ブログトップ | ログイン

能古島の歩き方

D&Departmentでクラフトビール

f0201157_22161755.jpg
寒い日が続く能古島。特に我が家は断熱がしっかりしていないからか「外より寒いんじゃないか?」という寒さで、ほんと春が待ち遠しいw。冬でいいのは一年で一番夜景が綺麗に見えることくらいか。

そんな寒い日ばかりの冬の我が家は用事がない限りは家にこもっていることがおおいのだが、、、、
f0201157_22055098.jpg
今日はここ、「D&Department福岡」で福岡のクラフトビールで有名な「ケイズブルーイング(ブルーマスター)」の社長である加藤さんのビールセミナーがあり、その後D&Dのレストランでビールに合うつまみ(300円ー)を食べながらブルーマスターの全商品(500円ー)が飲めるということを聞きつけ、久々に加藤さんの顔も見たいしなあとお出かけ。
f0201157_22054744.jpg
6時からのセミナーは小さな子供がいるんで遠慮して7時からの飲み会に参加

今日はブルーマスターの全5種類の定番ビールが飲めるらしい。
f0201157_22123300.jpg
ちなみにこのうち3種類は八智代さんのデザインだが、最初にやった「カボス&ハニー」も随分前の事で懐かしいなあ。

久々に加藤さんや奥さん、そして初対面の娘さんにあったり、新たな出会いや久々の再会もあり、美味しい糸島産の豚のローストやソーセージをつまみに随分のんでしまった夜だった。

観光地でのご当地感を前面に出した「地ビール」ブームで日本中が盛り上がったのがちょうど20年ほど前。

そのブームが去り、需要激減で九州でもほとんどのブリュワリーが閉めてしまった頃(2002年)にオープンしたという強者のブルーマスター。

このところ、これまで「地ビール」といわれていたものが「クラフトビール」と呼ばれるようになり、ご当地というよりも「ビールへのこだわりの醸造家」が主役となり盛り上がってきた日本のクラフトビール。

ブルーマスターの時代がいよいよやってきた!!

ぜひ次は「流行ってるからいやだ」と言わず、ガッツリ苦い「アレ」をお願いします!!w


by nocorita | 2015-02-08 22:19 | 遊び | Comments(0)