ブログトップ | ログイン

能古島の歩き方

「農民ロッソ」で乾杯!

f0201157_026861.jpg


突然思いついて買った本が2冊届いた。

そもそもは先日の八智代の3◯回目の誕生日用にワインを買ったのがきっかけだった。

この日の為に「とどろき酒店」で買って来たワインが

f0201157_026477.jpg

「農民ロッソ」「農民ドライ」

これらのワインは「coco farm &winery」という栃木のワイナリーで作られているのだが、以前このワイナリーの話を聞いた時から、ずっと一度飲んでみたいと思っていたところ、僕の大好きな「クロマニヨン」さんに行った時に 発見。

嬉しくて飲んだところ、とても美味しくて、「今度なにかめでたい事があったらこれを買おう」って思っていたのだ。

こう書くと僕がまるでワイン通のようだが、決してそうではない。

でも、食品や飲み物の「美味しさ」ってのは、ワインだけではないのだが、舌だけで味わうものではない。ネーミングやパッケージを含めた見た目も関係するし、商品のもつストーリーもそう。

この商品、いや、このワイナリーにはそんなストーリーが満載すぎる。

それについてはワイナリーのサイトにも出ているのだが、今回あらためてネットでいろいろ調べていると、もっとこのワイナリーの事を知りたいなあと思ってアマゾンで注文したのだった。

じっくり読ませていただきます。
by nocorita | 2014-01-14 00:31 | 飲料 | Comments(0)