ブログトップ | ログイン

能古島の歩き方

桃の花見へ

f0201157_09480135.jpg
毎年恒例となってきた赤司農園の「桃の花見」に「うきは」へ

元気計画で生まれた「ちくご百姓組」のリーダー的な役割の赤司君は美味しい桃や柿を栽培したり、捨てられていた桃の摘果(枝についた実の中から美味しく育ちそうな物だけを残してそれ以外の実を落とす)を「おちびもも」というスイーツに加工して販売したりと頑張っている男だ。
f0201157_09474271.jpg


長男が春休みを終え、北海道に戻る日だったこともありちょっと遅れて行ったのだが、山の斜面に設けられた会場には多くの友人達

いつもこの時期は晴れると暖かいけど日が陰ると急に寒くなったりと決してピクニックには最適な時期ではないが、桃の花があっての花見なんで沢山の洋服を着込んで人間が合わせるしかない。今年も時折日が陰って肌寒かったが、夜明茶屋の金子さんが持ってきた海の幸、リバーワイルドのスギさんの肉やソーセージ、ベジキッチンさんのピザなどなど暖かい料理で楽しい花見
f0201157_09475104.jpg
子供たちはイチゴてんこ盛りのプリンを食べたり、久しぶりに会ったお友達と、井口さんの持ってきていたシャボン玉ではしゃいだり。
f0201157_09472083.jpg
帰りに頂いた大きくて美味しそうなセロリは、その日の晩御飯でセロリ炒めにしていただきました。
f0201157_09471375.jpg
毎年お誘いありがとう!

by nocorita | 2015-03-28 09:52 | 遊び | Comments(0)

2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31