ブログトップ | ログイン

能古島の歩き方

サクラチッタトオモッタラサイタ!

f0201157_1152717.jpg


我が家の桜の花びらも散り始めた3月下旬。

1週間程前に志望していた大学から「サクラチル」の知らせを受け、来年に向けて予備校の見学も済ませ、いよいよ申し込みをしようとしていた息子のもとに突然の電話。

f0201157_1151043.jpg

追加合格

そんな言葉も知らなかった僕らであるが、とにかく「合格」したことは間違いないようで「入学式まで10日程なので至急諸手続きを済ませるように」と先方から大量のfaxと翌日には資料が送られてきて、お祝いするよりも追われるように手続きの毎日。

幸運にも「さすがに時期的に無理だろう」と諦めながら電話した寮に1つだけ空きが出ていたようで寮も決まり、ほっとしたらもう出発まで3日ほど

f0201157_1135779.jpg

大量の荷物をまとめて送ったり
f0201157_1144566.jpg

スーツを作ってカメラマンのケイイチロウに撮ってもらい
f0201157_119266.jpg

友人達を集めて宴会をやって、出発前夜には親戚で集まって別れを惜しむとあっという間に当日となった。
f0201157_1102212.jpg

出発当日の朝は我が家の庭になっている甘夏のフレッシュジュース
f0201157_1112419.jpg

普段は一緒に写真を撮られる事を嫌がるが最後の島での写真は笑顔
f0201157_1122898.jpg

もしかしたら僕以上に寂しいのかもしれない僕の両親や弟一家、叔母、なぜかケイイチロウという大見送り部隊で、空港へお見送り。
f0201157_1125312.jpg

想像していた感動の別れのシーンもなく、振り返る事無くゲートを抜けていった息子と対照的に送り出した後、展望室で搭乗した機体が飛び立つまで無言で見ていた僕ら。

これから多分大学と大学院の6年間を北海道の地で過ごす息子。

工学部ということで、普通に考えるとそのまま道内か関東関西で就職することになるだろうから、里帰りはあっても一緒に住む事はないんだろう。

小さい頃から海外を連れ回ったり、離婚で寂しい思いをさせたり、迷惑もかけたが、高校卒業まで、正直反抗期といえる反抗期もなく仲良く暮らしてきた息子とのわかれは辛くないといえば嘘になる。

でも、この春。大変な努力の結果として見事な花を咲かせた息子。僕は君を誇りに思う。

ギリギリだったけどw

祝合格!素晴らしい未来がありますように!
Commented by たっとの父さん at 2013-04-06 08:10 x
本当におめでとうございます♪
淋しくなりますね。
うちの母も先日『春になるとあんたを大学に送り出した日を思い出して涙が出る』と電話してきましたよ。
いつかなみきにも浅羽さんの気持ちがわかる日が来ますね♪
Commented by nocorita at 2013-04-06 09:19
ありがとうございます。そんな親の気持ちを察する事無く、まーーーーーったく電話もメールもよこしてきませんがw
Commented by locomoko at 2013-04-07 16:36 x
合格おめでとうございます!
遠い北の大地で、勉学に励む息子さん、さぞかし誇らしいことでしょう!工学部とあって、これからの日本の発展に大いに貢献できる、素晴らしい人材に育ってほしいですね。
そんな息子さんを送り出す浅羽さんご家族に、一市井としても感謝しています。

なんか勝手なことばかりいって済みません・・・
でもこういった事は、本当に嬉しいです。
Commented by nocorita at 2013-04-07 19:26
>locomokoさん
ありがとうございます!というか、、うーん、、、どなたかなあ????w
by nocorita | 2013-04-05 11:38 | 島暮らし | Comments(4)

2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31