ブログトップ | ログイン

能古島の歩き方

「銀座 1902」

f0201157_11085961.jpg
僕がまだ「もんじゃ鉄板焼 下町屋」の経営と二足の草鞋状態だった頃に「こどもびいる」に続いて友桝飲料社長に提案して手がけた商品が、当時近所に配達する程度の量しか作っておらず、「そろそろやめようか」なんて気になっていたらしい「スワンサイダー」のリニューアル。
f0201157_11111406.jpg
元の商品も可愛い緑の印刷瓶だったが、当時「売れるかわからない」というより「そんなことやってどうなるの?」という空気で一杯だった 社内では、社長に就任して日も浅い20代の若社長と「お好み焼き屋」の店主としては「印刷瓶を作りましょう」とも「緑瓶にクリアフィルム貼って作りましょう」とも言えず、瓶だけは「こどもびいる」で使っていた茶瓶の型を使って新たにオリジナルの瓶をつくることになっていたので(これも当時の友桝飲料にとっては大変なことだったはずだが)、これに新たなデザインのラベルを貼って「復刻」することになった。(諦めきれず、結局数年前に新工場ができた際に限定の「完全復刻版」として作ったけどねw)

「復刻」と言いながら、見てもらえればわかるが、元の商品にあったマークとスワンサイダーの文字を使ってほぼ八智代のオリジナルデザインとも言ってよいデザイン。それでも懐かしさと歴史を感じることができるスワンサイダーのラベルデザインは、この10年八智代の手がけてきた色んなデザインの中でも僕が一番好きなデザインだ。

そうやって生まれて約10年が経った「スワンサイダー復刻版」だが、このところ徐々にいろんなブランドからのコラボのお誘いが増えてきた。
f0201157_11084707.jpg
BEAMSさんと佐賀県のセレクトショップ用に作られスワンサイダーミニ
f0201157_11083601.jpg
BEAMSさんの「CAROLINA GLASER」とのコラボのスワンサイダーミニ
f0201157_11082933.jpg
フランスを拠点に様々な活動を行う『キツネ(KITSUNÉ)』さんの南青山のカフェ用の「KITSUNEサイダー」

そして、復刻から約10年のこの6月。

銀座の「資生堂パーラー」の入っている「東京銀座資生堂ビル」の最上階にオープンした「Bar S」
f0201157_11160304.jpg

こちらで出されるのが資生堂パーラーの誕生した年から名付けられたオリジナルカクテル「銀座1902」
f0201157_11155787.jpg

このジン・ベースのカクテルに使われているのが「スワンサイダー」なのだとか!(写真はozmallさんより)

東京に行った際には是非寄って、あの頃のことを思い出しながらこのカクテルを飲んでみたいなあ。
















by nocorita | 2015-05-30 11:28 | 飲料 | Comments(0)

2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31