2021/2/12 じゃがいもの植え付け

2021/2/12 じゃがいもの植え付け_f0201157_15043585.jpg
暖かな祝日。義母さんも一緒に我が家の畑へ。
2021/2/12 じゃがいもの植え付け_f0201157_15082616.jpg

3週間ほど前から室内の日向で芽出しをしたり
2021/2/12 じゃがいもの植え付け_f0201157_15043533.jpg
2021/2/12 じゃがいもの植え付け_f0201157_15043520.jpg

Q太さんと肥料を撒いて畝立てをしたりと準備してきていたジャガイモの植え付けを行うのだ。
2021/2/12 じゃがいもの植え付け_f0201157_15043544.jpg
冬の畑は野菜の成長は遅いものの、虫もいないし雑草も成長が遅いので野菜も元気で育っている。これはホウレンソウ。
2021/2/12 じゃがいもの植え付け_f0201157_15043444.jpg
レタスも元気。我が家ではレタスもホウレンソウもサラダにするんであえて間引かずに育てて、ワシャワシャなってるのを時々ちぎって持ち帰る。
2021/2/12 じゃがいもの植え付け_f0201157_15043530.jpg
玉ねぎとスナップエンドウはまだまだ成長中。
2021/2/12 じゃがいもの植え付け_f0201157_15043412.jpg
さて、じゃがいもの植え付け。今回は我が家の日頃の料理的にメークインを良く使うのでほぼメークイン。そして、ちょっと難しいとも聞いているが味的に好きなので「インカの目覚め」も少々。
2021/2/12 じゃがいもの植え付け_f0201157_15061112.jpg
まずは穴を掘る。かかれー!!
2021/2/12 じゃがいもの植え付け_f0201157_15063258.jpg
そこに種芋を植えていく。カットして植えても良いが今回数を間違えて買ってしまって余裕があるのでそのまま。

これに土をかけて、マルチ(黒いビニール)で全体を覆ってあげて完成。マルチははらなくてもいいんだが、はっておくと雑草が生えないし、大きくなってきた芋が土から顔を出して青くなるのを防ぐために行う土寄せをやらないで良いので、我が家ではいつもマルチを使っている。

いつもはマルチをはったあとに穴をあけ、そこに植え付けていたが今回は試しに植えた後にマルチで覆って数週間後に芽が出てきたらその部分に穴をあけるという方法を試してみることに。こうすると寒い時期の芽の出方が良いというのと、土をほとんどかける必要がない(植える深さが浅くて良い)ので芽が出てくるのも早いらしいのだ。まあどうするのがよいかはわからないが、毎年少しずつ試してやってみるのも楽しいのでよし。
2021/2/12 じゃがいもの植え付け_f0201157_15043433.jpg
予定では多分5月下旬から6月の頭くらいには収穫。
2021/2/12 じゃがいもの植え付け_f0201157_15072775.jpg
昨年は猪にやられてしまい全滅したジャガイモだが、今年はバッチリ柵をはったので大丈夫(なはず)!








# by nocorita | 2021-02-12 07:04 | 島暮らし | Comments(0)

2021/2/11「かばちゃん焼き」を食べに

2021/2/11「かばちゃん焼き」を食べに_f0201157_11415063.jpg
良く晴れた先週末の2月6日。嫁さんと一緒に柳川の「椛島氷菓」へ。

この数ヶ月は出産もあったしコロナ禍ということもあって、特に嫁さんと子供達はほとんど島の外に出ることもなかったので嫁さんにとっては島の外に出る事自体が久しぶりだったが、なんせ2月6日は椛島氷菓のちょうど10年の開店記念日で、さらに新しい商売のオープンの日ということで、「今日は行っとかんといかんやろ」とやってきたのだった。
2021/2/11「かばちゃん焼き」を食べに_f0201157_11340326.jpg
外から見ると、パッと見はいつもの椛島氷菓だが、、、、よくみると
2021/2/11「かばちゃん焼き」を食べに_f0201157_11342776.jpg
木の間から見える「かばちゃん焼き」の看板。
2021/2/11「かばちゃん焼き」を食べに_f0201157_11420068.jpg
古い民家の玄関先を店にした椛島氷菓だが、今回の「かばちゃん焼き」はその横の壁に窓をつけてその奥がキッチンとなっている。

「かばちゃん焼き」は実は随分と前から母体である杏里ファームの社長の一晴さんが「やりたかとよねー」と言っていたもので、まあ簡単にいうと鯛焼きみたいなものなのだが、杏里ファームで育てた小麦を使ったもので、さらにアンコは僕らが「シベリア」等の商品開発やデザインでも関わっており、椛島氷菓も「羊羹アイスキャンデー」や「アイスどら焼き」などコラボしている佐賀県小城市の「村岡総本舗」さんの餡を使ったもの。

元々柳川の大きな農家さんでこだわりの小麦を作ってきた椛島さんが饅頭にあうように育てた小麦を、八女の田中製粉さんで製粉してもらったという小麦粉は不味いはずがないし、小城羊羹の老舗である村岡総本舗としても自社の羊羹に使うこだわりの自家製餡(実はほとんどの羊羹屋さんは餡を餡屋さんから買っているが、村岡総本舗は自社で炊いているのだ)を社外に出すのは初めての事で、なかなかの手間とコストのかかった貴重な商品だ。
2021/2/11「かばちゃん焼き」を食べに_f0201157_11435302.jpg
もちろん型から作っているので、こんな感じにカバ印のロゴと同じ形。
2021/2/11「かばちゃん焼き」を食べに_f0201157_11430440.jpg
焼いてるときはこうやって並んでいるて、またかわいいw
2021/2/11「かばちゃん焼き」を食べに_f0201157_11441787.jpg
10年前の椛島氷菓のオープンの日は、寒い冬のオープンで、もともと住宅地であったことから知り合いしか集まらず(そのつもりだったけど)静かなオープンとなったが、椛島氷菓の知名度も上がってきたことや、大木町のニコパンさんや、今回店舗を作ってくれた「ノムケン」さんの発信もあって、開店時間前から多くの人がやってきていたらしく、僕らが行った午後もたくさんの人が焼き上がりを待っていた。
2021/2/11「かばちゃん焼き」を食べに_f0201157_11435302.jpg
小ぶりでアンコも甘すぎず上品な味なんでぜひお土産にも。
2021/2/11「かばちゃん焼き」を食べに_f0201157_11485544.jpg
味は黒あんと、白あんの2種類(今後限定の味もでるよてい)。一個130えん。早速「りんご」も出てたが完売。
2021/2/11「かばちゃん焼き」を食べに_f0201157_11461050.jpg
ちなみにオープン記念でこんなグッズも出していたが、結構人気だったので、定番商品になるかもしれないなあ

椛島氷菓&かばちゃん焼きは水曜定休の11時から16時までの営業だけど、臨時休業もありますので行かれる際は確認のお電話を!











# by nocorita | 2021-02-11 12:01 | 食品 | Comments(0)

2021/2/7 久々に車を塗ってみた。

2021/2/7 久々に車を塗ってみた。_f0201157_20125834.jpg
昨日はとても綺麗な夕焼けだった。コロナの流行もあり島の外に渡ることもほとんどなくなったこともあって、たまに乗るとよほど寒い日でなければ大体は外で景色を見ている。

さて、、うちの子供達も通う「能古島小中学校」は標高60m弱の丘の上にあり、そこまで行ける公共交通機関もバスが少し、そしてタクシーは一台という特殊な場所ということもあって昔から軽自動車が一台あり、子供達が怪我したり具合が悪くなった時に診療所や渡船場まで送る際に使っている。

とはいえ、あくまでも公立の小学校ということで、他校との平等の観点からか「学校として車を保有する事ができない」ため、昔からPTA(保護者と先生方)が車を購入、維持してきた。

ただ、小さな学校で少人数で予算も少ないので、毎回島で「「もうつかわなくなったから廃車にする」という車を誰かにもらって、使えなくなったらまたもらって、、と常に廃車寸前の車でまわしてきたため、機械的には大丈夫だが見た目的にはいつも「これ走るんかい?」というボロさ。
2021/2/7 久々に車を塗ってみた。_f0201157_19295281.jpg
当然いま使っている2001年のダイハツハイゼットもタイヤやブレーキ等の安全に関わる部分だけはしっかり手入れしているものの、車体はサビだらけで後席のドアは外からでは開かずという状態。

そんな車が先日車検ということで、先日僕が対岸の整備工場まで運転してきたのだが、実際に乗ってみると状態は悪くはないのだが、とにかく見た目が塗装は艶がなく、全体にサビがでていて特に継ぎ目は大きな穴が開いているところも沢山あって、我が家の車も相当ボロだが島の外に乗って出るのも恥ずかしいくらいのボロさが気になった。

観光地である能古島。今はコロナで観光客も少ないが、せっかくならば観光地らしく綺麗で明るい感じの車だったらいいし、海や森などの豊かな自然や、島の名物の甘夏やコスモスにひまわりなどのイラストが描かれた車であれば島にやってきた人たちも楽しい気持ちになるだろうし「能古島小中学校」のイメージもあがってよいはず。

どうせいつかは廃車になるボロボロの車なんで、せっかくなら車に絵を描きたいなあと思った。学校には一応話をしてみないと動けない話ではあるが、よほど変な絵を描かない限りは学校側も何も行ってこないだろう。

ただ、、、もっとも気になったのは、、、土台が汚すぎる、、、w

ということでこの週末を使って薄汚れたボディーに色を塗ることにした。

実はこれまで自分の車を3回、友人の車を1回塗っているので勝手はわかってる。

別にいまの汚い色が好きで先生方も乗っているわけではないので、綺麗にする分にはよかろう(いいのか?)と昨日の土曜は用事があったので本日日曜の朝から塗装を開始した。

用意したのはこれまで塗った3台の車にも使った「タカラ塗料」さんの塗料と、マスキングテープにローラー、刷毛、シンナー。
ちなみに色は「世田谷ベースカラー」にしようかとも思ったが、島の友人が同じ車をその色に塗ってたので、これまで使った事がなかった「ミントシャーベット」という色を選択。
2021/2/7 久々に車を塗ってみた。_f0201157_19300387.jpg
まずは窓枠のゴムの部分のような塗料がついてほしくないところにマスキングテーブを貼る。塗装でマスキングテープ使うのは当たり前ではあるが、これを貼るのと貼らないのとでは全然違って、塗装面と塗ってないところの境目が「ピシャッときまる」のだ。

ただ、これまでやってきてわかったのは、「ちょっとはみ出ても後からシンナーで拭けば取れる」ので、できるだけちゃんとマスキングはするけど、あまりに慎重になりすぎて時間をかけすぎる必要はないということで、30分ほどでマスキング完了。初めてやったときはここだけで1時間以上かかっていたのだが、こんなもんで十分だ。

マスキングが終わったところで早速塗装開始。別に難しい話ではなく細かい部分は刷毛で、広い部分はローラーを使ってシンナーで適度に薄めた塗料(ラッカー)を塗っていくだけ。天井だけそのままでは塗りにくいので脚立を持ってきてゴロゴロと塗って行った(今回塗ってるところ撮ってない)。
2021/2/7 久々に車を塗ってみた。_f0201157_19313728.jpg
結局11時半くらいから始めて1時には終わったので1時間半ほどで完成。

ラッカーなんですぐに乾くので、塗った車に乗ってお昼を食べに行けたくらい。

とりあえずは今回はここまで。

後日今度は絵の上手い連中にお願いしてなにやら絵を描いてもらうつもりだ。










# by nocorita | 2021-02-10 09:57 | 島暮らし | Comments(0)

2021/2/4 コッコの凶暴化

2021/2/4 コッコの凶暴化_f0201157_11365779.jpg
この時期の能古島はスイセンが満開。スイセンってすごい繁殖力で、数本生えてるな、、なんて思っていたら翌年には何倍にも広がってて数年経つとその周りがスイセンだらけになってしまう。おかげで我が家の周りだけでなく島中がもスイセンだらけの季節。まあ良い香りなので良いが。
2021/2/4 コッコの凶暴化_f0201157_11384562.jpg
先週まで割と暖かい日が続いていた能古島だが数日前から特に朝晩が冷え込んで、断熱がよくない我が家は常にストーブをつけっぱなし。とはいえ1,2階合わせると200平米ほどの広さの木造住宅なのですべてを温めることは不可能で、ストーブは一階の居間に置き、その熱で上の階も少し暖めてあとはコタツで乗り切るというのが冬対策。ということで、子供達も毎晩ストーブのある居間でお勉強。
2021/2/4 コッコの凶暴化_f0201157_11401273.jpg
さて、我が家のコッコたちがメルカリで買って温めた玉子から孵化したのが5月末。

生まれたばかりの頃は手のひらに乗るくらいで、寒くないようにヒーターを入れたり、大きくなってきてからも水を飲ませたり餌をあげたりと可愛がっていたおかげで、僕らにも良く慣れて、朝学校に行きがけに「誰が鶏小屋のドアを開けて外に出してあげるか」を巡って子どもたちが揉めることもあった。
2021/2/4 コッコの凶暴化_f0201157_11472041.jpg

ところが、最近は誰も開けようとしないどころか、僕が開けようとすると「やめてー!!」と逃げていくように。

実は以前「ゆむたファーム」の高木さんのフェイスブックか何かで「どんなに可愛がって育てて、どんなに懐いていても、雄鶏はある日突然向かってくるようになる」と書かれていたのだが、まさにそのとおり。
2021/2/4 コッコの凶暴化_f0201157_11435829.jpg
ある日いつものように朝、餌をあげようと歩いていると突然後ろから飛びかかってきてつつき始めた。

僕はすぐに反撃し、さらに蹴ったり叩いたりして「こちらが上なのだ」ということを教えたところ、最近はほとんど向かってこないどころか逃げるようになったが(それはそれで切ない、、)、鶏も「弱いやつ」がわかるのか、子どもたちが通るとすごい勢いで走ってきて飛びかかってくるようになった。

特に万次郎は「こいつならかてる」と思われているのか、ターゲットになっており、先日も歩いて皆で学校から帰ってきたら、後ろを歩いていた万次郎が「わーっ!」と叫んでいたので見てみたら鶏とやりあってて、「万次郎!蹴れ!」というと蹴るのだが、鶏もその攻撃を素早く避けて、さらに飛びかかってきて、万次郎が若干後ずさりしながら蹴っている姿みると「おされてるやん、、、w」と申し訳ないが笑ってしまった

また、九太も先日の休みの日にお昼たべていたピザを片手に畑に行った際、多分「鶏にもあげよう」と思ったようで差し出したら、奪われた上に追いかけられて逃げる途中に転んで泣いていた。
2021/2/4 コッコの凶暴化_f0201157_11424436.jpg
そんなわけで、最近の子どもたちは我が家への坂を上がっていく途中に必ず木の棒を拾って、それを振り回しながら帰ってくる。
2021/2/4 コッコの凶暴化_f0201157_11425723.jpg
そして、鶏は後ろを見せると「スキあり!」と思うのか襲ってくるので通り過ぎたあとの警戒も忘れない子どもたちであるw






# by nocorita | 2021-02-04 11:55 | 島暮らし | Comments(0)

2021/2/3 立春

2021/2/3 立春_f0201157_15161461.jpg
本日は立春。暦の上では春ということだが久々に寒い朝。
2021/2/3 立春_f0201157_15161622.jpg
猫の銀ちゃんは「大丈夫かよ??」というストーブに顔が当たるか当たらないかの距離で暖をとっていたw
2021/2/3 立春_f0201157_15170071.jpg

朝起こしてからもなかなかご飯食べないし、着替えもしないし、、でいつもお兄ちゃんたちに置いていかれる四男は今日も遅れて出発。
2021/2/3 立春_f0201157_15161940.jpg
それでも大好きなバナナは食べたいらしく、バナナ食べながら登園。

まあいいやw

# by nocorita | 2021-02-03 15:17 | 島暮らし | Comments(0)


2009年春に能古島へ引っ越した僕らの仕事や生活の事


by nocorita

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

2020/3/2 筋湯温泉 ..
at 2021-03-02 16:02
2021/2/25 本日描き..
at 2021-02-26 00:23
2021/2/19 やっと暖..
at 2021-02-19 11:02
2021/2/15 休校決定
at 2021-02-16 17:01
2021/2/12 キンカン..
at 2021-02-13 18:32
2021/2/12 じゃがい..
at 2021-02-12 07:04
2021/2/11「かばちゃ..
at 2021-02-11 12:01
2021/2/7 久々に車を..
at 2021-02-10 09:57
2021/2/4 コッコの凶暴化
at 2021-02-04 11:55
2021/2/3 立春
at 2021-02-03 15:17

検索

以前の記事

2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月

カテゴリ

全体
会社案内
島暮らし
島暮らし 家
動画
飲料
食品
ガジェット
友人
遊び

島暮らし 畑
(有)ウィローへの行き方
子育て

画像一覧