能古島から花火を見る

f0201157_11150378.jpg

夏といえば花火大会。

とはいえ、最後に花火大会に行ったのはいつなのか思い出せないくらい人混みが嫌いな僕は、島に引っ越してきてから島から見える花火大会だけを楽しんでいる。

島から見える花火大会は5つ。

大濠花火大会(見え方:小)、百道の花火大会(見え方:中)、今宿(長垂)花火大会(見え方:中)、姪浜花火大会(見え方:中)、能古島夏祭(見え方:大)

能古島で楽しめる花火大会を僕なりに勝手に順位付けすると、、、、第一位は、、、

能古島夏祭
f0201157_11155472.jpg
毎年7月末くらいに開催される島のお祭りで、僕も運営側でずっと関わっているもので、規模は小さいのだが島の殆どの人が来てるんじゃないかと思うくらいの賑わいあるお祭りで、その最後を飾るのが打ち上げ花火。

時間的にも15分位だし打上数も数えたことないが多いわけではないけど、どこの花火大会よりも近くで上がる花火はとてもキレイで、正直「あの花火見れたらこの夏は花火見なくていいんじゃないか」と思うくらい。

次におすすめなのは、、、

今年も8月15日に開催予定の「姪浜花火大会」(姪浜といっても打ち上げが行われるのは愛宕浜なんだが、、)。
f0201157_11151113.jpg
こちらも「島から見える花火大会」ではあるが、ここだけは僕らは友人達と一緒にご飯やお酒を持って船で渡っていって姪浜の渡船場の付近で楽しんでいる。規模も大きくて、でも他の花火大会と比べると人もそこまで多くないのでおすすめ。島から見るなら能古渡船場をおりてすぐのところがおすすめ。ただし、お店は全部しまっているので飲み物や食べ物は持ち込みで。

花火の見え方自体は中くらいではあるものの、僕らが毎年楽しみにしているのが、今宿花火大会。
f0201157_11144855.jpg
この花火は島の西の方に行かないと見えないのだが、車で見に行くことができるため、花火大会の始まる2時間くらい前のまだ日が暮れる前くらいから車にテーブルや食事を積んで家族で西の海岸へ行く。
f0201157_11174263.jpg
糸島方向に沈んでいく夕日と花火大会を同時に楽しめる贅沢。

f0201157_11081089.jpg
大濠花火大会は結構離れているので、いつも自宅から見ているが、島から見ると百道のビルやヤフオクドームの向こう側にあがる花火が見えるので、写真を撮る人には良いのかもしれない。

数年前から始まった百道の花火は「音楽」に合わせて「花火」を上げているらしいので、音が全く聞こえない島からでは本当の楽しみ方はできないかもしれないが、島の渡船場付近からでもそれなりに近い距離で見ることができる。






by nocorita | 2018-08-13 11:19 | 島暮らし | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

記事ランキング

最新の記事

能古島の秋。2018/9/30
at 2018-09-20 10:23
「世界のうみをいただきます」..
at 2018-08-21 15:23
能古島から花火を見る
at 2018-08-13 11:19
久々にキス釣り
at 2018-08-12 10:50
今年も記念の一枚
at 2018-08-12 10:26

検索

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧