昭和の町へGO!

昨日は、久々に親子連れで仕事へ。

福岡から高速と一般道で走って走って、約3時間で到着したのが

f0201157_23134864.jpg


ボンネットバスが似合う「昭和の町 豊後高田市」。

寒い季節の割に土曜日という事はあるが、結構観光バスも入ってて「昭和の町」としての町おこしは上手くいっているのかもしれない。

もちろん、昭和の町と言っても以前はどこでもあった風景だし、ここよりも昭和が残っている町なんて、実は沢山あるんだとおもう。

だけど、企業が運営するテーマパークではなく、ついつい新しいものに目がいってしまいがちな自治体が「ピカピカの市民センター」を作るのではなく、例えば、場合によっては建て替えたほうが安い家もあるだろう古い町並みを「税金を使って昔のままに修復する」なんてことを街全体として行っていく事が、町の魅力を高め、住民の誇りを高め、さらには観光客を呼ぶことになるのだなんていう事を考え、さらにそれを様々な意見を持つ住民を説得して、実行できたという部分での行動力が「豊後高田」にはあり、それが実際に町に活気を与え、観光客を呼び込んだという事で、やはり凄い事なんだと思う。

さてさて、今回のお仕事だが、、、

豊後高田市において様々な商品の開発を進めている個人の方々の開発をサポートする為の約半年に渡る事業が行われており、今回はそこからの依頼で約3時間という短い時間ではあるが、参加者の方々と一緒にネーミングや今後のパッケージデザインについて考えてほしいということで、デザイナーの八智代も一緒にいくことになったのだ。

場所がちょうど昭和の町の中心になっている施設の隣で行われることになっていて、ちょっと早めに到着したこともあり、見て回った。実はここには以前ノコニコ夫妻とも遊びに来たので、2度目の訪問だったので、特に目新しい物はなかったのだが、約一名がかつて無いほどの大興奮(笑)。

f0201157_2314515.jpg

いつも車にのると運転席に座ってハンドルを握りたがるのだが、許してもらえない万次郎だが、自分にちょうどいいサイズの車に『乗せろ乗せろ』と大アピール&大泣き。

「乗らないでください」の看板もなく置いてあるので、大丈夫なんだろうと乗せてみると

f0201157_23141668.jpg

超ごきげん。

f0201157_2314144.jpg

でもいつまでも降りず、ハンドルをグルグルまわしてて、時間も来たので降ろしたら、結局大泣き

f0201157_23144227.jpg

勉強会は、いつもの「ちくご元気計画」のオバちゃん達と全く同じノリのオバちゃん達に囲まれ、和気あいあい。事業の終わりがけに呼ばれたこともあり、中身にはあまりタッチできず、とりあえず八智代とともに5種類の商品デザインに関わる事になったが、実際のパッケージの印刷等は参加者の方々の出費ということもあり、うん、これは頑張らねばならんね八智代さん!

しかし遠いなあ豊後高田。

昨夜は運転疲れで帰ったらすぐに寝てしまった。

明日は「みやま市」で江副さんとともに元気計画関係の講習のお仕事。

今年も残すところ約半月。最後くらいがんばるぞー!!(笑)
by nocorita | 2011-12-11 23:45 | 動画 | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

記事ランキング

最新の記事

雪やこんこん
at 2018-02-07 13:07
真冬の恒例。「能古島 のこの..
at 2018-02-05 12:09
能古島の明石農園で「レモン狩り」
at 2018-01-21 10:11
「のこのしま加工部会」201..
at 2018-01-19 13:07
さらば今村さん
at 2018-01-11 16:44

検索

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧