ブログトップ | ログイン

能古島の歩き方

能古島のガソリンスタンド

島暮らしではよっぽど渡船場に近くない限り車が無いと始まらない

ということで、各家庭には島用に一台と、姪浜側の渡船場の島民用駐車場に一台をもっていることがおおい。

島においている車ってのは大体潮風ですぐに錆びるので、ほとんどの家庭がボロボロの軽自動車を使っているが、我が家もホンダのストリートという軽バンと写真に出てるベスパの三輪車。

良く聞かれるのが「どこでガソリンいれてるの?」という事。

確かに渡船場の付近を見回してもガソリンスタンドらしきものは見当たらない、、、、

が、、、島にも当然ながらガソリンスタンドはあるのだ。

場所は船をおりて左にしばらく行ったところにある漁協の前。
f0201157_19104076.jpg

看板もなにもないのだが、「使えるのこれ?」と思うような「灯油」と「ガソリン」の給油機が一台ずつ。
f0201157_19105368.jpg

ガソリンを入れたいときは、お向かいにある漁協に入っていき、お願いすると入れてくれるのだ。

値段は大体30円くらい本土より高いが、フェリーに乗せて対岸に入れにいくよりは安いので、皆さんここで入れている。

「軽油は?ハイオクは?」

軽油は船用のスタンドが港に行くとある(らしい)が、ハイオクはない。ということで、高級車はのってきちゃだめよん。
by nocorita | 2010-08-30 19:12 | 島暮らし | Comments(0)

2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30