ブログトップ | ログイン

能古島の歩き方

カテゴリ:旅( 145 )

ちょっとお先に「水上バス」に乗ってきた!能古島

今朝グーグルアラートで「中洲ー能古島に水上バス運行」のニュースを見て「これは明日の運行初日に乗ってみるしかないな!」と誓った僕

さて、今日は昼から福岡で一件用事があり、たまたま渡船場で一緒になった壇さん達と話しながらフェリーに乗り込んでいた

と、、1隻のカラフルな船が港に入ってくるのが見えた、、、「あっ、あれだ!」

「あれなに?」という壇さんに今朝聞いた「水上バス明日から運行」の話をしたところ

「乗れねえかな?俺今日あっちのほういくんだけど」と壇さん。
「いや、明日かららしいっすよ」
「のれねえかな??」
「いや、、明日から、、、、」

と、突然身を乗り出し叫ぶ壇さん

「おーい!!今日はそれ乗れるのぉ??!!」

なんどか叫んだ時、やっと気づいたスタッフが笑って手招きしてる。え?もしかして、乗れるの??

「おれあっちのる!」と出航間際のフェリーをさっそうと降りて行く壇さん

もちろん僕も渡船のおいちゃんに「え?おりるんですか??」と言われながら降りましたとも。

本当は姪浜に停めた車に乗り換えて出かける予定だったけど、急きょ変更!!車は置いて行く!!

f0201157_23152868.jpg

水上バス「花天神」「フラワーのこ」「いるか号2世」の貴重な(?)ショット

お揃いのTシャツ姿のスタッフさん達に話しかけたところ、やはり「営業は明日から」で、今日はスタッフを乗せて「試験的に運行」しているだけなんだが、「よかったら乗っていってもいいですよ!」。それも「今日は営業してないからタダでいいですよ!」と。ラッキー!!

f0201157_23193623.jpg

目印はノボリ
f0201157_2320088.jpg

スタッフはお揃いのTシャツ姿
f0201157_2320258.jpg

さあ乗ろう
f0201157_2321339.jpg

中はこんな感じ
f0201157_23213187.jpg

ちっこいトイレもある。
f0201157_23215237.jpg

さらば能古!夕方もどるけどっ!

実際すごいスピードなんだろうが、水面が近い事もあり体感スピードはモーターボート並み。天候によっては乗り物酔いしやすいひとにちょっと辛いかも

あっという間に那珂川に入って行く
f0201157_23225844.jpg

ベイサイドプレイス
f0201157_23233123.jpg

ちょうど満潮ということで、ぺったんこの船でもギリギリ
f0201157_23235956.jpg

出発から30分で中洲へ到着
f0201157_23243075.jpg

発着場は天神からだと天神コアとイムズの間の道を入って行き、アクロスの裏の中央公園を抜け、ひたすらまっすぐで約5分のところにある「福博出会い橋」の天神側ということで、かなり便利。

定員12名ということで、行ってみたものの満席で乗れない、、、という不安もあったが、聞いてみると予約も可ということで一安心。

さらにさらになんとこの水上バス、平日の昼と夜の「貸し切り博多湾クルーズ(90分)」が1隻2万円。定員12名だから一人当たり2000円弱。飲み物と食べ物の持ち込みもOKだし、船内にはテーブルもあるので仲間達と飲み会に使うのもいいかも

10月末までの社会実験の限定運行だが、なんだか楽しみである!

降りがけに「今日俺5時の船で島に乗ってかえるから予約ね!」とスタッフに言い残し爽やかに去っていく壇さん。多分「予約第一号」。既に使いこなしてるっ(笑)!
by nocorita | 2010-07-17 23:35 | | Comments(5)

祈りの島『松島』へ!!

f0201157_143351.jpg

能古島の海上ダクシーくらいの大きさの船にのって呼子港を出て、左に波戸岬を見ながら約15分

船は切り立った断崖に囲まれた小さな島へ近づいていく

外海の大きな波から港を守る為か、大きな防波堤の間を抜けると
f0201157_144347.jpg

小さな教会が目印の港。
f0201157_145346.jpg

松島は島民の100%がカソリックのクリスチャンという小さな小さな島。
f0201157_1453972.jpg

島唯一の平地に作られた教会から伸びる1本の急坂沿いに小さな家々が立ち並び、その集落の最も高い場所に小さな小学校があるだけ。歩いても30分もあれば集落を見て回る事ができるくらい小さい。
f0201157_1462425.jpg

小学校からさらにあがると、絶景が。
f0201157_1481397.jpg

ここでは信仰が生活の一部。広報などが掲載される島の掲示板に普通に「7月のミサ 4日 18日」

島には民宿どころか、商店も、飲食店もない。

あるのは「教会」だけ

住民達がこんな断崖ばかりでなにもない島に住む事になった理由を考えると当時のキリシタンへの弾圧が如何に激しかったか、、、、

そんな時代も過ぎ去り、松島は平和そのもの。
f0201157_1512981.jpg

港では子供達が泳ぎ、その横では魚ものんびりと泳いでいた。

島からの最終便は16時発。(はやっ!)

行きも帰りも船の客は僕一人、、、

松島は静かな静かな祈りの島だった。
by nocorita | 2010-07-08 02:01 | | Comments(0)

勝手に夏休み開始!島を出て島へ!


昨夜なにげなくカレンダーを見ていて気づいた。

3日連続仕事が無い。

もともと別に仕事に追われるような忙しい身ではないのだが、まあそれなりに毎日なにかしら仕事らしき物が入ってくるのだが、不思議な事に今週の水木金とポッカリと空白。

これはつまり「夏休み開始」ってことである。すまぬ息子よ、、、お先に失礼〜!

防波堤で釣りでもしようかとおもったが、起きたら久々の晴天。

せっかくなんでどこかに出かけよう!

ということで、身重&仕事に追われている八智代さんは島に残して(笑)一人以前から一度行ってみたかった島へ行く事にした。

唐津城を右に見ながら北へ向かい福岡から約1時間半で呼子へ到着。

朝一で賑わう呼子の裏通りだが、既に午後1時ということですっかり寂れた感ながら、それもなんだかいい感じ。
f0201157_045063.jpg

スワン美容院もかなりいい感じである。
f0201157_0465687.jpg

肝心の部分の文字が消えかかってて、かなり目を凝らしたのだが、なにを「やめましょう!」と言ってるのかついにわからぬままの婦人会の看板。気になるぅ〜。
f0201157_0483487.jpg

裏通り沿いにはポツポツと神社が

お昼を食べようと歩いてみたのだが、どこも「イカ定食」ばかり。イカが嫌いな訳じゃないが、今日は普通の定食が食べたいなあ、、、、と歩いていると、、、
f0201157_0502482.jpg

「よしや食堂」

中に入ると話好きのお婆ちゃんが一人でやっているお店だった。あらかぶのお味噌汁にちょこちょこと色んなオカズがついた「みそ汁定食」を食べながら話をしているときに、どこから来たのかを訪ねられ、福岡の能古島から来たというと、

「あら〜能古ね!」
「能古島ってわかります?」
「そりゃしっとるよ!」

おばあちゃんによると昔、馬渡島(まだらじま)に住んでいたキリシタンの人たちの一部が迫害を逃れ能古島に移住していったそうだ。そして何年前の話かは知らないが、そうして能古島に移住した家族の子孫の一人の女性がお嫁さんとして島に帰ってきたというのだ。

こんなところで能古島と繋がるなんて不思議なものだ。

美味しい御飯を食べおばあちゃんに別れを告げ、2時30分発の船に乗る為、船着き場へ向かった。

向かう先は「松島」だ!

f0201157_0525084.jpg

これは小川島行きの船
by nocorita | 2010-07-08 01:03 | | Comments(0)

ちょっと吉井まで。「四月の魚」

最近蒸し暑い日が続いているが、今日は朝から風が強くて家の窓を全部開けてみたらなかなか気持ちいい。机の上の書類はぶっとんじまったが、、、

昨日はノコニコ夫妻を誘って吉井町へ

まずはお約束の、、、、、

f0201157_1144210.jpg

「リバーワイルドハムファクトリー」
f0201157_1154149.jpg

吉井行ったら杉さんに会って、ホットドッグ食っていかんといかんでしょ!
f0201157_1161944.jpg

ウマいっす

お腹も落ち着いたところで訪れたのは、吉井というよりも、既に全国区の知名度の古道具屋
f0201157_1172748.jpg

「四月の魚」さん
f0201157_118111.jpg

先日杉さんから「四月の魚にスワンサイダーおいてあったっすよ!」と言われたので「これはいかねば!」と。
f0201157_1184833.jpg

あ、おいてあるし。すげえ。

ちょっとだけ関さんともお話しして、八智代のお土産に昭和20年代の可愛いお箸を購入

その後骨董の「のらや」さんのぞいて、老舗肥料屋の林さんが作って販売している美味しいお米、通称「林ライス」を買って帰った。

次回くる時は吉井の激ウマの麻婆豆腐屋さんにも行きたいなあ。
by nocorita | 2010-06-13 11:16 | | Comments(2)

カツオ人間にさよなら。


今朝は7時起き

今日は沢田マンションを出て、日本最大とも言われる高知の日曜市に行くのだ。

高知の中心部の広い道路の片側を通行止めにして毎週行われる市

野菜、果物、金物や、骨董品、干物などなどありとあらゆるものが並ぶ市は活気に溢れる

f0201157_09209.jpg


福岡にはない感じだな

f0201157_0101199.jpg

生姜の名産地の高知ということで、冷やし飴の屋台や、ちょっと前にネットで見た地ジンジャエールも発見

こいつの試飲はまた今度。生姜、砂糖、とうがらしという内容なんで、炭酸入冷やし飴みたいなものかと、、、

f0201157_0111578.jpg

高知城で愛想振りまいていた「カツオ人間」

いわゆる「ユルキャラ」なんだとおもうが、なんというか他にない独特の存在感

写真には写っていないが、首の後はちゃんと断面になってて、身と骨が見えるのがなんとも生々しくて、表情のない目との相乗効果(?)で若干怖くていいかんじ。

高知見学の後は、一気に車を飛ばして愛媛県の西の端「三崎港」からフェリーで大分へ

明日は福岡だ。
by nocorita | 2010-04-05 00:12 | | Comments(0)

高知へ!今夜は「さわまん」!

f0201157_19322.jpg

僕ら一行は尾道から「しまなみ海道」を通り、昨夜は松山の道後温泉に宿泊。

今日は今回の旅の目的である「城めぐり」と「讃岐うどんめぐり」達成のため松山城に登った後、高松へ移動し、うどん屋を二軒制覇

やはり冷たい醤油うどんが美味いな。


そこからさらに高速に乗り高知へ

今晩はマンションの一室をお借りして(3500円/人)の滞在である。

f0201157_193987.jpg

部屋はごくごく普通の素敵な感じ

だが、、、このマンション、、、普通のマンションとはちょっと、、いや、、かなり違う

だって、、、
f0201157_110258.jpg

最上階まで車で登れるスロープがあったり、、、(写真は表側なんで車は登れない)
f0201157_111587.jpg

5階に製材所があったり、、、
f0201157_1114974.jpg

屋上に自家製クレーンがあったり、、、
f0201157_1123183.jpg

剥き出しの自家製エレベーターがあったり、、、
f0201157_1142567.jpg

屋上には畑や、池があったり、、、、
f0201157_1145838.jpg

いろんなところに階段があったり、、、
f0201157_1153034.jpg

全体はこんな感じになってたり、、、

そのほかにも建築当時「高知初」だった地下駐車場もあったり。

なんなんだ!!???

詳しくはネットで調べてほしいが、ここは夫婦二人で設計も基礎も大工仕事も全部夫婦二人でやって5階建てのマンションを作ってしまったという、偉大なるセルフビルド&違法建築として世界に知られるという「さわまん」こと「沢田マンション」


というか、セルフビルドと言うのは簡単であるが、「このログハウスは手作りらしい」とうのとは違って、これはマンションである。それも70世帯近く住んでいるどでかいやつ。ネットでは調べてきてはいたのだが、実物みると「こんなもんほんとうに夫婦二人で作れるのかよ??」というくらい立派。

さらに、手作りの味というのか、直線であるべき部分も微妙に直線でないとか、後から「ここに階段あったらいいな」と思って付け足して行ったような部分もあって、語彙が少なくて説明しきれないのが悔しいのだが、これは建物というより、「生物」、「非常に有機的な存在」、、、いろんな言葉が思い浮かぶのだが、とにかく怪しくも魅力的な建物であるのは間違いない

そうだなあ、、、南イタリアのマテラのサッシと香港の九龍城をごちゃ混ぜにしてしまったような感じというか、、、
f0201157_1171994.jpg

                 マテッラのサッシ


今夜はそこの住民の人たちと夕食をとったのだが、いやいや、この魅力的な建物にまけないくらい個性的で魅力的な住民の方たちばかり。

建物も人も深いぞサワマン!!!

部屋においてあった「沢田マンション物語」。これアマゾンで買おうっと。

まずは是非現地へどうぞ!!!
by nocorita | 2010-04-04 01:23 | | Comments(4)

さすがに疲れた

やちよの実家でちょっとしたお祝いをすることになり、行ってきました名古屋

飛行機にするか、新幹線か、夜行バスか、、、と迷った挙句のロングドライブ

「三連休でETC1000円だし、車の運転は好きなほうだし」と軽い気持ちで決めたのだが、、、、なんせ往復1500km、、、結構飛ばしたんだけど、途中の渋滞に休憩も入れると片道11時間

腰は痛いし、目は疲れるし、眠たいし、、、今朝も9時半に名古屋を出て着いたのが8時。ほんとに一日車にのってたことになる。

最終フェリーで家に戻ってくると車のライトに照らされた桜が満開

明日の朝が楽しみだ

おやすみなさい。


f0201157_1211759.jpg


これが用事。お義父さんおめでとうございまっす!
by nocorita | 2010-03-23 01:22 | | Comments(1)

ハトムギブギウギ研究会 酒蔵開きで吠える!!

f0201157_16223137.jpg


「ながくのりたいからねえ」と特に悪いところはないが、久々にマツダに点検にだして戻ってきたフレンディー

いくつかの部品を交換してもらい、これで一安心、、、と思っていたら、今朝のこと、「さあ行こう!」と飛び乗ってエンジンをかけたものの、真っ黒な排気をもくもくとあげながら、まったく加速していかない愛車

「まにあわねえよお」とキレつつ、なんとかマツダに到着

とにかく代車かしてくれ!と無理矢理かりたデミオぶっとばして三瀦へ


こんかいお邪魔したのは毎年恒例の城島エリアの酒蔵さん数社それぞれの蔵で同時に開催される酒蔵開き

今回は僕が講師をやらせていただいている「三瀦 ハトムギブギウギ研究会」のオバチャンたちと開発した商品の試食会&アンケートを行うことになったのだ。

実はこの数日前にJA三瀦で行われたJAの会議の際にサンプルを食べてもらったところ結構好評だったということは聞いていたが、一般の人に食べさせるのは初めて

あいにくの雨の中であったが、さすが蔵開きか、沢山の人

その中でオバチャンたちがガンガンに試食を配っている

f0201157_16233784.jpg


近くに言って耳をすませていると、、、、うん、かなり反応いいじゃん

さらに聞いていると、「これはいつから売り出すんですか?」とか聞かれている。

正直まだ試作の段階だし、商品化まではハードルもあり、いまのところは未定だもんなあ、、、

と思っていると、「はーい!!もうちょっとで新発売!!もうすぐよ!」と答えているオバチャン

えー!!!笑

でも反応もいいからか、ノリノリのオバチャンたちを見ていると、「なんとかせないかんな!」と僕のやる気もアップ。


f0201157_16243642.jpg



商品的にもこれまでにない、そして美味しい商品。なんとか頑張って商品化だ!!
by nocorita | 2010-02-12 16:26 | | Comments(6)

押し売り注意!!横浜中華街

ギフトショーの翌日にはヤチヨさんも東京へ

夕方の清水さんとの待ち合わせまで時間あったので、以前から行きたかった「寄席」へ

最初に行った鈴本演芸場は満員で、近くの上野広小路亭

こちらも土曜日ということもあってかかなりの人で賑わっていた。

いやあ、でもわずか2000円程度で4時間くらい落語やらマジックショーやら楽しめるんだからお勧めである


f0201157_23263219.jpg



さて、夜は清水さんご夫婦とともに横浜中華街でお食事

とても美味しい夕食を頂いたのだが、中華街で気になる看板を発見!

f0201157_232739.jpg



栗の押し売りって、、、、、
by nocorita | 2010-02-08 23:28 | | Comments(4)

東京滞在中 (ギフトショー編)

f0201157_2373298.jpg


久々のブログ更新

実は先週末から東京ぐらし中。

いやいやしかし人の多さにマジでクラクラする。

おかげで、しばらくおさまっていた頭痛再発である。

お医者さんいわく、”神経痛”らしい、、、、

「仕事によるストレス説」を唱える僕と、「i phone見すぎ説」を唱えるヤチヨ説。さてさて、、。

先週の金曜日は東京ビッグサイトで開催の「ギフトショー」へ

毎年別に飲料や食品が出るわけでもなのに、なんとなく見に来ているのだが、今回は僕も参加させていただいた大牟田市商工会議所の特産品開発で生まれた商品の数々もお披露目されるブースも出ているというので、そちらも見に行ってきたのだ。

f0201157_2381052.jpg


大牟田商工会議所のブース

結構人気のブースのようで商工会議所のスタッフや事業者さん達も忙しく働いていたが、行ったのが最終日だったので、申し訳ないが、ちらりと覗いて後はひたすら歩き回った。

しかし、毎度毎度思うンだけど、ビッグサイトって見にくいなあ、、、、、
by nocorita | 2010-02-08 23:10 | | Comments(0)