カテゴリ:島暮らし( 438 )

我が家の近況報告  2019/7/6

f0201157_09541054.jpg
梅雨真っ只中の能古島。とはいえニュースで流れている九州の豪雨は熊本より南のようで、こちらは逆に水不足が心配されているくらい雨が少なく、保育園にも傘をさして歩いていけるほどだ。

雨が降らないと毎日のように畑に水を撒きに行かねばならないのだが、梅雨時期はそういう意味では楽な一方で、草の伸び方も激しくて数日おきに畑や家の周りを草刈機を使って除草してまわねばならず、その際もTシャツなんて着てやってると体中に小石はあたって痛いわ、粉々になった草まみれになっちゃうわ、髪の毛の間には細かい砂がついちゃうわ、飛んできた小石が目に当たると失明なんてことにもなっちゃうもので、長靴はいて手にはグローブ、作業服に草刈り用のエプロンをつけ、頭にはタオル巻いて顔にはゴーグルという格好で動き回るもので草刈りが終わった後は放心状態w.

こんな狭い畑でも大変なんだから、農家の人たちはすげえなあとつくづく思う夏。
f0201157_09564679.jpg
そんな水やりや草刈りの効果もあってか、我が家の畑の野菜たちも順調。250本ほど植えたトウモロコシも順調に育ち、先に植えたものは摘果の時期を迎えて、炒め物にして食べた。
f0201157_09572542.jpg
最近の収穫はトマト、きゅうり、ピーマンの夏野菜に春に植えていたワケギ。ワケギを抜いてしまった後にはガパオライス用にホーリーバジルを植えたところ。
f0201157_11014482.jpg

10本ほどあるブルーベリーの木に実ったブルーベリーも徐々に熟し始め、木によってはすでに食べられるものあるので時々収穫している。
f0201157_10475311.jpg
今日はこんな感じ。
f0201157_10455457.jpg
昨年は「そろそろ食べごろなんで明日収穫するか」と話していたら、翌日行ったらきれいにカラス(?)にやられていたので、今年はミカン農家さんにいただいた使用済のネット(立派なもの)で一帯を覆って完全防御。まあそのおかげでその辺りは草刈りができず草だらけなのと、大人は背をかがめて入っていかないといけないというマイナス面もあるのだが、鳥にやられるよりは良い。
f0201157_10492050.jpg
雌鳥トリオは相変わらず順調に毎朝3つの玉子をうんでくれている。
f0201157_10570710.jpg

畑に行くとどこからともなくすごい勢いでやってくる鶏たちに、子供達も餌をあげたり、水を換えたりミミズを探してあげたり、、
f0201157_10510758.jpg
抱っこしてみたり、、と仲良くしている。
f0201157_10523924.jpg
子供達と鶏の世話をしていると、隣の果樹園にご近所の方がスモモをとりに来られてて、僕らもちょっとやらせて頂いた。
f0201157_10532191.jpg
その場で食べてみたが完熟したものはめちゃめちゃうまい。
f0201157_10550485.jpg
実は毎年檀さんに頂いているサンタローザが美味しくて我が家も昨年植えたのだが、まだ腰ほどの高さで実をつけるのは数年後か、、










by nocorita | 2019-07-06 11:02 | 島暮らし | Comments(0)

我が家の近況報告  2019/6/19

f0201157_11193935.jpg
なかなか梅雨入りしない能古島。本日も晴天。

晴れた日の「福岡で最もビーチに近い郵便局」である「能古郵便局」からの眺めは本当に素晴らしい。
f0201157_11355483.jpg
この気候で我が家の畑で育つ野菜たちも超元気。トマト、ピーマン、キャベツ等の夏野菜に
f0201157_11360991.jpg
先月くらいから元気になってきたイチゴも毎日数個の実をつけてくれている。
f0201157_11382589.jpg
そして昨年家を買った後に虫に食われた桃数個がなっているのを見ていたので今年はある程度摘花した後袋掛けをしておいたのだが、無事10個ほどの甘い白桃の収穫ができた。ところどころ虫食いみたいにはなっているが、自家消費だしOK

僕らが買った家には元の持ち主の方が20年以上前に家を建てた際、当時まだ小さかった娘さんの為に美味しい実をつける果樹を1本づつ植えていったということで、1年を通して僕らも様々な果実を楽しむことができている。
f0201157_11481640.jpg
唯一10本くらい植えてあるブルーベリーは昨年「明日辺り収穫するか」と話していたら翌日にはカラスに全部やられてしまったので、今年はみかん農家さんから頂いたネットを張り巡らせているので、7月には美味しいブルーベリーが収穫できるはず。
f0201157_11484470.jpg
5月に飼い始めたコッコたちは、昼間は放し飼いにしていて虫やらなんやら食べているからか超元気。先日からは三羽ともタマゴを生み始めたため、タマゴに関しては自給自足w
f0201157_11531073.jpg
てなかんじで、夫婦共に元気で、島に住む3人の子どもたちも楽しくやっております。

大学の寮に住んでいる娘からは特に連絡もないけど、連絡がないのは楽しくやっているのだろうと思うことに。

春に就職して会社の研修で土浦暮らし中の長男は数日前の地震も特に変わったことなかったようで一安心。









by nocorita | 2019-06-19 12:00 | 島暮らし | Comments(0)

能古島のビワ狩りやりますぜ

f0201157_09273522.jpg

昨年が寒波でビワがならなかったので、2年ぶりの開催になりますが今週末の6月16日(日)にビワ狩りを開催します。

数日前の告知でもあり、まあ少人数のイベントとなるかとおもいますが、ご興味ある方はぜひ。

天気予報ではいまのところ曇みたいですが、当日は一応雨天決行です。

ちなみに予約は必要ありませんので、気が向きましたらw



詳細は以下のブログで


by nocorita | 2019-06-11 09:29 | 島暮らし | Comments(0)

我が家の近況報告  2019/6/4

f0201157_16551633.jpg
気がつけばもう6月。夫婦と3人の小さな子供たちは相変わらず元気にくらしております。緑もどんどん濃くなってきて、保育園の行き帰りに虫を捕まえたりビワを摘んだり子供たちも楽しそう(写真はキリギリスを見つけて捕まえているQ さん。捕まえたのはいいが、ガブリとやられて悲鳴をあげていたw)。
f0201157_16563034.jpg
5月の中旬には待望の鶏の雛が三羽やってきて、子供たちも毎朝鶏小屋のドアを開けて餌や水をかえてあげるのが楽しいようで、おかげで毎朝のグズグズが減った気がして鶏様様。
f0201157_16565128.jpg
さらに「大体飼い始めてから1ヶ月位で玉子を産み始めますよ」と聞いていたので6月の中旬くらいから玉子がとれるかなあとおもっていたのだが、数日前からどの子なのか知らないが毎朝1個玉子を産みはじめ、毎朝「だれが玉子を取り出すか」で大騒ぎ。
f0201157_16571732.jpg
鶏小屋のドアを開けっ放しだと玉子を狙って蛇が来るので夕方には鶏小屋に入れてドアを閉めるのだが、昼間は基本的には放し飼い。
f0201157_16573517.jpg
最初は小屋の周りを恐る恐るあるきまわっては虫を食べていたが、徐々に行動範囲が広がってきて、朝保育園に向かう子供たちの後をついてきたり、いろいろ散歩するのは良いのだが、昨日は畑の奥に島の方が仕掛けてあったイノシシ用の箱罠に閉じ込められていた。これ迷惑かけちゃうんで、どうにかせねばなあ、、、
f0201157_17150601.jpg
昨年じゃがいもを植えたところ、思わぬ豊作でちょっとだけ農業に目覚めてしまい、春から色々栽培中の我が家の畑。

f0201157_17022270.jpg
秋ジャガの収穫後のこの春に植えた春じゃがは上の部分が黄色くなって収穫時期。
f0201157_17025147.jpg
冬に植えたイチゴは路地だからかやっと最近実をつけ始め、ちょこちょこと子供たちが食べている。
f0201157_17043721.jpg
同じく冬に植えていたニンニクは既に先日収穫を終えて天日で乾燥中。乾燥させた後、外側の皮を剥いたら八百屋さんで見るいつもの姿に
f0201157_17081748.jpg
夏野菜はキュウリ、トマト、ピーマン、オクラが成長中で、あとは、わけぎとレタスに、シソ、バジルなどなど好きなものばかり。
f0201157_17101673.jpg
これだけ植えても畑の半分も使っていなかったので、島で美味しいトマトやキュウリをつくっている明石くんに手伝ってもらい(もとい、ほぼやってもらいw)とうもろこしを240本ほど植え付けた。大体植えてから収穫まで85日と言われているので、夏休みの終わりごろには近所の子供たちを呼んで収穫してバーベキューでもやれたらと思っているが、さてさて、、、、

と、なんだか楽しみでならない初夏。

どうかイノシシが来ませんように、、、


by nocorita | 2019-06-04 17:19 | 島暮らし | Comments(0)

ネーブルとコブミカン

f0201157_11014487.jpg
このところ雨続きだが、久々に晴れた。

先日「明日はデコポンの収穫するんですよ」と言っていた友人が翌日「全部鳥にやられてました、、、涙」と言っていたので、来週からしばらくの間、帰省中の長男に家を任せて留守にすることもあり、晴れている間に我が家のミカンの収穫をやっちゃうことにした。
f0201157_11004443.jpg
今日収穫するのは僕の大好きなオレンジで「絶対に鳥にやられたくない」と網をかけたところ、ノコニコの旦那に「浅羽の死守ミカン」と名付けられたw「ネーブル」と、今年は数個だけ生ったデコポン(写真はデコポン)。
f0201157_11170686.jpg
我が家が昨年購入した家の300坪ほどの畑には、もとの持ち主の方が娘さんのために様々なミカンや桃、ブルーベリー等の木を植えていたのだが、その木が季節ごとに様々な果物を与えてくれる。(写真はブルーベリー。これは「さあ収穫しよう」と思ってたら全部やられたw)
f0201157_11005591.jpg
幸いなことに1本だけあるネーブルの木には沢山の実。隣の日向夏のほうは旬が5月くらいなんでもうちょっと待つ。
f0201157_11010902.jpg
ポカポカと気持ちの良い日だったので、一人のんびりとミカンをちぎっていくと30分ほどで収穫完了。ミカンいっぱいなんで20キロちょっとかな。

僕は血糖値の問題を抱えているんで甘いミカンは食べられないので、家族のジュース用以外は島の友人たちや「ノコニコ」と「のこや」へ。
f0201157_11012650.jpg
ついでにというわけではないが、先日我が家に遊びに来てくれた現在バンコクに住んでいる元バイトの子と話していたときに「それ植えてみたいなあ」と思っていたタイ料理には欠かせない「コブミカン」の苗を購入したので畑に植えてみた。ゆずの葉みたいに変わった形の葉っぱをパキッと折るとそれだけで「トムヤムクン」の香りがして素敵だ。








by nocorita | 2019-03-12 11:21 | 島暮らし | Comments(0)

じゃがいもほり 2019/2/17

f0201157_16553061.jpg
冬の晴れた朝は寒い。15年ほど前の古い車なんで、常にどこか調子悪くて今回は屋根の幌の具合が悪く島に持ってきて家に置いている愛車も霜でカッチカチ。
f0201157_16553737.jpg
コラコラ!
f0201157_16555790.jpg
朝が寒い日は昼間が暖かいので今日は子供達と畑のじゃがいも掘り。
f0201157_16560921.jpg
秋に植えて1月から食べる時にちょこちょこと掘って使っていたのだが、そろそろ「春ジャガ」を植える季節なんで全部掘ってしまって耕そうかなと。僕自身は糖質オフ生活をやっているので食べることできないのだが、芋掘りのときの子供達のテンションの上がり方が凄いんでね、、

f0201157_16554850.jpg
おっ、でかいやん

f0201157_16561878.jpg
一ヶ月ほど前に収穫して倉庫で貯蔵しておいた八朔も甘くなっていたのでこれも持って帰ろう。
f0201157_16562613.jpg
葉みかん大好きな末っ子は「みかんー!みかんー!」と葉みかん狩りでご機嫌。








by nocorita | 2019-02-17 17:02 | 島暮らし | Comments(0)

est! est!! est!!!  能古島にミカンシーズンやってきた!

f0201157_10282649.jpg
福岡のお母さん達には「甘夏の島」のイメージの強い能古島。

多分食べたことない人は3月から5月の甘夏シーズンに能古島の売店で買った甘夏を重そうに持って帰る人を見て、「甘夏なんてどこもおなじだろうに。。」と思っているだろうし、僕自身そうだったのだが、実は違う!
f0201157_10352849.jpg
甘夏だけでなく出荷される酸味の強めのミカンの多くは大体「年末から1月」くらいの時期に収穫した後に一定の条件の下で一定期間貯蔵して「甘さを増す」のだが、どういうことかというと、もちろんそれだけではないとおもうが、基本は水分量が減ることで糖度が増しているのだとおもう。

ただ、水分が減るということは当然「瑞々しさ」が損なわれるはず。
f0201157_10294261.jpg
それに対して、能古島は3月まで収穫せず、春の暖かな日差しを浴びて完熟した甘夏を収穫してすぐに出荷するという方法をとっている。

これは実際に3月くらいに能古島産の甘夏とスーパーで売っている甘夏を剥いてもらったら食べなくてもわかるのだが、剥いた実がゴツゴツした感じの一般の甘夏と比べて能古島の甘夏は明らかにジューシー。市場での価格も他の産地のものよりもちょっと高い。

それを知っている僕の母親のような能古島の甘夏好きの人は重くても「せっかく能古島に来たんだから安くて美味しい甘夏を絶対買って帰る!」となるわけだ。
f0201157_10475885.jpg
ちなみに「カバ印アイスキャンデー」でも人気の味「甘夏」に使われているのも能古島さんの完熟甘夏の果汁なのだ。

さて、、、そんな甘夏シーズンはもうちょっと先ではあるが、、、島には一年を通じて様々なミカンがあるが、特にこの時期からは多くのミカンが出てくる。
f0201157_10341224.jpg
我が家の畑だけでも、、、八朔、葉みかん、伊予柑、デコポン、ネーブル、日向夏、かぼす、ちっちゃいけどグレープフルーツも(持っているのは伊予柑とネーブル)!
f0201157_10314199.jpg
こちらは秋に出荷終わってしまったけどマイヤーレモン。これやグリーンレモンで作るレモンチューハイはうまい!
f0201157_10315774.jpg
こちらは20年以上前から栽培されている久保田農園のブラッドオレンジ。こちらの果汁を使ったアイスキャンデー、「カバ印アイスキャンデー」でも大人気。
f0201157_23055415.jpg
そんな訳でこの時期の朝食にはフレッシュオレンジジュースが登場!

島の渡船場の中にある「のこや」さんや「のこのいち」にも様々なミカンが並んでいるし、ノコニコカフェではその時期に出ているミカンのフレッシュオレンジジュースを飲むことができるので、島に来たらぜひミカンも試してほしい。




by nocorita | 2019-02-07 10:49 | 島暮らし | Comments(0)

冬散歩/2019.120

f0201157_13200658.jpg
朝から曇り時々晴れ後雨というよくわからん天気になった能古島。

万次郎が前日からインフルエンザにかかった為、あまり人に会わないようにと引きこもっていたが、折角の週末にもったいないのでご近所散歩
f0201157_13232549.jpg
このところの暖かさからか、そもそもこの時期のものなのかわからないが梅の花が咲き始めた。
f0201157_13243916.jpg
昨年夏に購入した我家には水仙が満開。
f0201157_13264141.jpg
秋に沢山の実をつけてくれて、秋の終わりにはその葉で庭をきれいな金色に染めてくれたイチョウの木はこの状態。また来年よろしく。
f0201157_13283211.jpg
我家の畑の真ん中に立っている「ねむの木」
f0201157_13343072.jpg
「のこや」にも行こうかなと思ったが、ちょっと気を使ってそのまま帰宅。






by nocorita | 2019-01-20 13:35 | 島暮らし | Comments(0)

ひたひたと、、

f0201157_08332626.jpg
相変わらずの冬の空。

さて、、、昨夜のこと。

晩御飯を食べに二階から降りてきた万次郎がいつも以上に元気がない。

「はやくたべろよー」と言ってもストーブの前でゴロゴロゴロゴロ。

そのうちに「なんか眠たい」とか言いながらゴホゴホと咳したり、、、ん???、、、これは嫌な予感、、。

そのまま食事も取らずに寝せたのだが、夜中に見事発熱。

先日の週末くらいから小学校の一年生の周辺でインフルエンザが流行り始めたと聞いていたし、全学年で70人ほどの能古小の子供達は普段から学年関係なく一緒に遊んでいるので流行り始めると学年をまたいで広がるので、ある程度予想はしていたのだが。

ということで、最短でも6日(発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで)は「出席停止」。

まあこれで友人たちへの新たな感染は防げるのだろうが(実際は発症前にも他人に感染する可能性はあるが、それは仕方ない)、とはいえ、家族はどんなに気をつけても一緒に暮らしているし、我が家としては「ここから下の二人への感染があるのか?」というのが気になるところ。

というか、50歳を過ぎた僕が感染するほうがよっぽどヤバイ気がするんで気をつけよう。。。

by nocorita | 2019-01-18 08:58 | 島暮らし | Comments(0)

ジャガイモできた

f0201157_11194760.jpg
「芋はイノシシの大好物やけんやられるよー」と皆に脅されながらも10月の初旬に畑を耕して畝を作り植えた秋じゃがいも。
f0201157_11215679.jpg
子供たちが水かけてるのは「いちご」で、奥に見えてるのがマルチ使って植えたニンニク。その奥にソラマメとジャガイモ。
f0201157_11250885.jpg
散々脅されて、頑張って周りの柵を強化したからか、ずっと何も植えられてなかった土地だったので、たまたまイノシシ達に気づかれなかったのかわからないが、幸いにイノシシにやられることもなく葉も生い茂り一見ちゃんと育っている感じの11月頃の写真。

とはいえ、じゃがいもを植えるのも初めてだし、肝心の土の中にじゃがいもはできているのだろうか?という疑問を抱えたまま3ヶ月がすぎ、そろそろ収穫時期かなと思っていたら収穫時期を教えてくれる(らしい)土の上の部分が枯れてきた。

ということで、万次郎を引き連れてドキドキしながら、とりあえず4つある畝の一番手前の畝の端っこをちょっと掘ってみることにしたのだが、、、、

f0201157_11242715.jpg
じゃーん!おーでかいー!ごろごろしてるー!ほっとした!

天気の良い日に近所の友人たちに声をかけて芋掘りでもやりますか〜
f0201157_11241903.jpg
ちなみに畑の隣に置かれているイノシシ罠に1匹入っていたw.あぶないあぶない、、、。



by nocorita | 2019-01-11 11:29 | 島暮らし | Comments(2)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

椛島氷菓 福岡天神駅にて営業中
at 2019-08-14 12:54
世界一美味しいパステルデナタ..
at 2019-07-21 19:55
リスボン最後の夜 ベレン/ ..
at 2019-07-21 15:12
檀一雄を訪ねて サンタクルス..
at 2019-07-19 13:06
オビドス街歩き / ポルトガ..
at 2019-07-12 12:40

検索

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧