ブログトップ | ログイン

能古島の歩き方

2017年 08月 30日 ( 1 )

久々に車を手塗りしてみた(ダイハツタント)

f0201157_11050793.jpg
椛島さんの農園に放置してあった「ミラウォークスルーバン」を修理して乗り始めたのが昨年の春。
f0201157_11055142.jpg
20年ほど前の古い車なんでちょこちょこと修理は必要ながらも、車好きの僕にはたまらないかわいい車で、その後ノコニコの髭ちゃんと共に手塗りで色を塗って島の車として乗っていた。

ところがある日、走っているとハンドルがグラグラし始めた。「またこわれたか。。」と知り合いの車屋さんに持って行き、「修理お願いしますーできたら連絡ください」と軽い気持ちで預けたのだが下を見てみると車体自体がサビでボロボロになっていて、「部品交換でどうにかなるものではないですね、、」と言われあえなく廃車。
f0201157_11063784.jpg
そこで次に選んだのはこちら「タント」の初期型。ホンダのモビリオとか他の車でも言えるのだが、大体は初期型が一番カッコイイ。今のタントはスライドドアになっていて便利なんだろうけど、四角いんだけど角が丸みを帯びたボディーと、変に今風にクネクネしていないシンプルな長丸いライトとテールランプの初期型はかっこいいし、登場からずいぶんたっているしタマ数も多い車なんで安いのもよし。さらに、とにかく広いのが子沢山にはよいね。

今回買ったのはオレンジ。それはそれでいいのだが、島に同じ色の同じ車の人がいて結構間違われて申し訳ないのと、もともと「人と違うものが大好物」なんでw、前回髭ちゃんと一緒に塗った時に残っていた塗料を使って塗装することに。

今回は自らも「塗り替えたい」とすでに塗料も買ってしまったという島の友人の練習もかねて二人で塗装することに。
f0201157_11092879.jpg
朝8時からまずは一人で洗車して、その後、前回塗った時に「やっときゃよかったな、、」と思った(脱脂しないとワックスとかで塗料が弾かれる)「脱脂」を行い、一番肝心なマスキング。タントの場合ドアの窓にボディー同色の部分がないのと、車自体が四角なんで割と簡単にできた。
f0201157_11100131.jpg
ヘッドライトはバンパー外さないと取れないと聞いていたのでマスキングし、テールライトはネジを外したら取れたので外してしまった。
f0201157_11104789.jpg
そして10時にやってきた友人と二人で広い面はローラーで、狭いところは筆で塗装していく。つや消しなんで、適当に塗っていって、薄ければ上から塗り重ねたりしていってもなんとかなるのがいい。大事なのは「しっかり洗って、しっかりマスキング」だけなんじゃないだろうか。

途中休憩したりお昼食べたりしながらも2時過ぎには完成。乾いたところでマスキングを剥がすとこの通り!
f0201157_11113289.jpg
今回は手間省くのに車内のオレンジの部分の塗装は行わず、ドアを閉めた状態で下地のオレンジが見えなきゃいいというくらいでやったので中をみるとオレンジなのだが、それはそれでいいかんじにあがってよかった。

ちなみに塗料を買ったはこちら。つや消しの塗料ってのは意外にないし、こちらだと結構かわいい色が揃っているのでオススメです。

前回は塗っているところを動画で撮っていたのだが、今回なぜか忘れちゃっていたのでw、近々今度は友人の車を塗る際には撮らなきゃだな。。






by nocorita | 2017-08-30 11:29 | 島暮らし | Comments(0)

2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事