(皮算用w)で数万円になるはずなんで充分にもとは取れる計算。というか、あんな量の銀杏を手で剥きたくないw。
f0201157_09442402.jpg
翌日やってきたケルヒャーを水道に接続し、外側のついたままの銀杏をみかんカゴに入れて噴射!!!
f0201157_09441190.jpg
と、みるみるうちに外側がきれいに剥け、さらに粉々になって網目から出ていきあっという間にカゴの中にはいつも見慣れた銀杏が!これすげー!あとは半日ほど水につけてから天日で数日で完成!となんの苦もなくできることが判明したのだった。
f0201157_09424699.jpg
ここからは万次郎さんの仕事ということで、万次郎さんにラベルをデザインしてもらい年賀状用に彫った「万」を捺して、袋に詰めてラベルを貼ったら完成。
f0201157_09431750.jpg
スーパーでみると30粒ほど入っていて300円くらいなのだが、その数倍入れて300円と超お得な銀杏だ。

f0201157_10130506.jpg
早速島のカフェ「ノコニコ」と先日渡船場にオープンした「のこや」さんに置いてもらったところ予想以上に売れていってて一安心。週末の午後には「ノコニコカフェ」の前で万次郎さん自ら「銀杏売」をやっているので見かけましたらぜひ。




# by nocorita | 2018-10-15 10:13 | 島暮らし | Comments(0)

「のこや」開店  2018/10/4

f0201157_16332557.jpg
先日のプレオープンを経て、10月1日無事に能古渡船場内に「のこや」オープン。
f0201157_16333640.jpg
毎日朝10時半から夕方までの営業ということで、「コーヒー飲みたいけど、ノコニコ何時に開くんだよ〜???」というアナタも大丈夫です。
軽食メニューも、カレーやナシブンクス、そして浮羽の「プランタゴ」さんのベーグルなどなどあるようで、まあぼちぼち制覇していこうかと。
f0201157_16334554.jpg
先週の週末に引き続き今週も台風25号接近中の能古島だが、我が家の子供達は相変わらず元気。家から保育園までは600mほどなのだが、毎日小学生の次男も一緒に家族で森の中を歩いていく
f0201157_16405905.jpg

春は野いちごやサクランボ夏は我が家のブルーベリーをもぐもぐしながらあるき、、、
f0201157_16411104.jpg
カタツムリにカブトムシ、ダンゴムシ、ミミズ、バッタ、カマキリ,カエルを見つけては触ったり、、、、
f0201157_16412660.jpg
保育園のそばに住んでいる猫達にもちょっかいかけたりと、なかなか忙しい。
f0201157_16414649.jpg
この季節は永福寺さんの前の道に「かたいし」と呼んでいる固くて黒い椿の種が落ちているので、何に使うわけでもないのに毎朝嬉しそうにせっせと集める三男。もう少しすると大好きなムカゴも採れるんで楽しみ。
f0201157_16465825.jpg
これはさわっちゃ駄目なんで、僕が拾ってるけど、相変わらず銀杏が落ちまくり。
f0201157_16413655.jpg
一週間ほど水につけてブヨブヨにしたものをミカンカゴに入れて、ケルヒャー(ケルヒャーは神!!w)でジャーっとやるとあっという間に種だけになるので、天日で干したら出来上がり。

秋は暑すぎず寒すぎずだし蚊もいないので大好きな季節だ。






# by nocorita | 2018-10-04 16:51 | 島暮らし | Comments(0)

能古島銀杏部会始動?  2018/9/28

f0201157_10200749.jpg
なかなか夏が終わらんなぁ、、、あちぃ、、、と思っていたらいきなり秋が来た感じの涼しさで我が家の子供たちも鼻水ちょい漏れ。

とはいえ、この季節の昼間は本当に気持ちが良くて特にこの数日は風も強くて良い季節が来たなあ。
f0201157_10201777.jpg
この風で我が家の大きな大きなイチョウの木からは毎日大量の銀杏の実が落ちてくるんで先日からは遂に木の下にブルーシートを敷き詰めて嫁さんと二人で朝子供たちを保育園に送っていった帰りに収穫するのが日課となった。
f0201157_10204711.jpg
大きな衣装ケースがあれば良いかなあと思っていたが、それでは全然たりず、大きな寸胴もだしてきたがそれも遂に満杯となり、ノコニコ夫妻から大きなタライも借りてひたすら水につける。
f0201157_10202790.jpg
1週間くらいで外の実がブヨブヨになったところで外の実を剥ぐ作業となり、普通は大変らしいのだが、現在「秘密兵器」を入手中(このために買ったと?!wと笑われたがよし!)なんで週末の台風がいっちゃったら一気に行きますわよ〜!!

大量の銀杏はとても食べれる量でもないのでコスモスの時期に販売予定なんでぜひ〜
f0201157_10272912.jpg
夏の終わりから島の友人二人が準備を進めていた能古渡船場の中のお店「のこや」が遂に先日プレオープン。開店は10月の1日の予定ということでこちらも長く愛されるお店になってくれたらと。
f0201157_10291515.jpg
考えてみたら僕が立ち上げたお店「下町屋」も11月でなんと20周年!あっという間だったなあ。周りから次々に飲食店が消えていく中、現店主の「羽柴秀吉」の頑張りもあって相変わらず連日賑わっているようでよかった。



# by nocorita | 2018-09-28 10:35 | 島暮らし | Comments(0)

能古島の秋。2018/9/30

f0201157_09490382.jpg
暑い暑い夏がようやく終わり、この数日は島のいろんな場所で彼岸花が咲き始めて秋がやってきた。
f0201157_09501515.jpg
子供達は季節が変わっても特に変わることなく元気に楽しく小学校や保育園に通っている。
f0201157_09493766.jpg
夏に購入した近所の家の大きなイチョウの木には凄い数の銀杏が実っていて、ちょこちょこと落ちた実を拾っては剥いて食べているが採れたてだからかプリプリしたきれいな緑の実はついつい食べすぎてしまう美味しさ。10月になったらブルーシートを敷いてみんなで収穫して食べ切れない分は売ろうかなあと話している。
f0201157_10182168.jpg
その家には農地が1000平米ほど付いていて、半分にはブルーベリーやら桃やら様々な柑橘系の木やらが前の家主さんにより植えられているのだが、残りの半分は空き地となっている。半分といっても500平米はあるわけで草刈りだけでも結構大変で、夏の間は日が落ちたら「ちょっと草刈ってくるわ」と草刈り機でブンブン刈っていたのだが、生命力の強さというか、刈っても刈ってもすぐに生えてくるw。
f0201157_10201274.jpg
最初はなにも考えずにただ刈っていたのだが、草刈りってのは何も生産しない無駄な仕事であり、「どうせなにかやるなら生産的なことやったほうがいいんじゃないか?」と、思い切って小型の耕運機を買って耕して野菜づくりをすることにした。
f0201157_09492893.jpg
で、やってきたのがコチラ。こんな小さいので大丈夫かよ?と不安もあったが、パワーはないものの、ガタガタガタガタとやっていると徐々に土の粒が細かくなってきて1時間ほど耕していると随分と畑らしくなってきた。

次に考えるのはなにを植えるかだが、この時期であれば「秋植」のジャガイモだろうと種芋を入手。

が、、、とっても気になる問題が、、、、
f0201157_09495614.jpg
先日も2日連続で我が家の畑の隣に置いてある罠にウリボウが捕まっていたが、とにかく猪が多くて、彼らの大好物の芋を見つけると「猪柵(いのししさく)」をはっていても倒したり、下を掘ったり、飛び越えたりして食べてしまうらしい。
f0201157_09500658.jpg
我が家の畑にもぐるりと柵があり、念のために柵の下にペグを売ったり補強の柱を増やしたりしたものの、誰に聞いても「いも植えると?ふふふ、、、やられるばーい、、w」と言われる。まあ、とはいえやってみないとどうやられるかもわからないし、やられたら弱い部分もわかり、その対策も思いつくかもしれないので来週には植えてみようとは思うが、さて、、、、



# by nocorita | 2018-09-20 10:23 | 島暮らし | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

記事ランキング

最新の記事

晴天の運動会 のこ保育園 2..
at 2018-10-15 10:25
「もちもち万次郎じるしの ぎ..
at 2018-10-15 10:13
「のこや」開店  2018/..
at 2018-10-04 16:51
能古島銀杏部会始動?  20..
at 2018-09-28 10:35
能古島の秋。2018/9/30
at 2018-09-20 10:23

検索

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧