ブログトップ | ログイン

能古島の歩き方

能古島の明石農園で「レモン狩り」

f0201157_14254129.jpg
昨日に引き続いてポカポカ陽気の能古島。
f0201157_14261130.jpg
この時期の島はどこも水仙だらけで、さらに勝手に増えていくので我が家も毎年どんどん増殖中。とても良い香りなんでどんどん増えて結構。

さて、、このところメディアでも取り上げられることもあるが世の中はレモンチューハイブームなんだとか。
f0201157_14332411.jpg
レモンチューハイというと関東のほうでは普通におじちゃんたちが甲類焼酎(キンミヤ焼酎みたいなの)を白水社さんのハイサワーとかで割って飲む文化があるが、ここ九州ではどうしても女性が頼むものというイメージが強かったが、最近の「インスタ映え」にマッチしたからか、凍らせた生のレモンをガッツリ入れた生レモンチューハイが九州を含めた全国でキテいるのだ。

f0201157_09583861.jpg

能古島の甘夏というと福岡の市場では他の産地の物よりも高く取引されるブランド品なのだが、実はレモンの生産量も結構あって、国産レモンの希少性もあって、10月初旬からのグリーンレモンからはじまり、1月くらいから3月までの黄色いレモンまで徐々に販売数を伸ばしてきている。

せっかくのレモンチューハイブーム。別にブームに乗りたいわけではないがwどうせなら「能古島産レモン」を味わってもらえないだろうか?と以前僕がやっていた飲食店「もんじゃ 鉄板焼き 下町屋」の店長にメールしてみたところ「いや、ちょうどうちもあの冷凍レモンのチューハイやろうかなあと話していたんですよ」ということで、早速商談成立w。
f0201157_14281430.jpg
第一回目ということで、レモンの収穫もしたことないし自ら収穫してみるかと「のこのしま加工部会」の会長でもある明石農園のエミコさんのところへ暇していた三男を連れて行ってきた。
f0201157_10063446.jpg
ここは昨年、能古島初の「びわ狩りイベント」をやらせていただいたところ。ちなみに今年は正式に「能古島観光びわ狩り園」をオープン予定ということなのでお楽しみに。
f0201157_10092228.jpg
明石農園の広い広いみかん園の中には甘夏を中心に様々なミカンが植えられている。
f0201157_14280266.jpg
いよかん。
f0201157_14280898.jpg
きんかん。

そのほかにもニューサマー、デコポン(不知火)、パールかん、晩白柚、などなど数え切れないほどのミカン。
f0201157_14273751.jpg
レモンもゴツゴツしたリスボン種と、丸くて黄色が濃く果汁が多いマイヤーレモンの2種類が育てられていて、今回収穫するのはマイヤーレモン。
f0201157_14264124.jpg
レモン自体の収穫は市場での人気の高い10月のグリーンレモンから始まり、今の時期は「これレモン?」と思うくらいオレンジ色がとても濃くて大きなレモンが実っている。
f0201157_14272997.jpg
枝のトゲトゲに気をつけながらQ太さんもお手伝い。

f0201157_14271457.jpg
f0201157_10024319.jpg
これでざっくり14キロほど。

明日には収穫したレモンを下町屋へ運ぶので来週からは出せると思うので、ぜひ美味しいレモンサワーを飲みに下町屋へ足を運んでもらえたらと。

明石農園ではレモンやそのほかのミカンの直販や、3月の甘夏シーズンには甘夏だけでなく様々なミカンを収穫して買って帰る事ができる「色々ミカンのみかん狩り」も予約制でやろうかなあなんて言ってたので興味ある方はまずはメールでお問い合わせをどうぞ。nocorita@gmail.com






by nocorita | 2018-01-21 10:11 | 島暮らし | Comments(0)

2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31